映画情報どっとこむ ralph 波瑠さんと西島秀俊さん初共演の遊園地を舞台にしたお仕事エンターテインメント、波多野貴文監督作品「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」が、10月26日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなりました!!!

この度、波瑠・西島秀俊・岡山天音・深水元基・濱田マリ・波多野監督が登壇して、舞台挨拶が行われました。

「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」公開記念舞台挨拶
日程:10月27日(土)
場所:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:波瑠・西島秀俊・岡山天音・深水元基・濱田マリ・波多野監督

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりの観客の温かい拍手に迎えられキャストと監督が登壇!

波平!やハルちゃーん!などの掛け声がかかる中

波瑠さん:写真を見返していたらクランクアップしたのが丸一年前。無事に公開出来ることって当たり前じゃないんだなと。皆さんに支えられてここまで来て、嬉しく思っています。

西島さん:ついに公開。たくさんの皆さんに温かく迎えていただいて感激しています。きっと波留ちゃんが沢山話すので楽しみにしてください!

と、ご挨拶。

岡山さん:グリーンランドhttp://www.greenland.co.jp/で働いてる方たちとお会いして、撮影にのぞみましたが、実際誠実に楽しそうにお仕事されていて、そんなふうに映像に残っていたら嬉しいです。

深水さん:1か月間グリーンランドで撮影して凄い楽しんだ記憶があります。皆さんもグリーンランドに行ってみたくなったのではと思います。

濱田さん:去年の夏の撮影で今年の春に初号試写を観ました。凄い面白映画やんか!って思っていてそれから半年。独り占めしてみたいで罪悪感がありましたが。今日で解放されます!

と、独特な挨拶。

波多野監督:数作品の中から選んでいただきありがとうございます。少しでも「ほっこり」されたなら嬉しいです。

との其々のご挨拶からイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 熊本県に実際にあるグリーンランドリゾートの全面協力のもと撮影された、ありそうでなかった”遊園地”という夢と笑顔を与える仕事に就き、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司と一癖も二癖もある従業員たちに囲まれ成長していく主人公を描いた本作。想いでのシーンを聞かれて

波瑠さん:想いでのシーン。一杯あって。イルミネーションが着くところ。撮影の時の画が残っています。

波多野監督:僕は波留ちゃんが濡れるシーンで、本番で奇跡的に全く濡れなくて。水の量を増やして再度撮影したので、そのシーンは思い出深いです。

波留さん:そう、風に守られて彼だけびちょ濡れで、私は全くだったんです!

と、面白エピソードを披露。一方の西島さんは

西島さん:アイドルの子達のところ。ヒカルペンを持っていて、光らせていたんですけど。まったく映ってなくて。でも僕は浮かれて光らせていたんです!

と、とても陽気な西島さん。

岡山さん:波平と最初に出社したところ。印象的でした。凄い暑くて。

深水さん:ヒーローショーのところはご当地ヒーローが集まっていて。着たんですよ。凄い人気でした!ヒーローって大変ですね。

西島さん:こんなでっかいヒーロースーツあるの?

深水さん:めっちゃ伸ばしながら着せてもらいました。

と、どうやらつんつるてんらしいです。因みに深水さんは187cm。

波留さん:凄い大変でしたよ!ヒーローショー。

濱田さん:岡山君と一緒で。出社シーンのドッキリ。ワクワク過ぎて仕事よりわくわくが勝ってしまったシーンです。

と述懐。

波多野監督:西島さんを気球で飛ばしたところ。

西島さん:結構怖かったです!

実は上って、直ぐ下ろされてを繰り返して撮影していたそうで、空からの眺めを楽しむ気球体験はできなかったそう。

映画情報どっとこむ ralph さらに未だ明かしていないエピソードを聞かれ・・・

波瑠さん:未だ明かしてないエピソード・・・・・・

西島さん:凄い宣伝してたもんね。

と、助け舟。

波留さん:いっぱいエピソード話ちゃってますもんね。何だろう。。。。広い遊園地なので色々大変で・・・(癒されていた場所は?)動物がいるところですね。お世話のシーンは、実はずっと居たかったんです。

西島さん:濱田さんのボルダリング。前腕が凄いんです!びっくりです。

司会にそれは劇中に出てこないですよねと問われると。

西島さん:でも、1か月グリーンランドでの撮影で印象に残ってることですよね。じゃあ、あってます!(大爆笑)

と、会場をほんわか沸かせました。今日の西島さんはすごい陽気です。

岡山さん:働いてる方々と毎日いるので、売店のお母さまたちにサービスしていただきました。特に朝ドラやってたんで凄い先を聞かれてぇ、「観て下さい」って苦笑でした!

と話すと

深水さん:僕はお客さんに従業員と間違えられてました。

と、こちらも苦笑いエピソード。でも後半は声かけられても対応できるようになっていたそう。

濱田さん:控えの場所に事務所の一角をお借りしてたんですけど。ホワイトボードに毎週月曜日がお祓いとなっていて。事故とかがあったらいけないから祈るんだと。

関心して気を引き締めたと話す濱田さん。

最後に・・・

波留さん:凄く楽しい撮影で、やっと観ていただけることになりました。これからお仕事される新社会人の方も、既にお仕事をされている方も、この映画を観て楽しく仕事がしたいなと思っていただけたらと思っています!

と、話してイベントを閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』

10月26日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
ozland.jp

twitter:
@ozland_movie

原作は多くの作品が映画・ドラマ化されている人気作家・小森陽一の『オズの世界』(集英社文庫刊)。
遊園地の知られざる裏側と不慣れな地で奮闘する新米社員をチャーミングに描き、「第20回 文化庁メディア芸術祭」マンガ部門の新人賞を受賞した気鋭の漫画家・畑優以氏によるコミカライズも週刊ヤングジャンプにて連載された。
不本意な配属先に不満だらけな新入社員波平久瑠美を演じるのは、波瑠。連続テレビ小説『あさが来た』で注目を集め、「未解決の女 警視庁文書捜査官」「サバイバル・ウェディング」と立て続けにドラマの主演をつとめる彼女が全国拡大公開映画としては初の主演を飾る。勝手に空回ってジタバタしていたところから、少しずつ表情も顔つき自体も変わっていく成長過程を、緻密な計算と柔らかな感性で見事に演じ切った。さらに、“魔法使い”と呼ばれるカリスマ上司小塚慶彦役に西島秀俊。シリアスでクールなイメージを覆す、少々天然?なキャラクターをユーモアと笑顔たっぷりに演じているのは必見!さらに、岡山天音、橋本愛、中村倫也、濱田マリ、柄本明と人気と実力を兼ね備えたキャストが勢揃い。


【ストーリ―】

不満だらけの毎日を変えたのは“魔法使い”のような上司との出会い-

夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美に言い渡されたのは、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった…!
ふてくされながらも、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司・小塚慶彦と個性的すぎる従業員たちに囲まれる日々を過ごすうち、少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気づいていく。
小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう…
働く人なら誰でも共感する悩みを抱えながら、やがて仕事の極意を掴みとる久瑠美の姿に思わず拍手喝采!!
知っているようで知らない“遊園地の舞台裏”を舞台にした、最高にハッピーな
“お仕事エンターテインメント”が誕生!

***********************************

出演:波瑠 西島秀俊
岡山天音 深水元基 戸田昌宏 朝倉えりか 久保酎吉 コング桑田
中村倫也 濱田マリ/橋本愛/柄本明

監督:波多野貴文
脚本:吉田恵里香
原作:小森陽一『オズの世界』(集英社文庫刊)
主題歌:「Wonderland」Dream Ami(rhythm zone)
挿入歌:「ストレイシープ」「匿名」神様、僕は気づいてしまった(ワーナーミュージック・ジャパン)

幹事・企画・制作プロダクション:ROBOT
製作:映画「オズランド」製作委員会
配給:HIGH BROW CINEMA、ファントム・フィルム

(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ