「TIFF」タグアーカイブ

チャン・ツィイーが 第32回東京国際映画祭 コンペティション部門 審査委員長に決定!


映画情報どっとこむ ralph 10月28日(月)~11月5日(火)開催の第32回東京国際映画祭では、映画祭の顔となるコンペティション部門の審査委員長が、世界的に活躍する中国の女優、チャン・ツィイーが務めることが決定しました!


チャン・ツィイーコメント
初めて東京に来たのは、長編映画のデビュー作とともに、中国から旅に出た若い俳優の時でした。『初恋のきた道』への歓迎の温かさにとても感動し、日本が映画制作に込める愛情と情熱を直に目の当たりにしたことを覚えています。私の長編映画デビュー作が、日本、そして世界中の映画ファンに好評を得たという経験は、この(映画という)視覚的な方法が物語を語る力、普遍的に感じられる悲しみと喜びを表現する力というものを教えてくれました。若い俳優にとって、これは素晴らしい体験でした。今回東京国際映画祭にご招待いただき、日本の映画ファンと一緒に過ごすことができることは大きな喜びであり、また審査委員長として、名だたる映画人とともに素晴らしい作品を見つけ、称えることができるという格別な経験ができることを光栄に思います。                             

久松猛朗フェスティバル・ディレクターコメント
この度、第32回東京国際映画祭の審査委員長に女優のチャン・ツィイーさんをお迎え出来ることを心より嬉しく思います。彼女は、言うまでもなく、中国のみならず世界で活躍する女優の一人ですが、長編映画デビュー作『初恋のきた道』で彼女を見た時の衝撃は未だに忘れられません。また彼女は鈴木清順監督の『オペレッタ狸御殿』にも主演され、日本人が非常に親しみを感じる女優でもあります。今回、東京国際映画祭で彼女と一緒にお仕事を出来ることは本当に楽しみですし、それが双方にとって実りあるものになることを心より願っています。

All photo by Kazuko WAKAYAMA

映画情報どっとこむ ralph <第32回東京国際映画祭 開催概要>

開催期間: 2019年10月28日(月)~11月5日(火)
会場: 六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト:
http://www.tiff-jp.net

***********************************



第32回東京国際映画祭コンペティション部門 作品エントリー開始!


映画情報どっとこむ ralph 第32回東京国際映画祭コンペティション部門 作品エントリー開始!

10月28日(月)~11月5日(火)に開催する、第32回東京国際映画祭の作品募集を本日より開始いたしました。

東京国際映画祭では現在世界の第一線で活躍する多くの監督たちが新人時代に参加する一方、数々の実績のある実力派監督の新作などもプレミア上映してまいりました。本年も国内外問わずさらに幅広い多くの作品を募集いたします。

応募対象となるのは、東京国際映画祭のメイン部門で最高賞の「東京グランプリ」を目指し世界中の作品と競う 「コンペティション」部門、長編映画3本目までのアジア新鋭監督の作品をいち早く上映するヤングコンペティション「アジアの未来」部門、海外への飛躍を強く意識した日本映画を紹介する「日本映画スプラッシュ」部門など。

第31回受賞者 ©2018 TIFF

映画情報どっとこむ ralph ●日本映画をエントリーの方(コンペティション、アジアの未来、日本映画スプラッシュ):
日本映画のご応募についてをお読みの上、エントリーボタンからフォームにご入力・ご応募下さい。

応募詳細は、東京国際映画祭公式サイト作品応募ページにてご確認ください。

コンペティション2019規約

序文
本規約は、国際映画製作者連盟(FIAPF)が定める国際映画祭規約に準ずるものとする。

第1条<出品資格>

「コンペティション」部門への出品作品は、以下の条件を満たすこと。

(1)2019年1月1日以降に完成した作品であること。
(2)FIAPFの認可を受けた「長編コンペティション映画祭(*1)」における、メイン・コンペティション部門に
出品されていないことを原則とする。
(3)アジア・プレミアであること。尚、ワールド・プレミア、インターナショナル・プレミア作品は優先される。
日本映画はワールド・プレミアであること。
*インターネット(IPTV含む)、機内、DVD、VOD等、既に商業的にリリースされているものも対象外とする。
(4)上映時間が、60分以上の長編(アニメーション含む)であること。
(5)ドキュメンタリーは対象外とする。
(6)原則として、公式上映時にデジタル上映素材(英語字幕入り)を提供可能な作品であること。

条件の適用については、東京国際映画祭(TIFF)が最終的に決定を行なう。

(*1) 該当する映画祭名は、FIAPFの公式ウェブサイトを参照のこと:
   http://www.fiapf.org/intfilmfestivals_sites.asp

第2条<賞>

TIFFはコンペティション国際審査委員の決定に基づき、以下の賞を授与する。国際審査委員は各賞を必ず決定しなければいけない。

-東京グランプリ 
-審査員特別賞 
-最優秀監督賞 
-最優秀女優賞 
-最優秀男優賞 
-最優秀芸術貢献賞 

賞金の詳細は6月に当ページで掲載予定です。


第3条<応募方法>

(1)エントリー
東京国際映画祭公式サイトより申し込みのこと(http://www.tiff-jp.net)。
第1条の出品資格を満たす者は、WEB上のエントリーフォームを記入の上、DVD及びオンラインスクリーナーを提出すること。
*DVDとオンラインスクリーナー、いずれか一方の提出でも審査に影響はありません。

(2)エントリー料、エントリー期限

早期エントリー: 4月19日(金)から 5月31日(金)まで 無料
一般エントリー: 6月1日(土)から 7月12日(金)まで 3,000円
※お支払はクレジットカードのみで承ります。
※お支払い頂いた応募料は、理由の如何に関わらず返金できませんのでご了承ください。

(3)提出方法
・オンラインスクリーナーはエントリーフォームの該当箇所にリンクを記載すること。
・DVDは、下記宛に送付すること。
〒104-0045
東京都中央区築地4-1-1東劇ビル15F
東京国際映画祭事務局
コンペティション部門

応募素材は全て、運搬料、保険料を出品者負担で、2019年7月12日(金)までに上記宛に必着のこと。
なお、応募素材の返却は行わない。

(4)結果通知
応募の結果は、2019年9月中旬までに応募者全員にEmailにて通知する。

(5)了解事項
出品者は、全ての規約およびエントリーフォームを完全に理解し了承したとみなされる。当規約およびエントリーフォームに規定されていない事項および疑問については、国際映画製作者連盟の規約に基づいてTIFF組織委員会が裁定する。


第4条<公式出品作品>

(1)素材
選出された場合、以下の素材を提出すること。

(a)エントリーシート
(b)原語台本、英語字幕台本*日本語のみの作品の場合は不要
(c)作品のメインカット他、スチール数点、監督写真
(d)英語字幕入り本編DVD2枚
(e)予告編・抜きのDVD、動画データ
(f)日本語及び英語による作品資料
(g)ポスター5枚(B1)、及びポスターデータ(高解像度)

(2)上映用素材、及び字幕
選出された出品者は、英語字幕付原語版のDCP(KDMフリー)を『東京国際映画祭上映用素材』と明記の上、事務局指定の住所に、10月初旬までに送付すること。全てのコンペティション参加作品は、オリジナル原語版で且つ英語字幕および日本語字幕付の素材で公式上映される。但し、原語が英語の場合は日本語字幕のみ、日本語の場合は英語字幕のみの字幕上映となる。

第5条<上映決定時合意事項>
出品者は、以下を了承したとみなされる。
(1)上映通知の発行後、上映の取り消しは認められない。
(2)出品合意後に新たに登場した第三者(例:日本の配給会社)が、映画祭への出品の合意を
覆すことのないように配慮する。


問い合わせ先:東京国際映画祭事務局コンペティション部門
E-mail:competition2019@tiff-jp.net
URL:http://www.tiff-jp.net

***********************************



ガリン・ヌグロホ×森永泰弘×コムアイ『サタンジャワ』 サイレント映画+立体音響コンサート決定!


映画情報どっとこむ ralph 国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン共催、響きあうアジア2019「『サタンジャワ』立体音響コンサート上映」につきまして、詳細が発表となりましたのでご案内申しあげます。
photo by Erik Wirasakti

本公演は、映画と音と声が1つになり、7月2日その場で完成します。サイレント映画の音楽という演出が、ライブであるというだけでなく、その音楽が立体音響となり、サイレント映画のストーリーとなり台詞となっていき、映像と音響と声に包まれた空間に五感をゆだね鑑賞いただくことになります。シンプルなモノクロのサイレントの映像は、立体的にデザインされた音響で、神秘的な彩りを持ち語り出します。
インドネシア映画界を牽引するガリン・ヌグロホと様々なアーティストと音の世界をデザインしてきている森永泰弘と水曜日のカンパネラとして個性的な音楽活動を行っているコムアイが、映画と音響と声で、未体験のアート空間を創りあげてくれることと思います。

映画情報どっとこむ ralph 【監督】ガリン・ヌグロホ Garin Nugrohoプロファイル

1961 年、インドネシア、ジョグジャカルタ生まれ。90 年代インドネシア映画新世代のパイオニアとして その名が知られる。監督作はカンヌ、ヴェネチア、ベルリンをはじめとする数多くの映画祭で上映され、多数の映画賞に輝いた。映画評論家、ドキュメンタリー監督として映画界に入りインドネシアの社会問題、文化、政治をテーマに選んできた。映画以外にも演劇や術インスタレーションも手がけるほか、2005 年にはジョグジャ NETPAC アジアン映画祭を創設した。最新作『Memories of My Body』 は 2018 年ヴェネチア映画祭でプレミア上映された。

映画情報どっとこむ ralph 『サタンジャワ』 サイレント映画+立体音響コンサート公演概要

日時 2019年7月2日(火)
14:00 開演/19:00開演
(2回公演、各回30分前開場)
※ポストパフォーマンストーク有

音楽・音響デザイン:森永泰弘
舞台出演:コムアイ(水曜日のカンパネラ)、日本・インドネシア特別編成音楽アンサンブルほか
会場:有楽町朝日ホール

チケット発売日 4月13日(土)10:00 発売

料 金 前売一般:3,000円 当日一般:3,500円 25歳以下:2,000円(当日要証明書)(税込)
上映作品:『サタンジャワ』
映画監督:ガリン・ヌグロホ
SETAN JAWA/2016年/70分/モノクロ/サイレント

e-asia2019-setan-jawa

***********************************



「アマンダ(原題)」第31回東京国際映画祭コンペ最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞W受賞!


映画情報どっとこむ ralph この度、第31回東京国際映画祭のコンペティション部門出品作品「アマンダ(原題)」が、最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞のW受賞という快挙を成し遂げました!!


審査委員長 ブリランテ・メンドーサ監督 コメント
本作は、一見シンプルに見えるものの決して単純な作品ではなく、私たちの心をとても強く惹きつけ、複雑な人間の感情を映画として体験させてくれる素晴らしい作品だ。

ミカエル・アース監督 動画コメント
受賞に慣れていないのに二つも受賞し、しかもひとつはグランプリと、大変幸せで誇りに思います。一緒に映画祭に参加したプロデューサーのピエール・ギュイヤールとこの賞を受賞した喜びを分かち合います。そしてヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレーらの俳優たちとも。観客のみなさんとは、作品上映後に素晴らしい議論が交わせました。地球の反対側くらい離れていても映画が人々を感動させる、これ以上大きなご褒美はありません。みなさんの情熱と寛大さに感謝します。改めてメンドーサ監督、そして素晴らしい審査員のみなさんのご厚意に感謝します。同席できないことが残念ですが、また日本でみなさんと再会して交流し、議論できる日が待ちきれません。

映画情報どっとこむ ralph 美しいパリを舞台に、悲しみから乗り越えようとする青年と少女の心の機微を優しく丁寧に紡いだストーリー、そして全ての人びとの心に寄り添う普遍的なテーマが評価され、見事W受賞へと輝いた。

「アマンダ(原題)」原題:AMANDA

は、来年2019年初夏、シネスイッチ銀座ほか全国公開する。

便利屋業をしているダヴィッドは、パリに出てきたてのレナに出会い、恋に落ちる。しかしその直後、姉の突然の死によって彼の人生は無残に壊れていく。

ダヴィッドはショックと辛さを乗り越え、まだ若い姪っ子アマンダの世話をしながら自分を取り戻していくストーリー。

今年フランスで主演作が3本公開される大注目の若手俳優 ヴァンサン・ラコストを主演に迎え、恋人役には『グッバイ・ゴダール』のステイシー・マーティン、さらにアマンダ役には今作が初の演技経験であるイゾール・ミュルトゥリエが好演している。

映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************

監督・脚本:ミカエル・アース
共同脚本:モード・アメリーヌ
撮影監督:セバスチアン・ブーフマン
音楽:アントン・サンコー

出演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレー、

ジョナタン・コーエン、グレタ・スカッキ 

2018 年/フランス/107 分
配給:ビターズ・エンド


『THE WHITE CROW(原題)』第31回東京国際映画祭コンペティション最優秀芸術貢献賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph ニジンスキーの再来といわれた伝説的なバレエダンサー ルドルフ・ヌレエフの半生を名優レイフ・ファインズ監督・出演で映画化 !!『THE WHITE CROW(原題)

第31回東京国際映画祭コンペティション部門にて出品され、オープニングにはレイフ・ファインズ監督もレッドカーペットを歩きました。そして、本日、本作が同映画祭にて最優秀芸術貢献賞を受賞しました。
映画情報どっとこむ ralph 本作は、ハリー・ポッターシリーズをはじめ『シンドラーのリスト』『グランド・ブタペスト・ホテル』など数々の名作の出演でしられるレイフ・ファインズの、3作目となる監督作。
ジュリー・カバナによる原作をアカデミー賞(R)ノミネート、デヴィッド・ヘアーの脚本をえて、現役のトップダンサーのオレグ・イヴェンコ、セルゲイ・ポルーニンをはじめ、ラファエル・ペルソナ、アデル・エグザルホプロスなど期待のヨーロッパ俳優たちが集結しました。
公開は、2019年全国ロードショーとなります。

物語。。。
キーロフ・バレエのソリストとして世界を魅了していたにも関わらず、その激しい性格と反抗的 な態度から政府に警戒されていたルドルフ・ヌレエフ。
舞台上・日常を問わず情熱的で大胆だった彼の 素顔と、海外公演の途中にパリでドラマチックな亡命を果たすまでの半生を描く。

***********************************

監督:レイフ・ファインズ   
脚本:デヴィッド・ヘアー『めぐりあう時間たち』『愛を読むひと』
製作:ガブリエル・ターナ『あなたを抱きしめる日まで』フランソワ・イベルネル『スラムドッグ$ミリオネア』 『マーガレット・サッチャー鉄の女の涙』『クィーン』アンドリュー・レヴィタス衣装:マデリーン・フォンテーヌ『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』『イヴ・サンローラン』

出演:
オレグ・イヴェンコ/セルゲイ・ポルーニン『ダンサー、 セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』
アデル・エグザルホプロス『アデル、ブルーは熱い色』/ルイス・ホフマン 『ヒトラーの忘れもの』
チュルパン・ハマートヴァ『グッバイ、レーニン! 』/ラファエル・ペルソナ 『黒いスーツを着た男』
レイフ・ファインズ 『シンドラーのリスト』 『イングリッシュ・ペイシェント』

配給:キノフィルムズ
(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS