「TOHOシネマズ新宿」タグアーカイブ

中川翔子、矢嶋哲生監督登場に大盛り上がり!「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」応援上映イベント


映画情報どっとこむ ralph 7月13日(金)より全国373スクリーンで公開となった「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」。

昨年大ヒットを記録した「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」から始まった、サトシとピカチュウの新しい冒険を描き、1年に1度の“風祭り”で、伝説のポケモン・ルギアから恵みの風をもらう街を舞台に起こる、新しい5人の仲間たちとの壮大な物語となっています。そんなポケモン映画最新作は、8月2日(木)までの公開21日間で、観客動員160万人、興行収入18億円を突破しています。

そして本日8月3日(金)、大ヒットを記念して、TOHOシネマズ新宿にて応援上映イベントを開催!

リク役・中川翔子とシークレットゲストで矢嶋哲生監督が参加しました。

昨年も実施したポケモン映画の応援上映イベントですが、チケットを販売開始するやいなや即完売となり、一部のファンの間では、【幻のイベント】と呼ばれたほど…。そんな大人気イベントは今年も告知開始と共に大反響を呼び、チケットも即完売となりました。


応援上映イベント
日付:8月3日(金)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:中川翔子、矢嶋哲生監督

映画情報どっとこむ ralph プレミアチケットを手に入れたお客様で満席の場内は、ジョーイさんのコスプレやピカチュウの帽子を被った人など、思い思いのポケモングッズを持参し準備万端!上映前からものすごい熱気に包まれ、中川翔子、矢嶋哲生監督が登壇すると、場内のボルテージは最高潮に。

昨年からのリピーターや応援上映経験者も多い中、矢嶋監督をはじめ、作品問わず応援上映自体に参加するのが初めてという人もいたため中川が応援上映をレクチャー。
中川さん:予告編は練習タイムです。推しメンのカラーにサイリウムを合わせましょう!

矢嶋監督:ついていきます!!映画の舞台・フウラシティの市民になって観ようと思います。

とノリノリにサイリウムをスタンバイ。

そして

中川さん:歌舞伎町のど真ん中でポケモン愛を叫びましょう~!

と盛り上げ、いよいよ上映開始。

映画情報どっとこむ ralph 別作品の予告編からそれぞれ発声を開始し、東宝のロゴが映し出されると、「東宝ありがとう!」と歓声があがりました。
人物キャラクターやポケモンたちが登場するたびに、それぞれの名前が叫ばれ、主人公・サトシ(声:松本梨香)とピカチュウ(声:大谷育江)の最初の登場シーンは絶叫にちかい声援が!

そしてこの日、サトシに負けず劣らず人気だったのが、中川さんの推しメン“気弱なポケモン研究家・トリト(声:濱田岳)”。トリトが登場すると、場内のサイリウムはトリトの髪色に合わせ緑色一色に。


上映中、

中川さん:監督、トリトは何歳なんですか?

と質問が飛び、

矢嶋監督:23歳くらいです!

と即回答。さらに、

中川さん:彼女はいますか?

と矢継ぎ早にトリトに関する質問が飛び交い、「付き合って~!結婚して~!」とトリト愛が叫ばれるなど、トリトファンも多く見受けられました。ポケモン嫌いのお婆さん・ヒスイ(声:野沢雅子)の、ポケモンとの過去の出来事を描いたシーンでは場内からすすり泣く声も聞こえ、クライマックスにかけてはファンの熱い思いが大爆発!!

上映が終了しても拍手が鳴りやまず、興奮さめやらぬ状態のままトークショーがスタートしました。

昨年に続き参加した中川さんは、応援上映を経て初めて気づくポイントが多くあったといい、特にトリトの同僚・研究員Aが場内で大人気に。そこで中川さんの提案で矢嶋監督がその場で研究員Aに役名をつけることに!急遽命名を任せられた矢嶋監督はとっさに【ロベルト】と命名するなど、応援上映だからこその展開もあり、その他にも役柄の裏設定や、秘話も語られ、お客様から質問を受け付けるなど、和気あいあいとしたトークショーとなりました。

初めての応援上映を終えた矢嶋監督も、目に涙を受かべながら感激した様子でお客様からの質問に答えました。
中川さん:みんなで笑って、泣いて、叫んで、大合唱して、本当に特別な思い出になりました。ポケモンはいつも素敵な出会いをもたらしてくれて、感動しています。平成最後の夏は、ポケモンの夏は、最高の夏になりました!長生きして、来年のポケモン映画もみんなで応援できればと思います。死ぬまでポケモン大好きでいましょう。今日はありがとうございました。

矢嶋監督:今回このようなイベントに参加できて本当に感謝しています。ずっと届け!届け!と思って作っていたので、今日皆さんと一緒に作品を観ることができて、非常に貴重な機会となりました。ありがとうございました。
最後にはお客様と一緒に記念撮影を行い、大熱狂の応援上映となりました!

映画情報どっとこむ ralph
劇場版ポケットモンスター みんなの物語
大ヒット上映中

公式サイト:
www.pokemon-movie.jp

イントロダクション
ポケモン映画が、新たな一歩を踏み出す――。
20周年記念作品「キミにきめた!」の大ヒットから1年――。監督を始めとする制作陣に若き才能が加わり、全く新しいポケモン映画「みんなの物語」が遂に誕生。この夏、みんなと一緒に、まだ誰も見たことのない冒険へ向かって、キミも一歩を踏み出そう!

ストーリー
ひとりじゃできないことも、キミとなら――。
人々が風と共に暮らす街・フウラシティでは、1年に1度だけ開催される“風祭り”が行われていた。祭りの最終日には伝説のポケモン・ルギアが現れて、人々はそこで恵みの風をもらう約束を、昔から交わしていたという。
ポケモン初心者の女子高生、リサ。
嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男、カガチ。
自分に自信が持てない気弱な研究家、トリト。
ポケモンを毛嫌いする変わり者のおばあさん、ヒスイ。
森の中で一人佇む謎の少女、ラルゴ。
偶然、風祭りに参加していたサトシとピカチュウは、5人の仲間たちと出会う。それぞれが悩みを抱え、パートナーのポケモンと一歩を踏み出せない中、みんなが出会うことで、運命の歯車が動き出す……。ルギアとの約束は守られるのか? そして幻のポケモン・ゼラオラの正体とは??
今、人とポケモン、みんなの絆が奇跡を起こす――。

***********************************

キャスト・スタッフ クレジット
 声の出演
特別出演:芦田愛菜 川栄李奈 濱田岳 大倉孝二 野沢雅子・中川翔子 山寺宏一
サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江
ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇

原案:田尻 智  監督:矢嶋哲生  アニメーションスーパーバイザー:湯山邦彦
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉、片上秀長
プロデューサー:下平聡士、松山進、知久敦、大日向俊
脚本:梅原英司、高羽彩  アニメーションプロデューサー:加藤浩幸、和田丈嗣
キャラクターデザイン:金子志津枝  総作画監督:西谷泰史、丸藤広貴
音響監督:三間雅文  音楽:宮崎慎二
アニメーション制作:OLM / WIT STUDIO
製作:ピカチュウプロジェクト  
配給:東宝

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  
©Pokémon ©2018 ピカチュウプロジェクト
  


松田龍平、野田洋次郎、ら総勢10人登壇!『泣き虫しょったんの奇跡』完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)が、豊田利晃監督により映画化。松田龍平が『青い春』以来16年ぶりに豊田作品で単独主演を務める本作は、2018年秋より全国ロードショーとなります。

その完成披露が7月3日に行われ、松田龍平さん、野田洋次郎さん、渋川清彦さん、駒木根隆介さん、新井浩文さん、松たか子さん、小林薫さん、國村隼さん、豊田利晃監督と原作者の瀬川晶司五段が登壇しました。


『泣き虫しょったんの奇跡』完成披露舞台挨拶
日時:7月3日(火)
会場:TOHOシネマズ新宿
登壇:松田龍平、野田洋次郎、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、松たか子、小林薫、國村隼、豊田利晃監督、瀬川晶司五段(原作者)

映画情報どっとこむ ralph 今回は、喋る前までの撮影しか許可が下りていなかったので、記者全員がシャッタを切る音とフラッシュの嵐の中始まったイベント。

松田さん:今日はありがとうございます。初めてのお客様と言うことで大変うれしく思っています。・・・楽しんでもらえる作品になったと思います。

と言う、これから本編を観るお客さんたちの期待度を上げてくれる言葉からスタート。今回の舞台挨拶に来ている瀬川五段を演じている松田さんは・・・

松田さん:瀬川さんには現場によく来ていただいて・・・本人がいると、気になってしまって、監督の演出されても瀬川さんはそんなことはしないって思っちゃって。嬉しいやら、やりずらいやらでした。将棋も教えてもらって特別な撮影でした。

瀬川五段:そうですね。将棋の場面があるときは行きましたね。

と、将棋の監修をしている感じの撮影現場を語りました。

主人公と幼馴染で親友でライバルを演じた野田さん
野田さん:監督とスタッフの皆さんとキャストの愛が詰まった映画です!作品を楽しんで!

と挨拶する野田さんは、プライベートで松田さんと仲が良いそうで

野田さん:最初は、仲良くさせていただいていて、僕のうちのキッチンは僕よりもいたぐらいです。(笑)だからこそ、僕でできるのか心配でしたが・・・最初のシーンは十数回撮り直しになりました。

と明かす野田さん。

映画情報どっとこむ ralph この二人の先輩で、将棋の世界に誘う重要な役の渋川さん
渋川さん:豊田監督とは20年。一緒に歩んできました。ここにいるのがとても嬉しいです。

と、率直な気持ちを明かし、

渋川さん:豊川七段は本当にいますので、彼がダジャレ好きなので如何にダジャレを織り交ぜるかが気を付きました。後は、将棋を指したり、食事に行くのも、積極的に声を掛けました。

実は、渋川さんのオリジナルのアドリブダジャレ。どのようなものかは本編で!


駒木根さん:大好きな映画に出させていただいて個人的に嬉しいです。スキのない作品です。駒たちが躍動する姿を楽しんでください!

とプロ棋士スタイルな出で立ちの駒木根さんは

駒木根さん:撮影も対局して帰ってくると、控室でみんな将棋指しているとても素敵な現場でした。

と、将棋愛がこぼれる駒木根さんは一番上手かったそう!で、伸びが一番大きかったのは

駒木根さん:永山さんは物凄く情熱があって凄かったです。あと新井さんが強かった!

新井さん:うちはもっぱら麻雀派です!(笑)最弱は妻夫木と染谷。あの二人はニタニタしてやってましたからね。

と、語った新井さんは
新井さん:世界初お披露目です。ここから多くの人に観てもらえると嬉しいので宣伝よろしくお願いします!十数年前に龍平と将棋指したことがあって、めちゃ弱かったんです!それが現場で強くなってて。撮影から時間が経ってから龍平が「伸び悩んでる・・・将棋が上手くならない。と、どこ目指してるんでしょう!?

松田さん:壁にぶち当たってるんです。

と、回答。
松さんは松田さんが小学生だった頃の先生役

松さん:この映画にかかわれてうれしかったです!が、誰ともかかわってなくて・・・今日嬉しいです。

と、豪華な面々を見まわし満足げ。

映画情報どっとこむ ralph 小林さん:僕の役は瀬川さんをプロにする手助けをする役。僕がいないと、この物語がなかったことになる・・凄い重要な役だったんだなと。今思いました。楽し気な人達が沢山出てるので、仲間に入りたいなとオファーを受けました。

と語ります。父役の國村さん。

國村さん:原作を読んだ時に凄い面白いと思っていて、凄いエンターテインメントだと思っていたら、現場で実話だと。現実にこんなことが起こるんだ!と言う奇跡。実際に起こったことだからこその力をご覧ください!

そして、原作者で主人公自身でもある瀬川五段
瀬川五段:遂にこの日が来たなと!とても爽やかな良い作品になっています。原作者として大満足に仕上がっています!

そして、本作が10作目の作品の豊田監督は
豊田監督:素晴らしい原作と素晴らしいキャストと最強のスタッフで気持ちの映画になったと思っています!瀬川さんの原作を7-8年前に読んで、映画にしたくて映画会社を回ったんですけど、どこもダメだと。でも、その後ほかの将棋映画がヒットして、将棋ブームで藤井君が活躍してくれて。。。そしたらみんな乗ってきてくれて。こうして完成しました。藤井君に感謝しています!

夢を追い続ける男の映画です。続けることによる憎しみを愛に変えて成功した瀬川さんの人生です。ミンさん御心に触れるシーンがあれば嬉しいです。

と、イベントを締めました。
映画情報どっとこむ ralph 泣き虫しょったんの奇跡』 

2018年秋、全国ロードショー!

幼い頃から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司は、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇段できないものは退会」という新進棋士奨励会の規定により、26歳にして人生の目標を失い社会の荒波に放り出されてしまう。

主人公の瀬川晶司を演じるのは『舟を編む』で第 37 回日 本アカデミー賞・最優秀主演男優賞ほか数々の賞を受賞し、豊田監督作品には『青い春』『ナイン・ソウルズ』『I’M FLASH!』 と出演を重ねてきた松田龍平。

また、主人公のプロ 棋士編入試験を陰ながら支える親友であり最大のライバル、鈴木悠野役にはプライベートでも松田と親交の深い人気ロック バンド RADWIMPS の野田洋次郎。自身も将棋のプロを目指した過去を持ち、17 歳まで新進棋士奨励会に所属していた経験がある豊田利晃監督の手によって、一度は夢破れた“しょったん”が周囲に支えられながら、再び夢を実現させるためにアマからプロへひたむきに挑戦していく前人未踏の“奇跡”が描かれます!


物語・・・
史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話。26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる。



***********************************

監督:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』) 
脚本:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊) 
音楽:照井利幸
出演:松田龍平/野田洋次郎/永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一/妻夫木聡/松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫/國村隼

製作幹事:WOWOW/VAP
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
特別協力:公益社団法人日本将棋連盟
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社


福山雅治の新境地!『マンハント』メイキング&インタビュー映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 日本映画への愛に溢れるジョン・ウー監督が、高倉健主演でも映画化された原作「君よ憤怒の河を渉れ」の再映画化に挑んだ映画『マンハント』が2月9日(金)にTOHOシネマズ新宿他にて全国公開なります。

本作は世界中のアクション映画ファンを熱狂させたジョン・ウー監督久々のアクション映画で、その独自のアクション流儀は健在。
この度解禁するのは、本格的なアクションシーンに挑戦した福山雅治さんのメイキング&インタビュー映像。

福山さんは拳銃アクションはもちろん、様々なシチュエーションでアクション演技に挑戦しています。映像内では、土埃にまみれながらチャン・ハンユーと揉み合うシーンや、水上バイク上でのギリギリの攻防なども描かれております。またその中には、ジョン・ウー作品のシンボルとも言える白い鳩が舞う姿も。
本作の撮影をこれまでで最大規模のプロジェクトだったと振り返る福山さんは、ジョン・ウーのアクションを経験したことについて「僕が演じたシーンで白い鳩を飛ばせてくれて、ものすごく感動した。あまりにうれしくて、何度もモニターでチェックしたよ」。とコメントしています。なお、本映像は矢村について語るジョン・ウー監督や桜庭ななみさんのインタビュー等も含まれた豪華な特別映像となっております。


映画情報どっとこむ ralph 舞台は日本で、2016年に大阪・岡山を中心にオール日本ロケが敢行されました。
W主演のチャン・ハンユーは無実の罪を着せられ逃亡する弁護士ドゥ・チウを、福山雅治は彼を追う孤高の刑事矢村聡を演じており、スクリーン上で激しいアクションを繰り広げます。


映画『マンハント

2月9日(金) TOHOシネマズ新宿他 全国ロードショー

物語・・・
逃げる弁護士。追う刑事。魂の出会い。撃ち抜け、この世界。実直な国際弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)が目を覚ますと、女の死体が横たわっていた。現場の状況証拠は彼が犯人だと示しており、突如として殺人事件に巻き込まれてしまう。何者かにハメられたことに気づき逃走するドゥ・チウ。孤高の敏腕刑事の矢村(福山雅治)は独自の捜査で彼を追っていく。

鍵を握るのは謎の美女・真由美(チー・ウェイ)。ドゥ・チウに近づくほど、この事件に違和感を覚え次第に見解を変えていく矢村。

そしてついにドゥ・チウを捕えた矢村は警察への引き渡しをやめ、共に真実の追及を決意する。

身分や国籍を超えた“強く熱い絆”が芽生えた2人の追われながらの真相究明。果たして事件の裏にはどんな陰謀が隠れているのか。

***********************************

主演:チャン・ハンユー、福山雅治、チー・ウェイ、ハ・ジウォン
友情出演:國村隼
特別出演:竹中直人、倉田保昭、斎藤工
共演:アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、池内博之、TAO、トクナガクニハル、矢島健一、田中圭、ジョーナカムラ、吉沢悠

監督:ジョン・ウー
撮影監督:石坂拓郎『るろうに剣心』
美術監督:種田陽平『三度目の殺人』
音楽:岩代太郎『レッドクリフ』、アクション振付:園村健介『GANTZ』、衣装デザイン:小川久美子『キル・ビル』

原作 西村寿行『君よ憤怒の河を渉れ』/徳間書店刊 および 株式会社KADOKAWAの同名映画
© 2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
     


リリー・フランキー as クマ 障害者の性について語る映像公開『パーフェクト・レボリューション』


映画情報どっとこむ ralph 型破りな究極の愛の物語に、リリー・フランキー、清野菜名が体当たりの演技で挑む。 『パーフェクト・レボリューション』 リリーがモデルの熊篠⽒にソックリ︕︖ ユーモアたっぷりに障害者の性について語る映像公開。
主演リリー・フランキー、ヒロイン清野菜名が体当たりの演技で挑んだ、実話を基にした映画『パー フェクト・レボリューション』が9月29⽇(⾦)TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開となります。

「身体障害者だって恋をするし、セックスもしたい︕障害者はただの人間なんです!」。

この度、本編映像が公開!クマがトーク&サイン会で、障害者の性についてユーモアたっぷりに語ります。

映画情報どっとこむ ralph 今回、公開された本編映像は、クマとミツが運命の出会いをする、クマの出版記念トーク&サイン会のシーン。


「僕のこれまでの人生は、常に戦いの歴史でした」

と始まり、続けて、⾃分の障害は、“脳性麻痺と異常に豊富な男性 ホルモン”と、会場の笑いを誘うクマ。“おそらく、騎乗位を発明したのは障害者ではないか?”と障害者あるあるのネタも 披露しながら、あらたな挑戦は、障害者に対する誤解を解くこと、と語る。よくある誤解について、しゃべっているだけで言語障害はないんですね?と驚かれ、下ネタを言うと、サーっと人がひいていく、と淡々と述べる。

「障害のレベルは人によっ て様々。その中でみんなが戦っている。 身体障害者だって恋をするし、オナニーもするし、セックスだってしたいんです。障 害者は、新種の怪物やごみなんかじゃない。ましてや聖⼈君主なんかじゃない。障害者はただの⼈間なんです。」

と主張 するクマに、会場に入ってきたミツが質問をしようと手を挙げる。
こんな出会いから、クマとミツのハチャメチャだけど純粋な、 “最強のふたり”のラブストーリーが始まることに。

企画・原案の熊篠慶彦氏の活を再現したシーンだが、リリー・フランキー演じるクマについて、熊篠氏本人が、自分似ていると驚き、
「遠巻きに⾒たら脳性麻痺のおっさんになっていましたよ」

と太鼓判を押しています。

映画情報どっとこむ ralph 過去記事:完成披露舞台挨拶の模様はこちら


パーフェクト・レボリューション
公式サイト:perfect-revolution.jp

物語・・・
泣いてもいい、笑われてもいい。障害なんて二人で超える。革命は起こせる。 クマは幼少期に脳性⿇痺を患い、手⾜を思うようにかせず⾞椅子⽣活をしている。ただし彼はセックスが⼤好き。身体障害者にとっての性 への理解を訴えるために活している。そんな彼が、ある⽇、美少⼥・ミツと出会う。障害者であるにもかかわらず⽣き⽣きと⽣きているクマに、 ミツは「あなたとわたしみたいなのが幸せになれたら、それってすごいことだと思わない?」「それを世界に証明するの︕」。どんな不可能も可能にす る、ハチャメチャだけど純粋な、クマとミツの“最強のふたり”のラブストーリーがいま始まる︕

9月29日(⾦) TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開

***********************************

出演:リリー・フランキー 清野菜名 小池栄子 岡山天音 余 貴美子
監督・脚本:松本准平(『最後の命』)
企画・原案:熊篠慶彦(著書「たった5センチのハードル」)
劇中曲:銀杏BOYZ「BABY BABY」 (UK.PROJECT)
エンディングソングテーマ:チーナ「この世界が全部嘘だとしても」 (SOPHORI FIELD COMPANY)
制作・配給:東北新社
宣伝協⼒:ミラクルヴォイス
2017年/⽇本/カラー/5.1ch/ビスタ/117分/PG-12
©2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会
      


乾杯Salud!オダギリジョー、阪本順治監督登壇!『エルネスト』サポーター世界最速試写会舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 今年2017年に没後50年を迎えるキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

革命家、反帝国主義のカリスマとして、また、革新を想起させるシンボルとして今もなお世界中でゲバラの存在は明確に息づいている。そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が10月6日(金)に公開されます。

この度、9月13日(水)に、世界最速となるサポーター試写会が開催され、本作の主演オダギリジョーとメガホンをとった阪本順治監督が登壇し、舞台挨拶を行いました。
本作『エルネスト』を応援してくださる“スペシャルサポーター”を募集し、計3,172人もの応募者の中から約100名が招待された今回の試写会。

『エルネスト』サポーター世界最速試写会舞台挨拶
日時:9月13日(水)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:オダギリジョー、阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph チェ・ゲバラに扮装したサポーターを前に

阪本監督:今日は何の集会でしょうか?(笑)。今回は他の映画と同じことをやってもしょうがないと思いまして、サポーター試写会を実施いたしました!

と普通の試写会とは一味違う点に言及した。
オダギリさんは本作のオファーを受けた時の印象について、
オダギリさん:監督にお話をいただいた時からやりたいという気持ちがMAXでした。想像もできない困難な道だと思ったし、乗り越えられないような高いハードルが目の前にあったので。今の日本映画界でこんな映画を撮るなんて、革命のように感じました。とにかく戦い抜こうと決心しました。

と語った。また

阪本監督:オダギリが役者として生まれ変わりたいと何度か言っていたのを知っていたので、ピッタリのあるよ!と言いました。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph そしてオダギリさんの演技について

阪本監督:日本にいる時から相当な役作りをしてくれていた。スペイン語や減量に関しても当たり前のようにやってくれると信じていました。オダギリの最初のセリフを聞いた瞬間、これが僕らにとってのフレディだと確信しました。

と絶賛。3度目のタッグを組むだけあり、全幅の信頼をしているのがわかる。

また集まったスペシャルサポーターの方からの質問タイムが設けられ、オダギリさんのすごいところを聞かれ・・・

阪本監督:映画をみたら凄いとしか思えないです。オダギリがとにかく凄い。フレディ前村をずっと取材していると、寡黙で心に芯のある人物像がオダギリに重なる。普段は本人の前ではこんなこと言わないけど(笑)

と再び絶賛しながらも照れくさそうに語った。

そして、トーク終了後に、映画の大ヒットを祈願し、鏡割りが行われた。
本作が日本・キューバの合作映画ということで、“クーバ・リブレ”というキューバのお酒が用意された。この”クーバ・リブレ”は、革命戦士が勝利を祝う際に飲んだカクテルで、オダギリや阪本監督もキューバで何杯も飲んだそう。

最後はキューバ式の乾杯をとのことで、スペイン語で乾杯Salud(サル!)と音頭をとり、イベントは大成功で幕を閉じた。

10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー


***********************************


脚本・監督:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス

配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分

(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.