映画情報どっとこむ ralph この度、『カツベン!』の公開記念舞台挨拶を12月14日(土)に実施。

今からおよそ100年前、日本では映画が「活動写真」と言われ、音がまだなかった時代。独自の“しゃべり”で観客を映画に引き込む「活動弁士」、通称“カツベン”が映画界のスーパースターとして活躍。

初主演となる映画が公開となった成田凌さんは、本作でしゃべりのスーパースターである活動弁士を演じるために半年にも及ぶ活弁の猛特訓、そして本作の完成後も様々なプロモーション活動で、オーディションの日から延べ616日間、並々ならぬ想いをもって本作と向き合ってきました。

成田さんは本作で演じた役さながらの本物の活動弁士の口上で、2分間ひとりしゃべり!万感の想いをお客様へ伝えました!

そんな成田さんの呼び込みで、ヒロインの黒島結菜さん、永瀬正敏さん、高良健吾さん、竹中直人さん、井上真央さん、竹野内豊さん、周防正行監督らが豪華登壇!お客様への感謝と公開後への更なるご愛顧を願った「ついに開幕!カツベン!よろしくお願い申し上げます!!」と書かれた高さ4m、幅8mの巨大バナーの前で、遂に公開された本作に込められた想いを伝えました!

日付:12月14日(土)
会場:丸の内TOEI
登壇:
成田凌、黒島結菜、永瀬正敏、高良健吾、竹中直人、井上真央、竹野内豊、周防正行監督

映画情報どっとこむ ralph いよいよ初主演となる映画が公開された成田凌さんは、本作でしゃべりのスーパースターである活動弁士を演じるために半年にも及ぶ活弁の猛特訓、そして本作の完成後も様々なプロモーション活動で、オーディションの日から延べ616日間を本作と共に過ごしました。成田の活弁の猛特訓の様子から、撮影現場のメイキング映像などを交えた特別映像で、成田と『カツベン!』の歩みを振り返りました。

映像が流れたあと、成田凌が一人突然登場。成田がこの作品で身に付けた活弁の成果が伺える、この舞台挨拶特別の口上を披露!

後日解禁となった口上の映像はこちら

<成田凌 口上文言>
厳寒(げんかん)の時節、森羅万象(しんらばんしょう)、白い吐息を漏らす折から、賑々(にぎにぎ)しき御来館を賜りまして、関係者・出演者一同になり代わり、主演・成田凌、厚く厚く御礼申し上げます。
この『カツベン!』は映画を愛する皆(みな)の力で艱難辛苦(かんなんしんく)を乗り越え、なれど苦労は詳しく言わぬが花の吉野山。
多くのみなさまにご覧いただきたく、日々宣伝活動に勤(いそ)しんでまいりました。
思えば、ともに走り続けてきた、この616日。
私自身、片時たりとも、「カツベン!」を忘れたことはございません。
昨日、初日を迎えましたこの作品はもはや皆々様のものでございます。
我が子を送り出す心持ちでお届け致しますこの作品、末永く愛して頂けましたら、我ら歓喜雀躍(かんきじゃくやく)、見の幸せ。
本日のみならず、これからも映画『カツベン!』ご高覧の程!宜しくお願い申し上げます!


本物の活動弁士にふさわしい口上で始まった公開記念舞台挨拶!

主演である成田さんの呼び込みで、黒島結菜さん、永瀬正敏さん、高良健吾さん、竹中直人さん、井上真央さん、竹野内豊さん、周防正行監督らが登場した。

映画情報どっとこむ ralph 映画初主演として背負ってきた作品が、公開迎えた気持ちを聞かれ

成田さん:クランクイン前に主演てなんだろうなって思ってましたけど、今も正直わからないです。でも昨日、公開初日に友達と観にいって、すごくウケていて嬉しかったです。カツベン!の中に実際に出てくるように笑いが伝染していき、映画館がすごく賑やかでした!

とカツベン!の素晴らしさを語った。また、170もの番組や取材を受けたことについて

成田さん:街中で声をかけてもらえることが増えて、カツベン!みるよ!って言ってくるおじさんとかもいて(笑)すごく届いているのだな、知っていただいて光栄です。でも監督の方が全然やってくださっています。

と話し、それに続き、全国400もの取材を受けて、日本全国を回ったことについて聞かれると

周防監督:カツベン!の説明する事に磨きがかかっていて、右に出るものはいないですね(笑)とにかく『カツベン!』という題名をつけた以上、=活動弁士、そして活動弁士とはどういう人たちのことなのか伝えようと思ってやりました。

と、話した。続けて活弁にチャレンジした感想について聞かれると

黒島さん:私は二つの声の演じ分けだったのに本当に大変でした。皆さんすごく練習されているのを見てましたし…本当にすごいなと思いました。でも監督からは活弁ではなく、二人の会話のようにやって欲しいと言われて、照れ臭かったです。

と、初々しく答えた。

また、成田との共演について聞かれると

永瀬さん:ほんとに僕は現場で救われました。太陽みたい存在でした。」と答えるも、成田は続けて「本当に憧れで、ただただ質問攻め。永瀬さんのこと色々知りたくて。横をくっついて歩いていました。

と話し、内容について尋ねられると

永瀬さん:2人の秘密です。はい。

と言い、笑いを誘った。次に活弁のトレーニングについて聞かれ

高良さん:一生に一度出会えるか出会えないかの役、みんなに辛かったでしょ?と言われるんですけど、ずっと楽しかったです。もともと映画が好きですが、映画というものが、より好きなものになりました。

と、映画を題材にいた本作の深さを語った。

そして、周防組に欠かせない竹中さんは、今回の周防組と今までの出演作品について聞かれると

竹中さん:成田君は170?監督が400?の媒体の取材受けてんだって!?驚いて年取っちゃたよ。

と声をおじいちゃんのようにゆっくりとした口調に変え、周防組の現場と同様、竹中節が炸裂。その後続けて、

竹中さん:周防組はいつも楽しくて、離れるのが嫌で。

と周防組にいつまでもい続けたいというような気持ちを伝えた。

これまでのイメージと違うキャラクターを演じた感想を聞かれ

井上さん:ただただ、周防組を楽しませていただきました。モガのファッションを楽しんで欲しいと監督からも言われまして。ただこれまで庶民の役が多かったので、ドレスをキレイに見せる役とかなかったですし、勉強になりました。

と、話した。普段あまり演じることのないコミカルなキャラクターを演じたことについて

竹野内さん:コミカルにやってるつもりはなかった(笑)念願の周防作品に出れる!と、思って力んでいったが、竹中さん渡辺さんなどがのびのびしてるように見えて、もっと遊び心を持っていいんだなと、思いました。ただ真面目な顔してましたけど!竹中さんが監督にセリフの確認をしたあと、本番で全然違うこと言うんです。ほんと笑いをこらえるのに必死でした。

と、撮影中のエピソードを披露した。

映画情報どっとこむ ralph そして、年末を控え、来年叶えたい夢についての話題へ。

成田さん:健吾さんと九州旅に行く約束したんでいきたいんですよね!

それに対し

高良さん:活弁やりましょう!九州で。僕は新車が欲しいので、交通費はいらないので大人の皆さんお願いします。

と言い笑いを誘った。

黒島さん:登山をしたいです、一昨年に富士山登ったぐらいなので。

と、言い会場をどよめかせた。

永瀬さん:僕も一応活動弁士役やったので、九州行かせてもらおうかな?

と、言い「ぜひぜひ!」と成田さんと高良さんも大喜び。

竹中さん:僕何も考えたことないです(笑)

と、またも会場や共演者を笑いの渦に巻き込んだ。次に

井上さん:オリンピックを生で観たいです!チケット一枚も当たってなくて、、なんでもいいから本当に見たい。

と、庶民的な一面をのぞかせた。

竹野内さん:自然と触れ合える時間がほしい、九州組にぜひ参加させていただけたら。

と、言い笑顔をのぞかせた。

周防監督:20年以上も夢なんですが、草野球でパーフェクトゲームができたら野球をやめる!と、言うのがあるので、来年こそはと思っております。

と、意外な一面をのぞかせた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

成田さん:口上をやらせていただけて嬉しかったです。100年前に娯楽の王様と言われた活動弁士を、今回のカツベン!で初めて知る人もいると思ってますし、責任をもって演じさせていただきました。帰ってから面白かったなと思ってもらえたら、”歓喜雀躍、身の幸せでございます”誠にありがとうございました!

と改めて口上の一節を披露し幕は下した。

映画『カツベン!』ポスターs

周防監督最新作!『カツベン!

は全国ロードショー中です。

【STORY】
一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎は、小さな町の映画館「靑木館」に流れつく。隣町のライバル映画館に客も、人材も取られて閑古鳥の鳴く靑木館に残ったのは、「人使いの荒い館主夫婦」、「傲慢で自信過剰な弁士」、「酔っぱらってばかりの弁士」、「気難しい職人気質な映写技師」と曲者揃い。雑用ばかり任される俊太郎の前に突如現る大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手まで現れ!俊太郎の夢、恋、青春の行方は・・・!俊太郎の活弁が響き渡るとき、世紀のエンターテイナーの物語がはじまる。

***********************************

出演:成田凌 黒島結菜 永瀬正敏 高良健吾 音尾琢真 竹中直人 渡辺えり 井上真央 小日向文世 竹野内豊
監督:周防正行
脚本・監督補:片島章三
音楽:周防義和

撮影:藤澤順一
照明:長田達也 
美術:磯田典宏
録音:郡 弘道
活動弁士監修:澤登 翠
活動弁士指導:片岡一郎 坂本頼光

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ