「Whiplash」タグアーカイブ

セッション原題であり、重要な楽曲「Whiplash」演奏シーン解禁!


いよいよ4月17日から公開されるアカデミー賞3部門受賞作の映画

セッション

世界中で映画と共にサウンドトラックも話題になり、発売週にはiTunes Music Storeにてジャズ・チャートのトップ10圏内にもランクインし、公開に先駆けてサウンドトラックの発売を開始している劇場もあるほどの反響を呼んでいます。

今回公開されたのはフレッチャー教授(J・K・シモンズ)が指揮する“スタジオ・バンド”にスカウトされ、急遽ドラムの主奏者として登場することになったニーマン(マイルズ・テラー)の演奏シーン。



曲は本作の原題でもあり劇中で何度も演奏される「ウィップラッシュ(Whiplash)」。

「Whiplash」の言葉の意味は“むちで打つこと”。

ドラマーのスティックさばきの“むちを打つ”ようなしなやかさと共にフレッチャーによる苛烈なしごきをイメージさせるタイトルとなっています。この楽曲「ウィップラッシュ」は1973年にハンク・レヴィが作曲したもの。1927年生まれ(2001年没)のハンク・レヴィはスタン・ケントン楽団や“変拍子の神様”と言われたトランペッター、ドン・エリス(『フレンチ・コネクション』の音楽を担当したことも有名)のビッグバンドのコンポーザーとして数多くの作品を残しており、一つの楽曲の中で目まぐるしくリズムの変わる曲作りを好むことでミュージシャンの間では有名だったそうです。

WHIPLASH
本作は監督と脚本を手掛けたデイミアン・チャゼルの自伝的な物語。

音楽の才能に恵まれたチャゼルは、ニュージャージー州のプリンストン高校のバンドでジャズドラマーとして活躍。その厳しい指導者のもとで苦悩の日々を送ったそうです。バンドの指揮を務める指導者は、並外れた才能を持つ地元の英雄で、公立校の未熟なジャズバンドを、有名な「ダウン・ビート」誌によると「全米一のジャズバンド」に変えたそうです。

このバンドは、大統領就任式で2度演奏し、ニューヨークのJVCジャズフェスティバルの開幕式でも演奏しています。

チャゼル監督は「当時、ドラムを叩くことが人生だった!いつも怒鳴られるのではないかとビクビクしていたこと、初めて買った自分のドラムをイライラして殴り壊したことを今もはっきりと思い出します。」

本編同様、「早い、遅い、速度が違う!」という教師の罵倒が、チャゼルが高校生活を通して最も頻繁に耳にした言葉。

そして、その時に最もドラムが間違えやすい曲で嫌いだったのがこの「ウィップラッシュ」だった。

セッション 監督の苦々しい思い出が詰まった曲「ウィップラッシュ」をフレッチャーの前で演奏し才能を見せ付けるニーマン。そして彼が主奏者としてふさわしいか見つめるフレッチャー。しかしこの後物語は曲のごとく変調し、思いもよらない方向に突き進んで行く――。

危険で素晴らしいこの映画を。
音楽を志す方へ。。

セッション

4月17日(金)TOHOシネマズ 新宿 他 全国順次ロードショー

(C)2013 WHIPLASH, LLC All Rights Reserved.
配給:ギャガ

********************************************************************

  


人生逃げ腰の方には、危険!映画『セッション』試写してきた。


何かに前のめりな方に、至極の映画

逆に人生逃げ腰の方は観ないほうが!!危険な映画です。


先日、映画『セッション』の金子ノブアキさんのトークショーを取材に行ったのですが、余りにも彼のこの映画へのメッセージが良かったので、その足で試写に行ってきました。

で、どうだったかと言うと凄いもの観てしまった感。
そして、強迫観念が残る疲れが。

それは自分の甘さがしみたから。。。

セッションメイン
本作の内容は、

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したニーマンを待っていたのは、伝説の鬼教師フレッチャー。

因みに映画の原題はWHIPLASH 鞭打ち。
実は、本作の中心になる楽曲名でここからすべてが始まります。

常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。罵声罵声罵声罵声!
やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

やがて・・・

鬼教師フレッチャーのJ・K・シモンズが強烈。
彼でなかったらこの映画が成り立たなかったのではと思えるほど迫真です。

もちろん、主役のマイルズ・テラーも鬼気迫ってます。この映画でドラムを始めたそうですが、この映画に近いぐらい練習したに違いありません。

でも、J・K・シモンズの存在感が凄過ぎです。

さらに特出すべきは、、

監督が29歳のデイミアン・チャゼル。
今後引っ張りだこの監督になるのでしょうね。

実は、彼は高校の時にドラムをやっていて、その時の体験がモチーフになっているそうです。フィッチャーのモデルの先生がいるということですよね。

そして、
この映画が大きく話題になって、評価が高いのは

おそらく最後の終わり方。

え~!!!

そして、素晴らしい。
あなたも是非、WHIPLASHな世界へ。

セッション

4月17日(金)TOHOシネマズ 新宿 他 全国順次ロードショー


注意点!!!
・音楽好きじゃない方は、途中飽きるかも。
・精神的にタフさが求められるかも。


********************************************************************


セッションポスター監督・脚本:デイミアン・チャゼル
出演:マイルズ・テラー『ダイバージェント』
J・K・シモンズ『JUNO/ジュノ』
配給:ギャガ
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ

(c) 2013 WHIPLASH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  


賞取り最強ダークホース!衝撃的な痛快感『ウィプラッシュ』


圧倒的なオリジナリティ、怪演VS怪奏、狂気の世界の先に待ち受ける衝撃的な痛快感で世界中を騒がせている、最高の<スゴイ>映画

ウィプラッシュ(原題:Whiplash)

は、2015年4月 TOHOシネマズ 新宿 他 全国順次ロードショー

Whiplash
本作はわずか29歳で誰も見たことのない衝撃作を作り上げたデイミアン・チャゼル監督の初長編デビュー作です。主演は注目の若手男優マイルズ・テラー。ドラムにのめりこんでいく学生ニーマンを演じ、見る者を圧倒させる演技と演奏をみせます。

そして狂気に満ちた怪演で世界の映画賞を席巻している鬼教師フレッチャー役のJ・K・シモンズがゴールデングローブ助演男優賞にノミネートされています!

TVドラマ「OZ/オズ」「LAW&ORDER」シリーズや『スパイダーマン』の新聞社編集長、『JUNO/ジュノ』などで活躍してきた大ベテランのJ・K・シモンズがキャリア最高の演技で世界中の観客を震わせています!

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したニーマンを待っていたのは、伝説の鬼教師フレッチャー。

常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。
やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

その衝撃、その怪演、その痛快感たるや!

そして待ち受ける圧巻のラスト9分!
映画史は塗り替わる!!

ウィプラッシュ(原題:Whiplash)』

2015年4月 TOHOシネマズ 新宿 他 全国順次ロードショー

12月11日(木)に発表された第72回ゴールデン・グローブで助演男優賞(J・K・シモンズ)にノミネートされています。世界驚愕!!本年度映画賞レースを席巻中!(2014年12月11日現在)

●サンダンス映画祭 グランプリ&観客賞受賞
●ドーヴィル映画祭 グランプリ&観客賞受賞
●ニューヨーク映画批評家協会賞
 助演男優賞受賞(J・K・シモンズ)
●ニューヨーク・オンライン映画批評家協会賞 
助演男優賞受賞(J・K・シモンズ)
●ボストン映画批評家協会賞
 助演男優賞受賞(J・K・シモンズ)
●ロンドン映画批評家協会賞
 助演男優賞受賞(J・K・シモンズ)
●ワシントンDC映画批評家協会賞
 助演男優賞受賞(J・K・シモンズ)
作品賞 監督賞 脚本賞 編集賞ノミネート
●アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞
 助演男優賞受賞(J・K・シモンズ)
●サテライト賞 作品賞 監督賞
 主演男優賞 助演男優賞 録音&音響効果賞ノミネート
●インディペンデント・スピリット賞
 作品賞 監督賞 助演男優賞 編集賞ノミネート
●フェニックス映画批評家協会賞 作品賞
 監督賞 助演男優賞 脚本賞 編集賞ノミネート
●オンライン映画批評家協会賞 作品賞
 助演男優賞 脚本賞 編集賞ノミネート
●アメリカ映画俳優組合賞 助演男優賞ノミネート
●ゴッサム賞 男優賞ノミネート(マイルズ・テラー)
●ゴールデン・グローブ賞
 助演男優賞ノミネート(J・K・シモンズ)

********************************************************************

監督・脚本:デイミアン・チャゼル
『グランドピアノ 狙われた黒鍵』(脚本)
出演:マイルズ・テラー
『ダイバージェント』 J・K・シモンズ『JUNO/ジュノ』
配給:ギャガ  
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ
(C)2013 WHIPLASH, LLC All Rights Reserved