インド映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』旅でのキュートなビジュアル解禁!

映画情報どっとこむ ralph インド映画としての世界での興行収入歴代No.3を誇る注目のインド映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』は、2019年1月18日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開となります。

バカ正直でお人好しなインド人の青年と、声を出せないパキスタンからの迷子の少女の二人旅を、国や宗教、人間愛についてのメッセージと、ほっこりとした笑いに包んで描き、世界中から人種や信条を超えた熱い支持を受けた。

インドでは2015年の興行収入No.2の大ヒットとなり、国内映画賞では30近くもの賞を獲得。全世界でも150億円に迫る大ヒットを記録しており、映画批評サイトRotten Tomatoesの満足度は驚異の100%をマーク。公開から3年を経た現在も、インド映画として「ダンガル きっと、つよくなる」「バーフバリ 王の凱旋」に次ぐ世界興行成績歴代No.3をキープしている。インド映画に熱い注目が集まる中、高まる要望に応えてついに日本に上陸する!

インド人青年とパキスタンからの迷子の少女が繰り広げる2人旅での笑顔を捉えたキュートなビジュアルが解禁となります!

お人好しな主人公パワン(サルマン・カーン)とパキスタンから母とともに訪れたインドで迷子になってしまった小さな女の子シャヒーダー(ハルシャーリー・マルホートラ)が、国境を越えパキスタンの彼女の家を探す旅の途中で乗り込んだバスの窓から身を乗り出し、柔らかな笑顔を見せる映画のひとコマを大胆に縦に配置。<ふたりなら、どんな壁でも越えられる>という、劇中のふたりの行く末を示唆するようなポジティブなキャッチコピーが載せられている。

監督のカビール・カーンは「この映画は旅の物語でもある」と語り、インド各地でロケが敢行された。砂漠や山や渓谷といったインドの美しい自然の数々を見られるのも本作の魅力のひとつになっている。

本国での公開から3年以上経過した世界的大ヒット作だけあってすでに多くの日本人が様々な場所や方法で鑑賞しているようで、日本公開決定に寄せてその魅力を自分の言葉で伝えようと、「愛が世界を救うと、もう一度信じたい全ての人に観て欲しい映画」「主人公を応援するシーンがあるため、応援スタイル上映が企画されるかも」など、SNSでは早くも多くの反響が広がっています。

映画情報どっとこむ ralph 『バジュランギおじさんと、小さな迷子』
原題:Bajrangi Bhaijaan

公式HP:
Bajrangi.jp 

公式twitter:
https://twitter.com/Bajrangi_movie

物語・・・
底抜け正直者のインド青年と、声をなくしたパキスタンの迷子。ふたりの旅が、世界にステキな奇跡を巻き起こす!
パキスタンの小さな村に住む女の子シャヒーダー。幼い頃から声が出せない障害を持った彼女を心配したお母さんと一緒に、インドのイスラム寺院に願掛けに行くが、帰り道で一人インドに取り残されてしまう。そんなシャヒーダーが出会ったのは、ヒンドゥー教のハヌマーン神の熱烈な信者のパワンだった。バカがつくぐらいの正直者で、お人好しなパワンは、これも、ハヌマーンの思し召しと、母親とはぐれたシャヒーダーを預かることにしたが、ある日、彼女がパキスタンのイスラム教徒と分かって驚愕する。歴史、宗教、経済など様々な部分で激しく対立するインドとパキスタン。 それでもパスポートもビザもなしに、国境を越えてシャヒーダーを家に送り届けることを決意したパワンの旅が始まった。果たしてパワンは無事にシャヒーダーを母親の元へ送り届けることができるのか!?

***********************************

出演:サルマン・カーン ハルシャーリー・マルホートラ カリーナ・カプール ナワーズッディーン・シッディーキー
監督:カビール・カーン 
配給:SPACEBOX 宣伝:シネブリッジ
2015年/ヒンディー語/シネスコ/5.1ch/159分/映倫G
©Eros international all rights reserved.  ©SKF all rights reserved.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ