映画情報どっとこむ ralph 10月25日(木)~11月3日(土・祝)に開催する第31回東京国際映画祭。
本年度のオープニング作品、GALAスクリーニング作品、クロージング作品が決定しました。非常にクオリティが高く、話題性あるバラエティに富んだ3作品を上映が決定!

映画情報どっとこむ ralph オープニング作品は、12月の日本公開を前に早くも世界中で注目を集めている、レディー・ガガ主演、ブラッドリー・クーパー主演・監督作品『アリー/ スター誕生』。1937年の「スタア誕生」を皮切りに、これまでに何度も映画化されてきた、いつの時代も愛される普遍的なストーリーを、最高のキャスト・スタッフによって映画化。

世界的歌姫レディー・ガガが、スターになることを夢見る主人公・アリー役を熱演。ガガは本作が映画初主演となります。そして、俳優のブラッドリー・クーパーが本作で監督デビューを果たし、アリーの才能を見出すロックスターのジャクソン役でガガとともに主演を務めています。アリーとジャクソン、2人の歌が見るものすべての心を震わす圧巻の感動エンターテインメントが映画祭の開幕を飾ります。

■オープニング作品 『アリー/ スター誕生』

人生を変える“うた”に出会う― 歌手を夢見るアリーは、世界的シンガーのジャクソンと出会う。才能を見いだされ瞬く間にスターダムを駆上るアリー。激しい恋に落ちた2人だったが、全盛期を過ぎたジャクソンの栄光は徐々に陰り始めていて・・・。

監督:ブラッドリー・クーパー
出演:レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー
配給:ワーナー・ブラザーズ映画 
(2018年/アメリカ)

今年初の試みとなる、GALAスクリーニング作品は『人魚の眠る家』。東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれたベストセラー小説を堤幸彦監督の手によって映画化。愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦の運命とは・・・。篠原涼子と西島秀俊が夫婦役で映画初共演。坂口健太郎ほか世代を代表する実力派キャストが集結。先の読めない怒涛の展開、想像を絶する衝撃のクライマックス、愛する人を持つすべての人の心を揺さぶるヒューマンミステリーです。

※GALAスクリーニングとは・・・オープニング、クロージング作品に並ぶ上映。映画祭期間中のハイライトとして、観客および世界に注目してほしい作品をセレクト。

■GALAスクリーニング作品 『人魚の眠る家』

娘を殺したのは、私でしょうか。

愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦――それは愛か、欲望か? 作家・東野圭吾のベストセラー小説を原作に、堤幸彦監督が挑む衝撃と感動のヒューマンミステリー。この愛の結末に涙が止まらない。

監督:堤幸彦
出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎
配給:松竹
(2018年/日本)

クロージング作品は、アニメーション映画『GODZILLA』三部作の最終章『GODZILLA 星を喰う者』。ゴジラ映画史上初の3DCGアニメーション作品である第一章『GODZILLA 怪獣惑星』、〈メカゴジラ〉の新解釈で観客を圧倒した第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』。そして、最終章を迎えた本作『GODZILLA 星を喰う者』では、超科学が生み出した〈メカゴジラシティ〉をも焼き尽くし、地上の覇者となった究極の生命〈ゴジラ・アース〉と高次元怪獣〈ギドラ〉がついに激突します。声の出演として、宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜ら人気・実力を兼ね備えた声優陣が顔を揃えています。

■クロージング作品 『GODZILLA 星を喰う者』

その黄金は、絶望すら焼き尽くすアニメーション映画『GODZILLA』がついに最終章を迎える。三部作の最終章『星を喰う者』では、虚空の神
〈ギドラ〉と破壊の王〈ゴジラ・アース〉がついに激突。戦いの果てに待つのは、人類への啓示か。

監督:静野孔文/瀬下寛之
声優:宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜
配給:東宝映像事業部
(2018年/日本)

映画情報どっとこむ ralph <第31回東京国際映画祭 開催概要>
イベントタイトル:第31回東京国際映画祭 
開催期間:2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) 、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************

    
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ