「TIFF」タグアーカイブ

第32回東京国際映画祭オープニング作品に『男はつらいよ』50周年記念作が決定!


映画情報どっとこむ ralph 10月28日(月)~11月5日(火)に開催する第32回東京国際映画祭。

本年度のオープニング作品が決定しました。

オープニング作品は、12月27日に公開となる『男はつらいよ お帰り 寅さん』。

男はつらいよ お帰り-寅さん 第一作目の公開から今年で50年を迎え、シリーズで50作目となる、『男はつらいよ』の奇跡の最新作が東京国際映画祭の開幕を飾ることが決定致しました。「一人の俳優が演じた最も長い映画シリーズ」としてギネス世界記録を今も保持している、まさに日本が世界に誇る映画シリーズ。1997年の『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』以来、本作が実に22年ぶりの新作となり、寅さんの甥の満男(吉岡秀隆)と、満男の初恋の相手イズミ(後藤久美子)のその後の物語を軸に、さくら(倍賞千恵子)や博(前田吟)、そして「くるまや」を囲むいつもの面々のいまが描かれます。世界中が待ち望んだ、あの寅さんが奇跡の帰郷を果たします。日本での公開に先駆けて、東京国際映画祭で世界に向けて「ただいま」とお披露目致します。

東京国際映画祭フェスティバル・ディレクター久松猛朗:
この映画のエンドロールを観ながら自然と涙がこぼれました。毎年お盆とお正月にこのシリーズの最新作をどれほどワクワクしながら待ちわびたことでしょう。正に国民的映画シリーズであったと思います。そして、振り返ってみると、日本の女優史でもあったことに気づきました。そのシリーズが山田洋次監督の魔術で新作として蘇りました。この映画を第32回東京国際映画祭のオープニング作品として世界にお披露目できることを心より嬉しく思います。

山田洋次監督:
寅さんシリーズの第50作となる『男はつらいよ お帰り 寅さん』が東京国際映画祭オープニング作品に選ばれたことを嬉しく思います。先行き不透明で重く停滞した気分のこの時代に、寅さんの台詞にあるように「生まれて来てよかったと思うことがそのうちあるさ」と、50年をかけて製作したこの映画が日本のみならず世界中で、一人でも多くの観客の〝心の希望″となることを切に願います。

映画情報どっとこむ ralph 『男はつらいよ お帰り 寅さん』

お帰り、寅さん―

寅さんの甥・満男と、満男がかつて想いを寄せたイズミのその後の物語。
20数年ぶりに再会を果たす二人、そして、くるまやの人々。
懐かしい人たちとの再会、そんな折に何かつけて思い出されるのは寅さんだった…。

12月27日(金)全国公開

男はつらいよ お帰り-寅さん 出演:渥美清 / 倍賞千恵子 吉岡秀隆 後藤久美子 前田吟 池脇千鶴 夏木マリ 浅丘ルリ子

美保純 佐藤蛾次郎 桜田ひより 北山雅康 カンニング竹山 濱田マリ 出川哲朗 松野太紀

林家たま平 立川志らく 小林稔侍 笹野高史 橋爪功

原作・監督:山田洋次
脚本:山田洋次 朝原雄三
音楽:山本直純 山本純ノ介
主題歌:「男はつらいよ」渥美清 / オープニング 桑田佳祐
制作・配給:松竹株式会社
©2019松竹株式会社

映画情報どっとこむ ralph <第32回東京国際映画祭 開催概要>
開催期間:2019年10月28日(月)~11月5日(火)
会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) 、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************



特別講師に杉田協士監督「TIFFティーンズ映画教室2019」 参加者募集 第32回東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 2019年10月28日(月)~11月5日(火)に開催する、第32回東京国際映画祭は「映画の未来の開拓」を重要なコンセプトの一つとして掲げています。映画を「見る人、作る人を育てる」ことを目的としたユース部門の特別企画として、全国各地でこどもたちを対象に映画鑑賞・制作ワークショップを開催してきた「(一社)こども映画教室」と共に、3年目となる、中学生向けの映画制作ワークショップ「TIFFティーンズ映画教室2019」を夏休み期間中に実施することが決定しました。

特別講師として第30回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門において『ひかりの歌』がワールド・プレミアとして上映された杉田協士監督を迎え、東京国際映画祭のメイン会場である六本木ヒルズをロケ地として、プロの映画監督やスタッフとともに本格的な映画づくりに挑戦し、完成した作品は今年度の東京国際映画祭にてワールド・プレミア上映いたします!

映画情報どっとこむ ralph 開催日時(予定):活動時間については進捗によって予定が変更されることがございますのでご了承下さい

8/15(木)、16(金) 10 時集合 ワークショップ 11 時~18 時
8/19(月)、20 日(火)、21(水) 10 時集合 ワークショップ 11 時~18 時
8/23(金) 10 時集合 ワークショップ 11 時~18 時
8/24(土) 9 時半集合 ワークショップ 10 時~18 時
8/25(日) 9 時半集合 ワークショップ+上映会 10 時~19 時
会期中(10/28-11/5) ワールド・プレミア上映(日時は後日発表)※(1)(2)

※(1)完成作品と 8 日間のメイキング映像作品を上映(有料)(2)映画教室に参加する中学生はゲストとして参加できます。

場 所:六本木ヒルズとその周辺、景丘の家(渋谷区恵比寿)
対 象:中学1年生~3 年生 / 定員:24 名
参加費:無料 / メイキング映像を含む DVD&文集:5,000 円(税込)
申込み:2019 年 6 月 7 日(金)~6月 28 日(金)まで、映画祭公式サイト(www.tiff-jp.net)より
お申込みください。
※応募者多数の場合は抽選となります。
※申込みは全日程参加可能な方を優先いたします。
主 催:公益財団法人ユニジャパン(第 32 回東京国際映画祭実行委員会)
企画運営: 一般社団法人こども映画教室
お問い合わせ:「TIFF ティーンズ映画教室 2019」事務局 : teens_meet_cinema@tiff-jp.net


◆特別講師プロフィール◆
杉田協士(すぎた・きょうし)監督 
杉田協士監督 1977年、東京生まれ。映画監督。長編第1作『ひとつの歌』が第24回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門に、第2作『ひかりの歌』が第30回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門に正式出品。
それぞれ2012年、2019年に劇場公開。2002年より映画ワークショップ講師を各地で務める。対象は幼児から年配の人まで様々。小学校、中学校、高校、大学、特別支援学校、児童養護施設などでも数多く行う。こども映画教室では2010年の金沢で諏訪敦彦監督の回にチームリーダーとして初参加している。

映画情報どっとこむ ralph <第32回東京国際映画祭 開催概要>

開催期間: 2019年10月28日(月)~11月5日(火)
会場: 六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト:
http://www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************



特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」来日ゲスト決定


映画情報どっとこむ ralph このたび、国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)共催で、2019年7月3日(水)から10日(水)まで、躍進が目覚ましい東南アジアの巨匠にスポットライトを当てる特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」を実施いたします。

東京国際映画祭(TIFF)は国際交流基金アジアセンターと共にさまざまな切り口で東南アジア映画を紹介し、映画を軸とした相互交流を深めてきました。今回は、その集大成として、東南アジアの地域を越えて世界に挑戦し映画ファンを魅了し続ける巨匠たちの原点から最新作、注目の若手監督の意欲作を一挙上映します。

■上映作品について
今回の全10プログラムのうち、ジャパンプレミアとなるのは、ガリン・ヌグロホ(インドネシア)の『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』。現代インドネシア映画のパイオニアであり、多数の映画賞に輝いている映画監督です。中部ジャワに根付く男性の女形舞踊芸能を題材とする本作は、ヴェネチア映画祭に出品される一方、インドネシア国内の一部地域では、性的マイノリティに関する表現をめぐり上映禁止となり波紋を呼びました。このほか、フィリピン映画に新風を巻き起こすブリランテ・メンドーサ、日本でも熱狂的な人気を集めるアピチャッポン・ウィーラセタクン(タイ)、斎藤工主演作『家族のレシピ』が話題を呼んだエリック・クー(シンガポール)、そして自国の真実を探求し続けるリティ・パン(カンボジア)による傑作を上映。カミラ・アンディニ(インドネシア)、ナワポン・タムロンラタナリット(タイ)、エドウィン(インドネシア)ら「次世代の巨匠」の意欲作もご覧いただけます。

映画情報どっとこむ ralph 上映にあわせて、豪華顔ぶれが来日し、シンポジウムや連日トークも行います。

下記、本イベントの概要となります。
(※上映期間は7月4日~10日、プレイベントとして7月3日にシンポジウムを実施いたします)

【シンポジウム日程・会場】 
7月3日(水)16:00~19:45 (二部構成)
会場:東京芸術劇場 ギャラリー1(※入場無料、要事前申込)

☆第一部 「映画分野における次世代グローバル人材育成について」
スピーカー:市山尚三(映画プロデューサー)、藤岡朝子(山形国際ドキュメンタリー映画祭理事)、
安岡卓治(映画プロデューサー、日本映画大学教授) 
☆第二部 「映画制作におけるコラボレーションの未来図」
スピーカー:エリック・クー、ガリン・ヌグロホ、ブリランテ・メンドーサほか


【特集上映日程・会場】
7月4日(木)~7月10日(水)
会場:有楽町スバル座
※上映時間などの詳細は公式サイトをご覧ください

【上映チケット】
6月8日(土)よりローソンチケットにて発売。
前売り券、当日券ともに、全席自動指定。

***********************************



チャン・ツィイーが 第32回東京国際映画祭 コンペティション部門 審査委員長に決定!


映画情報どっとこむ ralph 10月28日(月)~11月5日(火)開催の第32回東京国際映画祭では、映画祭の顔となるコンペティション部門の審査委員長が、世界的に活躍する中国の女優、チャン・ツィイーが務めることが決定しました!


チャン・ツィイーコメント
初めて東京に来たのは、長編映画のデビュー作とともに、中国から旅に出た若い俳優の時でした。『初恋のきた道』への歓迎の温かさにとても感動し、日本が映画制作に込める愛情と情熱を直に目の当たりにしたことを覚えています。私の長編映画デビュー作が、日本、そして世界中の映画ファンに好評を得たという経験は、この(映画という)視覚的な方法が物語を語る力、普遍的に感じられる悲しみと喜びを表現する力というものを教えてくれました。若い俳優にとって、これは素晴らしい体験でした。今回東京国際映画祭にご招待いただき、日本の映画ファンと一緒に過ごすことができることは大きな喜びであり、また審査委員長として、名だたる映画人とともに素晴らしい作品を見つけ、称えることができるという格別な経験ができることを光栄に思います。                             

久松猛朗フェスティバル・ディレクターコメント
この度、第32回東京国際映画祭の審査委員長に女優のチャン・ツィイーさんをお迎え出来ることを心より嬉しく思います。彼女は、言うまでもなく、中国のみならず世界で活躍する女優の一人ですが、長編映画デビュー作『初恋のきた道』で彼女を見た時の衝撃は未だに忘れられません。また彼女は鈴木清順監督の『オペレッタ狸御殿』にも主演され、日本人が非常に親しみを感じる女優でもあります。今回、東京国際映画祭で彼女と一緒にお仕事を出来ることは本当に楽しみですし、それが双方にとって実りあるものになることを心より願っています。

All photo by Kazuko WAKAYAMA

映画情報どっとこむ ralph <第32回東京国際映画祭 開催概要>

開催期間: 2019年10月28日(月)~11月5日(火)
会場: 六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト:
http://www.tiff-jp.net

***********************************



第32回東京国際映画祭コンペティション部門 作品エントリー開始!


映画情報どっとこむ ralph 第32回東京国際映画祭コンペティション部門 作品エントリー開始!

10月28日(月)~11月5日(火)に開催する、第32回東京国際映画祭の作品募集を本日より開始いたしました。

東京国際映画祭では現在世界の第一線で活躍する多くの監督たちが新人時代に参加する一方、数々の実績のある実力派監督の新作などもプレミア上映してまいりました。本年も国内外問わずさらに幅広い多くの作品を募集いたします。

応募対象となるのは、東京国際映画祭のメイン部門で最高賞の「東京グランプリ」を目指し世界中の作品と競う 「コンペティション」部門、長編映画3本目までのアジア新鋭監督の作品をいち早く上映するヤングコンペティション「アジアの未来」部門、海外への飛躍を強く意識した日本映画を紹介する「日本映画スプラッシュ」部門など。

第31回受賞者 ©2018 TIFF

映画情報どっとこむ ralph ●日本映画をエントリーの方(コンペティション、アジアの未来、日本映画スプラッシュ):
日本映画のご応募についてをお読みの上、エントリーボタンからフォームにご入力・ご応募下さい。

応募詳細は、東京国際映画祭公式サイト作品応募ページにてご確認ください。

コンペティション2019規約

序文
本規約は、国際映画製作者連盟(FIAPF)が定める国際映画祭規約に準ずるものとする。

第1条<出品資格>

「コンペティション」部門への出品作品は、以下の条件を満たすこと。

(1)2019年1月1日以降に完成した作品であること。
(2)FIAPFの認可を受けた「長編コンペティション映画祭(*1)」における、メイン・コンペティション部門に
出品されていないことを原則とする。
(3)アジア・プレミアであること。尚、ワールド・プレミア、インターナショナル・プレミア作品は優先される。
日本映画はワールド・プレミアであること。
*インターネット(IPTV含む)、機内、DVD、VOD等、既に商業的にリリースされているものも対象外とする。
(4)上映時間が、60分以上の長編(アニメーション含む)であること。
(5)ドキュメンタリーは対象外とする。
(6)原則として、公式上映時にデジタル上映素材(英語字幕入り)を提供可能な作品であること。

条件の適用については、東京国際映画祭(TIFF)が最終的に決定を行なう。

(*1) 該当する映画祭名は、FIAPFの公式ウェブサイトを参照のこと:
   http://www.fiapf.org/intfilmfestivals_sites.asp

第2条<賞>

TIFFはコンペティション国際審査委員の決定に基づき、以下の賞を授与する。国際審査委員は各賞を必ず決定しなければいけない。

-東京グランプリ 
-審査員特別賞 
-最優秀監督賞 
-最優秀女優賞 
-最優秀男優賞 
-最優秀芸術貢献賞 

賞金の詳細は6月に当ページで掲載予定です。


第3条<応募方法>

(1)エントリー
東京国際映画祭公式サイトより申し込みのこと(http://www.tiff-jp.net)。
第1条の出品資格を満たす者は、WEB上のエントリーフォームを記入の上、DVD及びオンラインスクリーナーを提出すること。
*DVDとオンラインスクリーナー、いずれか一方の提出でも審査に影響はありません。

(2)エントリー料、エントリー期限

早期エントリー: 4月19日(金)から 5月31日(金)まで 無料
一般エントリー: 6月1日(土)から 7月12日(金)まで 3,000円
※お支払はクレジットカードのみで承ります。
※お支払い頂いた応募料は、理由の如何に関わらず返金できませんのでご了承ください。

(3)提出方法
・オンラインスクリーナーはエントリーフォームの該当箇所にリンクを記載すること。
・DVDは、下記宛に送付すること。
〒104-0045
東京都中央区築地4-1-1東劇ビル15F
東京国際映画祭事務局
コンペティション部門

応募素材は全て、運搬料、保険料を出品者負担で、2019年7月12日(金)までに上記宛に必着のこと。
なお、応募素材の返却は行わない。

(4)結果通知
応募の結果は、2019年9月中旬までに応募者全員にEmailにて通知する。

(5)了解事項
出品者は、全ての規約およびエントリーフォームを完全に理解し了承したとみなされる。当規約およびエントリーフォームに規定されていない事項および疑問については、国際映画製作者連盟の規約に基づいてTIFF組織委員会が裁定する。


第4条<公式出品作品>

(1)素材
選出された場合、以下の素材を提出すること。

(a)エントリーシート
(b)原語台本、英語字幕台本*日本語のみの作品の場合は不要
(c)作品のメインカット他、スチール数点、監督写真
(d)英語字幕入り本編DVD2枚
(e)予告編・抜きのDVD、動画データ
(f)日本語及び英語による作品資料
(g)ポスター5枚(B1)、及びポスターデータ(高解像度)

(2)上映用素材、及び字幕
選出された出品者は、英語字幕付原語版のDCP(KDMフリー)を『東京国際映画祭上映用素材』と明記の上、事務局指定の住所に、10月初旬までに送付すること。全てのコンペティション参加作品は、オリジナル原語版で且つ英語字幕および日本語字幕付の素材で公式上映される。但し、原語が英語の場合は日本語字幕のみ、日本語の場合は英語字幕のみの字幕上映となる。

第5条<上映決定時合意事項>
出品者は、以下を了承したとみなされる。
(1)上映通知の発行後、上映の取り消しは認められない。
(2)出品合意後に新たに登場した第三者(例:日本の配給会社)が、映画祭への出品の合意を
覆すことのないように配慮する。


問い合わせ先:東京国際映画祭事務局コンペティション部門
E-mail:competition2019@tiff-jp.net
URL:http://www.tiff-jp.net

***********************************