映画情報どっとこむ ralph 1991年より毎年11月に開催して参りました市民手作りの映画祭”TAMA CINEMA FORUM”もおかげさまで今年は第28回目を迎えることとなり、11月17日(土)~11月25日(日)の8日間(19日(月)は休映)に開催が決定!

映画界の更なる発展に向けて映画ファンと映画づくりをされている方の出会いの場として開催されます。

都心から少し離れていますが、映画系の記者がこぞって、取材に行く映画祭です。


初日の11月17日(土)に行われるTAMA映画賞は、今年10回目を迎えます。今年はこの10周年を記念して、10周年特設サイトも準備。過去9回分の受賞者の写真、裏話エピソードなどをご用意しましたので、こちらも併せてご覧いただければ幸いです。なお、受賞者は10月上旬に発表予定となっております。
https://www.tamaeiga.org/award/history/

TAMA NEW WAVEコンペティションは19回目となり、こちらは11月23日(金・祝)に実施いたします。『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督など、過去受賞者からメジャーデビューを飾った監督を輩出しているこちらの賞も今注目のコンペとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 会期:2018年11月17日(土)~11月25日(日)(19日(月)は休映)
会場:パルテノン多摩大ホール、小ホール(多摩センター)/ヴィータホール(聖蹟桜ヶ丘)/ベルブホール(永山)
主催:TAMA映画フォーラム実行委員会


Photo:2017年の授賞式

映画祭TAMA CINEMA FORUMとは
映画祭TAMA CINEMA FORUMのコンセプト· 日本映画の活性化をめざして映画ファンのネットワーク作りをめざすTAMAからの発信· 21世紀のまちづくりをめざして映画を通した新たなコミュニティー作りをめざすTAMAからの発信
 多摩市制20周年記念事業として1991年にスタートした映画祭。第2回目より市民が実行委員となり毎年11月に多摩市と、多摩市及び近郊のボランティアが協調して、市民手作りの映画祭“TAMA CINEMA FORUM”を開催して参りました。昨年度は、2枚目の、作品やゲストの方たちをお迎えして盛大に開催いたしました。

TAMA映画賞とは
明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰するという目的のもと、第19回映画祭時からTAMA映画賞を始めました。対象は前年10月から本年9月に一般劇場で公開された作品及び監督・出演者・スタッフです。全員ボランティアである市民が実行委員会内で選考しており、毎年一人一人の受賞理由を独自に表彰状に盛り込んでいるのも特長です。

TAMA NEW WAVEとは
中・長篇(30分以上100分以内)の映像作品を対象としたコンペティション。日本映画界に新風を送り込む新しい才能を発見し、TAMAより広く発信することを目的としています。過去にノミネート、もしくはグランプリ獲得した監督には中野量太監督(『湯を沸かすほどの熱い愛』)、深川栄洋監督(『サクラダリセット』)、今泉力哉監督(『退屈な日々にさようならを』)などがいます。2010年の第11回TAMA NEW WAVE以降、グランプリ作品は全て劇場公開され、海外の映画祭でもその作品は注目されてきております。

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ