「TOHOシネマズ新宿」タグアーカイブ

福山雅治の新境地!『マンハント』メイキング&インタビュー映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 日本映画への愛に溢れるジョン・ウー監督が、高倉健主演でも映画化された原作「君よ憤怒の河を渉れ」の再映画化に挑んだ映画『マンハント』が2月9日(金)にTOHOシネマズ新宿他にて全国公開なります。

本作は世界中のアクション映画ファンを熱狂させたジョン・ウー監督久々のアクション映画で、その独自のアクション流儀は健在。
この度解禁するのは、本格的なアクションシーンに挑戦した福山雅治さんのメイキング&インタビュー映像。

福山さんは拳銃アクションはもちろん、様々なシチュエーションでアクション演技に挑戦しています。映像内では、土埃にまみれながらチャン・ハンユーと揉み合うシーンや、水上バイク上でのギリギリの攻防なども描かれております。またその中には、ジョン・ウー作品のシンボルとも言える白い鳩が舞う姿も。
本作の撮影をこれまでで最大規模のプロジェクトだったと振り返る福山さんは、ジョン・ウーのアクションを経験したことについて「僕が演じたシーンで白い鳩を飛ばせてくれて、ものすごく感動した。あまりにうれしくて、何度もモニターでチェックしたよ」。とコメントしています。なお、本映像は矢村について語るジョン・ウー監督や桜庭ななみさんのインタビュー等も含まれた豪華な特別映像となっております。


映画情報どっとこむ ralph 舞台は日本で、2016年に大阪・岡山を中心にオール日本ロケが敢行されました。
W主演のチャン・ハンユーは無実の罪を着せられ逃亡する弁護士ドゥ・チウを、福山雅治は彼を追う孤高の刑事矢村聡を演じており、スクリーン上で激しいアクションを繰り広げます。


映画『マンハント

2月9日(金) TOHOシネマズ新宿他 全国ロードショー

物語・・・
逃げる弁護士。追う刑事。魂の出会い。撃ち抜け、この世界。実直な国際弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)が目を覚ますと、女の死体が横たわっていた。現場の状況証拠は彼が犯人だと示しており、突如として殺人事件に巻き込まれてしまう。何者かにハメられたことに気づき逃走するドゥ・チウ。孤高の敏腕刑事の矢村(福山雅治)は独自の捜査で彼を追っていく。

鍵を握るのは謎の美女・真由美(チー・ウェイ)。ドゥ・チウに近づくほど、この事件に違和感を覚え次第に見解を変えていく矢村。

そしてついにドゥ・チウを捕えた矢村は警察への引き渡しをやめ、共に真実の追及を決意する。

身分や国籍を超えた“強く熱い絆”が芽生えた2人の追われながらの真相究明。果たして事件の裏にはどんな陰謀が隠れているのか。

***********************************

主演:チャン・ハンユー、福山雅治、チー・ウェイ、ハ・ジウォン
友情出演:國村隼
特別出演:竹中直人、倉田保昭、斎藤工
共演:アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、池内博之、TAO、トクナガクニハル、矢島健一、田中圭、ジョーナカムラ、吉沢悠

監督:ジョン・ウー
撮影監督:石坂拓郎『るろうに剣心』
美術監督:種田陽平『三度目の殺人』
音楽:岩代太郎『レッドクリフ』、アクション振付:園村健介『GANTZ』、衣装デザイン:小川久美子『キル・ビル』

原作 西村寿行『君よ憤怒の河を渉れ』/徳間書店刊 および 株式会社KADOKAWAの同名映画
© 2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
     


リリー・フランキー as クマ 障害者の性について語る映像公開『パーフェクト・レボリューション』


映画情報どっとこむ ralph 型破りな究極の愛の物語に、リリー・フランキー、清野菜名が体当たりの演技で挑む。 『パーフェクト・レボリューション』 リリーがモデルの熊篠⽒にソックリ︕︖ ユーモアたっぷりに障害者の性について語る映像公開。
主演リリー・フランキー、ヒロイン清野菜名が体当たりの演技で挑んだ、実話を基にした映画『パー フェクト・レボリューション』が9月29⽇(⾦)TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開となります。

「身体障害者だって恋をするし、セックスもしたい︕障害者はただの人間なんです!」。

この度、本編映像が公開!クマがトーク&サイン会で、障害者の性についてユーモアたっぷりに語ります。

映画情報どっとこむ ralph 今回、公開された本編映像は、クマとミツが運命の出会いをする、クマの出版記念トーク&サイン会のシーン。


「僕のこれまでの人生は、常に戦いの歴史でした」

と始まり、続けて、⾃分の障害は、“脳性麻痺と異常に豊富な男性 ホルモン”と、会場の笑いを誘うクマ。“おそらく、騎乗位を発明したのは障害者ではないか?”と障害者あるあるのネタも 披露しながら、あらたな挑戦は、障害者に対する誤解を解くこと、と語る。よくある誤解について、しゃべっているだけで言語障害はないんですね?と驚かれ、下ネタを言うと、サーっと人がひいていく、と淡々と述べる。

「障害のレベルは人によっ て様々。その中でみんなが戦っている。 身体障害者だって恋をするし、オナニーもするし、セックスだってしたいんです。障 害者は、新種の怪物やごみなんかじゃない。ましてや聖⼈君主なんかじゃない。障害者はただの⼈間なんです。」

と主張 するクマに、会場に入ってきたミツが質問をしようと手を挙げる。
こんな出会いから、クマとミツのハチャメチャだけど純粋な、 “最強のふたり”のラブストーリーが始まることに。

企画・原案の熊篠慶彦氏の活を再現したシーンだが、リリー・フランキー演じるクマについて、熊篠氏本人が、自分似ていると驚き、
「遠巻きに⾒たら脳性麻痺のおっさんになっていましたよ」

と太鼓判を押しています。

映画情報どっとこむ ralph 過去記事:完成披露舞台挨拶の模様はこちら


パーフェクト・レボリューション
公式サイト:perfect-revolution.jp

物語・・・
泣いてもいい、笑われてもいい。障害なんて二人で超える。革命は起こせる。 クマは幼少期に脳性⿇痺を患い、手⾜を思うようにかせず⾞椅子⽣活をしている。ただし彼はセックスが⼤好き。身体障害者にとっての性 への理解を訴えるために活している。そんな彼が、ある⽇、美少⼥・ミツと出会う。障害者であるにもかかわらず⽣き⽣きと⽣きているクマに、 ミツは「あなたとわたしみたいなのが幸せになれたら、それってすごいことだと思わない?」「それを世界に証明するの︕」。どんな不可能も可能にす る、ハチャメチャだけど純粋な、クマとミツの“最強のふたり”のラブストーリーがいま始まる︕

9月29日(⾦) TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開

***********************************

出演:リリー・フランキー 清野菜名 小池栄子 岡山天音 余 貴美子
監督・脚本:松本准平(『最後の命』)
企画・原案:熊篠慶彦(著書「たった5センチのハードル」)
劇中曲:銀杏BOYZ「BABY BABY」 (UK.PROJECT)
エンディングソングテーマ:チーナ「この世界が全部嘘だとしても」 (SOPHORI FIELD COMPANY)
制作・配給:東北新社
宣伝協⼒:ミラクルヴォイス
2017年/⽇本/カラー/5.1ch/ビスタ/117分/PG-12
©2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会
      


乾杯Salud!オダギリジョー、阪本順治監督登壇!『エルネスト』サポーター世界最速試写会舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 今年2017年に没後50年を迎えるキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

革命家、反帝国主義のカリスマとして、また、革新を想起させるシンボルとして今もなお世界中でゲバラの存在は明確に息づいている。そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が10月6日(金)に公開されます。

この度、9月13日(水)に、世界最速となるサポーター試写会が開催され、本作の主演オダギリジョーとメガホンをとった阪本順治監督が登壇し、舞台挨拶を行いました。
本作『エルネスト』を応援してくださる“スペシャルサポーター”を募集し、計3,172人もの応募者の中から約100名が招待された今回の試写会。

『エルネスト』サポーター世界最速試写会舞台挨拶
日時:9月13日(水)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:オダギリジョー、阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph チェ・ゲバラに扮装したサポーターを前に

阪本監督:今日は何の集会でしょうか?(笑)。今回は他の映画と同じことをやってもしょうがないと思いまして、サポーター試写会を実施いたしました!

と普通の試写会とは一味違う点に言及した。
オダギリさんは本作のオファーを受けた時の印象について、
オダギリさん:監督にお話をいただいた時からやりたいという気持ちがMAXでした。想像もできない困難な道だと思ったし、乗り越えられないような高いハードルが目の前にあったので。今の日本映画界でこんな映画を撮るなんて、革命のように感じました。とにかく戦い抜こうと決心しました。

と語った。また

阪本監督:オダギリが役者として生まれ変わりたいと何度か言っていたのを知っていたので、ピッタリのあるよ!と言いました。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph そしてオダギリさんの演技について

阪本監督:日本にいる時から相当な役作りをしてくれていた。スペイン語や減量に関しても当たり前のようにやってくれると信じていました。オダギリの最初のセリフを聞いた瞬間、これが僕らにとってのフレディだと確信しました。

と絶賛。3度目のタッグを組むだけあり、全幅の信頼をしているのがわかる。

また集まったスペシャルサポーターの方からの質問タイムが設けられ、オダギリさんのすごいところを聞かれ・・・

阪本監督:映画をみたら凄いとしか思えないです。オダギリがとにかく凄い。フレディ前村をずっと取材していると、寡黙で心に芯のある人物像がオダギリに重なる。普段は本人の前ではこんなこと言わないけど(笑)

と再び絶賛しながらも照れくさそうに語った。

そして、トーク終了後に、映画の大ヒットを祈願し、鏡割りが行われた。
本作が日本・キューバの合作映画ということで、“クーバ・リブレ”というキューバのお酒が用意された。この”クーバ・リブレ”は、革命戦士が勝利を祝う際に飲んだカクテルで、オダギリや阪本監督もキューバで何杯も飲んだそう。

最後はキューバ式の乾杯をとのことで、スペイン語で乾杯Salud(サル!)と音頭をとり、イベントは大成功で幕を閉じた。

10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー


***********************************


脚本・監督:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス

配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分

(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.


障害者も性欲もあるし恋愛もしたい。『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 障害者への理解を求める活動を続ける熊篠慶彦さんの実体験をもとに、車椅子生活を送るクマ(リリー・フランキー)と、精神に障害のある美少女・ミツ(清野菜名)のハチャメチャな恋を描いた幸せエンターテインメント映画『パーフェクト・レボリューション』が9月29日(金)TOHOシネマズ新宿他にて全国公開となります。

この度、公開に先立ち、9月7日(木)に舞台挨拶付き完成披露試写会が行われ、リリー・フランキーさん、清野菜名さん、小池栄子さん、松本准平監督、熊篠慶彦さんが登壇。

そして!リリーさん自ら「『BABY BABY』を使わせて欲しい」とオファーした峯田和伸(銀杏BOYZ)さんがサプライズの花束ゲストとして登場いたします。

『パーフェクト・レボリューション』 完成披露試写会 舞台挨拶
日時:9月7日(木)
会場:TOHOシネマズ 新宿
登壇:
リリー・フランキー、清野菜名、小池栄子
松本准平監督、熊篠慶彦(企画・原案)、峯田和伸さん(銀杏BOYZ)

映画情報どっとこむ ralph リリーさん:沢山の方に来ていただいて、モデルの熊篠君が今日来ていて。ハワイの市長みたいだね。

熊篠さん:暑い予定だったんでね。

リリーさん:そう、足元のお悪い中いらっしゃっていただいてありがとうございます。

と、最初から息の合ったお二人。実は二人は10年前からのお知り合いだそうで

リリーさん:ノアールと言う団体で活動されている、当たり前ですけど障害者も性欲もあるし恋愛もしたい。なんで、それを声高に言わなきゃいけないか。それは健常者がそう思っていないずれがある。その活動に共感して・・・。でも、なかなか伝わらない。映画自体は面白いエンターテインメントですが、こうやって皆さんに聞いていただけるのは嬉しいですね。

役作りなどを聞かれると・・・

リリーさん:映画になると聞いて何か手伝いたい、トークイベントでも何でもいいからと思ったら熊篠君の役で。もともと知ってる人なんで役作りは苦労しなかったですね。電動車いすの使い方は練習しました。1台欲しいなと今思ってます。ずっと、車いすに座ってたんで、今日菜名ちゃんと立って並んだら違和感です。

そう言われた清野さんは、今回の役のオファーの時に監督から台本とお手紙をいただいたそうで

清野さん:初めて監督にお手紙をいただいたんで嬉しくて。台本読んだら面白くて。頭の中で勝手に動き出してて興味しかなくて。実際楽しみました。
手紙をもらえなかった、リリーさんと小池さんは不満げ。

映画情報どっとこむ ralph 介助師役の小池さんは

小池さん:クマを家族のように思いながら寄り添って居る役。そこにミツが来て、だんだん愛がはぐくまれていく様子が楽しかったですね。
リリーさん:僕、お風呂入れてもらいました。小池栄子に髪を洗ってもらうのは、ある意味男として上がりです!(笑)
本作のモデルでもある熊篠さんはリリーさんが自分にそっくりで、

熊篠さん:遠目に見たら、脳性まひのおっさんにしか見えない。形態模写みたい。

リリーさん:プロの人に褒めてもらえると嬉しいです。

小池さん:二人は居心地の良さが似てますよ。ゆるい空気感ですね

印象に残ったエピソードを尋ねられると、3人とも

小池さん:海のシーン。結構でしたよ。

リリーさん:3人で2月の海に。

監督:小池さんが率先して入って行って、男前だなーと。

清野さん:本当に寒かったですね。

と、雪予想の日に海に入るという監督の鬼演出エピソードが暴露されました!

映画情報どっとこむ ralph ここで、リリー・フランキー自ら「『BABY BABY』を使わせて欲しい」とオファーした峯田和伸(銀杏BOYZ)さんがサプライズの花束ゲストとして登場
峯田さん:リリーさんからメール来て、お願いしまーす!って返しました。

リリーさん:もともと使う予定だった曲は使用料が高くて。。。メールしたら7秒ぐらいで返ってきて。

と、驚きのエピソードを明かしました。


最後に・・
清野さん:内容が暗いかなと思うかもしれませんが、楽しくハッピーな映画になってますので、構えずに楽しんでください!

リリーさん:障害者テーマだと、重いんじゃないかと。思われがちですが。熊代君も監督もそこじゃなくて。障碍者が主人公の映画でもポップなもの。そういうのが不謹慎だという方もいらっしゃるかもしれませんが、それこそが差別だと思います。日本じゃなかなかったものになっています。レボリューションだと思います!

最後は、劇中クマの電動車いすにミツが乗って疾走するシーンを再現!
清野さんが熊篠さんの車いすに乗って退場しました!


映画情報どっとこむ ralph 型破りな究極の愛の物語に、リリー・フランキー、清野菜名が体当たりの演技で挑む。
無謀だなんて、誰が決めた?

泣いてもいい、笑われてもいい。障害なんて二人で超える。革命は起こせる。

パーフェクト・レボリューション』 

公式HP 

9月29日(金)TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開!

***********************************

配給:東北新社
レイティング:PG12
117分
(C)2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会
   


イ・ビョンホン10回連続舞台挨拶!『MASTER/マスター』at 新宿


映画情報どっとこむ ralph 日本でも圧倒的人気を誇るイ・ビョンホンが、韓国史上最大規模の金融投資詐欺事件の主犯という大悪人に挑戦するクライムアクション映画『MASTER/マスター』が、11月10日(金)TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開となります。

今回はTOHOシネマズ 新宿の全10スクリーン(4DXとMX4Dは除く)をジャックしてのノンストップ10回連続舞台挨拶を実施!!

イベントでは、ファンからの黄色い歓声の中、イ・ビョンホンが登壇し、映画の魅力や、役柄などを語りました。
 
日時:9月4日(月)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:イ・ビョンホン

映画情報どっとこむ ralph 観客からの黄色い大歓声があがる中、イ・ビョンホンが登場。まずは、

イ・ビョンホン:遅くなってすみません。到着をして、走ってここにきました。今日は大きな劇場に関わらず、会場を満席にして下さってどうもありがとうございます。今日は楽しんで下さい。

と挨拶。

また海外俳優のスクリーンジャックはなんと今回が初!!このことについて

イ・ビョンホン:映画館をジャックするということは、映画館は色んな映画を観客の方に観ていただく、ということを考えると、あまりいいことではないのかも知れませんが、今日一日試写の意味もありますのでおそらく許していただけるのではないかと思います。そして海外の俳優が映画館をジャックするのが初ということはとても光栄に思いますし、とても気分がいいです。

と声を弾ませた。

映画情報どっとこむ ralph 今まで数々の約を演じてきたイ・ビョンホン。本作で演じた悪役の難しさなどを聞かれると、

イ・ビョンホン:どんな役を演じる時にも、自分が演じる以上はその役柄に説得されなければならないと思っています。今回私が演じた人物は実在の事件と人物を演じました。実在の人物の行動や言葉は記録に残っていますが、理解するのが難しく大変でした。なので役作りをするのがとても大変なキャラクターでした。

と振り返った。

本作の中でも特に注目しているシーンを聞かれると、

イ・ビョンホン:冒頭のシーンで、数万人の会員の目の前で演説をするシーンがあります。そこでは会員からお金を搾取しないといけなので、純粋な羊の仮面を被ったように話さないといけない。観客の方から、『こういう人だったら投資してしまうんじゃないか』と思えるようなシーンをつくらなければならないのでいかに現実的にリアルにみせるかを考えながら演じました。監督もスタッフも私も精魂こめてつくりあげたシーンです。

と話し、続けて

イ・ビョンホン:個人的に好きなシーンはチン会長が権力と手を組み、悪を重ねていき、権力をもった人に依頼する、というシーンがあります。ハン局長という人物が、彼に対して記者に何か言われたら、『上手いこといって乗り切ってほしい』と、言う風にお願いするシーンがあるんですが、そのシーンがとても気に入っています。

と答えた。

映画情報どっとこむ ralph また最後、観客へのメッセージを聞かれると

イ・ビョンホン:映画の試写会ではなく、小さなファンミーティングに来ているようです。見慣れた顔の方もいらっしゃいますね。今日は来てくれて本当にありがとうございます。この映画は実際の事件をモチーフにしています。なので『こんなことが起こりえるんだな』ということを考えながら観ていただければより楽しめると思います。是非楽しんでご覧下さい。

と作品の魅力をアピールしイベントを終えました。


MASTER/マスター
英題:『MASTER』
イ・ビョンホンが<悪>役を演じるのは『グッド・バッド・ウィアード』以来8年ぶり2度目。

ほかキャストに、『華麗なるリベンジ』のカン・ドンウォン、『二十歳(ハタチ)』のキム・ウビンと、韓国3大スターが揃い踏み!

11月10日(金)TOHOシネマズ 新宿ほか、全国ロードショー!

公式HP:master-movie.jp



***********************************

監督・脚本:チョ・ウィソク 
キャスト:イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビンほか
2016年/韓国/143分/カラー/スコープサイズ/5,1chデジタル
字幕翻訳:根本理恵  
配給:ツイン
ⓒ2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED