「TIFFJP」タグアーカイブ

行定勲監督 x 松永大司監督 登壇!『アジア三面鏡2018:Journey』日本外国特派員協会 記者会見


映画情報どっとこむ ralph 日本を含むアジアの気鋭監督3名が、ひとつのテーマをもとにオムニバス映画を共同製作するプロジェクト「アジア三面鏡」。

本年は三面鏡シリーズ第2弾となる『アジア三面鏡2018:Journey』を、第31回東京国際映画祭に於きましてワールドプレミア上映し、またこれに先駆け、第1弾『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』の劇場公開が決定しました。

そしてこの度、日本外国特派員協会にて毎年開催しております東京国際映画祭の記者会見に、第1弾より行定勲監督、第2弾より松永大司監督を迎え、それぞれの作品に関する想いを語りました。


『アジア三面鏡2018:Journey』日本外国特派員協会 記者会見
日時:10月3日(水)17:00~
会場:公益社団法人 日本外国特派員協会(FCCJ)
登壇者:行定勲監督(『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』『鳩 Pigeon』監督)
松永大司監督(『アジア三面鏡2018:Journey』『碧朱(へきしゅ)』監督)
久松猛朗(東京国際映画祭 フェスティバルディレクター)
安藤裕康(国際交流基金 理事長)
安藤紘平(「JAPAN NOW」部門プログラミングアドバイザー)
映画情報どっとこむ ralph 久松猛朗フェスティバル・ディレクターより、本企画の趣旨について説明。国際交流基金理事長の安藤裕康氏と「Japan Now」部門プログラミング・アドバイザー 安藤紘平氏も登場し2人の監督と作品に対する想いを語りました。


第31回東京国際映画祭では開催期間中、200以上もの映画が上映予定、世界中から訪れた著名なゲストが多数登場し、Q&Aやシンポジウムが開催されるなど、東京国際映画祭ならではのイベントが目白押しです。

記者会見の概要監督(『アジア三面鏡2018:Journey』『碧朱(へきしゅ)』監督)のコメントを記載させて頂きます。

【行定勲監督 コメント】

行定監督:私自身アジア映画に影響を受けており。恩返しのつもりで取り組んだ舞台がマレーシアです。ヤスミン・アハマドという女性監督がいらっしゃいまして、2009年にお亡くなりなっていますが、彼女から知ったマレーシアの良さ、情緒、マレーシアで映画を制作してきた多くの方々が築いてきたその国独特の情緒と私の作品が融合されるのが楽しみでした。アジアの映画人と繋がり、お互いにどう影響されるのかにすごく期待していました。ただ1点、マレーシアは暑かったです。暑い昼間に撮影をしているのは私と撮影カメラマンだけでした。マレーシアのスタッフは心配してくれて、スタッフの方が日傘をさしてくれる人を手配してくれました。言うまでもなく夕方からしか仕事ははかどらなかったですね。その国の良さに触れ、イライラせず一緒にやれることに慣れてくると、撮影が楽しくてたまらなかったです。よき思い出です。

Q:故人・津川雅彦さんについて

行定監督:津川雅彦さんの訃報は非常にショックでした。暑いペナン島での撮影を思い出さずにはいられません。津川さんは海外の撮影が大嫌いということを知っていたため、多分ダメだろうなと思っていました。主人公の孤独な老人のイメージが、私自身の祖父のイメージが重なり、そのイメージを生き写しのように撮影したくオファーをしたところ、撮影に参加すると言っていただきました。津川さんは最初、自身が演じる役を「死と生の狭間に存在する役なんだね」とおっしゃいました。撮影に入る際、津川さんは7、8kg減量され、役を体現する姿で現地に入ってこられました。鬼気迫る緊張感で、マレーシアの女優が恐怖を抱くぐらいでした。私が思い描いていた津川さんは饒舌にしゃべる役を演じるイメージでした。マレーシアでの撮影では、ただそこに存在することを重視しているなと感じました。
私の記憶に深く刻まれているのが、海に近い場所でラストシーンを撮影した際。「死と生の狭間で人間は何もできないんだな」とおっしゃって、その後マレーシアの海を眺めている姿を、固唾を飲むように津川さんの姿をみて、撮影したのを忘れられません。この作品で、津川さんはマレーシアのスタッフ、キャストにとても愛されていました。僕も彼らも津川さんと一緒に仕事ができたことは誇りになったと思います。


【松永大司監督 コメント】

松永大司監督:ミャンマーで撮影する前に、長編2作目として、ハワイで映画を撮影させてもらった経験が大きくて、今後の映画作りに於いて、どういう風な道を模索していくか、海外のクルーと一緒に作っていくことは、自分自身の作家性を広げていく一つの可能性だと思いました。
撮影クルーは中国、インドネシア、ミャンマー、イギリスと様々な国のメンバーでした。
映画を創るにあたって勉強になりましたし、日本の考え方が違うことが多かったため、言葉が通じないことが多かったんですね。もっと自分がそういった環境で映画作りを勉強して成長していきたいと思いました。

Q:3作品にニコラス・サプットゥラが出演している件

松永大司監督:まず3人の監督でスカイプ、直接会ってミーティングをし、3作品の楔となる共通テーマを設け、視覚的なものにするかなど話し合い、作りたい作品の骨格を出来ていく中でエドウィン監督の作品にニコラスが出ることをしりました。エドウィン監督から、ニコラスの役のアイデアを聞いた時に、私の作品でも出演できないかということから、ニコラスを3作品に出演してもらおうということになりました。


映画情報どっとこむ ralph 『アジア三面鏡 2018:Journey』
2018_journey/

『海』
中国・北京から海を目指し、全く性格の違う母娘が旅するロードムービー。徐々に旅の目的が 分かってくる展開に最後は涙すること必至。喧嘩しながら旅を続ける母娘を通して、普遍的な 親子の問題、現代中国特有の人間模様が浮き彫りに。デグナー監督自身の経験や境遇が 大きく反映された渾身の物語。 主演は高い演技力に定評のあるベテラン女優チェン・ジンと実力派若手女優ゴン・チェ。

監督: テグナー
キャスト:チェン・ジン、ゴン・チェ、トゥメン、ニコラス・サプットゥラ

『碧朱(へきしゅ) 』
舞台はミャンマー。主人公はヤンゴン市内の鉄道整備事業に携わる日本人・商社マン。民主 化して間もない街の進化と喪失、現地の人々との交流、彼が抱いた心の機微を色彩豊かな 映像で描き出しています。 主演は今最も勢いのある俳優、長谷川博己。静かで力強い演技に新しい魅力を感じます。 ヒロインは監督が現地で発掘した現役大学生の新人、ナンダーミャッアウン。

監督:松永大司
キャスト:長谷川博己、ナンダ―ミャッアウン、ニコラス・サプットゥラ


『第三の変数』
©2018 The Japan Foundation, All Rights Reserved.

インドネシア人夫婦が旅先の東京で出会う不思議な男性。民泊を営む傍、コンサルタントを 自称する男から奇妙で官能的なアドバイスを受ける夫婦。シュールレアリストとして知られるエド ウィン監督が独特な切り口で描く物語。 主演を務めるのは、3作品共通キャストでもあるインドネシアの国民的俳優ニコラス・サプットゥ ラ、インドネシアの人気女優アグニ・プラティスタ、日本・インドネシア合作映画『KILLERS/キ ラーズ』で北村一輝との共演経験もある実力派俳優オカ・アンタラ。

監督:エドウィン
キャスト:アグニ・プラティスタ、オカ・アンタラ、ニコラス・サプットゥラ

映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭 
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ