映画情報どっとこむ ralph シンガポールを舞台に恋人とそのセレブ一族との間で揺れる独身女性の葛藤と成長を描いた映画『クレイジー・リッチ!』が9月28日(金)より新宿ピカデリー他ロードショーとなります。日本公開に先駆けトークショー付き試写会が行われ、音楽情報サイト『bmr』の編集長を務める音楽評論家/編集者/ラジオDJであり、アジア系ポップカルチャー評論家の丸屋九兵衛さんがご登壇し、本作の魅力を語りました!

日時:9月18日(火)
場所:ワーナー・ブラザース
登壇:丸屋九兵衛(アジア系ポップカルチャー評論家)

映画情報どっとこむ ralph

映画を観終えたばかりの観客の盛大な拍手に迎えらえ、本作には主人公の親友ペク・リン役で出演し、ラッパーとしても活躍中のオークワフィナの代表曲「Yellow Ranger」をBGMに登場した丸屋九兵衛さん。まず、世界興収1憶8800万ドルを記録し大ヒット中の本作について

丸屋さん:ハリウッド映画では25年ぶりのオールアジアンキャストという大快挙なんです!

と述べる。

丸屋さん:実は多民族国家である米国で1番映画を観ることにお金を費やしているのは誰か?―アジア系なんです。

さらに続けて

丸屋さん:最も平均年収が高いのもアジア系、25年前(90年代)はアメリカの3%未満しかいなかったアジア系だが、いまやアメリカ人の15人に1人がアジアの血を引いています。そんな中で、アジア系主演作は150本に1作あるかどうかでしょ?そんな25年間を経てようやくアジア系によって作られた映画が『クレイジー・リッチ!』なんですよ!

と本作の意義を熱く語った。

また、本作の個性豊かなキャラクターを演じるキャストたちについて、

丸屋さん:なんといっても(主演の)コンスタンス・ウー!「フアン家のアメリカ開拓記」というドラマで一気にネームバリューがあがりました。それからお笑いとラップを駆使してアジア系のステレオタイプと闘ってきたラッパー兼コメディアン兼女優のオークワフィナが演じるペク・リンのキャラクターが最高!

と語り、アメリカで人気のコメディアン兼女優のエレン・デジェネレスを例えた劇中の台詞にも触れ、日本語字幕のアレンジを納得と評価する。さらに、ペク・リンの父親を演じたケン・チョンの俳優になるまでの珍しい背景や、アメリカのコメディ界で活躍する丸屋氏お気に入りのジミー・O・ヤン(バーナード役)のおもしろ漫談エピソードなどディープなトークが炸裂。アジア系だけどアメリカを舞台に活躍する俳優・コメディアンたちを称え、本作のキャストにいかに注目すべきかを語った。

他にも、原作者の出自について、25年前のアジア系メインキャストの映画『ジョイ・ラック・クラブ』へのオマージュについてのトリビア、シンガポールの団地に住み込み経験のある丸屋氏の体験談や旅行でのアドバイスなど、最後のフォトセッション中までも話題は尽きず、あっという間に終了の時間に。

イベントは大盛況のうちに終了した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『クレイジー・リッチ!
原題:Crazy Rich Asians

本作は、世界17カ国で出版され女性の心を掴みベストセラーとなった大人気小説の映画化。

ハイセンスなファッションに身を包み、目も眩むようなゴージャスな世界で繰り広げられる、<アジアNo.1バチェラー>を巡る女たちのバトルを描いている。ニューヨークで働く主人公レイチェルは、恋人ニックと一緒に彼の故郷シンガポールへ訪れる。そこで知らされた衝撃の事実-なんと彼はアジア屈指の不動産王の御曹司だったのだ!突然セレブの世界へと足を踏み入れたレイチェルは、ニックの母には金目当ての交際と思われ、元カノや社交界のセレブ女子からの嫉妬は深く、二人の仲を引き裂こうとする。そんな苦難を強いられるレイチェルにさらなる試練が立ちはだかる。

強烈な女たちのバトルが繰り広げられる中、困難に立ち向かう・・

***********************************

監督:ジョン・M・チュウ『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』
原作:ケビン・クワン著「クレイジー・リッチ・アジアンズ」(竹書房)

出演:コンスタンス・ウー、ヘンリー・ゴールディング、ミシェル・ヨー、オークワフィナ、ソノヤ・ミズノほか

配給:ワーナー・ブラザース映画 
2018年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/英語/121分

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ