映画情報どっとこむ ralph ドキドキの恋と芸能界への夢を追いかけるシンデレラ♡ラブストーリー『あのコの、トリコ。』は、いよいよ、10月5日(金)より全国公開となります。

この度、吉沢亮(頼)が新木優子(雫)と9年ぶりの再会を果たし、ハート♡奪われ恋に落ちる姿に思わず“トリコ”になる本編映像が解禁しました!

初恋のあのコと幼い頃交わした「一緒に映画に出ようね」なんて約束、忘れたふりをして田舎で暮らしていた地味で冴えない頼(吉沢亮)。
ある日、立ち寄ったコンビニで、幼なじみの雫(新木優子)が表紙を飾る雑誌がふと目に入る。幼い頃の夢を実現すべく真っすぐに突き進んでいる雫。
「そんな雫に憧れられるオトコになりたい!すぐにそばに行きたい!」と想いが溢れ、幼い頃の約束を果たすために、一念発起!上京して芸能コースのある高校へ編入することに。
入学手続きを終えて帰ろうとしたその時、横を走り抜けていく女のコに思わず目を奪われる頼。そこにいたのは、なんと雫だった。
新木優子 映画『あのコの、トリコ。』
そんな雫は、芸能コースに通い、モデルの仕事をしながら幼い頃からの夢・女優を目指していた。

雫との思いがけない再会に、慌てふためいて書類を落としてしまう頼。書類を拾う頼を近距離でジーと見つめると雫は9年ぶりの再会にも関わらず頼に気付く。

「頼?頼だ!やっぱり、頼じゃん!」「どうしてここに居るの?なんで?」と頼を質問攻めにする。
吉沢 亮、新木優子 映画『あのコの、トリコ。』
おどおどする頼は、小さい声で「どうでもいいじゃん・・・」と恥ずかしさのあまり強がって本音を語ろうとしない。
そんな頼に対して、雫は真っ直ぐな瞳で見つめながら、「どうでもいい訳ないじゃん!だって頼は私の大切な・・・大切な・・・」と誰もが予想だにしなかった突然の告白・・・!?まさかの展開に不意を突かれた頼のハートはドキッドキッ!

明るく活発なイマドキ女子・雫とつくし男子・頼との絶妙な掛け合いはどうなるー???
頼が雫の“トリコ”になる運命の再会に、日本中の女子も男子も“トリコ”になってしまう映像となっています。

映画情報どっとこむ ralph 全女子憧れ!この秋大本命!

大好きな“あのコ”と芸能界への“夢”を追いかける映画『あのコの、トリコ。』は、いよいよ本日10月5日(金)より、全国にて公開となります。

toriko-movie.jp

【STORY】
「大好きな“あのコ”のために、ボクは変わる――」 田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生・鈴木 頼(吉沢 亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった立花 雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能プロダクションに頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになる。 ランジェリーの広告撮影の日、共演するはずだった頼と雫の幼なじみでもあり人気俳優の東條 昴(杉野遥亮)が、あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を受けることに! 頼がカメラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そして、この広告が話題となり、頼と雫、昴の未来を変えていく―。

「思い出したんだ。僕にも小さい頃、俳優になりたいって夢があったなぁって」 昴が遂に雫に告白、しかも自分が主演する恋愛映画の相手役に雫を指名する。それを聞いた頼は複雑な想いを抱え
るが、話題を呼んだランジェリー広告が監督の目に留まり、自身もアート系の恋愛映画の主演に抜擢される。雫のそばにいられなくなることで出演を迷っていた頼を雫は叱咤激励、頼は映画に出ることを決意する。そして、頼と雫は互いの夢に一歩ずつ近づくにつれ、少しずつすれ違っていき……。

「やっと気づいた。好きだけじゃそばにいられない。」 そんな中、ある日昴が頼を呼び出し「雫は渡さない」と宣戦布告。「僕は別に……」と煮え切らない頼に重ねて 「諦めろ。お前は最初から俺に負けてるんだから」と言い放つ。しかし雫への想いが抑えられなくなった頼は、 昴に無謀な勝負を挑む。恋と夢が複雑に絡み合う、3人の想いの行方は……?

映画情報どっとこむ ralph 弊社カメラ記者のTJが、このシーンお蝶夫人のようだった!
って、言ってました!誰?お蝶夫人・・・・。

取り敢えず、「ですね。」って言っておいたけど。

***********************************

吉沢 亮 新木優子 杉野遥亮 水上剣星 大幡しえり ・ 内田理央 古坂大魔王/高島礼子(友情出演)/岸谷五朗

原作:白石ユキ『あのコの、トリコ。』(小学館 Sho-Comiフラワーコミックス刊)
監督:宮脇 亮
脚本:浅野妙子
音楽:吉俣 良
主題歌:「トリコ」Nissy(西島隆弘)
配給:ショウゲート
(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ