映画情報どっとこむ ralph 福井県の「えちぜん鉄道」を舞台に、新人アテンダントの山咲いづみ(横澤夏子)がふれあいを通して絆を取り戻す、感動の再生物語『えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~』の公開まで2か月となりました。

主演の横澤夏子と児玉宜久監督が本作のロケ地でもある福井県に10か月ぶりに凱旋。えちぜん鉄道本社での取材後に福井県庁を訪れ、西川知事に表敬訪問。10月25日(木)より開催する第31回東京国際映画祭 特別招待作品として出品が決まり、全国公開に先駆けて上映が決まったことを報告しました。

福井県西川知事表敬訪問
日程:9月21日(金)
場所:福井県庁
参加者:横澤夏子、児玉宜久監督 / 西川一誠知事

映画情報どっとこむ ralph 福井県庁に到着した映画『えちてつ物語』ご一行。
主演の横澤夏子さん、児玉宜久監督、河合広栄プロデューサーとギャガ株式会社の辻勝行さんがマスコミが待機する知事室に案内され、始め横澤さんはちょっと緊張した面持ちだったが、にこやかな笑顔で西川一誠福井県知事と面会。

横澤さん:はじめまして、横澤夏子です。(アテンダントの衣装で)

西川知事:映画の格好でお見えになられたんですね。

横澤さん:児玉宜久です。

西川知事:福井を全面的に撮影していただきありがとうございます。福井はどうでしたか?

横澤さん:すごい素敵なところで、田んぼの風景がすごい広がって。私の地元にも似ているような感じで、おいしい食べ物がたくさんあって、撮影が観光をしているような感じでいろんなところにいけたので。撮影のときも地元のエキストラの方たちがあたたかくて、親戚が増えたな、と思いました。

西川知事:食事とがグルメではどんなものを食べましたか?

横澤さん:お蕎麦も撮影場所になったところ(八助)でもいただきました。それから地元のボランティアの方たちがご飯を全部作っていただいて。朝昼夜と。すごく美味しかったです。お酒もいただきました。しっかりいただきました(笑)

西川知事:撮影は勝山市を拠点にされていたんですか?映画を作られるのは大変なんでしょう?

児玉監督:そうですね。作るのはもちろん大変なんですけど、それを全国・世界に向けて発信するということですね。見てもらってなんぼなので、そのための努力もこれからしなくてはいけないんです。作って終わりではなくてこれからがまた第二弾の始まりなんです。

横澤さん:児玉監督は現代劇を作るのが多いのですか?

児玉監督:はい、僕は現代物ですね。普段は2時間ドラマを多く仕事でやっています。今回はさほど殺人事件がないものですから(会場爆笑)割と自分が作りたいようにできたかな、と。
東尋坊はドローンを使って撮影しました。

映画情報どっとこむ ralph GAGA辻:今日解禁になりましたが、東京国際映画祭の特別招待作品に選ばれまして、横澤さんと監督にはレッドカーペットをあるいてもらうことになりました。

児玉監督:まだまだこれから資金面も潤沢ではありませんので、福井県のほうからもご協力いただけるということで、どうぞよろしくお願いいたします。この映画に松原智恵子さんがでていらっしゃるんです。

西川知事:松原智恵子さんといえば僕らぐらいのジェネレーションやなぁ(笑)

西川知事:役作りは大変でしたか?

横澤さん:わたし、だいたい嫌味ったらしい女ばかりをネタでやっているので、その嫌味ったらしさを抜くのは大変でした(笑)。自然にやってください、といわれるのが一番大変だったかもしれないです。なかなか真面目なお芝居をしたことがなかったので、良い勉強になりました。

児玉監督:シナリオを作っている段階でこの(いづみの)役を横澤さんやってもらったらどうだろうという(案)が出ていて、それ以降ずーっと(脚本)が傾いていき、ほぼアテ書きのように仕上がっていきまして。そういった意味でもとてもやりやすかったです。普段見ていない横澤さんの顔が見られるようなお芝居を作っていきました。

西川知事:監督さんって大変なんですか?

児玉監督:厳しく言いますよ!ただ温厚に言います(笑)

横澤:すごい優しいんですよ。プリン・ア・ラ・モードまで作ってくれたんです(笑)夜ご飯のデザートで。

児玉監督:疲れているスタッフと俳優さんたちにたまには甘い物なんかどうかな、と思って(作りました)

<横澤さんから知事への記念品の贈呈>:横澤さんのサイン入り映画のシーンパネル

<知事から横澤さんと監督へ記念品の贈呈>:越前漆器の飯碗(赤と黒)

西川知事:実用品ですから。これで美味しいご飯を食べてください。

横澤:お腹いっぱい食べます。越前米を食べます!監督と夫婦茶碗(笑)

この後。舞台挨拶へ!
http://eigajoho.com/125662

映画情報どっとこむ ralph えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~

11月3日(土)福井県先行ロードショー
11月23日(金・祝)有楽町スバル座ほか、全国ロードショー

http://gaga.ne.jp/echitetsu/

お笑いタレントを目指し上京した山咲いづみ。しかし、コンビを結成するも全く売れず解散寸前に。そんな時、友人の結婚式に出席するため、故郷の福井県へ帰郷。
披露宴で出会ったえちぜん鉄道の社長・越智からアテンダントにスカウトされ、新しい道を歩みだす。
そして、血の繋がらない兄・吉兵の家族が住む実家で居候を始めるが、いづみは自分が養女だというわだかまりを抱き続けて、吉兵との関係はギクシャクしたまま。職場では、腰掛け的な態度が出てしまい空回りが続く一方、整備士の南部がいづみの心のオアシスに。
そんな中、列車内である事件が起きる。その時、いづみがとった行動はーーー。
人生の行き先に迷ういづみは、自分の居場所を見つけられるのか?
家族の絆を取り戻せるのかーーー?

***********************************

監督:児玉宜久
脚本:児玉宜久 / 村川康敏
出演:横澤夏子 萩原みのり 山崎銀之丞 笹野高史 松原智恵子 緒形直人、辻本祐樹 坂本三佳 安川まり 古田耕子
配給:ギャガ
©2018『ローカル線ガールズ』製作委員会  
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ