映画情報どっとこむ ralph 『宇宙の法―黎明編―』が2018年10月12日(金)に日米同時公開!『UFO学園の秘密』(15)の続編となる本作。前作から3年の時を経て、地球文明の誕生、人類創世の秘密、宇宙人との交流と戦い、そして明らかになる地球神の存在が描かれる。

10月12日(金)に日米同時公開した『宇宙の法―黎明編―』。そんな大作映画の公開記念イベントが10月13日(土)、シネマート新宿で行われ、声優を務める千眼美子さんと今掛勇監督、松本弘司プロデューサーが登壇した。

日時:10月13日(土)
場所:シネマート新宿
登壇:千眼美子、今掛勇監督、松本弘司プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 長編アニメーション映画『UFO 学園の秘密』から約3年ぶりの続編。

千眼さん:貴重な土曜日のお昼に来ていただきありがとうございます!

と会場を埋め尽くした観客に向け感謝を伝えてからイベントが始まった。

千眼さんが声優に挑戦したのは『龍の歯医者』以来2度目で、苦労した点について聞かれると

千眼さん:手や身振りといった姿を使わず声だけで演じるのは難しい。今回変身したり戦ったりしているので余計難しくて。気を抜くと千眼が出てきちゃうのでその度に監督に突っ込まれていた。

と裏話を話す。

千眼さん:今回いろんな方から言われたんですけど、ザムザの声が私だと気づかない方が多いみたいで。それはそれで嬉しいんですけど…私です!

とこれから本編を見る観客に向けて猛アピール!今掛監督と松本プロデューサーは前作『UFO学園の秘密』に続き再タッグということで、豪華な声優陣の中に千眼さんが加わったことで作品にどのような影響を与えたのか聞かれると、

今掛監督:刺激的なアフレコでした。キャラクターデザインで言うと千眼さんが決まった時点で仕草やポーズなど少し微調整させていただきました、

と明かし、

松本P:超一流の声優陣の中でひときわ大きな光を与えてくれて、千眼さんが作品全体に影響を与えている、

とプロデューサーも絶賛した。

映画情報どっとこむ ralph 千眼さんが演じたザムザは攻撃的で宇宙最強の女帝という役どころ。
一見すると実際の千眼さんとは真逆なのかと思いきや

千限さん:よく考えたら案外似ているかもしれないと思うことがあって・・・。声色などはイメージして作っていった所もありましたが、内面の部分では自分も我が強いタイプなので結構似ているかもしれません。

と意外な共通点を感じたことを明かす。

千眼さん:23年間の私の人生がザムザさんに詰まっているなと感じた。

と振り返った。MCより千眼さん一押しのザムザの台詞を生で披露してほしいと懇願されると、照れつつも「6秒待ってください」と後ろを振り向き集中。

千限さん:強い者が弱いものを支配する。それがこの宇宙のルールだ!

という力強いセリフを轟かせ、会場を沸かせた。

最後に満席の観客が青のサイリウムを一斉に灯すと会場は宇宙にきらめく星空のような輝きに包まれた。

また最後にレイ(CV:逢坂良太)とタイラ(CV:柿原徹也)が再び登場!2人から金色に輝くキャノン砲がプレゼントされると会場は大盛り上がり。千眼の大きな笑顔と共にイベントが締めくくられた。

宇宙の法―黎明編―

大ヒット公開中!

物語・・・
大学生のレイ、アンナ、タイラ、ハル、エイスケの5人は、それぞれの夢を追いかけながら学生生活を送っていた。しかし彼らには宇宙からの侵入者であるレプタリアンたちと戦うもう一つの顔があった。あるとき、邪悪な宇宙人ダハールの罠に落ち、消息を絶ったタイラを探し出すため、レイは3億3千万年前の地球へとタイムジャンプする。
その時代、地球での新たな文明の創造を計画していた地球神アルファは、ゼータ星の女帝ザムザが率いるレプタリアンを地球に招き入れていた。そこに現れたダハールの狙いとは何か。レイとタイラの運命は!?そして“地球神の文明計画”とは――。

***********************************

製作総指揮・原案/大川隆法
逢坂良太 瀬戸麻沙美 柿原徹也 金元寿子 羽多野渉 / 千眼美子 梅原裕一郎 大原さやか 村瀬歩 立花慎之介 安元洋貴 伊藤美紀 浪川大輔

監督/今掛勇 音楽/水澤有一
総作画監督・キャラクターデザイン/今掛勇 キャラクターデザイン/須田正己 VFXクリエイティブディレクター/粟屋友美子
アニメーション制作/HS PICTURES STUDIO 
幸福の科学出版作品
配給/日活
配給協力/東京テアトル
ⓒ2018 IRH Press

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ