映画情報どっとこむ ralph 斬新ながらもどこか懐かしさを感じさせるシーツ姿のゴーストが主人公の物語。これまでありそうでなかった、ゴーストの視点から見た「死後の世界」。死んでしまった者の魂は、その悲しみは、いったいどこへ行き着き、どのように消化されるのか?自分のいなくなった世界で、残された妻を見守り続ける、ひとりの男の切なくも美しい物語『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』が11月17日(土)に全国ロードショーとなります。

慮の事故死を遂げ、シーツ姿のゴーストとなって彷徨い続ける夫を演じるのは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック。

夫に先立たれ、悲しみに暮れる妻を演じるのは『キャロル』でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞したルーニー・マーラ。

本作の監督デヴィット・ロウリーの『セインツ -約束の果て-』でも共演した、ふたりの超実力派俳優が再び集結しました。

サンダンス映画祭の観客賞を筆頭に、世界各国の映画祭でノミネート&受賞、米映画批評サイトRotten Tomatoesでは驚異の91%の大絶賛を受けた話題作が、この秋ついに日本公開を迎えます。

近年、日本でも大きな賑わいをみせる季節イベント《ハロウィン》。10月31日のハロウィン当日を間近に控え、
この度、仮装の参考にもなりそうなシーツ姿のゴースト画像が解禁となりました!


今回解禁されたゴーストの画像は、家の中を一人寂しくさまよう姿や何もない部屋で座り込む姿など、様々なシチュエーションで佇んでいる哀愁ただよう姿が映し出されたもの。誰にも気づかれず、ひとり世界をさまようゴーストの切ない旅路が映し出される一方で、ルーニー・マーラ演じるMの側にちょこんと座り込み、どこか可愛らしく見えてしまう不思議な1枚も公開された。

一言も言葉を発しないシーツを被ったゴーストの目線で物語が描かれる、という斬新な設定が話題にもなっている本作ですが、実はこれまでにも、シーツを被ったようなオバケのキャラクターは、様々なアニメや漫画、映画に登場してきた。

藤子不二雄による名作コミック『オバケのQ太郎』に登場するキャラクター、その名も《Q太郎》、1995年に公開されたファンタジーコメディ映画『キャスパー』では、白くふわふわ飛び回るかわいらしい子供のオバケ《キャスパー》が登場。

世代や国や文化を超え、長年、愛され続けてきた白い姿のオバケキャラクーたち。凝ったメイクや気合の入った衣装は見ているだけでも、チャレンジするのも楽しいが、今年のハロウィンは、シーツにすっぽり収まって愛すべきキャラクター《ゴースト》の気分を味わってみるのもいいのでは?

映画情報どっとこむ ralph 『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』

11月17日(土)全国ロードショー 



【Story】
田舎町の小さな一軒家に住む若い夫婦のCとMは幸せな日々を送っていたが、ある日夫Cが交通事故で突然の死を迎える。妻Mは病院でCの死体を確認し、遺体にシーツを被せ病院を去るが、死んだはずのCは突如シーツを被った状態で起き上がり、そのまま妻が待つ自宅まで戻ってきた。Mは彼の存在には気が付かないが、それでも幽霊となったCは、悲しみに苦しむ妻を見守り続ける。しかしある日、Mは前に進むためある決断をし、残されたCは妻の残した最後の想いを求め、彷徨い始めるー

***********************************

監督:デヴィッド・ロウリー
出演:ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ
配給:パルコ 
©2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ