映画情報どっとこむ ralph 10月20日(土)から新宿武蔵野館ほか全国公開が決定しております映画『ウスケボーイズ』は、「マドリード国際映画祭2018」外国語映画部門にて最優秀作品賞、最優秀主演男優賞を受賞。

「アムステルダム国際フィルムメーカー映画祭2018」外国語映画部門にて最優秀監督賞、最優秀主演男優賞を受賞し、見事4冠を獲得して注目を集めています。

映画公開直前、10月18日(木)18:30より、ロケ地の山梨県・シアターセントラルBe館にて、出演の出合正幸、竹島由夏、伊藤つかさ、升毅、そして柿崎ゆうじ監督が登壇する舞台挨拶付きの特別上映会開催されました。

特別上映会イベント
日程:10月18日(木)
場所:シアターセントラルBe館
登壇:出合正幸、竹島由夏、伊藤つかさ、升毅、柿崎ゆうじ監督
M C:鈴木春花

映画情報どっとこむ ralph 作家・河合香織先生による、第16回小学館ノンフィクション大賞受賞の「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」を実写映画化。
数千年のワイン造りに挑み、それを乗り越えようとした日本の若き革命児たちの姿を描居た本作。

出合さん:実話を元に描かれている作品なので、僕の演じる役にはモデルになった方がいます。ワイン造りを始めた時の彼の想いを丁寧に表現できるよう、細かいところまで監督と相談して作り上げた作品です。

と作品への想いを語った。

竹島さん:勝沼で女性醸造家として活躍している方の役を演じました。世襲でない女性醸造家として奮闘した方です。美味しいワインを造るために人生をかけた姿にシンパシーを感じました。毎年数回、畑にもお邪魔して畑作業をさせていただいております。公私ともに人生おそわっていると感じております。

とモデルになった方とのエピソードをあかし、敬意を払っていた。

伊藤さん:麻井宇介さんの娘の役を演じました。撮影に入る前に、麻井さんの墓前にお邪魔して、撮影はいることのご挨拶をしてきました。家族として麻井宇介さんをサポートしている気持ちを一生懸命こめながら作品に向き合いました。

と麻井さんへ撮影前にご挨拶したことも語った。

今年、信玄公祭りで山本勘助役で登場した升さんは、

升さん:今日は、山梨に帰ってくることができて本当に嬉しいです。実際のぶどう園で、昔からの家を使わせていただきながら撮影を進めました。その場所には昔からの醸造の道具などが展示されてあり、本当にワイン作りをされているお宅を使わせていただいたので、撮影をしながら、日本ワインにすごく興味を持ちました。

と、日本ワインへの魅力が撮影により増したことを明かした。

映画情報どっとこむ ralph
柿崎監督:山梨で撮影していた作品ですので、山梨のみなさんと歩んで来た映画だと思っております。

とロケ地での感謝を述べた。海外の映画祭で4冠を獲得したことに関しては、

柿崎監督:海外の映画祭で受賞できたことは、素直に嬉しかったです。映画祭に作品で登場する日本ワインをもっていったのですが、海外の方に飲んで頂いたら“美味しい”と感動いただき、すごく評価されたことも幸せな事だと思いました。

と語った。

そして、最後に・・・

柿崎監督:実際にウスケボーイズのワインを口にした時に感動して、この映画をとろうと思いました。山梨で撮影することにもなり、武田信玄の“風林火山”の想いを込めたシーンもありますので、楽しんでいただけたらと思います。映画を観て、ほうとうでワイン、信玄餅でワインなど日本ワインを楽しんでもらい、山梨の魅力を感じてもらえたらと思います。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph

映画『ウスケボーイズ

10月20日(土)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

公式HP:
usukeboys.jp

「教科書を破り捨てなさい」

岡村(渡辺大)、城山(出合正幸)、高山(内野謙太)、上村(竹島由夏)、伊藤(寿大聡)は「ワイン友の会」の仲間で、集っては世界中のワインを嗜んで蘊蓄を語り合っていた。ある夜、日本のぶどうを使ったワインがフランスワインより美味しいはずがないと決めつけていた彼らは、仏vs日本ワインでブラインドのテイスティング会を開催する。予想は外れ、世界に通用する「桔梗ヶ原メルロー」の存在を知った彼らは、この世界レベルのワインを生んだ麻井宇介(橋爪功)に憧れ、ワイン用のぶどう栽培は困難と言われたこの日本の地で麻井の思想を受け継ぎながら常識を覆すワイン造りに没頭していく。しかし、ぶどう畑は大雨・雹・病害などに見舞われ・・・。果たして、日本のワインに革命を起こすことはできるのか?

実話をもとに描かれたウスケボーイズの物語。

***********************************

渡辺 大
出合正幸 内野謙太 竹島由夏
金子 昇 寿大 聡 須田邦裕 上野なつひ
升 毅 萩尾みどり 清水章吾 岩本多代 柴 俊夫 田島令子
小田島 渚 大鶴義丹 柳 憂怜 伊吹 剛
和泉元彌 伊藤つかさ 安達祐実 橋爪 功

エグゼクティブプロデューサー:柿崎ゆうじ プロデューサー:古谷謙一 前田茂司
原作:河合香織『ウスケボーイズ  日本ワインの革命児たち』小学館

監督:柿崎ゆうじ

主題歌:Yucca「風の未来」テイチクエンタテインメント
脚本:中村 雅 音楽:西村真吾 ラインプロデューサー:善田真也 キャスティングプロデューサー:伊東雅子 
撮影:北 信康(J.S.C.)
照明:渡部 嘉 録音:小林圭一 美術:泉 人士 編集:神谷 朗 音響効果:西村洋一 記録:高橋久美子
スタイリスト:前田勇弥 助監督:山口将幸 制作担当:柄本かのこ VFXスーパーバイザー:太田垣香織
製作協力:エーチーム・アカデミー ビーテックインターナショナル オーガニックレストラン・セタ
制作プロダクション:楽映舎 企画・製作・配給:カートエンターテイメント
宣伝プロデューサー:廿樂未果
配給協力:REGENTS
2018年/102分/シネスコ/5.1ch
©河合香織・小学館 ©2018 Kart Entertainment Co., Ltd.

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ