映画情報どっとこむ ralph 世界 16 の国と地域で大ヒットとなり、アジア各国では歴代記録を塗り替えるまでの一大ムーブメントとなったクライム・エンタテイメ ント映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』が、いよいよ 9 月 22 日(土)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開となります。

そして!

公開にむけて期待が高まる中、このたび、主人公リンが、試験中に“禁断のある方法”で友人を助ける試験シーンが本編より解禁となりました!

今回解禁となった本編映像では、主人公リンが、転入後はじめて友達になったグレースを助けるために、試験中に解答を教えるシーンが 展開。数学の中間テスト開始早々、リンは、有料で行われた補習授業とまったく同じ問題が試験に出題されていることに気が付く。周囲 を見わたすと、その補習にでていた生徒たちはニヤニヤ笑いながら問題を解き、教師も当たり前のように振る舞っている。そんな状況の 中、グレースは、補習に出ていたにも関わらず解き方が分からないと涙をながす始末。絶望的な彼女の様子をみたリンは、教師に見つか らないよう、禁断のある方法で解答を教えようとする…。

ただの試験にもかかわらず、緊迫感ただようサスペンスフルなシーンが展開。有料補習がつまり教師への賄賂であり、好成績を得るため に金銭で成り立っている教育システムの腐敗にリンが気づく重要なシーンであると同時に、たった一度、友人を助けるためにしたこの行為が、“カンニング・ビジネス”を始めるキッカケとなってしまう運命の分かれ道となる場面でもある。天才女子高生が、どのような方法を用いて多くの友人たちに解答を教えようとするのか、その後の展開に期待が高まる内容に。

映画情報どっとこむ ralph 長編初監督作『Countdown』が、第 86 回アカデミー賞外国語映画賞のタイ代表に選ばれ、2 作目となる本作のメガヒットで、最も旬な 映画監督として一躍時の人となった若き俊英ナタウット・プーンピリヤ監督は、本作の脚本執筆に約 1 年半をかけており、「元々ハリウ ッドのスパイ映画やアクション映画が好きで、特に『ミッション:インポッシブル』シリーズをよく見ていたこともあり、この題材を使っ て、スパイやアクションの要素をもった映画作品を撮りたいと思いました。「カンニング」というテーマは、タイ人やアジアの人々にとっ てすごく身近な、実際にあり得る題材で、そのテーマにも惹かれました。大げさに描いたわけではなく、タイでは現実にあり得ることな のです。 」と話している。アジアをはじめ世界各国を驚かせた、タイ発の青春クライム・エンタテインメントを劇場で!

映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち
原題:Chalard Games Goeng

9/22(土)より、新宿武蔵野館 他 全国順次ロードショー!

公式サイト: http://maxam.jp/badgenius/

物語・・・
小学生の頃からずっと成績はオール A、さらに中学時代は首席と天才的な頭脳を持つ女子高生リン。裕福とは言えない父子家庭で育った彼女は、その明晰な頭脳を見込まれ、 晴れて進学校に特待奨学生として転入を果たす。新しい学校で最初に友人となったグレースを、リンはテストの最中に“ある方法”で救った。その噂を聞きつけたグレースの彼氏 パ ットは、リンに“ビジネス”をもちかけるのだった。それは、より高度な方法でカンニングを行い、答えと引き換えに代金をもらう――というもの。“リン先生”の元には、瞬く間に学生たちが 殺到した。リンが編み出したのは、“ピアノレッスン”方式。指の動きを暗号化して多くの生徒を高得点に導いたリンは、クラスメートから賞賛され、報酬も貯まっていく。しかし、学校が 誇るもう一人の天才・生真面目なバンクとの出会いが、波乱の種に…。そのビジネスの集大成として、アメリカの大学に留学するため世界各国で行われる大学統一入試「STIC」 を舞台に、最後の、最大のトリックを仕掛けようとするリンたちは、バンクを仲間に引き入れようとするが…。

***********************************

監督:ナタウット・プーンピリヤ
脚本:ナタウット・プーンピリヤ、タニーダ・ハンタウィーワッタナー、ワスドーン・ピヤロンナ
撮影:パクラオ・ジランクーンクム/音楽:フアランポン・リディム、ウィチャヤー・ワタナ サップ/キャスト:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン、チャーノン・サンティナトーンクン、イッサヤー・ホースワン、ティーラドン・スパパンピンヨー、タネート・ワラークンヌクロ
2017 年/タイ/タイ語/130 分
字幕翻訳:小田代和子
監修:高杉美和
提供:マクザム
配給:ザジフィルムズ/マクザム
後援:タイ王国大使館
©GDH 559 CO., LTD. All rights reserved.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ