「TAMA CINEMA FORUM」タグアーカイブ

TAMA映画フォーラムにてカウリスマキ監督『希望のかなた』の特別上映会開催!


映画情報どっとこむ ralph TAMA 映画フォーラム実行委員会は毎年 11 月に開催する映画祭 TAMA CINEMA FORUM とともに年数回の特別上映会をベルブホール(多摩市 立永山公民館)で実施しており、4月7日(土)に『希望のかなた』を上映することが決定しました。
本作は、フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ監督の最新作。主人公は内戦が激化するシリアから避難する途中で妹と生き別れになっ た青年。彼は流れ着いたフィンランドで難民申請を却下されますが、レストラン経営で人生をやり直そうとしていた男と出会い交流を深め ていきます。2017 年の第67 回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞するなど、国際的に高い評価を得た物語です。

映画情報どっとこむ ralph <上映情報>
日時:2018 年 4 月 7 日(土)4 回上映
①10:30~12:08 ②13:00~14:38 ③16:30~18:08 ④19:00~20:38

会場:ベルブホール(多摩市立永山公民館/ベルブ永山 5F)多摩市永山 1-5 京王永山駅・小田急永山駅から徒歩約 2 分
料金:前売・インターネット予約:1,000 円(中学生以上) 当日:1,200 円(中学生以上) 、600 円(4 歳~小学生) ※TAMA 映画フォーラム支援会員、障がい者とその付添い者 1 名は当日 600 円 ※インターネット予約は、上映当日に前売価格にて精算・チケット受渡。受付は 4 月 6 日(金)まで
前売: 2018 年 3 月 10 日(土)一般発売
取扱い:多摩市立永山公民館(祝日を除く 9:00~17:00)、多摩市役所売店(8:30~17:00)、 聖蹟桜ヶ丘ヴィータ7F「多摩ボランティア・市民活動支援センター」、ココリア多摩センター5F「おしごとカフェ キャリア・マム」

インターネット予約:
公式サイトをご覧ください
http://www.tamaeiga.org

映画情報どっとこむ ralph 注目!

[保育サービス] ①の上映中、お子さまをお預かりいたします (対象は満 1 歳以上/先着 10 名)。※公式サイトから申込要

映画情報どっとこむ ralph 希望のかなた

英題:The Other Side of Hope
公式サイトhttp://kibou-film.com/

2017年のベルリン国際映画祭で観る者すべての胸に深い余韻を残し、批評家のみならず観客からも圧倒的支持を受けたアキ・カウリスマキ 監督『希望のかなた』。同映画祭で見事、監督賞を受賞したカウリスマキは、前作『ル・アーヴルの靴みがき』で“港町 3 部作”と名付け たシリーズ名を自ら“難民3部作”に変えて、今や全世界で火急の課題となった難民問題に再び向かいあいました。

シリア難民の主人公カーリドは、“いい人々のいい国”だと聞いていたフィンランドで、無情にも難民申請を却下され、ネオナチからのい われのない暴力にさらされます。これは、やむなく故郷を離れた難民たちが、希望を求めた土地で実際に直面する現実です。そんな酷薄な 現実にさらされるカーリドに、ヴィクストロムをはじめとする市井の人々が救いの手をさしのべます。カウリスマキ映画ではおなじみの、 社会の片隅でつつましやかに生きる、少しばかり孤独をかかえた人々のちいさな善意が、カーリドの願いを叶え、魂を救うのです。『希望 のかなた』は今、世界が忘れかけている“当たり前”の人間性を、辛辣なユーモアと無償のやさしさをもって描いたヒューマンドラマ。
***********************************

監督:アキ・カウリスマキ
撮影:ティモ・サルミネン
照明:オッリ・ヴァルヤ プロダクションデザイン:アキ・カウリスマキ
衣装:ティーナ・カウカネン セット・デコレーター:マルック・パティラ セット・デコレーション:ヴィレ・グロンルース、ヘイッキ・ハッキネン
録音:テロ・マルムバリ
編集:サム・ヘイッキラ
2017 年/フィンランド/98 分/カラー
配給:ユーロスペース
© SPUTNIC OY, 2017


長澤まさみ、満島ひかり、池松壮亮、間宮祥太朗、土屋太鳳・・・豪華な受賞者が登場第9回TAMA映画賞授賞式


映画情報どっとこむ ralph 11/18(土)〜11/26(日)開催!第27回 映画祭 TAMA CINEMA FORUMが開催中!
会場:パルテノン多摩 大ホール/小ホール、ベルブホール、ヴィータホール

そして!第9回TAMA映画賞授賞式がパルテノン多摩 大ホールで行われ、長澤まさみさん、満島ひかりさん、池松壮亮さん、間宮祥太朗さん、土屋太鳳さん、高杉真宙さん、石橋静河さん、黒沢清監督、石井裕也監督、菊地健雄監督、瀬田なつき監督、川瀬陽太さんなど、豪華な受賞者が登場しました!

映画情報どっとこむ ralph 最優秀作品賞
本年度最も活力溢れる作品の監督及びスタッフ・キャストに対し表彰


『散歩する侵略者』

黒沢清監督、及びスタッフ・キャスト一同

受賞理由:侵略者の地球襲来を通して不穏さを帯びる現代社会を暗喩しつつ、サスペンス、アクションなどテイストの異なるシークエンスを積み重ねながら、見応えのある新しい世界観のエンターテインメントを創り上げた。

登壇:黒沢清監督
チーム『散歩する侵略者』


『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

石井裕也監督、及びスタッフ・キャスト一同

受賞理由:今の東京において溢れんばかりに飛び込んでくる情報と都会の情景。そのなかで孤独と見えない不安に苛まれながら愚直なまでの優しさを携えて寄り添う若者の姿は、観客に希望を与え、一人ひとりの内なる感情と共鳴した。

登壇:石井裕也監督
チーム『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

映画情報どっとこむ ralph 特別賞 映画ファンを魅了した事象に対し表彰

エモーショナルな躍動感をスクリーンから解き放つアニメの新たな可能性を切り拓く先駆者として湯浅政明監督、及びスタッフ・キャスト一同

『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』
受賞理由:他者との巡り会うなかで過ごす人生の愛おしさを、アニメーションであることを最大限に活かした縦横無尽・闊達自在な映像表現によってスクリーンの前に放流し、観客に醒めやらぬ刺激と幸福感を与えた。 



身近な仲間と自分たちの生きる世界を捉えてきた映像制作集団・空族の試みが、更なる拡がりをみせた

『バンコクナイツ』
に対して富田克也監督、及びスタッフ・キャスト一同

受賞理由:東南アジアの楽園のイメージと現実とを俯瞰しつつ、その間で翻弄される人々の坩堝に分け入って世界を捉えた本作は、スクリーンの彼岸と此岸とを共振させ、映画と現実がオーバーラップする圧倒的な映画体験をもたらした。

登壇:相澤虎之助・川瀬陽太

映画情報どっとこむ ralph 最優秀男優賞  本年度最も心に残った男優を表彰

浅野忠信
『幼な子われらに生まれ』『沈黙 -サイレンス-』『淵に立つ』『新宿スワンⅡ』

受賞理由:長いキャリアのなかでさまざまな役柄を演じてきたからこそ生まれる存在感で映画に深みと魅力を与え、観客の想像力を掻き立てるクリエイティビティあふれる俳優として唯一無二の存在であり続けるであろう。


池松壮亮

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『続・深夜食堂』『デスノート Light up the NEW world』『永い言い訳』

受賞理由:いずれの作品においてもすぐ身近にいる人間のように思わせてくれる緩急自在で豊かな人物造形力は、作品に奥行きを与えると共に周囲の人物をも輝かせ、心置きなく観客を作品の世界観に誘う魅力に溢れている。


最優秀女優賞 本年度最も心に残った女優を表彰

満島ひかり

『海辺の生と死』『愚行録』

受賞理由:『海辺の生と死』において、島尾ミホが降臨したかのように加計呂麻島の言葉とリズムで語り歌いふるまい、島の神話的世界と終戦間際の生と死の極みにおける愛を匂い立つように表現して、圧倒的な存在感を観客に与えた。


長澤まさみ

『散歩する侵略者』『銀魂』『追憶』『金メダル男』

受賞理由:『散歩する侵略者』において、予期せぬ出来事に運命を翻弄されながら情味のある日常感覚でそれに対峙し、極限状態においてすべてを包み込む寛大で奥深い愛情表現に磨き上げられた女優としての器の大きさを感じさせた。

映画情報どっとこむ ralph 最優秀新進監督賞
本年度最も飛躍した監督、もしくは顕著な活躍をした新人監督を表彰

菊地健雄
『ハローグッバイ』『望郷』

受賞理由:現場で培った確かな表現力と人間観察力で少女たちの今しか撮れない瞬間をリアルに切り取りつつ、すべての世代に響く普遍的でビタースイートな青春映画を誕生させた。監督の「映画」に対する誠実さは、遠からず大輪の花を咲かせることを予感させる。

瀬田なつき
『PARKS パークス』

受賞理由:一つの公園で時を超えて広がるメロディーが、そこで過ごしたさまざまな人々の息づかいに触れて幾重にも重なり世界が彩られていく様を、軽やかなタッチで描き、映画の豊かさを味わわせてくれた。


映画情報どっとこむ ralph 最優秀新進男優賞  本年度最も飛躍した男優、もしくは顕著な活躍をした新人男優を表彰

間宮祥太朗
『トリガール!』『帝一の國』『劇場版 お前はまだグンマを知らない』『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』

受賞理由:真っ直ぐでアグレッシブな役柄を、豊かな表情と鍛え上げた身体を使ってエネルギッシュ且つ繊細に演じて、観客をスクリーンに釘付けにした。鋭く優しい瞳の奥に、作品と役への深い愛情が感じられる。
チーム『トリガール!』

間宮さんは朝に初主演作の全員死刑』初日舞台挨拶も
http://eigajoho.com/90390



高杉真宙
『逆光の頃』『散歩する侵略者』『トリガール!』『想影(おもかげ)』『ReLIFE リライフ』『PとJK』

受賞理由:『逆光の頃』において、マイペースに生きてきた少年が過去の自分から脱皮して大人へと一歩踏み出していく確かな成長を体現し、華奢に見えながら力強い眼差しや気概によって発せられる逞しさに心を奪われた。


最優秀新進女優賞 本年度最も飛躍した女優、もしくは顕著な活躍をした新人女優を表彰

石橋静河
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『PARKS パークス』『密使と番人』

受賞理由:スクリーンのなかで語り動き回るさまは、漠然とした不安や孤独といった心の揺らぎを繊細に表現して内面から輝きを放った。その確かな存在感は、息の長い女優になっていくことを観客に確信させた。


土屋太鳳
『トリガール!』『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』『金メダル男』

受賞理由:どの役に対しても誠心誠意ひたむきに向かい合い、あふれる笑顔と抜群の運動神経で弾けんばかりに演じ切る姿は、観客の心をわしづかみにすると共に、今後一層の活躍を期待させる輝きに満ちていた。


***********************************


高杉真宙トーク付き特集上映や団地団・・・個性豊かなプログラム!第27回映画祭 TAMA CINEMA FORUM


映画情報どっとこむ ralph 映画ファンの祭典、第27回映画祭 TAMA CINEMA FORUMは、今年は2017年11月18日(土)〜11月26日(日) (20日(月)休映)に開催!
TAMA映画賞授賞式、TAMA NEW WAVEコンペティション、TAMA NEW WAVEある視点部門の他にも、バラエティ溢れる様々なプログラムが揃っております。

そして!第9回TAMA 映画賞 最優秀新進男優賞受賞の高杉真宙特集では、高杉真宙氏のトーク付きで、『逆光の頃』 と『ぼんとリンちゃん』を上映。

また、『海辺の生と死』の上映企画では、島尾敏雄・ミホ夫妻のご子息・島尾 伸三氏、お孫さんのしまおまほ氏と越川道夫監督によるトークを行います。

その他、堀禎一監督特集では親交のあった漫画家のやまだないと氏他のトーク、団地団企画では森田芳光監督の 『家族ゲーム』を観賞後に団地団(大山顕氏、佐藤大氏、稲田豊史氏、速水健朗氏、妹尾朝子氏、山内マリコ氏) によるトーク。

さらに、第9回TAMA 映画賞 新進監督賞を受賞した菊地健雄監督×瀬田なつき監督のトーク付き 特集上映や『彼らが本気で編むときは、』の保育付き上映など、多摩映画祭でしか観ることが出来ない組み合わせや、個性豊かなプログラムが揃っています。

詳細は公式HPを確認してみて!
2017/program/

映画情報どっとこむ ralph [主な上映プログラム]

【B-7】 高杉真宙特集 11/26(日)
パルテノン多摩 小ホール
『ぼんとリンちゃん』『逆光の頃』上映とトーク
ゲスト:高杉真宙氏、小林啓一監督 司会∶くれい響氏(映画評論家)

【C-8】 団地団、TAMA に参上 11/23(祝・木)
ベルブホール
『家族ゲーム』上映とトーク(第1 部の半券で参加できる「団地団、TAMA に参上」第2 部あり(ベルブ 4F 集会室))
ゲスト:団地団(大山顕氏、佐藤大氏、稲田豊史氏、速水健朗氏、妹尾朝子氏、山内マリコ氏)

【C-9】 堀禎一監督特集 11/23(祝・木)
ベルブホール
『妄想少女オタク系』『夏の娘たち ~ひめごと~』上映とトーク
舞台挨拶:西山真来氏、鎌田英幸氏、佐伯美波氏、川瀬陽太氏(予定)
ゲスト:やまだないと氏(漫画家)、虹釜太郎氏(音楽、音響)、尾上史高氏(脚本家)、井戸剛プロデューサー

【D-2】 島尾敏雄・ミホ夫妻 ― 家族から見たお二人と『海辺の生と死』 ― 11/26(日)
ヴィータホール
『海辺の生と死』上映とトーク
ゲスト:島尾伸三氏(写真家、作家)、しまおまほ氏(漫画家、イラストレーター)、 越川道夫監督

【D-3】 メロディがつなぐ過去と未来 11/26(日)
ヴィータホール
『ハローグッバイ』『PARKS パークス』上映とトーク
ゲスト:菊地健雄監督、瀬田なつき監督、萩原みのり氏、久保田紗友氏

***********************************