映画情報どっとこむ ralph 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』が、11月9日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開となります。  
  
この度、日本公開に先駆け、9月19日(水)、主演のジョシュ・ホワイトハウスが来日、舞台挨拶付き先行試写会を行い歌声とファンサービスで日本のファンを魅了しました。

映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』舞台挨拶付き先行試写会
日程:9月19日(水)  
場所:新宿ピカデリー
登壇:ジョシュ・ホワイトハウス(リアム役)

映画情報どっとこむ ralph ブリットポップを代表するバンド「blur」の名盤と同じタイトルを冠した映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』に主演したジョシュ・ホワイトハウスが来日。

前日に日本に到着したばかりのジョシュだが、日本のファンの歓声に迎えられると時差ボケによる疲れも見せることなく満面の笑みで手を振った。

今回演じたリアムという主人公について

ジョシュ:ミュージシャンとして、もがいている男です。音楽に情熱を持ち、ある意味で過去にとらわれてる。それは大切なものを守りたいからなんですが、彼の周りの世界は常に移り変わっていき、それに追いつけないでいます。恋人のナタリーを愛してるけど、一方で音楽の世界で売れたいともがいているんです。

と語り、ジョシュ自身も音楽活動をしているので

ジョシュ:自分の経験からも彼の気持ちがよくわかりました。僕自身、メインストリームの音楽にいいものもあることは認めつつも好きではないし、ひとりのプロデューサーがいつも同じような曲を手がけるより、自分にしか作れないオリジナルの音楽を作りたいと思っています。そういうシニカルな面も似ていると思いますね。

と似ている部分を口にし、役作りではオーディオブックでセリフや音楽を聴いて、リアムを作り上げていったそう。

また、恋人のナタリーとの関係を作るために、フレイア・メーバーとは

ジョシュ:デートをして、ライブに言ったり、ボウリングをしたりしたよ。

とのエピソードも披露。

劇中のバンド「ヘッドクリーナー」について

ジョシュ:架空のバンドだけど、とてもチャレンジングな経験でした。ベン・パーカーというプロデューサーが曲を手がけていて、彼とスタジオで会ったとき、慌てて自分で詞を書いて、それを歌ったら気に入ってもらえて、全曲の詞を書くことになったんだ。

と明かしました。

映画情報どっとこむ ralph プロモーションなどで海外をまわる際は、かならずギターを持って行くそうで、この日もギターを同伴。

リクエストに応えて、観客を前に、劇中でジョシュがナタリーのハートを奪うために作る曲「リコリスガール」とヘッドクリーナーの曲である「Give It Til You’ve Lost It」を生で披露し、会場は大きな拍手と歓声に包まれました。

去り際には、自らのスマホを取り出して観客をパチリ。
さらに、ファンの元に駆け寄り、求めに快く応じてサインをするなど、丁寧なファンサービスも。

映画情報どっとこむ ralph

そんな、ジョシュ・ホワイトハウス主演の

『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』

は、11月9日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開です。

公式サイト:http://nakimushiguitarist.com/

Twitter:https://twitter.com/movieModernLife

僕たちの恋は音楽で終わり、音楽で始まった――。

レコード店で「blur」のアルバムを選んでいる時に出会った、リアムとナタリー。
リアムは、デジタル化した音楽のダウンロードコレクションを忌み嫌い、昔ながらの「アナログ感」のあるCD、レコードコレクションを大切にしている夢見るミュージシャン。ナタリーは、レコードジャケットデザイナーになる夢をもちながらも夢を諦め、二人の生活を支えるために、広告会社で働くキャリアウーマン。そんなリアムとナタリーは生活のすれ違いにより別れの時を迎える事になる。想い出の品々を整理し、それぞれが選んだ道へ歩みだす二人―。

リアムのバンド”ヘッドクリーナー”は伝説の音楽プロデューサー、ザ・カーブと出会い徐々に活動の幅を広げ始め、ナタリーは会社の同僚エイドリアン(トム・ライリー)に惹かれていく。そんな中、“ヘッドクリーナー”にやってきた待望のチャンス。ステージに立ったリアムは即興であの曲の演奏をはじめる。ナタリーと一緒にいた時に書いたあの曲。曲が最高潮に達した時、リアムは突如感情を抑えきれず、泣き出してしまう。

***********************************

監督:ダニエル・ギル 
脚本:フィリップ・ガウソーン 
出演:ジョシュ・ホワイトハウス『ヴァレー・ガール』、フレイア・メーバー『サンシャイン 歌声が響く街』、
   イアン・ハート『ハリー・ポッター』シリーズ

2017年/イギリス映画/英語/104分/ビスタ/カラー/5.1ch/原題:Modern Life is Rubbish/PG12
日本語字幕:中沢志乃/配給:SDP/後援:ブリティッシュ・カウンシル/協力:British Culture in Japan
主題歌:「リコリス・ガール」ヘッドクリーナー 
©Modern Life Pictures Limited 2016

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ