映画情報どっとこむ ralph 国連史上最悪の政治スキャンダルを描いたポリティカル・サスペンス『バグダッド・スキャンダル』が11/3(土)よりシネマカリテ他全国順次公開となります。

本作で主演を務めるのは、女性ファンも多い英国イケメン俳優のテオ・ジェームズ。

『ダイバージェント』(14-16)シリーズでシャイリーン・ウッドリーの恋人役で人気を博し、一躍有名となった方。

難民キャンプに赴くなど社会問題解決にも関心が高く、本作ではエグゼクティブ・プロデューサーも兼ねています。


本作でテオは、外交官だった父の跡を継ぎたいという想いのもと国連に入り、希望に胸を膨らませる若き青年マイケルを演じ、イラクの人道支援「石油・食料交換プログラム」に携わることになり、熱い想いで人道支援に取り組むが、そこで目にしたのは理想とは程遠い現実…。

大物政治家や大企業の政治的思惑に翻弄され、希望と現実の間で揺れ動く様をテオは見事に演じている。

また、フセイン政権下で追われていたクルド人女性ナシーム(ベルシム・ビルギン)を懸命に守る姿も見所。2人の恋愛模様にも注目だ。このほど解禁された新場面写真は、『ダイバージェント』シリーズから世の女性を魅了しているテオの肉体美が堪能できるショットやナシームを見つめる甘いマスク、敵対する相手と向き合う凛々しい目をしたテオといった様々な表情を見ることができる。

映画情報どっとこむ ralph 待機作には、カーラ・デルヴィーニュ&アンバー・ハード出演作『London Fields』(原題)も控えています。

是非この機会に、英国イケメンテオ・ジェームズの雄姿を劇場の大スクリーンで!

バグダッド・スキャンダル

は、11月3日(土)よりシネマカリテほか全国順次公開です。

公式HP:http://baghdad-s.com/



Story
2002年。24歳のアメリカ人青年マイケルは、念願だった国連事務次長の特別補佐官に任命され、国連が主導する「石油・食料交換プログラム」を担当することになった。これはイラクがクウェートに侵攻したことによる経済制裁の影響で、貧困にあえぐイラクの民間人を救う人道支援計画。国連の管理の元でイラクの石油を販売し、食料に変えてイラクの国民に配るというプロジェクトだ。一見理想的な政策に見えるこのプロジェクトに実はフセイン自身が関与し、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構が関わっていることが判明。やがて世界に例を見ない巨額の汚職事件に発展していく。実話を基にしたポリティカル・サスペンス。

***********************************

原作:マイケル・スーサン
監督・脚本:ペール・フライ
脚本:ダニエル・パイン
出演:テオ・ジェームズ、ベン・キングズレー、ジャクリーン・ビセット、 ベルシム・ビルギン
2018年/デンマーク=カナダ=アメリカ/原題:Backstabbing for Beginners /106分/5.1ch/シネスコ/カラー 配給:アンプラグド
©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ