スパイク・ジョーンズ監督4年ぶりの長編最新作として、6月28日(土)より新宿ピカデリーほかにて全国ロードショーの

『her/世界でひとつの彼女』

その劇中主題歌 “The Moon Song”をウィスット・ポンニミットがイメージしたアニメーション映像が到着!

映像内容
映像内では、月の上に一人の女の子が横たわっています。その女の子はタムくんがイメージした、声だけのヒロイン、サマンサ!だけどその様子はなんだか物憂げ。月が反転していくとそこには、口ひげを蓄えた男、本作の主人公セオドアの姿が。彼もまた、なんだか物憂げな様子。

サマンサは自分とは反対側にいるセオドアを恋しく見つめます。するとセオドアはその目線に気づき、サマンサの方に振り向きます。その2人の様子はとっても幸せそう。

「The Moon Song」の歌詞のように遥か遠く宇宙の果てでもこうして2人でいられる幸せな気持ちを表現した、タムくん作品らしいシンプルで優しいアニメーションに仕上り。

『her/世界でひとつの彼女』
6月28日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

her/世界でひとつの彼女Photo-courtesy-of-Warner-Bros-Pictures-
her/世界でひとつの彼女Photo-courtesy-of-Warner-Bros-Pictures-

公式サイト:http://her.asmik-ace.co.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/her.spikejonze
公式Twitter:https://twitter.com/her_spikejonze

********************************************************************

『her/世界でひとつの彼女』 ストーリー
そう遠くない未来のロサンゼルス。ある日セオドアが最新型のAI(人工知能)型OSを起動させると、画面の奥から明るい女性の声が聞こえる。彼女の名前はサマンサ。
AIだけどユーモラスで、純真で、セクシーで、誰より人間らしい。セオドアとサマンサはすぐに仲良くなり、夜寝る前に会話をしたり、デートをしたり、旅行をしたり・・・
一緒に過ごす時間はお互いにとっていままでにないくらい新鮮で刺激的。ありえないはずの恋だったが、親友エイミーの後押しもあり、セオドアは恋人としてサマンサと真剣に向き合うことを決意。しかし感情的で繊細な彼女は彼を次第に翻弄するようになり、そして彼女のある計画により恋は予想外な展開へ―!

”一人(セオドア)とひとつ(サマンサ)”の恋のゆくえは果たして―?
今の時代だからこそ誕生した、ラブストーリーの新たな金字塔。

監督&脚本:スパイク・ジョーンズ
出演:ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス ルーニー・マーラ
オリヴィア・ワイルド スカーレット・ヨハンソン
(c)Photo courtesy of Warner Bros. Pictures

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ