「TANIZAKI TRIBUTE」タグアーカイブ

吉村界人、大野いと、前田公輝、遠藤新菜 登壇!谷崎潤一郎『悪魔』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 世界的大文豪・谷崎潤一郎が産み出した“歪んだ純愛”が、現代に甦る!

マゾヒズム、フェティシズム、甘美な毒に酔う人間の性を、新感覚で描くフェティッシュな作品!

谷崎潤一郎は日本だけでなく、世界でも高い人気を誇る、言わずとしれた近代日本文学の大文豪。代表作「痴人の愛」、「細雪」、「春琴抄」など数多くの作品が映画化され、愛されてきました。谷崎文学の神髄は、人間の業ともいえるマゾヒズム、フェティシズム、甘美な毒に酔う人間の性。そのエッセンスを濃縮した膨大な数の短編作品の中から、年齢もキャリアも異なる3人の映画監督が、自分たちの描きたい作品を選び、それらの作品を原案に、3本の現代劇として甦らせました。

1月27日公開の『神と人との間』、2月10日公開の『富美子の足』につづく、第三弾となる藤井道人監督『悪魔』が2月24日、初日を迎え、主要キャストの吉村界人、大野いと、前田公輝、遠藤新菜、藤井道人監督が登壇する初日舞台挨拶をテアトル新宿で開催しました。

谷崎潤一郎原案 / TANIZAKI TRIBUTE
日時: 2月24日(土曜)
場所: テアトル新宿
登壇: 吉村界人、大野いと、前田公輝、遠藤新菜、藤井道人監督

映画情報どっとこむ ralph 『悪魔』は、いつも死の恐怖に怯え、強迫観念に襲われ続ける大学生の佐伯(吉村界人)が、魔性の色気と魅力を持つ下宿先の娘・照子(大野いと)に出会い、心を惑わされ、さらに照子を偏愛する同居人の鈴木(前田公輝)を巻き込んだ極上のサスペンス的新感覚ムービーです。

この日、新作の撮影で福岡にいた吉村さんは、この舞台挨拶のために飛行機で緊急帰京。

吉村さん:(谷崎潤一郎作品は)学生時代から読んでいました。でも『悪魔』は読んでいなかったんです。(いち読者から、佐伯を演じることになって)俳優っていいことがあるな、と。良い職業に就いたなと思いました。(一見難しそうな役作りも、主人公である)佐伯が、昔から今も絶え間なく僕の心の中にいました。僕が佐伯に近づくというよりは、佐伯が僕の中にいたので、(演じていて自分と佐伯の)切り替えが難しいということは無かったです。

と、数多くの谷崎作品の中で、『悪魔』と運命的な出会いをしたことを明かしました。

そして、高校生ながら不思議な色気と魅力を持ち芳村さん演じる佐伯を惑わす大野さんは

大野さん:役作りはとても難しかったです。オファーを頂いた時は、私とは正反対の女の子ですし、男の人を誘惑するような役は楽しみでした。でも照子は冷酷なところが多くて、精神的にも、とても体力を使う役でした。

と、谷崎文学ならではの独特な女性像と自身との違いに苦労したよう。

また、狂気ともいえる異色のキャラクター・鈴木を演じた前田さんは、

前田さん:(鈴木は)照ちゃん(=照子)を愛するが故に、ピュアな恋愛感情の表現(の仕方)が曲がっただけなので、撮影現場では照ちゃんの王子様でいようと思っていました。

と、子役から長年役者をやり続けているからこその特異な役作りを披露しました。

映画情報どっとこむ ralph 佐伯の大学の同級生で、ストーリーのキーパーソンとなる、あゆみを演じて、

遠藤さん:登場人物たちみんな様子がおかしい人しかいない中で、あゆみはその中では普通の人であるという解釈をしています。救いというかほっとする役どころになったらいいなと思いながら演じました。

と、三人との微妙な距離感を保たなければならない難しさを語りました。

藤井道人監督は

藤井監督:(TANIZAKI TRIBUTEシリーズ)発起人の内田英治監督からオファーを頂いた時に、この『悪魔』と出会って、主人公・佐伯の心の深い部分が現代に解釈しても凄く共感できたので、この『悪魔』にトライすることに決めました。

と、この『悪魔』を選択した理由を語りました。

映画情報どっとこむ ralph そんな、本作のタイトル『悪魔』にかけて、それぞれにとっての「悪魔とは?」と聞かれると、

吉村さん:台詞に頼らず体現する役者にならなければいけないと言う藤井監督が悪魔的にきつかったです(苦笑)

と本音をポロリ。

前田さん:(劇中で対峙する)吉村界人です(笑)

と率直に答えると、

藤井監督:香盤表(その日の撮影スケジュール表)を見せる時の役者たちが、怖くて。この現場はとても寒かったし、朝から深夜まで大変な現場だったと思う。

と撮影現場の過酷さを伺わせた一方で、

遠藤さん:この映画の大野さんの目は本当に小悪魔そのもの!

と大野さんの魔性っぷりを大絶賛!それを受けて

大野さん:(遠藤さん)好きです!大好きです!

と、すぐ隣に立つ吉村や前田を飛び越えて感謝のラブコールを送り、会場は温かな笑いに包まれました。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶の最後に・・・

監督:自分なりの悪魔に向かい合いながら、若いチームで団結力をもって挑みました。

とアピール。

大野さん:大学の谷崎大ファンの友人が(先月の先行上映会で)観てくれて、本当に良かったと感想を言ってくれたので、皆さんも楽しんで観ていただけると思いますし、ラストシーンは、照子の本性が観られるので、ラストまでしっかり観ていただけたら嬉しいです。

と熱く語りました。

吉村さん:明るい映画じゃないですけれど、登場人物全員心弱き者なんです。役者として社会的に弱き者を演じることが出来て嬉しいし、僕は(これからも)そうでありたいと思っています。

イベントを締め退場する登壇者に会場からは大きな拍手が起こりました。


左から遠藤新菜、吉村界人、大野いと、前田公輝

『悪魔』

2018年2月24日(土)公開

公式ウェブサイト:
http://tanizakitribute.com 

公式Twitter:
@TanizakiTribute

大学入学のため上京した佐伯(吉村界人)は、閑静な住宅街にある林邸に下宿する。林家には大家の千枝、高校生ながら不思議な色気と魅力を持つ千枝の娘・照子(大野いと)、そして、照子を偏愛する林家の親戚にあたる鈴木(前田公輝)が住んでいた。佐伯は、アルコールにおぼれ、幻覚に苦しみ、大学にもなじめない。そして、下宿先では、照子が佐伯の部屋へ頻繁に訪れ、小悪魔のように佐伯の心を惑わしていくのだった。ふたりの様子を見た鈴木は、佐伯に対し、照子に近づかないよう警告をする。反発する佐伯だったが…

監督:藤井道人
出演:吉村界人 大野いと 前田公輝 遠藤新菜 / 山下容莉枝 ほか
原案:谷崎潤一郎
制作プロダクション:TBSサービス
配給:TBSサービス
Ⓒ2018 Tanizaki Tribute製作委員会

映画情報どっとこむ ralph TANIZAKI TRIBUTE
近代日本文学の大文豪・谷崎潤一郎が産み出した3作品が、3人の映画監督により、3本の現代劇として甦りました。



『神と人との間』予告


『富美子の足』予告


『悪魔』予告


***********************************



谷崎潤一郎『神と人との間』『富美子の足』『悪魔』を現代に甦らせる!


映画情報どっとこむ ralph 谷崎潤一郎作品『神と人との間』『富美子の足』『悪魔』を現代に甦らせる!


谷崎文学の神髄は、人間の業ともいえるマゾヒズム、フェティシズム、甘美な毒に酔う人間の性。

そのエッセンスを濃縮した膨大な数の短編作品の中から、年齢もキャリアも異なる3人の映画監督が、自分たちの描きたい作品を選び、それらの作品を原案に、3本の現代劇として甦らせました!

『グレイトフルデッド』(14)や『下衆の愛』(16) が世界中の映画祭で絶賛された内田英治監督は『神と人との間』。

監督デビュー作『リュウグウノツカイ』(13) が大きな話題を呼び、続く二作目『桜ノ雨』(15) が東京国際映画祭パノラマ部門で上映され、注目を集めたウエダアツシ監督は『富美子の足』。

そして、メジャー映画からインディーズ映画、さらにはテレビドラマまで数多くの作品を手がける俊英・藤井道人監督は『悪魔』をそれぞれ制作しました。

映画情報どっとこむ ralph 神と人との間』は、映画業界の監督やプロデューサーが「最も使いたい」と声を揃える渋川清彦と、演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーとしてもお馴染みである戸次重幸の豪華ダブル主演!二人の男に愛される朝子役は、演劇、映画、テレビドラマと幅広く活躍する内田慈が演じています。作中の3人の登場人物が、谷崎本人と谷崎の最初の妻・千代、そして谷崎の友人であり後に千代の新たな夫となる佐藤春夫の三角関係をモデルにしたといわれる作品。

内田英治監督からのコメント

もちろん多くの日本人と同じように谷崎文学が大好きなのですが、作品以上に谷崎潤一郎本人に長年興味を抱いていました。とくに親友である作家・佐藤春夫と、谷崎の妻・千代を巻き込んだ大正の一大スキャンダル「細君譲渡事件」をいつか描きたいと思っていました。この最低で、しかし人間味溢れる三角関係をベースにした小説が「神と人との間」です。マゾヒスト的な、一方ではサディスト的なぐだぐだな恋愛。しかしそれもまた愛の形であり、谷崎にしか描けない世界観なのです。今回、谷崎作品を現代解釈するという企画において真っ先に本作をと考えたのは言うまでもありません。本作はラブストーリーでございます。それは恋愛と呼ぶにはクズすぎるかもしれませんが、やはりラブストーリーなのでございます。

映画情報どっとこむ ralph 富美子の足』では、『冷たい熱帯魚』で国内の映画賞を総なめにした、でんでんが“富美子の足”に強い偏愛を示す塚越役を演じ、グラビアでも注目を集める女優・片山萌美が富美子役でその美脚を遺憾なく発揮!さらに、2017年、『ダブルミンツ』で映画初主演を果たし、連続ドラマ「恋がヘタでも生きてます」での色気あふれる佇まいに、“セクシー俳優”と注目を集める淵上泰史も共演!

ウエダアツシ監督からのコメント

谷崎を読むと正直に生きる登場人物たちが愛おしくなります。その耽美的な執着は、時に肉体的なフェティシズム、時に精神的なサディズムやマゾヒズムへと辿り着きます。常人には滑稽に見えてしまうその姿ですが、そこには確固たる覚悟と美学があり、真の意味での人間らしさが感じられます。
数々の名作映画を生み出してきた谷崎文学に今、内田監督と藤井監督と共に挑戦できたことをとても嬉しく思っています。僕が監督したのは『富美子の足』。偏愛される足を持つ女と、足を偏愛する男たちの姿を描いた…要するに足フェチのお話です。片山さん、淵上さん、そして、でんでんさん―。素晴らしく個性豊かな面々と、足と向き合い、足を舐め、足に踏まれる日々を過ごしました。正直に欲望へと突き進む、狂おしくも愛おしい人間たちの姿をぜひスクリーンでご覧ください。

映画情報どっとこむ ralph 悪魔』は、次代の日本映画界を担う若手俳優として今もっとも注目を浴び出演作が続く吉村界人と、映画初出演ながら主演のヒロイン役に大抜擢された『高校デビュー』をはじめ、数多くの映画やドラマでの演技が高く評価されている大野いとが共演します。

 ベテラン演技派から注目株のフレッシュな若手まで、幅広いキャストが揃いました。日本映画界の実力派たちがいかに“谷崎のフェチ地獄”に堕ちていくのか、必見です!

藤井道人監督からのコメント

「悪魔」とは、人間を誘惑し、災いをもたらす存在を称してそう呼ばれています。そして、大なり小なり私たちの周りにはその「悪魔」が存在します。谷崎潤一郎の「悪魔」を初めて読んだとき、100年以上前に書かれた作品にも関わらず、今の現代社会における人間の心の暗部に置き換えることが出来る普遍性に感嘆しました。
主人公の青年は、若くて美しい女子高生の照子という「悪魔」に出会い、次第に自我が崩壊していきます。
そもそも「悪魔」とは、自分に外的危害を加える存在なのか。もしくは、自分自身の精神に巣食う存在なのか?というテーマに向き合って作りました。

映画情報どっとこむ ralph  また、『神と人との間』が、10月25日に開幕する第30回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門への出品が正式決定!2018年の劇場公開に先駆け、ワールドプレミアの場となります。


 かつて宇野重吉、京マチ子、森雅之、田中絹代、若尾文子、岸田今日子、大楠道代・・・錚々たる大俳優たちが演じてきた谷崎文学の世界。2018年、新感覚で描くフェティッシュな3作品にご注目ください!


『神と人との間』
町医者の穂積と、親友で漫画家の添田はともに熱帯魚屋で働く朝子に惚れている。ある日穂積は添田に朝子を譲り、ふたりは結婚する。その瞬間、添田は愛人を作り朝子を虐待し、そのうえ穂積と朝子が不倫をするようにけしかけたりとサディスト化するのだった。かつての親友に馬鹿にされ挑発されながらも一心に朝子を想い続ける穂積。しかしある事件をきっかけにその純愛は憎悪へと変貌する…。
◆監督 内田英治
◆出演 渋川清彦 戸次重幸 内田 慈 ほか


『富美子の足』
富豪の老人・塚越はデリヘルで見つけた富美子を愛人にし、彼女の美しい足を偏愛し、悦びを感じる日々を送っている。塚越はある時、フィギュア作家の甥の野田に、富美子の足の等身大のフィギュアを作るように依頼する。野田の作ったフィギュアに満足しない塚越は、「富美子の足を理解するために舐めてみろ!」と命令する。
◆監督 ウエダアツシ
◆出演 片山萌美 淵上泰史 / でんでん ほか


『悪魔』
大学入学のため上京した佐伯は、閑静な住宅街にある林邸に下宿する。林家には大家の千枝、高校生ながら不思議な色気と魅力を持つ千枝の娘・照子、そして、照子を偏愛する林家の親戚にあたる鈴木が住んでいた。佐伯は、アルコールにおぼれ、幻覚に苦しみ、大学にもなじめない。そして、下宿先では、照子が佐伯の部屋へ頻繁に訪れ、小悪魔のように佐伯の心を惑わしていくのだった。ふたりの様子を見た鈴木は、佐伯に対し、照子に近づかないよう警告をする。反発する佐伯だったが…。
◆監督 藤井道人
◆出演 吉村界人 大野いと 前田公輝 ほか


2018年、テアトル新宿 ほか 全国順次公開!

公式ウェブサイト
http://tanizakitribute.com 

公式Twitter
@TanizakiTribute 

***********************************


原案:谷崎潤一郎
制作プロダクション:TBSサービス
配給:TBSサービス

Ⓒ2018 Tanizaki Tribute製作委員会