映画情報どっとこむ ralph 人生を鉄道になぞらえて描いてきた映画「RAILWAYS」シリーズの最新作「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―」が11月30 日(金)より全国ロードショーとなります。

そして、この度完成披露試写会が行われ、舞台挨拶には、有村架純さん、國村隼さん、桜庭ななみさん、歸山竜成さん、木下ほうかさん、筒井真理子さん、板尾創路さん 青木崇高さん、吉田康弘監督が登壇しました。

『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』完成披露試写会
日時:10月18日(木)
場所:新宿ピカデリー
登壇:有村架純、國村隼、桜庭ななみ、歸山竜成、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路 青木崇高、吉田康弘監督

映画情報どっとこむ ralph 本作の舞台は、鹿児島県?熊本県を結ぶ〈肥薩おれんじ鉄道〉。美しく彩り豊かな九州の西海岸を舞台に、愛する人を失った“ふそ゛ろい “な 3 人の家族の再出発を描き、映画を観たあと誰もか゛愛しい「家族」に会いたくなる─すへ゛ての人へ贈る、愛と希望に満ちた感動作です。

温かな拍手の中に登場したキャストと監督。青木さんは歸山くんを肩車で登場!会場を沸かせました!

有村さん:こんばんは!こんなに沢山の方が足を運んでくれてうれしいです!

國村さん:かぞくいろを日本で初めてご覧になる皆さんです!楽しんでください!

桜庭さん:皆さんおみていただけることワクワクしてました。心に残る作品になると思います。

歸山さん:青木さんとは撮影に入る前に野球したり、ご飯食べに行ったりして、役作りに励みました。役には入れたと思います。僕の一番お力を出した演技なので楽しんでみてください!

木下さん:こんばんは!ぶつぶつ

筒井さん:日本で初めての上映に立ち会えて幸せです。

板尾さん:ハロー!

と、本当に一言の板尾さん。

青木さん:(歸山さんに)全力で頑張ったんだよな!素敵な映画ですので楽しんで!

監督:お越しいただきありがとうございます!楽しんで帰ってください。

と、それぞれ一言あいさつ。

映画情報どっとこむ ralph 早速映画の話に!母親でシングルマザーは初めての有村さんは役作りは苦労したそうで


有村さん:私自身も母親という役割がわからないところでしたので、役に寄り添えるように頑張りました。物語以前の背景がなかったので、どういう人生を歩んできたのかは、監督と共有しながら作っていきました。

と、役の作りの裏を披露。ベテラン運転士役の国村さんは


國村さん:この映画は、登場してくる人はどこか皆、不器用。中でも私の役は不器用で頑固。そのイメージで演じました。ベテランなので運転はそこは違うやろ!って言われないように、ご指導いただいて細かく気を付けて演じました。

今回のロケ地は桜庭さんの出身地の鹿児島。撮影を振り返り


桜庭さん:普段は標準語だったり、ほかの方言で演じますが、今回は地元鹿児島の言葉だったので、自分の言葉で話せた気がしました。リラックスできましたし、小さいころから見ていた風景の中ので心も体も元気になりました。


歸山君:海沿いのシーンは寒くて、長そでも寒かったので休憩中もみんなしゃべらなくて・・・國村さん見たら半そでシャツ一枚で気まずかったです!

と、会場爆笑!

歸山さん:有村さんとは、毎回のシーンで一緒だったので、一杯ありすぎて選べません!

と、うらやましい思い出一杯の歸山さん。

鉄道に乗る仕事もされてる木下さん

木下さん:本当は運転したかったですけどね。飲みに行くのが楽しくてね。。。毎晩行ってて記憶を飛ばした日もありました!地元の人に一升瓶もらったりね。

と、かなり、地元に打ち解けていたご様子。

筒井さん:最初のシーンで有村さんが捨て猫のようにかわいくて、、、厳しいこと言うのがつらかったです!

といわれて、照れる有村さん。

板尾さん:僕が有村さんに教えるんでエスが、もっと厳しくすればよかったなと。オンの人が運転するのが新鮮で・けなげで、鉄道会社の人も協力してくれて、撮り放題でした。カメラの柴崎さんが撮った風景なども見どころです。

青木さん:あまり親子を考えずに、カレーを作ったり、電車に乗ったり、デニーズ行ったり、気の許した関係で、始めました。個人的にも有村さんとの出会いも見どころです。

作品に込めた想いを

監督:大切な人を失ったかなしに見どう向き合っていくかというテーマ・悲しみを抱えて一緒に生きていく。哀しみに、寄り添った映画を作りたいなと。現実と地続きであるべきと思って映画を創っています。この家族を鹿児島にいる現実にいる家族だと思っていただければ。

映画情報どっとこむ ralph ここで、俳優にならなかったら、どの職業に就くとしたら?

有村さん:体調カウンセラー

國村さん:もっと大きなものを運転したい、次は飛行機を操縦してみたいですね。

桜庭さん:ナース。スカウトした時もナースの役出来るからって言われてここに立ってます。

歸山さん:殺陣をやってるので、殺陣の講師にもなりたい!

木下さん:美容師・・・ネイリスト・・・か、農業。

筒井さん:映画のモギリ!

板尾さん:生まれ変わっても私になりたい!

青木さん:杜氏 利き酒師の免許もとったので。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

有村さん:この作品は映像も美しいですし、家族の在り方とは何かを改めて考えさえせられる映画です。そして温かい気持ちで帰れると思います。

この後すぐ見る観客に、

國村さん:どんなふうに見ていただけるのか楽しみです。

と閉めてイベントは終了。上映となりました。

映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』

公式HP:
http://www.railwaysmovie.jp/

わたしたちにしか描けない、 家族のカタチ。

晶(有村架純)は、夫・修平(青木崇高)とその連れ子・駿也(歸山竜成)と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で生活は一変。残された駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫(國村隼)を訪ねる。節夫は、運転士の仕事一筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶たちを戸惑いつつも受け入れ、母としてまっすぐに生きようとする晶の姿に次第に心を動かされていく。そして晶は、亡き修平の子供の頃の夢でもあり、電車好きな駿也のため、鉄道の運転士を目指すことに。温かい人々との出会いや絆が、晶・節夫・駿也の3人を“かぞくいろ”に染めていく―。

***********************************

有村架純  國村 隼
桜庭ななみ 歸山竜成/木下ほうか 筒井真理子/板尾創路 青木崇高

エグゼクティブプロデューサー:阿部秀司

監督・脚本:??田康弘 音楽:富貴晴美 プロデューサー:石田和義/秋吉朝子/櫛山 慶/石田聡子 ライン・フ゜ロテ゛ューサー:渡辺栄二

撮影:柴崎幸三 照明:上田なりゆき 美術:古積弘二 装飾:小林宙央 録音:白取 貢 編集:村上雅樹 サウント゛エフェクト:北田雅也 特機:奥田 悟 衣裳:岡田敦之/牧 亜矢美 ヘア・メイク:宮内三千代 スクリプター:赤澤 環 助監督:甲斐聖太郎 制作担当:間口 彰 特別協賛:出水酒造 協賛:鹿児島県阿久根市/映画「かそ゛くいろ」制作を応援する会 撮影協力:肥薩おれんし゛鉄道/九州旅客鉄道 製作:「かそ゛くいろ」製作委員会 企画:阿部秀司事務所/ROBOT
制作プロダクション:ROBOT
配給:松竹

©2018「かぞくいろ」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ