「TIFF」タグアーカイブ

「アマンダ(原題)」第31回東京国際映画祭コンペ最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞W受賞!


映画情報どっとこむ ralph この度、第31回東京国際映画祭のコンペティション部門出品作品「アマンダ(原題)」が、最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞のW受賞という快挙を成し遂げました!!


審査委員長 ブリランテ・メンドーサ監督 コメント
本作は、一見シンプルに見えるものの決して単純な作品ではなく、私たちの心をとても強く惹きつけ、複雑な人間の感情を映画として体験させてくれる素晴らしい作品だ。

ミカエル・アース監督 動画コメント
受賞に慣れていないのに二つも受賞し、しかもひとつはグランプリと、大変幸せで誇りに思います。一緒に映画祭に参加したプロデューサーのピエール・ギュイヤールとこの賞を受賞した喜びを分かち合います。そしてヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレーらの俳優たちとも。観客のみなさんとは、作品上映後に素晴らしい議論が交わせました。地球の反対側くらい離れていても映画が人々を感動させる、これ以上大きなご褒美はありません。みなさんの情熱と寛大さに感謝します。改めてメンドーサ監督、そして素晴らしい審査員のみなさんのご厚意に感謝します。同席できないことが残念ですが、また日本でみなさんと再会して交流し、議論できる日が待ちきれません。

映画情報どっとこむ ralph 美しいパリを舞台に、悲しみから乗り越えようとする青年と少女の心の機微を優しく丁寧に紡いだストーリー、そして全ての人びとの心に寄り添う普遍的なテーマが評価され、見事W受賞へと輝いた。

「アマンダ(原題)」原題:AMANDA

は、来年2019年初夏、シネスイッチ銀座ほか全国公開する。

便利屋業をしているダヴィッドは、パリに出てきたてのレナに出会い、恋に落ちる。しかしその直後、姉の突然の死によって彼の人生は無残に壊れていく。

ダヴィッドはショックと辛さを乗り越え、まだ若い姪っ子アマンダの世話をしながら自分を取り戻していくストーリー。

今年フランスで主演作が3本公開される大注目の若手俳優 ヴァンサン・ラコストを主演に迎え、恋人役には『グッバイ・ゴダール』のステイシー・マーティン、さらにアマンダ役には今作が初の演技経験であるイゾール・ミュルトゥリエが好演している。

映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************

監督・脚本:ミカエル・アース
共同脚本:モード・アメリーヌ
撮影監督:セバスチアン・ブーフマン
音楽:アントン・サンコー

出演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレー、

ジョナタン・コーエン、グレタ・スカッキ 

2018 年/フランス/107 分
配給:ビターズ・エンド


『THE WHITE CROW(原題)』第31回東京国際映画祭コンペティション最優秀芸術貢献賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph ニジンスキーの再来といわれた伝説的なバレエダンサー ルドルフ・ヌレエフの半生を名優レイフ・ファインズ監督・出演で映画化 !!『THE WHITE CROW(原題)

第31回東京国際映画祭コンペティション部門にて出品され、オープニングにはレイフ・ファインズ監督もレッドカーペットを歩きました。そして、本日、本作が同映画祭にて最優秀芸術貢献賞を受賞しました。
映画情報どっとこむ ralph 本作は、ハリー・ポッターシリーズをはじめ『シンドラーのリスト』『グランド・ブタペスト・ホテル』など数々の名作の出演でしられるレイフ・ファインズの、3作目となる監督作。
ジュリー・カバナによる原作をアカデミー賞(R)ノミネート、デヴィッド・ヘアーの脚本をえて、現役のトップダンサーのオレグ・イヴェンコ、セルゲイ・ポルーニンをはじめ、ラファエル・ペルソナ、アデル・エグザルホプロスなど期待のヨーロッパ俳優たちが集結しました。
公開は、2019年全国ロードショーとなります。

物語。。。
キーロフ・バレエのソリストとして世界を魅了していたにも関わらず、その激しい性格と反抗的 な態度から政府に警戒されていたルドルフ・ヌレエフ。
舞台上・日常を問わず情熱的で大胆だった彼の 素顔と、海外公演の途中にパリでドラマチックな亡命を果たすまでの半生を描く。

***********************************

監督:レイフ・ファインズ   
脚本:デヴィッド・ヘアー『めぐりあう時間たち』『愛を読むひと』
製作:ガブリエル・ターナ『あなたを抱きしめる日まで』フランソワ・イベルネル『スラムドッグ$ミリオネア』 『マーガレット・サッチャー鉄の女の涙』『クィーン』アンドリュー・レヴィタス衣装:マデリーン・フォンテーヌ『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』『イヴ・サンローラン』

出演:
オレグ・イヴェンコ/セルゲイ・ポルーニン『ダンサー、 セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』
アデル・エグザルホプロス『アデル、ブルーは熱い色』/ルイス・ホフマン 『ヒトラーの忘れもの』
チュルパン・ハマートヴァ『グッバイ、レーニン! 』/ラファエル・ペルソナ 『黒いスーツを着た男』
レイフ・ファインズ 『シンドラーのリスト』 『イングリッシュ・ペイシェント』

配給:キノフィルムズ
(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS


第31回東京国際映画祭の東京グランプリ他各賞の授賞式が行われました!


映画情報どっとこむ ralph EXシアター六本木にて開催されました第31回東京国際映画祭のアワード・セレモニーにて本年の東京グランプリをはじめ各賞が発表となりました!


日付:11月2日
会場:EXシアター六本木

映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭 受賞作品・受賞者
The 31st Tokyo International Film Festival Award Winners

受賞作品/受賞者 (WINNER) 対象作品 (FILM) 備考 (NOTES)

東京グランプリ/東京都知事賞 Tokyo Grand Prix / The Governor of Tokyo Award 『アマンダ(原題)』 “Amanda” - 賞金 $50,000

審査委員特別賞 Special Jury Prize 『氷の季節』 “Before the Frost” - 賞金 $20,000

最優秀監督賞 Award for Best Director エドアルド・デ・アンジェリス Edoardo De Angelis 『堕ちた希望』 “The Vice of Hope” 賞金 $5,000

最優秀女優賞 Award for Best Actress ピーナ・トゥルコ Pina Turco 『堕ちた希望』 “The Vice of Hope” 賞金 $5,000

最優秀男優賞 Award for Best Actor イェスパー・クリステンセン Jesper Christensen 『氷の季節』 “Before the Frost” 賞金 $5,000

最優秀芸術貢献賞 Award for Best Artistic Contribution 『ホワイト・クロウ(原題)』 “The White Crow” 賞金 $5,000

最優秀脚本賞 Presented by WOWOW Best Screenplay Award by WOWOW 『アマンダ(原題)』 “Amanda” - 賞金 $5,000

観客賞 Audience Award 『半世界』 “Another World” - 賞金 $10,000

アジアの未来 作品賞 Asian Future Best Film Award 『はじめての別れ』 “A First Farewell” - 賞金 $10,000

国際交流基金アジアセンター特別賞 The Spirit of Asia Award by the Japan Foundation Asia Center ホアン・ホアン Huang Huang 『武術の孤児』 “Wushu Orphan” –

日本映画スプラッシュ 作品賞 Japanese Cinema Splash Best Film Award
『鈴木家の嘘』 “Lying to Mom” - 賞金¥1,000,000

日本映画スプラッシュ 監督賞Japanese Cinema SplashBest Director Award
武正晴 Masaharu Take 『銃』 “The Gun”

田中征爾 Seiji Tanaka 『メランコリック』 “Melancholic”

東京ジェムストーン賞 Tokyo Gemstone Award –

Mai Kiryu,木竜麻生、
Lien Binh Phat, リエン・ビン・ファット、
Karelle Tremblay,カレル・トレンブレイ、
Nijiro Murakami, 村上虹郎

映画情報どっとこむ ralph <第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭

主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************



野尻克己監督『鈴木家の嘘』第31回東京国際映画祭スプラッシュ部門作品賞&木竜麻生が東京ジェムストーン賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph 突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』が11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開となります。

そして、東京高裁映画祭では海外への飛躍を強く意識した部門であり、活況を呈する日本のインディペンデント映画から、とりわけ個性が強く独創性とチャレンジ精神に溢れる作品が選出される日本映画スプラッシュ部門に選出されていました。映画祭にて行われたレッドカーペットワールドプレミア舞台挨拶では満員御礼で迎え、上映後に行われたチラシ&サイン会では長蛇の列ができ、鑑賞後のお客さんからは絶賛の声が多く寄せられるなど、盛り上がりを見せた本作。

そんな本作が第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門作品賞を受賞!

そして!ヒロインを務めた木竜麻生は東京ジェムストーン賞を受賞!!
「東京ジェムストーン賞」は、東京国際映画祭のビジョンの一つに掲げた「映画の未来の開拓」に沿って、宝石の原石(ジェムストーン)の様な輝きを放つ若手俳優を東京で見出し、顕彰し、世界に紹介することで、彼らがその輝きを増す一助となることを目的として昨年から設けられた賞。

同映画祭に出品される全作品を対象に、男優・女優問わず日本と世界の若手俳優数名が選出されます。

映画情報どっとこむ ralph 本日行われた授賞式にて野尻監督と木竜麻生が出席し、登壇スピーチで喜びを語りました。

野尻克己監督コメント
生まれてこの方、一度も賞をとったことがなく読書感想文でさえもらったことがないので驚いてます。脚本は4年前に書き始め、こつこつ書いていました。体験を基にしつつ小さい映画にはしたくなかった。魂をゆさぶる映画を撮りたいと思っていた4年前は、このような形で映画になるとは夢にも思っていませんでした。先輩監督が、「監督は、なるものではなく、まわりの人にならせてもらうものだ」と仰っていたが、その通りだと思っています。僕に監督にしてくださったキャスト、スタッフの皆さんの賞だと思っています。審査員の方も僕の作品を認めてくださってありがとうございます。

木竜麻生コメント
このような素晴らしい賞をいただき本当にありがとうございます。東京国際映画祭は今回初めて参加させていただきました。作品に関わった皆さんといただけた賞だと思っています。これからも精進してまいります。

映画情報どっとこむ ralph 映画『鈴木家の嘘』情報


『滝を見にいく』(沖田修一監督)、『恋人たち』(橋口亮輔監督)などを生み出した松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第6弾となる『鈴木家の嘘』。本作は、橋口亮輔監督(『恋人たち』)、石井裕也監督(『舟を編む』)、大森立嗣監督(『日日是好日』)など数多くの作品で助監督を務めてきた野尻克己の監督デビュー作。

<あらすじ>
あまりにも突然に訪れた長男・浩一の死。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。
ひきこもりだった浩一は、扉を開けて家を離れ、世界に飛び出したのだと―。母の笑顔を守るべく奮闘する父と娘の姿をユーモラスに描きつつ、悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に紡ぐ感動作。

11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!

公式サイト:
www.suzukikenouso.com

***********************************

監督・脚本:野尻克己 
出演:岸部一徳 原日出子 木竜麻生 加瀬亮  岸本加世子 大森南朋 

音楽・主題歌:明星/Akeboshi「点と線」(RoofTop Owl) 製作:松竹ブロードキャスティング 制作プロダクション:ハーベストフィルム

配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド ©松竹ブロードキャスティング

2018年/日本/133分/カラー/ビスタ/5.1ch/DCP
©松竹ブロードキャスティング
©TIFF


斎藤工とエリック・クーが登壇!『家族のレシピ』東京国際映画祭舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「美味しい」 その一言が、時と国境を越え、家族をつなぐ—。
シンガポールと日本の外交関係樹立50周年(2016年)をきっかけに製作された、ラーメンとバクテー(肉骨茶)、両国ソウルフードの「美味しい」がつなぐ家族愛を描いた感動作。斎藤 工主演/エリック・クー監督最新作『家族のレシピ』の舞台挨拶記者会見が行われました。

11月1日(木)東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映
舞台挨拶&QA
TOHOシネマズ六本木ヒルズ
記者会見:アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー)
登壇:エリック・クー(監督)、斎藤工(主演)

映画情報どっとこむ ralph エリック・クー監督:
私は日本で映画を撮影することが夢でした。日本の人々、国、食に魅せられてきました。この映画の制作が決まった時、日本とシンガポールの私の愛する「食」をテーマにしようと決めたのです。そのアイデアに、斎藤工さんや松田聖子さんなど、素晴らしい方々が参加してくれました。聖子さんについては、私が10代の頃に大ファンだったのです。この映画のプロデューサーが彼女を知っていると聞いた瞬間、どうやったら聖子さんに会えるかと(笑)脚本をぜひ読んでもらいたい、美樹の役をやってもらえないかと思うようになりました。私にとっての「家族のレシピ」は私の母の作ってくれたチキンカレーです。映画の中での家族の食卓シーンにもチキンカレーが登場します。私の母はもう他界していますが、この味はいつになっても忘れられない、家族の味です。食には癒やしの力があり、人々を繋げる力があると感じています。今日は日本の観客の皆さんと一緒に映画を共有できて、とても嬉しいです。

斎藤工さん:
この作品は、俳優として今まで経験した事のない進行形の自分が映っています。俳優業の真髄、新しい扉を開いた体験でした。そしてエリック・クー監督は、フィルムメーカーとしての僕の未来も導いてくれたのです。『TATSUMI マンガに革命を起こした男』を拝見して、エリック監督の大ファンになりました。この映画のキャストを探していることを聞いて、通行人でもいいから出たいと思い、スカイプオーデションに臨んだのです。撮影中、一番印象に残ったエピソードは、最終日にエリックがチキンスープを作ってきてくれたこと。自分の作品の撮影中で、手が何本あっても足りないくらいなのに、手間のかかる煮込みスープを作ってくれた。それがめちゃめちゃ美味しくて、彼がスープを仕込むために使った見えない時間や気持ちがグッときて、涙が流れました。あのスープの味は忘れられません。
僕自身の「家族のレシピ」。印象深いのは、辛党一家のうちの父が作る麻婆豆腐。山椒が日に日に加算されていって、麻酔銃を口に撃たれた位にしびれたこともありました(笑)山椒と胡椒の上に豆腐がやや載っているくらいの割合ですね。そんな危機的な家族のレシピがありました。
この映画はフランス・パリのオペラ座の近くの映画館で上映しているのですが、そこは僕が20年前にバックパッカーでパリに住んでいた頃、なけなしのお金でチケットを買って通っていた劇場だったんです。そこで自分の主演作が上映しているという事、想像すらできなかった未来を、エリックに出会うことで味わう事が出来ました。昨日福山雅治さんから写メが届いて、劇場の外からの写真を撮って「すごい、上映してる!」って送ってきてくれました。こんな奇跡のような出来事も、全部エリックのおかげだと思っています。食の力は言語を超えるものです。美味しいものを自分だけで留めるのでなく、人と共有する。食は国境や文化を超える、最大の言語だと思います。

映画情報どっとこむ ralph 映画「家族のレシピ」
「美味しい」 その一言が、時と国境を越え、家族をつなぐ—。
シンガポールと日本の外交関係樹立50周年(2016年)をきっかけに製作された、ラーメンとバクテー(肉骨茶)、両国ソウルフードの「美味しい」がつなぐ家族愛を描いた感動作。斎藤工演じる主人公が、父親の死をきっかけに幼い時に亡くした母の地元・シンガポールに旅立ち、一度はバラバラになってしまった家族の絆を取り戻すために奔走する。共演の松田聖子は、シンガポールのフードブロガー役で主人公に現地の名物グルメを案内し、家族探しを手助けする。その他に、伊原剛志、別所哲也ら日本人キャストに加え、シンガポールからは、人気コメディアンのマーク・リーや国民的女優のジネット・アウらが出演。

監督は、カンヌ・ヴェネチア、トロント、ベルリンなどの国際映画祭で常に高い評価を得るシンガポールを代表する映画監督で、2011年にはマンガ家・辰巳ヨシヒロの漫画を原作に初の長編アニメーション『TATSUMI マンガに革命を起こした男』で日本でも広く知られるエリック・クー。 また本作には、美食の国・シンガポールの名物グルメの数々と、今や日本を飛び出し世界的なブームを巻き起こしているラーメンが劇中に続々と登場し、映画ファンはもちろん世界の美食家たちから熱視線を受けている。過去に、映画『二郎は鮨の夢を見る』『エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』なども上映され話題となったベルリン国際映画祭(2月開催)やサン・セバスチャン国際映画祭(9月開催)の食をテーマに秀逸な作品を選出する「Culinary Cinema(キュリナリー・シネマ)」部門にてワールドプレミアを行い、エリック・クー監督や斎藤工、松田聖子も出席した食事会付き上映は評判を呼び、チケットは即日完売するほどの盛況ぶりをみせた。

2019年3月9日(土)より シネマート新宿 ほか全国順次ロードショー

映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************


出演:斎藤工、マーク・リー、ジネット・アウ、伊原剛志、別所哲也、ビートリス・チャン、松田聖子
監督:エリック・クー 
料理監修:竹田敬介 
スチール:レスリー・キ
(C)Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale