映画情報どっとこむ ralph 11月16日(金)に公開となる映画『人魚の眠る家』。

稀代のベストセラー作家・東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の同名小説を、篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑み、『TRICK』 『明日の記憶』 『天空の蜂』の堤幸彦監督が実写映画化。

この度、衝撃と感涙の予告編第2弾が解禁に!

本作は、娘がプールで溺れて意識不明に陥り、過酷な状況に見舞われた離婚寸前の夫婦・薫子(篠原涼子)と和昌(西島秀俊)が下す決断と苦悩を描く、ヒューマンミステリー。

今回解禁となるのは、<衝撃>と<感涙>が同居する予告編第2弾。
プールで楽しそうにはしゃぐ愛しい娘・瑞穂が突然意識不明の状況に…
そして、人間の許される範囲を超えた禁断の技術に手を出し次第に狂気をはらんだ薫子が娘に向かって包丁を振り上げる<衝撃>。

冒頭で「もし愛する人が二度と目を覚ますことがないとしたら…
あなたなら、どうしますか?」と問われる中、母親、父親、祖父、祖母、研究者とその恋人…それぞれが眠り続ける瑞穂の回復を願う姿が映し出され、絢香が本作のために書き下ろした主題歌「あいことば」が優しく包み込むー

涙なしでは見られない、<感涙>の予告編に仕上がっています。

堤監督:色々な意味で”代表作“になる自信があります」という、渾身の本作。原作に描かれていることはたいへん難易度の高い内容ですが、それはどの夫婦にも親子にも突きつけられる究極の問題であり、だからこそ挑戦すべき作品だと確信しています。考えれば考えるほど”他人事“ではないです。

と誰にでも起こりうる状況を描きながら、先の読めない怒涛の展開、想像を絶するクライマックスを経て明かされる真実、感涙必須の愛の結末によって、原作者・東野圭吾が「一級品の娯楽作品」と太鼓判を押すほどのエンターテイメント作品として昇華された感動大作になっています。

映画『人魚の眠る家』

は、11月16日(金)から全国劇場で公開予定です。


東野圭吾先生の作家デビュー30周年を記念して執筆され、累計100万部に迫る原作『人魚の眠る家』は、愛するわが子が予期せぬ事故にあい意識不明のまま回復の見込みがないという悲劇に直面する中、究極の選択にせまられる夫婦を中心に、それぞれの愛の形を描く衝撃と感涙のミステリー超大作で、母を演じる篠原涼子さん、父を演じる西島秀俊さん以外にも、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、松坂慶子さんなど世代を代表する豪華実力派キャストが出演します。

***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子

配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ