映画情報どっとこむ ralph この度、スパイダーマン最大の宿敵であり、マーベル史上最も残虐な《悪》として新たに誕生する『ヴェノム』が、11月2日(金)より、全国の4DXシアターにて公開。

主人公のエディ(トム・ハーディ)が<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体に寄生されてしまい、エディの体にとてつもない変化が起こり始める。解き放たれた〈悪〉が、体を蝕み、増殖していくにつれ4DX効果も激化していく!

この演出により、まるで⾃分もエディと同様に、徐々に4DX劇場に浸食されていくような感覚が体験できる!4DX演出は、本編開始から最高潮に達し、風やモーションチェアの振動により、耐えられないほどのスリル感を全身で味わえる。超高層ビルでのアクションシーンや、サンフランシスコの街をバイクで駆け抜けるチェイスシーン、そして、熱風、フラッシュ、風の効果の効果が極限に発揮された爆発シーンでは、”破壊的な4DX演出”が披露され、まるで爆発に巻き込まれたかのような感覚に!?とにかく手に汗を握る、本格的な4DX演出が駆使され、スリル、爽快感も最高潮になるはず!

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、本作の4DX上映を記念し、『ヴェノム』の無人4DX360°VR動画が公開!

『ヴェノム』の予告映像に併せて、実際どのような4DX演出が披露されるのかが確認できし、4DXファンにはつい反響が。PC画⾯上では、youtube再生画⾯の左上マウスをドラックするか、映像左上のカーソルで前後左右に視点を動かすことで確認でき、スマートフォンのyoutubeアプリで本映像を観ると、視界の動きに合わせて映像を360度⾒回すことができるVRモードでの鑑賞が可能!

これを観れば絶対『ヴェノム』を4DXシアターで観たくなること間違い無しな、映像となっております!

また、「FEELTHEFIRSTANTI-HEROactionin4DX」というメッセージが刻まれた、4DXオリジナル・イラストも到着!ヴェノムを演じるのは『マッドマックス怒りのデス・ロード』『ダークナイトライジング』、そしてアカデミー賞®助演男優賞にノミネートされた『レヴェナント:蘇えりし者』等の作品で知られ、ダークな一面を持ち合わせながら圧倒的な演技⼒を誇る、トム・ハーディ。

この秋、『ヴェノム』4DX版を、是非!!

映画情報どっとこむ ralph

『ヴェノム』

原題:VENOM
公式ホームページ:
http://www.venom-movie.jp/

物語・・・
未確認飛行物体の墜落現場でシンビオートと呼ばれる地球外生命体を発見した〈ライフ財団〉。ライフ財団が“それ”を用いた人体実験で死者を出しているという噂をきいたジャーナリストのエディは、その真相を暴くべく取材を進める中でシンビオートに寄生されてしまう。その日から自分以外の“何か”の声が聞こえはじめ、自分の身体がコントロールできなくなる。次第に増幅していく内なる〈悪意〉。エディとシンビオート、2つの人格が一つになるとき、ヴェノム誕生の時がついに訪れる─。

***********************************

監督:ルーベン・フライシャー
出演:トム・ハーディ ミシェル・ウィリアムズ リズ・アーメッド スコット・ヘイズ リード・スコット 他
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
©&™2018MARVEL.©2018CPII.AllRightsReserved.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ