「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」タグアーカイブ

野島健児・佐倉綾音『PSYCHO-PASS SS Case.1 罪と罰』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 本日『PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.1 罪と罰』が公開。
その舞台挨拶が行われ、メインキャストである宜野座伸元役・野島健児さんと霜月美佳役・佐倉綾音さん、て塩谷直義監督が登壇しました!

『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰』初日舞台挨拶

日程:1月25日(金)20:15- 舞台挨拶※上映前
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇者:野島健児(宜野座伸元役)、佐倉綾音(霜月美佳役)、塩谷直義監督

映画情報どっとこむ ralph 主人公が宜野座、霜月となったことについて

塩谷監督:本作は劇場3作目の1作目です。霜月は常守と、宜野座は狡噛と比較される存在であり、過去に潜在犯を憎く思うという共通点がある。その2人が今それぞれの立ち位置の中で事件と向き合いドラマが進んでいったら面白い作品になるのではと思い、この2人が主人公の作品をつくりました。宜野座と霜月の成長譚が描かれていて、会話にも変化が見られたりして、そんなところもぜひご注目ください。

Case.1の見どころ

野島さん:TVアニメ一期の頃は霜月以上に、噛みついてないと自分が自分でなくなるようなすごいセンシティブな人格でしたが、時間の経過とともにシビュラシステムの価値観から解放されて、やっと自分自身の価値観で生きられるようになり、そんな一皮剥けたような変化も楽しんでいただければと思います。

佐倉さん:劇場版をご覧になった先輩から「霜月成長したね」と言われましたが、現在の霜月は、昔の宜野座さんのようなキャンキャンと吠える子犬のような存在なので、その子犬を、子犬から成長した宜野座さんが面倒を見てくださるというところが今作の見どころの1つだと思います。


最後に・・・

佐倉さん:すべては把握しきれないかもしれないですが、すごい作品に出会ってしまったと思っていただける作品に仕上がっています。監督がおっしゃっていたんですが、オープニング映像にしかけがあるそうなので、お気をつけてご覧ください。

野島さん:先ほども色んなお話をしましたが、本作を観て、自分の中の価値観が変わりました。沢山の情報が一気に押し寄せる作品ですので、全てを瞬きせずにご覧いただければと思います。一瞬たりとも逃さないように。今後公開するCase.2、Case.3も絶対観たくなる作品に仕上がっています。

塩谷監督:私もスタッフも作品に全てを込めました。Case.1、Case.2、Case.3を観たことによって、より広がりがみえる作品であると思いますので、ぜひシリーズ通してご覧いただけますと嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 来場者特典は『PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System』設定集!キャラクターやメカデザインの設定画、美術ボードなどを収録した設定集は必見。この設定集を収納できるバイブルサイズバインダーをはじめとしたオリジナルグッズも上映劇場にて発売中!

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System

Case.1罪と罰

公開中

公式HP:psycho-pass.com/

「今回は、私の事件ってことでいいですよね、センパイ」

2117年冬、公安局ビルに一台の暴走車両が突入する事件が発生。
その運転手は青森にある潜在犯隔離施設 〈サンクチュアリ〉の心理カウンセラー・夜坂泉だった。しかし取調べ直前に夜坂の即時送還が
決定する。監視官の霜月美佳は、執行官・宜野座伸元らとともに夜坂送還のため青森へ向かう。
そこで待っていたのは、〈偽りの楽園〉だった。


***********************************


CAST
宜野座伸元/野島健児 霜月美佳/佐倉綾音

夜坂泉/弓場沙織 久々利武弥/平井祥恵 辻飼羌香/岡寛恵 松来ロジオン/小山力也 玄沢愛子/斉藤貴美子 能登耕二/多田野曜平 烏間明/中川慶一

常守朱/花澤香菜 須郷徹平/東地宏樹 雛河翔/櫻井孝宏 六合塚弥生/伊藤静 唐之杜志恩/沢城みゆき

STAFF
SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:吉上亮 総作画監督:中村悟
作画監督:新野量太、古川良太、鈴木俊二、森田史、中村悟、諸貫哲朗

演出:黒川智之、下司泰弘
撮影監督:荒井栄児 3D:サブリメイション 色彩設計:上野詠美子

美術監督:草森秀一
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟

キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部恒 シリーズ原案:虚淵玄 キャラクター原案:天野明

主題歌:abnormalize /凛として時雨 ーRemixed by 中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)

アニメーション制作:Production I.G
配給:東宝映像事業部
©サイコパス製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ペンギン登場に北香那、蒼井優、西島秀俊、竹中直人大喜び!!『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「夜は短し歩けよ乙女」、「有頂天家族」など、数々のベストセラー作品を持つ森見登美彦先生の「ペンギン・ハイウェイ」(角川文庫刊)がアニメーション映画化。

8月17日(金)より全国公開となる。そんな本作の完成を記念し、TOHOシネマズ 六本木にて完成披露舞台挨拶が行われ、声優初挑戦にして初主演を果たす北香那、3年振りに声優を務める蒼井優さん、西島秀俊さん、竹中直人さん、石田祐康監ら豪華声優キャスト・監督が登壇しました。

『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶 
日時:7月3日(火)18:30 イベント開始
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 
登壇:北香那、蒼井優、西島秀俊、竹中直人、石田祐康監督

映画情報どっとこむ ralph 北さん:こうして皆様にお披露目できる日を楽しみにしていたのでとても嬉しいです!

と喜び溢れるコメント。

蒼井さん:今日の舞台挨拶は、とてもワクワクしています。『ペンギン・ハイウェイ』の船出を皆さんと一緒に楽しめたらと思います!

と笑顔で挨拶。続く

西島さん:原作と脚本を読んだ時点で、泣けて仕方がなかったです。懐かしさがあり、心が揺れる素晴らしい作品だと思うので、楽しんでください。

とコメントし、

竹中さん:最高の映画に呼んでいただいてありがとうございました!

と挨拶するとMCから、「今日は衣装がペンギンのようですね!」と振られ、

竹中さん:この日のために選んできたんだよ!

と満足げに語った。

石田監督:本当にこんな多くの方に見ていただけること。このキャストさんの素晴らしさ。身に余る思いで恐縮です。皆さんのおかげでここまで来られました。どうぞ楽しんでいってください!

と初となる長編作品への思いを語った。

映画情報どっとこむ ralph 観客へ初のお披露目となるこの日、
北さん:感動、冒険、憧れだったり、全てが詰まった作品です。皆さんもきっと暖かくなって帰っていただけるのではないかと思います。

とコメント。性別も年齢も違う主人公アオヤマ君役を演じたことについて、

北さん:10歳の男の子の声のトーンや仕草がわからなかったので、同年代の妹の授業参観に行って学び、アフレコに挑みました。

と役作りの裏側も披露した。


蒼井さん:見終わった後に、過去に置いてきたモノクロの時間に、色が戻った気持ちになる。そんな背中を押される作品です。皆さんにも本作を見て、そういう経験をしていただけますと、光栄です。

と語り、役柄についても

蒼井さん:今回、とても難しいなと感じていたのですが、しっかりした、自分を持っているお姉さんの役をいただくことが少ないと気づきました。私は誰かに寄生している役が多いので(笑)。

との暴露に会場から大きな笑いが起こりました。


そして、この日30歳の誕生日を迎える監督との仕事について、

西島さん:すごく才能があって、勢いがあって、ものづくりの喜びに溢れている方なので、アフレコも楽しかったです。

と語ると、すかさず

竹中さん:最高だったんです。この監督のキャラクター最高でしょ?ペンギンのような笑顔が素敵で。とても優しくて、それでいて大胆で、とても良い映画になっています。

と絶賛のコメント。監督は恐縮しながら、感謝と満面の笑顔で喜びを表現していました。


そして、本作の主人公・アオヤマ君は小学4年生の男の子ということから、どんな小学生だったか聞かれ

北さん:やんちゃでダメって言われることほど、やりたくなる小学生でした。夏休みの前日に鍵を空けておいて、休みの間に入ったり(笑)

とアオヤマ君のような冒険エピソードを披露。

蒼井さん:『魔女の宅急便』が好きだったんですけど、家に赤いカチューシャと黒いワンピースがあるのに気づいて、自分がキキかもしれないと信じ込んで、家に1人の時にベランダでデッキブラシにまたがって“……飛べ!”って(笑)。本気で信じていたんです。そんな子供らしい子供でした。

と可愛らしいエピソードを披露。

映画情報どっとこむ ralph 西島さん:僕は3月末生まれなので、小さくて色んなことができない子供でしたが、1度夜にこっそり家を抜け出して、走っりまわったりしました。

と話すと、

竹中さん:たいしたことないね!笑

とツッコミ。


竹中さんは、老人のモノマネで会場を沸かせつつ、
竹中さん:私は漫画家になりたいと思っていました。運動会とかでも走るのが速かったんですが、ただ1番になるのが恥ずかしくて逆走してしまうような屈折した子供でした(笑)。

とエピソードを語り、会場を笑わせた。

そして、MCから「“素敵なゲスト”が来ています!」との呼び込みで、ステージ上にペンギンのぬいぐるみとコーラ缶の入ったボックスが登場。会場からも「何?何?」とのどよめきが。キャストが一斉にボックスにCO2を吹きかけると、なんと本物のペンギンが3羽登場!

蒼井さん:腕組んでる、かわいー!

北さん:かわいい!かわいい!

とキャストたちも大喜びでペンギンに駆け寄った。“普通の住宅街に突如ペンギンが出現する”という劇中のふしぎな現象が、映画館にペンギンが出現するという形で再現されました。

さらに、主題歌を務める宇多田ヒカルからのコメントも発表。

「謎の魅力。大人のズルさ。そんなことを感じながら原作を読ませていただきました。映画の公開を楽しみにしています。

と本作へエールを贈った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

蒼井さん:この映画をご覧になって、皆さんの見ている風景のトーンが上がれば嬉しいなと思います。石田監督の長編デビュー作ですので、たくさんの愛と祝福が注がれるのを祈っています。

とコメント。

北さん:お子様には、ペンギンがひたすら可愛くてドキドキして楽しく見られるのと、大人の方には、あの日のことを思いだして、優しい気持ちになる映画なので、是非楽しんでください!

と締めました!


『ペンギン・ハイウェイ』



8月17(金)より、全国公開!!

公式サイト:
penguin-highway.com

小学四年生のアオヤマ君は、一日一日、世界について学び、学んだことをノートに記録する。毎日努力を怠らず勉強するので、「将来は偉い人間になるだろう」と思っている。そんなアオヤマ君にとって何より興味深いのは歯科医院の“お姉さん”。気さくで胸が大きくて、自由奔放でミステリアスなお姉さんをめぐる研究も、真面目に続けていた。 

ある日、アオヤマ君の住む郊外の街に突如ペンギンが現れ、そして消えた。さらにアオヤマ君は、お姉さんがふいに投げたコーラの缶がペンギンに変身するのを目撃する。「この謎を解いてごらん。どうだ、君にはできるか?」 一方、アオヤマ君は、クラスメイトのハマモトさんから森の奥にある草原に浮かんだ透明の大きな球体の存在を教えられる。

やがてアオヤマ君は、その謎の球体“海”とペンギン、そしてお姉さんには何かつながりがあるのではないかと考えはじめる。そんな折、お姉さんの体調に異変が起こり、同時に街は異常現象に見舞われる。果たして、お姉さんとペンギン、“海”の謎は解けるのか――!?

***********************************

出演:北 香那 蒼井 優  釘宮理恵 潘 めぐみ 福井美樹 能登麻美子 久野美咲  西島秀俊 竹中直人

原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)
監督:石田祐康
キャラクターデザイン:新井陽次郎

脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
制作:スタジオコロリド
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

リーアム・ニーソン登壇、お茶目な一面も!『トレイン・ミッション』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph 『96時間』『フライト・ゲーム』のリーアム・ニーソンが、通勤電車を舞台に放つ傑作サスペンス・アクション『トレイン・ミッション』(原題:THE COMMUTER)が、3月30日(金)より全国公開となります。

通勤電車を舞台に、始発から終点までリアルタイムで進行される緊迫怒涛のノンストップ・サスペンス。そのプロモーションのため主演のリーアム・ニーソンが13年ぶり来日し、ジャパンプレミアが行われました。

花束ゲストには、リーアム・ニーソン大ファンの女優・観月ありさが登場!イベントに華を添えました!

『トレイン・ミッション』ジャパンプレミア
日時:3月18日(日)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:リーアム・ニーソン
花束ゲスト:観月ありさ

映画情報どっとこむ ralph 大きな歓声と鳴りやまない拍手の中で、長身に優しいまなざしで登場したリーアムさん。

リーアムさん:東京に帰ってこれてとても光栄に思っています。素敵な映画ファン、貴方たちに映画を創っています。支えてくれている皆様に深く感謝しています。
との、挨拶からスタート。一昨日日本に到着していたリーアムさんですが、プロモーション活動は大変なはずですが

リーアムさん:とっても楽しんでるよ!映画のプロモーションできているので。ジャーナリストの皆さんも映画を応援してくれて、一人で創っているのではないのだなと感謝の気持ちでいっぱいです。そして感じるのは、礼儀正しく、心が広い方々は西側諸国も学ぶべきだと思いました。

と日本人にとって嬉しいお言葉。

映画情報どっとこむ ralph ジャウマ・コレット=セラは4度目の映画。どのような監督なのかと尋ねられ
リーアムさん:ジャウマ(監督)は秀逸な監督。監督の中でも数少ない、全体の形をしっかり見えている、ダイナミズムが頭に入ってるんです。ですから、全体像が見えているからこそ、シーンのペースを作り出すことが出来る監督なんです。互いに100%信頼しています。

と、監督に関して述べ続けて
リーアムさん:ジャウマがインタビューで言っていましたが、精神的にフライト・ゲームの続編のようなもの。前回は飛行機で今回は列車。金属缶の中の展開されるサスペンスです。そして、この列車はNYの北部の電車で良く知っていて70-80回ぐらい実際に乗ったことがある列車なんです。ですが・・・実際の撮影はイギリス・ロンドン。それも、外ではなくて、ほとんどスタジオの中なんです。列車は7両編成の設定ですが、実際にあるのは1両とその前後の少しだけで、1.5両しかないんです。だから、撮影が終わると美術部さんたちが1両を2両目に、3を4にしなくてはならず、大変な映画だったんです。

と、驚きのエピソードを明かしてくれました。

ここで、MCからアクションシーンを撮り続けていただきたいと言うと、

リーアムさん:膝が大丈夫なうちはね!

とお茶目な回答に会場は拍手!どうやら引退はまだ先のよう!

また、無敵な男のイメージの強いリーアムさんに怖いものを聞くと

リーアムさん:僕の怖いもの?高いところ。と、いじめっ子は嫌い。いい質問・・・多分終わった後に5-10個思いつくよ!

と笑いながら言いながら、真剣なまなざしで
リーアムさん:本当のところは、今のアメリカの政権かな。次へ行こう!

と、本当に怖いものを明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、リーアム・ニーソン大ファンの女優・観月ありさが花束を持って登場!

実は芸歴37年は同じなのだそう。

観月さん:とても光栄です。
リーアムさん:これから、歌いますか!?そんな感じだよね。ワークアウトのバイクにあわせて伝説の少女を何度も聞かせてもらったんだ。恋に落ちそうだよ。

と話、ワークアウトには遅くないかと言うと

リーアムさん:僕の歳にちょうどいいんだ!(笑)


もし共演できるとしたらとMCが観月さんに問うと

観月さん:彼女役で、アクションを一緒にやってみたいです!
と、言うとリーアムさんは笑顔で承諾!


これから映画を観る観客に・・・

リーアムさん:乗り心地を楽しんで!チケットを確認して下さい!
と、お茶目にイベントを終えました!

『トレイン・ミッション』

3月30日(金) 全国ロードショー

TOHOシネマズ日比谷にて3月29日(木)特別先行上映!
gaga.ne.jp/trainmission



***********************************

監督:ジャウマ・コレット=セラ『ロスト・バケーション』
出演:リーアム・ニーソン『96時間』シリーズ/ヴェラ・ファーミガ『ディパーテッド』/パトリック・ウィルソン『オペラ座の怪人』/サム・ニール『マイティ・ソー バトルロイヤル』/エリザベス・マクガヴァン『タイタンの戦い』/ジョナサン・バンクス『ビバリーヒルズ・コップ』/フローレンス・ピュー
提供:ポニーキャニオン・ギャガ
配給:ギャガ(GAGAロゴ)
原題:THE COMMUTER/2018/アメリカ、イギリス/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/105分/字幕翻訳:伊原奈津子 
© STUDIOCANAL S.A.S




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣祐ら登壇『不能犯』初日舞台挨拶 心理テストに崩れ落ちたのは・・・


映画情報どっとこむ ralph 本日、2月1日(木)より全国公開となりました映画『不能犯』。

その初日舞台挨拶イベントが行われ、松坂桃李さん、沢尻エリカさん、新田真剣祐さん、間宮祥太朗さん、真野恵里菜さん、芦名星さん、そして、白石晃士監督が登場!公開初日を迎えての思いをそれぞれに披露し、また、主人公宇相吹(松坂さん)を取り巻く人間の欲望がむき出しになるストーリーに絡め、心理テストを実施!登壇者全員の深層心理がむき出しになり、会場は大いに盛り上がりました!


日時:2月1日(木)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣祐、間宮祥太朗、真野恵里菜、芦名星、白石晃士監督

映画情報どっとこむ ralph 松坂さん、沢尻さんらキャスト陣と監督が観客席を通って登場!

松坂さん:もうすぐ雪が降ろうとしている中、お越しいただきありがとうございます!本格的に降る前に帰りましょう!最後まで楽しんでいってください!

沢尻さん:本日はお越しいただきありがとうございます!撮影も楽しく、自分にとって、とても思い出に残る作品でした。こうやって初日を迎えられて本当に嬉しいです!

新田さん:ずっと走っている男でした!本日はよろしくお願いします!

間宮さん:初日にお越しいただきありがとうございます!映画の公式ツイッターで、“不能犯を観ないと愚かだ“といっているのを何度も見かけたのですが、このようにお越しいただいたみなさんは、愚かじゃないということですね!本日はよろしくお願いします。

真野さん:複雑なキャラクターではありましたが、非常にやりがいのある役柄を演じさせていただきました。こうやって初日を迎えられたことを嬉しく思っています。本日は楽しんでいってください!

芦名さん:ご覧いただいた皆さんの心には色んな感想が浮かばれていると思います。後半にかけて衝撃の展開が繰り広げられるわけですが、その結末は明かさずにどうか広めていってくださると嬉しいです。本日はありがとうございました。

白石監督:宣伝コンセプトは違いますが、僕としてはこの映画は、”一緒に仲良く親子で観れる人殺し映画“だと思っています!今日沢山お越しいただいているような若い子方も楽しんでくださる人殺し映画だと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

とそれぞれ挨拶してイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 公開を迎えたことに
松坂さん:宣伝部に感謝しています。本当に撮影が終わってからの方が長かった気がしていて…。最近は芝居1割、バラエティ9割といった感じでした(笑)しかし、芸人さんともコミュニケーションをたくさん取れて非常に良い経験になりました。それに何より宣伝部の方には本当にお疲れ様でしたといいたいですし、感謝の気持ちでいっぱいです。あとは、みなさんに委ねるのみです。こうやって今日初日を迎えられて本当に嬉しく思っています!

白石監督:今日は木曜ではあるのですが、先ほど聞いた話によるとお客さんが結構来てくれているようで!すごく嬉しく思っています!

と胸中を明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 続けて、人間の心の奥にある闇を暴く、スリラー・エンターテインメント作品。
DaiGoさん監修の心理テストを実施!

<好きな食べ物を教えてください。>との問い。
実はこの質問は、好物の苦味が強いほど、腹黒度数が高いと言うもの。

白石監督は「たこ焼き」 インスブルック大学の研究結果なのでたこ焼きはどうなのか・・・
芦名さんは「ステーキ」
真野さんは「もずく酢」、観客の反響に不安になる真野さん。
間宮さんは「鮨」
新田さんは「魚」
沢尻さんは「チーズ(ブルーチーズ系)」
松坂さんは「マグロの赤身」
とそれぞれに回答。

「サイコパス、ナルシシズム、サディズムの傾向!」腹黒度数が高いという答えを見ると、
その場でへたり込んでしまった真野さん。

そんなことはないですよね。と言うMCのフォロ―に、

真野さん:どうなんでしょうね・・・

と不敵な笑顔も。キャストたちのバラエティ豊かな回答に会場は大盛り上がり!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

松坂さん:今日はありがとうございました。そして、改めて宣伝部の方々、本当にありがとうございました。こうやって初日を迎え、作品をお見せできることが何よりの喜びです。今日を皮切りに(作品が)育っていってほしいと思っているので、より多くの方に広めていただきたいです。足を滑らさないように帰ってください!

と挨拶。大盛り上がりの中、イベントは終了しました。

映画『不能犯

2月1日(木)、全国ロードショー
funohan.jp


***********************************

【不能犯】とは─ 〈呪い〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。

都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒いスーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明する―。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していく―。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とは―?

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也) 
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート
©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会   
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

西野七瀬自ら吹き替えなしを監督に直訴!『あさひなぐ』完成!主要キャスト登壇&乾杯!


映画情報どっとこむ ralph 映画『あさひなぐ』9月22日全国公開が遂に完成!!
TOHOシネマズ 六本木にて、キャスト&監督による完成披露上映会が行われました!

映画版メンバーTOHOシネマズ 六本木に、主演の西野七瀬さんほか、桜井玲香さん、松村沙友理さん、白石麻衣さん、伊藤万理華さん、富田望生さん、生田絵梨花さんが薙刀の道着姿ではなく、ドレッシーな姿で登場!
ヒットを祈願に鏡開き!&スポーツドリンクで乾杯!

『あさひなぐ』完成披露上映会概要
日時:8月28日(月)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:西野七瀬・桜井玲香・松村沙友理・白石麻衣・伊藤万理華・富田望生・生田絵梨花・英勉監督

映画情報どっとこむ ralph 大歓声の中、登場するキャストと監督!

西野さん:初めて見る一般のお客さんですよね。観終わったときにどんな思いになるのか・・・楽しみな気持でいっぱいです。みんな薙刀を頑張ったので、カッコいいなと思ってもらえると思います。

と完成披露への想いを述べた後、薙刀に関して、

西野さん:年明けぐらいから薙刀の練習が始まって、重いし長いし扱うの大変やったし、足裏の皮めくれそうやったり筋肉痛やったり。薙刀を知ることが出来ていい経験になりました。

英監督:折角、綺麗な人たちなのに、面をかぶる。根源的なんで?なんです。面越しに観る美しさを楽しんでください。練習は、みんなうっすら泣いてる感じでした。


乃木坂46のキャプテン桜井さんは、今回イメージと違うチョット不良な感じの役。
桜井さん:キャラと違う!と、言われましたが、初めて金髪にしましたし、形から入って役を作りやすかったですね。。ただ剣道をやっていた設定なので入れたら苦戦しました。それから、舌打ちって意外と難しいんだな。

と、いうと、MCがやって的な無茶振りにチッ!と答える桜井さん。

桜井さん:監督が試合中に暴言を吐いてくれと、もっと罵ってくれって!

と、監督のMっ気を暴露?桜井さんの罵りを浴びたい方は映画館に!

一方、松村さんは

松村さん:この撮影の時は一から薙刀を始めたのでスタッフさん監督さんも練習に来てくれはったし、みんなで創ってる!って青春でした。
途中心が折れたんですよね?と問いかけると

松村さん:ウエ~イ!1か月も練習した試合シーンを、監督さんが前日に全部変えたんです!心折れて、涙が・・・。それを監督さん笑ってはったんです。


映画情報どっとこむ ralph 白石さんは凄く薙刀が強い役!
白石さん:何しろ薙刀が強くなくてはという役だったので・・・初日の薙刀の指導の先生があなただけ特別に厳しくいくからって!心が折れそうになったんですけど・・・やってみると楽しくて。苦ではなかったですね。ただ試合数が多いので覚えることが多かったのですが、楽しかったです!

と、ちょっと男前!な白石さん。
一方、部長役の伊藤さんは乃木坂では引っ張っていくのを避けていたのでリーダーの振る舞いがわからず、
伊藤さん:前半は物語の進行役で台詞は多いし、そういうキャラではないので、一番気持ちがわかるキャプテン桜井に相談しました。

桜井さん:本当に感情移入しちゃいますね。気持ちがわかりすぎて・・・。散歩しながら話しました。
女性グループのまとめ役は大変そうなエピソードを語りました。


富田さんは、一人乃木坂外からきた女優さん
富田さん:でっかい人物が必要な時に、富田に任せよう!って思えるように役者として思っていたので嬉しかったです。とはいえ、不安でしたが、ものすごく優しいんです!x2 おいでって感じで。そして、薙刀を通して距離が近くなりました。

西野さん:和むんですよ。しんどい時にも。

と、チームになくてはならない存在になったそう。

映画情報どっとこむ ralph ライバル校の薙刀のうまい役の生田さん
生田さん:彼女の背景が映画では細かく描けないので、もったいないよね。と監督さんに言われて、子供らしい素直さからの不ふてくされ感や、可愛らしさも出すように演じました。薙刀の手数が多くて、まず頭で暗記して、体に覚えさす。ずっと勉強してる感じでした!

薙刀のシーンは吹き替えも用意したそうですが、実際はほとんど彼女たちが演じているそうで

英監督:練習していくうちに、キャラにあった薙刀を習得していて、吹き替えでマネが出来なくなって。顔見えても見えなくても、やってもらおうと。

その考えを聞いていなかった西野さんは、自分でやりたくて
西野さん:練習してるうちに自分でやりたいと思って、監督に意を決して言いに行ったんです!って言ったら「そのつもりです!」って・・・監督さんも同じ考えで嬉しかったです。

彼女たちの頑張りの成果を是非劇中で。

西野さんが好きなシーンは

西野さん:憧れの先輩の真春(白石)を呼び出して、食って掛かるシーンがお気に入りです。旭の決意の表情を観て下さい!

白石さん:監督とモニターで見ていて、かっこよかったです!観て欲しいです。

映画情報どっとこむ ralph ここで、鏡割り!大ヒット祈願へ!

西野さん:せ~の!(ヨイショ!)
中はスポコン?ものなので、スポーツドリンク。で、乾杯!

白石さん:映画『あさひなぐ』大ヒットを祈願しまして!乾杯!(乾杯!)

映画情報どっとこむ ralph 映画『あさひなぐ』

物語・・・
NEW春、元美術部で運動音痴の主人公・東島旭は、二ツ坂高校へ入学する。旭は1つ先輩の宮路真春と出会い、その強さに憧れ”なぎなた部”入部を決意! 同級生の八十村将子、紺野さくら、2年生の野上えり、大倉史乃と共に部活動をスタートしたが、”練習は楽で運動神経がなくても大丈夫”―そんな誘い文句とは真逆で稽古は過酷そのもの! やがて3年生にとって最後となるインターハイ予選を迎える。順調に勝ち進んだ二ツ坂だったが、決勝でダークホースの國陵高校に敗れてしまう。なかでも國陵の1年生エース・一堂寧々の強さは圧倒的だった。野上新部長のもと再スタートを切った二ツ坂は、山奥の尼寺で僧侶・寿慶(江口のりこ)の厳しいしごきによる、地獄の夏合宿を経て一回り大きく成長し、挑んだ秋の大会。

再びツ坂の前に宿敵國陵高校と一堂寧々が立ちふさがる。そこで、二ツ坂にとってまさかの出来事が―。真春は部活動に姿を見せなくなり、精神的支柱を失った二ツ坂はバラバラになってしまう。そのとき、旭は・・・・・・。物語はクライマックスへ向けて大きく動き出す―。

9月22日(金) 全国ロードショー

公式HP:
asahinagu-proj.com

***********************************

西野七瀬 桜井玲香 松村沙友理 白石麻衣 伊藤万理華 富田望生 生田絵梨花
中村倫也 森永悠希  角替和枝 江口のりこ
原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中) 

脚本・監督:英勉 
配給:東宝映像事業部
©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 
©2011 こざき亜衣/小学館 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

知念侑李に尊敬され内村監督喜ぶ!『金メダル男』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ TJ この度、内村光良が初の原作・脚本・監督・主演を務める映画『金メダル男』が遂に全国ロードショースタート!!

本作は金メダルにとりつかれた“金メダル男”・秋田泉一の、何度失敗しても立ち上がり、とことん<一等賞>に挑み続ける、どこか切なくもおかしい人生を華やかに彩る抱腹絶倒<全力>エンタテインメント!!内村とともに、W主演となる知念侑李(Hey! Say! JUMP)が秋田泉一を演じ、さらに、ヒロイン・木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子、笑福亭鶴瓶らといった豪華金メダル級のキャストも起用され、今話題沸騰中!
%e3%80%8e%e9%87%91%e3%83%a1%e3%83%80%e3%83%ab%e7%94%b7%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6 そしてこの度、公開初日を記念して、監督・主演、そして原作・脚本を手掛けた内村光良、そして共にW主演を務めた知念侑李、木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子がTOHOシネマズ 六本木ヒルズでの初日舞台挨拶に登壇しました!

『金メダル男』初日舞台挨拶
日付:10月22日
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:内村光良、知念侑李、木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子

映画情報どっとこむ TJ 本舞台挨拶は全国100スクリーンでライブビューイングも実施!

上映後の熱気冷めやらぬ中、内村を始めとする豪華キャストが登壇すると、まずは主演・秋田泉一を演じた

内村さん:みなさん映画楽しんでいただけたでしょうか。やっと今日という日を迎えることが出来ました。今回は本当に宣伝頑張りました(笑)でもその甲斐あってこんなにたくさんの方に来てもらえて嬉しいです。どの世代の方が観ても楽しめると思いますので、二度三度、観て欲しいなと思います!

とコメントすると、秋田泉一の若い頃を演じた

知念さん:こんなに盛大に初日を迎えられて嬉しいです。ありがとうございます!『本当に主演やったのかな?』と思うくらい、主演としてここに立っているのが信じられなくて。プレッシャーもあったけれど、本当にスタッフ共演者の方と協力して良い映画が出来ました。色んな方に観ていただきたいです。

初日舞台挨拶がスタート!!


映画情報どっとこむ TJ そして本作の公開初日を記念し、内村から一緒に作品を作り上げたキャスト陣に感謝の気持ちを込めた”金メダル型の賞状”を贈呈!

まずは内村と共にW主演を務めた知念さんには「”知念で良かったで賞”」の授与が!内村は知念に対し

内村さん:ずっと私の若い頃を演じる役者さんを探していて。誰がいいんだろうと。ジャニーズは元々考えられなかったんですよ。でもプロデューサーに『知念さんは?』と言われて。灯台下暗しだなと思いましたね。オファー後はとんとん拍子で進んで、知念には中学生から25歳まで演じてもらって。(劇中では)知念が男に手握られることもあって(笑)いろんな表情も見せてくれたので本当に知念でよかったです。

とのコメントに

知念さん:顔とか雰囲気が似ていて本当によかったなと(笑)ホントに嬉しい賞です。ありがとうございます!

と喜びを語りました。



続けて本作のヒロイン・亀谷頼子を演じた木村さんには「”コメディエンヌ誕生で賞”」を授与すると、

内村さん:見ていただいたら分かると思いますが、居酒屋では派手にコケ、不眠不休ダンスのシーンや、漫才など、いろんなことに挑戦してもらって。最初はすごく緊張されていて、俺の頭を叩くシーンも遠慮していたのに、最後の方では頭ガンガン叩いてました(笑)多江さんで本当に良かったです。

と言葉を送ると、

木村さん:ずっとコメディをやりたくて、『こんな役はどうでしょう』と提案しても、どうしても幸の薄い役を振られてしまって(笑)。こうやってコメディでたくさんの方に見てもらえて、こんな賞までもらえて嬉しいです。演出も最初はすごく丁寧にしてくれたのに、どんどん扱いが雑になっていて(笑)『あ、コメディをやるってこういうことなんだな』って思いました(笑)本当にありがたいです。

と冗談交じりにコメントしつつも喜びを語りました。


映画情報どっとこむ TJ さらに劇団”和洋折衷”の代表・村田俊太郎役のムロには「”イメージじゃなかったで賞”」を授与。

内村監督:僕の中の劇団の村田俊太郎君という役は二十段後半のイメージなんですけど、衣装合わせに来たムロはお腹がたるんでいまして…(笑)

とコメントすると、対し、

ムロさん:今までずっと言ってなかったですけど、編集で気づかれないかなと思ったんですが、もうちょっと若返ったほうがいいだろうとメイクさんと話しまして、実は笑うと笑いジワが出ちゃうので、若返りメイクとしてセロハンテープをカツラの中に隠していて、ずっと顔をテープで上げております!(笑)おかげで年齢2歳くらい若返ってる!

と秘話を明かし、授与の場面では

内村監督:本当のイメージは星野源でした!

とコメントすると、場内からは大きな拍手が巻き起こりました!


表現部の後輩・横井みどりを念じた土屋には「”本能の求愛ダンスで賞”」を授与。

内村監督:踊りは本当に全国大会レベル。くだらないダンスを一生懸命に踊ってくれて。地方の高校生にこんなに踊り上手い人いないんじゃないかってくらいでしたけれど(笑)。横井みどり役は”理想の恋人像”を思い浮かべて書きました。

とコメントすると、対する

土屋さん:本当に嬉しいです。生きてて良かったって思います(笑)内村監督には思っている以上にパワーや愛情をいただきました。私の世代は内村監督の番組を観て心が育ったと思うので、こんな賞もらえて嬉しいです。

と喜びを語りました。

映画情報どっとこむ TJ 平泉成さんには「”かつらお似合いで賞”」を授与。

内村監督:映画のつかみとして、成さん登場で笑っていただければなと(笑)最初は色々考えたんですけど、カツラを被ってもらって。もう最初は笑ってもらって、最後の方で段々と馴染んでもらって、最後のシーンに繋がればいいんじゃないかなと思いました。最初はカツラをつけていただいて申し訳ありませんでしたという気持ちと共に、この賞を贈りたいです。

平泉さん:カツラが似合わなくて恥ずかしくて嫌だったのですが(笑)映画は内村監督のものなので、カツラのシーンも最後のシーンも、全て監督の指示に従って演じておりました。最後まで楽しく過ごせて本当に良かったです。



宮崎美子には「”いまもピカピカに光ってるで賞”」を授与。

内村監督:私が学生のときに宮崎さんがジーンズを脱いで水着になるっていう少しエッチなCMが流行ったことがあったんですけど(笑)今回ご一緒しても変わらず、20代から最後までかつらを変えたりしながら演じていただいて。一個一個のしぐさが本当にチャーミングでしたので、この賞を贈ります!

宮崎さん:今日大勢いらしてる若い方には『何のことだろう?』と思われることもあるかもしれませんが(笑)。どんな人にも若い頃があるし、それぞれの人生があるんですよ(笑)。そういったことは、この映画に通ずるものがあるんじゃないかと思いました。この映画に参加出来て、そして内村さん、知念さんのお母さんを演じられて本当に幸せです。

とそれぞれコメントしました!

映画情報どっとこむ TJ さらに舞台挨拶では、桑田佳祐が歌う本作の主題歌「君への手紙」にちなみ、知念から内村へ手紙をサプライズプレゼント!

知念さん:内村監督、初日おめでとうございます。監督のおかげで現場に馴染めてのびのびと撮影が出来ました。撮影の後半ではバラエティなどで共演する中で、初めて内村監督の口から『疲れた』という言葉を聞くこともありました。でも最後の最後まで妥協せず撮られていたのが恰好良かったです。占いでは内村さんのことをなんとも思ってないという結果が出ましたが(笑)本当の本当に尊敬しております!内村さんの頑張りが一番の『金メダル』です!今日、映画公開ということで、金メダル男、たくさんの人に観てもらって、観ていただいた方たちから”一等賞”を貰いましょう!

という内容の手紙が読み上げられると、

内村監督:やったぁ!尊敬された!!いやーちょっと嬉しかったですね。俺のことなんとも思ってないって(占いで)出ていたから寂しかったですけど(笑)。でもそれから約一年後、尊敬してもらうことが出来ました(笑)知念は”小さな巨人”ですね。本当にスクリーン映えする役者だと思うので、知念は俳優として頑張ってもらいたいと思います

としみじみと共にW主演を務めた知念への想いを語りました。

そして最後に

知念さん:本日はありがとうございました!今日みなさんに一番に見てもらったので、みなさんには一つ仕事をお願いしたいのですが良いですか?今日は大きな声で『金メダル男良かったね』と言いながら歩いてもらいたいです(笑)ライブビューイング見てる方も是非よろしくお願いします。この映画で一等賞とれたらと思います!今日はありがとうございました!

とコメント。そして

内村監督:本当に五年前の一人舞台から始まり映画が全国公開となり嬉しいです。みなさんのいろんな感想を聞きたいなと思っているので、いっぱい思ったこと書いてくれたり行ってくれたりしたら嬉しいです。楽しみに待っています!頑張りますので今日はありがとうございました!

とコメントしました。さらにフォトセッション後、内村が本作の一人舞台で踊ったダンス、さらに知念が劇中で披露したダンスシーン、そして土屋も知念と共に演じた”求愛ダンス”、内村と木村の漫才シーンなど、劇中で登場するシーンを次々と再現する場面もあり、最後まで大きな盛り上がりを見せ、舞台挨拶は終了しました。
「金メダル男」
映画『金メダル男』

10月22日(土)より大ヒット上映中!
公式サイト:kinmedao.com

***********************************

物語・・・
日本中が東京オリンピックに沸いた1964年、長野県塩尻市に生まれた秋田泉一。幼少時代、徒競走で一等賞の金メダルを獲ったことをきっかけに「絵画コンクール」から「火起こし大会」まで数々の大会で金メダルを獲得し、一躍<塩尻の神童>と呼ばれるようになる。だがそれは、泉一にとって世の中のあらゆる一等賞を獲ることを目指す「金メダル男」への始まりに過ぎなかった。


原作・脚本・監督:内村光良
出演:内村光良 知念侑李(Hey! Say! JUMP)木村多江/ムロツヨシ 土屋太鳳/平泉成 宮崎美子/笑福亭鶴瓶

配給:ショウゲート
(C)「金メダル男」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

鬼ヒット 長瀬、神木、クドカン 『TOO YOUNG TO DIE!』鬼熱唱!舞台挨拶


映画情報どっとこむ mari 宮藤官九郎監督最新作、長瀬智也・神木隆之介出演『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』が、鬼ヒット公開中!!

かなり多くの方々が徳を積むために観られたようで、6月25日の公開から9日間で、観客動員50万人超え、興行収入6億7千万円を突破し、なおも爆走中なんです!

TOO-YOUNG-TO-DIE!若くして死ぬそんな“鬼ヒット”を記念して、主演の長瀬智也、神木隆之介、宮藤官九郎監督がTOHOシネマズ 六本木ヒルズでの舞台挨拶に登壇いたしました!

上映後の熱気に包まれた満席の会場、トークとみんなで 『TOO YOUNG TO DIE!』鬼熱唱な熱いイベントになりました!

日付:7月4日
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:長瀬智也、神木隆之介、宮藤官九郎監督

映画情報どっとこむ mari 長瀬智也、神木隆之介、宮藤官九郎監督が登壇すると、大きな拍手と歓声が巻き起こる中、

長瀬さん:鬼ヒットということで、本当にありがとうございます!宮藤監督とはこれまでいくつも作品をご一緒させていただいたのですが、数字的に褒められる経験があまりなかったので、お互い戸惑っています(笑)。でも、ずっと一緒にやってきたコメディ作品で、こうして鬼ヒットとなったことが本当に嬉しいです。

としみじみな感じ。続いて

神木さん:本当に嬉しいです!数字は大きすぎてピンときてませんが、それだけ沢山の方に見てもらえて、感謝の気持ちでいっぱい。唯一無二の本作に携われて、すごく嬉しいです!

と笑顔!!いっぱい!

0704宮藤監督宮藤監督:初日からそれほど日が経っていないのに、また舞台挨拶に立たせていただけてありがたい。50万人の方は映画を観て徳を積んだので、成仏できますね。まだ観てない方は、残念ながら行いがよろしくないということで…(笑)。先日、仙台のキャンペーンの際に作品名を「トゥギャザートゥギャザー」と間違えられたので、まだまだ宣伝しなきゃなと改めて思いました。

と語り、場内を笑わせました。

映画情報どっとこむ mari イベントでは、観終わったばかりの興奮冷めやらぬ観客らに向けて本作の特別映像がスクリーンに流され、長瀬、神木らとともに主題歌「TOO YOUNG TO DIE!」を熱唱する場面も。

宮藤監督:映画を観終わってすぐ歌わされるのって、ある意味拷問ですよね(笑)

とクドカン節。すかさず、神木さんがフォローに!

神木さん:皆さんが、恥ずかしくないくらいの暗さと、音も歌いやすいように少し高くしてもらえますか?

雰囲気づくり・・・

長瀬さん:俺も本気で歌う!皆も楽しみましょう!マザーファッカー!!

の掛け声とともに、大熱唱!!!六本木が地獄のライブ会場に!

長瀬さん:映画館がライブハウスと化しましたね。今日集まってくれた皆さんは、全員地獄行き!

宮藤監督:今衝撃的なことが分かったんですが、この曲歌ったことなかったです(笑)

とまさかの暴露し、場内はさらに笑いに包まれました。

映画情報どっとこむ mari そして!
本作、サウンド・トラック『地獄の歌地獄』が「楽天ブックス 週間アルバムランキング サントラ部門1位」「TSUTAYA 週間アルバムランキング サントラ部門1位」、さらには先日リアル鬼野楽器として話題になった山野楽器では、週間アルバムランキング総合部門で2位を飾るなど、大好評!

「TOO YOUNG TO DIE!鬼ヒット~!!」の掛け声でくす玉が割られ、一丸となってお祝いとなりました!!!

最後に

0704神木隆之介長瀬さん:宮藤監督とも、昔から共に培ってきた想いもありますし、隆とも久しぶりに共演できて嬉しかったです。そうした僕らの色んな気持ちを踏まえてみてもらえると、きっと皆さんも色んな気持ちになってもらえるかなと思うので、ぜひ何度も観てほしいです。

神木さん:皆さんにとって本作が伝説になってくれたら嬉しいです!

宮藤監督:大きい画面で、大きい音で楽しむのが本作にとっての正しい楽しみ方です。これからも劇場でお待ちしています!

と締めくくり、イベントは終了いたしました。

映画情報どっとこむ mari 物語・・・
TOO-YOUNG-TO-DIE!⑤フツーの高校生・大助は、同級生のひろ美ちゃんのことが大好き。修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。目覚めるとそこは―深紅に染まった空と炎、髑髏(どくろ)が転がり人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!!なんで俺だけ?! まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!!慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる<赤鬼>のキラーK。彼の“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けた大助の地獄めぐりが幕を明ける!!

絶賛公開中!

公式サイト:
TooYoungToDie.jp
公式twitter :
@TYTDmovie
公式FB :
https://www.facebook.com/TYTDmovie

***********************************

監督・脚本:宮藤官九郎 
出演:長瀬智也 神木隆之介 /尾野真千子 森川葵/桐谷健太 清野菜名 古舘寛治 皆川猿時 シシド・カフカ 清/古田新太/宮沢りえ

製作:アスミック・エース 東宝 ジェイ・ストーム パルコ アミューズ 大人計画 KDDI GYAO

制作プロダクション:アスミック・エース
配給:東宝=アスミック・エース
© 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

のってるのってる!『ヒメアノ~ル』森田剛の要望で観客と一緒にサプライズ鑑賞


映画情報どっとこむ TJ 森田剛主演“安易に勧められない危険。・・・森田剛凄いぞ・・な映画『ヒメアノ~ル』大ヒット公開中です!

その御礼とさらなるプロモーションを兼ねた舞台挨拶が行われました。
ヒメアノ~ル大ヒット御礼舞台挨拶
そして!サプライズが!

実は、映画祭の時と同じように観客と一緒に観て、反応を見たいとの森田剛さんの要望で、濱田岳さんと吉田監督と一緒に秘密裏に客席で鑑賞!MCに紹介されると場内は騒然! ファンからの質問に森田さんが大変だったのは、煙草と格闘だったと判明!

日時:6月11日(土)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:森田剛、濱田岳、吉田恵輔監督

映画情報どっとこむ TJ 上映が終わると大きな拍手が巻き起こり映画の内容に満足なご様子観客の皆さん。
実は森田さんたちが客席にいて鑑賞していたとのMCがアナウンス。そして、スポットの中には森田さん、濱田さん、吉田監督がにこやかに観客に手をふります!
ヒメアノ~ル大ヒット御礼舞台挨拶客席
森田さん:こういう形でお会いできて、一緒に映画が観れて。貴重な体験をさせていただきました。イタリアの映画祭の時よりは、皆さん集中して見られていましたね。向こうでは前半部分ゲラゲラ笑ってましたからね。

と日本との映画の見方の違いを時間した様子。

濱田岳濱田さん:剛君の狂気。ムロさんの変態。そして、僕のもち肌。いかがでしたでしょうか?

MC:大ヒットですが。いかがですか?

監督:プロデューサーがにやにやしてたので。おいしいお酒が飲めました。さらに伸ばしたいので宣伝してください!

と舞台挨拶はスタート。

映画情報どっとこむ TJ そして、見られたお客さんからの質問コーナーへ!

Q1:森田さんへ。たくさんの自分の声が聞こえてくるシーンがありますが、どんなこと考えながら言っていましたか?

森田さん:考えてないんですけど。アフレコだから。色々な言葉をスタジオでとってるんで。

吉田監督監督:とにかく沢山言ってもらって、編集しました。

と、映画製作の仕方の一辺が垣間見られる回答に。

Q2:監督へ最後のシーンは、最初からあのラスト?

監督:最初は違って、後日談もと考えてたんだけど。でもそれだと嫌われそうなので、今のカタチにしました。


Q3:森田ばかりが恐ろしいといわれてますが、本当に恐ろしいのは岡田では?

濱田さん:責められるの?確かに現実的ですからね。安藤さんダマしてますしね。そう言われれば岡田も悪い奴です。認めます。

Q4:また監督はこのキャストで撮りたいですか?

監督:森田君だったら、壁ドン。森田君が嫌がりそうなやつね。岳君は・・・思いつかない。また普通の人。

濱田さん:また普通の人・・・

森田さん:壁どんか・・・大きな拍手。膝笑っちゃいそう。でも監督には撮って欲しいです。

Q5:濱田さんへ。原作を超えよう!と言ってましたが?

濱田さん:そうでありたいねと。思っていたら、由香ちゃんの友達がでてきて。原作をこえられたのでかなわねえって。オリジナリティーで彼女にかなわないね。映画としては素晴らしくなっています。


Q6:森田さん一番つらかったのは?

森田さん:どこだろう。居酒屋。タバコがきつかったですね。あと警察官との取っ組み合いですかね。格闘技みたいできつかったです。

Q7:一番印象に残った監督の言葉は

森田さん:監督が、俺は乗ってる!乗ってきたぞ!って言われたんで付いていこうと思いました。

監督:俺凄い乗ってたんで。伝えたんです。

僕とムロ君のところでは、現場に監督来ないですから。演出してもらってないです。

監督:佐津川さんがいたときは近づいたよ。休憩場所ON-OFF大事だからね。

映画情報どっとこむ TJ 最後に、

森田さん:この映画自信もっています!多くの方に見ていただきたい!

と絞めました。

そして・・・・

実は、リアルなバイオレンス描写が話題となっている「過激すぎる特別映像」を【6月11日(土)より】、本作のメイン館であるTOHOシネマズ 新宿ほか公開劇場のロビーにて限定放映中!(残念ながら放映しない劇場もございます)また、映画公式サイト(himeanole-movie.com)においても、【6月13日(月)18:00より】限定公開となるそうです。


映画『ヒメアノ~ル』

はTOHOシネマズ 新宿ほか大ヒット全国公開中!

公式HP:
www.himeanole-movie.com
公式Twitter:
@himeanole_movie
公式Facebook:
facebook.com/himeanole.movie

出演/森田剛 濱田岳 佐津川愛美 ムロツヨシ
原作:古谷 実「ヒメアノ~ル」(ヤングマガジンKC所載)
監督・脚本:吉田恵輔
音楽:野村卓史
配給:日活
©2016「ヒメアノ〜ル」製作委員会

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ