「TAKAHIRO」タグアーカイブ

TAKAHIRO主演『僕に、会いたかった』2枚で1つになる!特別ティザービジュアル到着


映画情報どっとこむ ralph 日本の音楽シーンをリードするダンス&ボーカルグループ「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが、満を持して映画で初めて単独主演した感動作。今回特別ティザービジュアルと場面写真を解禁。

2枚で1人のTAKAHIRO!特別ティザービジュアル

海辺をバックに物憂げな表情を浮かべるTAKAHIRO演じる徹のアップを捉えたビジュアルだが、今回は左右の顔に分かれ、2枚で1枚の絵が完成する特別仕様となっている。TAKAHIROは、12年前に起こった事故がきっかけに記憶を失くした元漁師という難役に挑戦。本人も「俺じゃないみたいだ」と話すほど、これまでの華やかなイメージを覆し、無精髭を蓄えた寡黙な男を演じる。

ティザーチラシは上映映画館等で配布される予定。ぜひ2枚とも手に取ってほしい。

映画情報どっとこむ ralph 島根県隠岐島の壮大なロケーションをバックに、躍動する若手俳優たち

TAKAHIRO演じる漁師・徹の住む隠岐島にやってくる“島留学”の学生たち。島留学とは、都会で学校生活になじめなかったり、家庭に居場所を失くした子供たちを島の住人たちが“親”として預かる制度。実際隠岐島でも、豊かな自然の中で、学力以外にも未来を切り開いていく人間力を育てていく制度として行われている。育ってきた環境とは違う生活の中で、壮大な自然に触れ、密すぎるコミュニティのなかでときにぶつかり、自分を見つめなおしながら成長していく子供たち…その成長は、記憶を失くしたことで前に進めずにいた徹を少なからず刺激していくことになる。

島留学の学生たちを演じたのが、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、浦上晟周、小野花梨といった旬の若手俳優たち。

とくに島留学に来る3人の学生たちは、群像劇としてそれぞれドラマを秘める役どころ。
ドラマ「コウノドリ」『相棒 劇場版Ⅳ』で高い演技力を披露し注目を集める木村めぐみ役の山口まゆは、島留学の同期たちの成長をそばで見守りながら、最後まで素性を明かさない難しい役どころを熱演しており、ブレイク必至!と目されている。また、母との確執を島での成長を通し乗り越えていく福間雄一役の板垣瑞生は『ソロモンの偽証』で準主役を務め、ダンスボーカルユニット「M!LK」としても活動。また、島での生活を通し、思いやりと感謝の気持ちを学んでいく横山愛美役の柴田杏花の演技にも注目が集まる。 そんな彼らの躍動する場面写真が解禁に。

映画情報どっとこむ ralph 『僕に、会いたかった』

5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー
ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか?島の愛は、人の心を救えるのだろうか?その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。
「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIRO。満を持して、映画で初めて単独主演した感動作が『僕に、会いたかった』だ。これまでの華やかなイメージから一転、12年前に起こった事故がきっかけに記憶を失くした元漁師という難役に挑戦。映画俳優として、新境地を切り開いた。ドラマを支えるのは、NHK 連続テレビ小説「まんぷく」に出演中の松坂慶子、“カメレオン俳優”と呼ばれる名バイプレーヤーの小市慢太郎らベテラン実力派、ドラマ「コウノドリ」『相棒 劇場版Ⅳ』の山口まゆ、『ソロモンの偽証』で準主役を務めたボーカルダンスユニット「M!LK」の板垣瑞生ほか、柴田杏花、浦上晟周、小野花梨など次世代を担う若手が脇を固める。家族の絆と再生を描いた感動の人間ドラマ。家族との「今」を大切にしたくなる。

***********************************


TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以

小市慢太郎 /松坂慶子

監督:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO
脚本:錦織良成 秋山真太郎
音楽:瀬川英史 撮影:金子正人
照明:吉角荘介 録音:西岡正巳

編集:栗谷川 純
配給:LDH PICTURES
2019年/日本/カラー/5.1ch/シネマスコープ/96分
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会


髭がワイルド!EXILE TAKAHIRO単独初主演映画『僕に、会いたかった』特報解禁!


映画情報どっとこむ ralph EXILEのメインボーカルTAKAHIROさんが、単独初主演を務める『僕に、会いたかった』が5月10日公開より、全国ロードショーすることが決定しました!!

本作は、島で一二を争う凄腕の漁師の主人公・池田徹(TAKAHIRO)が、とある事故をきっかけに記憶を失い、島の人々の優しさに触れるうちに、新しい自分を見つけ出す家族の絆と再生を描く感動の物語。

◆TAKAHIRO コメント◆
初めての隠岐の島での撮影。豊かな自然に囲まれ、素敵なキャスト、スタッフの皆さんと共に、非常に思い出深い撮影期間を過ごせました。大変なシーンもありましたが、地元の皆さんの多大なご協力のもと、心温まる素晴らしい作品が出来上がったと思います。
映画情報どっとこむ ralph TAKAHIRO演じる主人公・徹を献身的に支える母親役には、NHK連続テレビ小説「まんぷく」での好演も記憶に新しい女優・松坂慶子。主人公・徹に寄り添う心優しい医師役には、数々の作品に出演する名バイプレイヤー小市慢太郎、“島留学”で島にやってくる学生役には、ドラマ「コウノドリ」や『相棒 劇場版Ⅳ』に出演しその演技力の高さから、話題を集めた注目の若手女優・山口まゆ、映画『ソロモンの偽証 前編・後編』や『響-HIBIKI-』など話題の映画に出演し本年度大注目の若手俳優・板垣瑞生などフレッシュなキャストが参加。壮大なロケーションで魅せる、心暖まる感動の人間ドラマが完成しました。
本作を手がけたのは、フランス最大の日本映画の祭典「KINOTAYO映画祭2010」でグランプリ金の太陽賞を受賞した中井貴一主演の『RAILWAYS-49歳で電車の運転士になった男の物語-』(10)や、モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門で最優秀芸術賞を受賞した『たたら侍』など、島根県隠岐の島を舞台にした作品を多く手がける、錦織良成監督。さらに、「HiGH&LOW」シリーズをはじめ、数々の映像作品、舞台作品に出演し、映画『jam』(18)ではアソシエイト・プロデューサーも務めた劇団EXILE所属の秋山真太郎が、プロデューサー兼共同脚本として参加。

映画情報どっとこむ ralph 特報映像では、無精髭に漁師服姿のTAKAHIROが、記憶を失い12年間の“空白の時間”に戸惑いながらも、記憶を取り戻すためにもがきながらも懸命に生きようとする主人公・徹を熱演!


息子・徹を一番近くで献身的に支える母(松坂慶子)や、優しさ溢れる島の人々との交流を通して、徹は“失った記憶”を取り戻せるのか。島根県隠岐島で描く、自然溢れる壮大なロケーションで描く、人と人との絆やぬくもりを強く感じさせる特報となっています。

映画情報どっとこむ ralph 僕に、会いたかった

5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか?島の愛は、人の心を救えるのだろうか?その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。
「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIRO。満を持して、映画で初めて単独主演した感動作が『僕に、会いたかった』だ。これまでの華やかなイメージから一転、12年前に起こった事故がきっかけに記憶を失くした元漁師という難役に挑戦。映画俳優として、新境地を切り開いた。ドラマを支えるのは、NHK 連続テレビ小説「まんぷく」に出演中の松坂慶子、“カメレオン俳優”と呼ばれる名バイプレーヤーの小市慢太郎らベテラン実力派、ドラマ「コウノドリ」『相棒 劇場版Ⅳ』の山口まゆ、『ソロモンの偽証』で準主役を務めたボーカルダンスユニット「M!LK」の板垣瑞生ほか、柴田杏花、浦上晟周、小野花梨など次世代を担う若手が脇を固める。家族の絆と再生を描いた感動の人間ドラマ。家族との「今」を大切にしたくなる。

***********************************


TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以 
小市慢太郎 /松坂慶子
監督/錦織良成 エグゼクティヴ・プロデューサー/EXILE HIRO
脚本/錦織良成 秋山真太郎 
音楽/瀬川英史 
撮影/金子正人 照
明/吉角荘介 
録音/西岡正巳 
編集/栗谷川 純 
配給/LDH PICTURES
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会
   


『HiGH&LOW THE MOVIE』超アトラクション4DX版


映画情報どっとこむ ralph この度、シリーズ累計興行収入60億円・観客動員数450万人突破の大人気シリーズの第1作目「HiGH&LOW THE MOIVE」が、超アトラクション4DX版にて生まれ変わり、8月24日(金)より9月6日(木)までの2週間限定で特別上映することが決定!
この度、4DX版日本映画史上、最高で最強のアクション体験が期待できる!物語の冒頭から、5つのチームが拮抗している「SWORD」地区での爆発シーンから、華麗なるバイクやカーチェスシーン、クライマックのライスシーンまで、見逃しくない数々のシーンの感動がたっぷり!

映画情報どっとこむ ralph 《超アトラクション4DX版『HiGH&LOW THE MOVIE』の注目ポイントをご紹介!》


①こだわりの極み、登場人物ひとりひとりにフォーカスした超アトラクション体験ができる!
まず、主要キャラクターの登場シーンに注目してほしい!4DXグ・ジェウォン クリエイティブ・ディレクター(以下、グ・ディレクター)によると「『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DX演出で、各キャラクターを分析し、それぞれ異なる個性を表現したことが大好評で、本作でも同様に、各キャラクターの個性を表現するようにした。」とコメントし、スモーキーの登場シーンでは首と耳元に熱風が吹いてきたり、バイクに乗った雨宮兄弟の登場のシーンでは、バイクに乗ったようなモーションチェアの動きが体験できるなど、各キャラクターごとにどのような効果が仕掛けられたかを確かめることで、各キャラクターがもつ魅力を確かめることができる。

②とにかく、アクションシーンは全部すごい!圧巻のスケールでおくるド迫力のアクションシーンが4DXで爆発!琥珀のラストシーンには大注目!
今、大ヒット公開中の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』4DX版でトム・クルーズによるバイクチェイスシーンが大好評だが、グ・ディレクターによると「キャラクターによって、バイク、大型トラック、スクーターなど、様々な乗り物を操る点で、それぞれの特徴を分析し、固有のリズムや動きにあわせて動きの程度を把握し、各乗り物の特徴を明らかにしつつ、『ミッション:インポッシブル』シリーズ、『ワイルド・スピード』シリーズなど、4DX DATA BASEに蓄積された様々なシーンの演出を活用した演出を加えました」とコメントし、乗り物を操るアクションシーンでの4DX演出のこだわりを明らかにした。また、体と体が掛け合うアクションシーンにおいて、モーションチェアの力加減にもぜひ注目してほしい。自分が殴っているかのような、自分が殴られているかのような、いろんなキャラクターの目線によってアクションの動きが変わってくる。特に特に琥珀の最後の戦いのシーンは、映画のクライマックスシーンだけあって、最もインパクトあるアクションシーンとして仕上げてあり、ぜひ!劇場でこのインパクトの4DX演出を体験してほしい!

③ライブのシーンなど、音楽もMAXで楽しめる!
物語の間、MIGHTY WARRIORSのライブシーンなど、華麗なるパフォーマンスのシーンも多い。グ・ディレクターによると「2016年度、日本でも大きな反響をいただいた映画『BIGBANG MADE』や、台湾のロックバンド「MAYDAY」など、有名グローバルミュージシャンのコンサート映画を介して音楽/ライブシーンに関連する独自のノウハウを持っています。アニメーション『リメンバー・ミー』の4DX版でも“リズミカルなモーション”で大反響をいただき、これらのノウハウを活かし、本作では、特にMIGHTY WARRIORSのライブシーンで観客が映画の中の現場にいるかのような、リズム感を満喫できるような、臨場感とリズム感を最大限に活かしたモーション演出に気を配りました。」とコメント。映画の物語はもちろん、映画とマッチする音楽も併せて楽しめる「HiGH&LOW THE MOVIE」だからこそ、味わうことができる4DXとの相乗効果を楽しめる!

映画情報どっとこむ ralph 『HiGH&LOW THE MOVIE 』4DX上映劇場
※劇場により、対応している効果が異なります。 ※上映劇場は変更となる場合があります。

【ユナイテッド・シネマ】(18劇場)
http://www.unitedcinemas.jp/4dx/index.html
【USシネマ】(5劇場)
http://cinemax.co.jp/4dx/
【フォーラム那須塩原】
https://www.forum-movie.net/nasushiobara/
【109シネマズ】 (8劇場)
http://109cinemas.net/4dx/
【コロナシネマワールド】 (8劇場)
http://www.4dx.korona.co.jp/4dxbu/index.html
【イオンシネマ】 (7劇場)
http://www.aeoncinema.com/4dx/
【アースシネマズ姫路】
http://earthcinemas.jp/theaters/4dx

映画情報どっとこむ ralph 映画『HiGH&LOW THE MOVIE』 4DX版、8月24日(金)より、2週間限定上映

公式サイト:high-low.jp


仲間・家族・ライバル・別れ———
過去から未来へ——SWORDの物語は進化する

「SWORD地区」—「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」 「達磨一家」5つのチームが拮抗していることから頭文字をとってそう呼ばれていた。 その地区に伝説の男が戻ってくるところから物語は始まる。かつて強大な勢力で一帯 を支配していた、チーム「ムゲン」の総長・琥珀(AKIRA)である。龍也(井浦新)、 九十九(青柳翔)を襲った悲劇を境に表舞台から姿を消していたのだが、SWORD地区 の支配を目論む李(V.I)と手を組み、湾岸地区のチーム「MIGHTY WARRIORS」、 TOWN地区の「DOUBT」を引き連れSWORDを急襲。日常は脆くも崩れ去る。 スモーキー(窪田正孝)らRUDE BOYSは早々に報復に乗り出すも、MIGHTY WARRIORSの ICE(ELLY)、劉(早乙女太一)に苦戦、途中、突如参戦した雨宮兄弟の広斗(登坂 広臣)の力を借りて辛くも戦線を離脱するが、スモーキーは負傷してしまう。RUDE BOYS、そしてスモーキーと、ある約束を交わした広斗は憎しみをたぎらせる。 一方で、これまでの数多の戦いを経て、戦い傷付くことに逡巡するSWORD他チーム、 山王連合会のコブラ(岩田剛典)、ヤマト(鈴木伸之)もかつて自ら慕った琥珀と対 峙することになかなか踏み切れないでいた。そんな中、琥珀、李と行動を共にしてい た九十九が告げるタイムリミット—2日後に琥珀はMIGHTY WARRIORS、DOUBT総勢500名 を引き連れSWORD地区を襲撃するという。街のため、そして仲間のため、今立ち上が るしかないと、動き出すコブラとヤマト。呼応する山王連合会他メンバー、そして SWORD各チーム。今まで戦いを繰り返していたSWORDが遂に一つになる。そこに琥珀と 並び最強と称された雅貴(TAKAHIRO)、広斗ら雨宮兄弟も参戦、過去から未来へ、 SWORD地区は未だかつてない事態へと突入するー。

***********************************

企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:久保茂昭

脚本:渡辺啓、平沼紀久、TEAM HI-AX 企画制作:HI-AX

出演:
【ムゲン】AKIRA、青柳翔、高谷裕之、岡見勇信/井浦新
【雨宮兄弟】TAKAHIRO、登坂広臣
【山王連合会】岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、岩谷翔吾、山本彰吾
【White Rascals】黒木啓司、遠藤雄弥、鬼龍院翔、喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二、稲葉友、栁俊太郎
【鬼邪高校】山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、鈴木昴秀、龍 /前田公輝
【RUDE BOYS】窪田正孝、永瀬匡、佐野玲於、ZEN
【達磨一家】林遣都、遠藤要、阿部亮平、小澤雄太
【MIGHTY WARRIORS】ELLY、早乙女太一、大屋夏南、野替愁平、白濱亜嵐、ANARCHY
【DOUBT】秋山真太郎、武田航平
【九龍グループ・家村会】中村達也、橘ケンチ、小野塚勇人/松澤一之/西岡德馬
【苺美瑠狂】小島藤子、工藤綾乃、楓、佐藤晴美、山口乃々華、城戸愛莉
【床屋ピューマ】八木将康、加藤歩、坂東希
【張城】V.I(from BIGBANG)、白竜
豊原功補、天野浩成、藤井萩花、藤井夏恋/YOU/小泉今日子

©2016「HiGH&LOW」製作委員会


TAKAHIRO、夏帆、塚本晋也登壇!『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 6⽉22⽇(⾦)公開の映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』 。

6⽉24⽇(⽇)TOHOシネマズ ⽇⽐⾕にて『カナリア』に出演のTAKAHIROさん、夏帆さん、塚本晋也さん、松永⼤司監督が登壇して公開記念舞台挨拶が行われました。


日付:6⽉24⽇(⽇)
場所:TOHOシネマズ ⽇⽐⾕
登壇:TAKAHIRO、夏帆、塚本晋也、松永大司監督

映画情報どっとこむ ralph MCから、今作の主⼈公である亮を演じた感想を聞かれ

TAKAHIROさん:今回、⻑回しのシーンがあったんですが、ここ まで台詞が少ない役というのは初めてで、そういった場面での表現⽅法など考えながら挑戦させていただきました。とて もプレッシャーも感じましたが、監督やキャストのみなさんに助けられて演じさせていただきました。

とコメント。また、夏帆さん、塚本さんという豪華な共演者との撮影について、

TAKAHIROさん:塚本さんには殴られるシーンで、事前に『本気で お願いします!』とリクエストしていたのですが、思っていた以上に重いものが来ました(笑)

と予想以上に強い拳だっ たと暴露すると、

塚本さん:監督が後ろから本当に殴れ殴れ!って⾔うから(笑)

と撮影中のこちらも秘話を明かし、会場からは笑いが起こりました。 亮の恋⼈である楓(かえで)役を演じた夏帆さんは

夏帆さん:今回、全く台詞がなくて、ショートフィルムという短い作品の中でどういう立ち位置でいればいいのか非常に悩んだのですが、撮影に入る前にエチュードを行ったことで、作品の中で TAKAHIROさんとの関係性を知る時間をいただけたので、こういう風に役を作っていくことができるんだと知ることができ、⾮常にいい経験ができました。

と話、夏帆演じる楓(かえで)の⽗・巌(いわお)役を演じた塚本さんは

塚本さん:普段、エチュードをやることはまれなのですが、 今回行ったことで、みんなと関係性を築くことができ、そのまま撮影に臨むことができ、いい時間を共有できました。撮 影前に監督の想いもしっかりと聞けて、いい作品にしなくてはと感じました。

と、熱い思いを語った。

映画情報どっとこむ ralph そして作詞家・小竹正人の詩からインスピレーションを受けてショートフィルムを作り上げるという他にないプロジェクトである本作について、
松永監督:まず、小竹さんから歌詞をいただいて、そこからどいうものにしていこうかと考えました。 『カナリア』は、福島の帰還困難地域が舞台となっていて、2011年に震災があり、そこから数年経った今でも映画の中と同じ光景があります。ご覧になった⽅は、なんで今なんだ?と思うかもしれませんが、まだここなんです、ということを1⼈で も多くの⽅に知ってほしいという思いで作りました。

と作品に対する熱い思いを語り

松永監督:今回、撮影に協⼒してくださった地元の⽅々から、『この街を題材にしてくれてありがとう』と言っていただき、色んな感情がこみ上げてきました。

と、改めて本作に賭ける熱い気持ちを語った。

「CINEMA FIGHTERS project」というこれまでにない楽曲と映像の新たなコラボレーションプロジェクトについて、

TAKAHIROさん:普段はレコーディングしてリリースする、というのが基本ですが、今回、楽曲からインスパイアされた映画が 生まれ、しかもその楽曲は劇場でしか聴けない。これまでにない新たなエンターテインメントが生まれたと感じています。

と手ごたえを語った。

松永監督:こういう作品の作り⽅をしたのは初めてだったので、⾮常に難しかったです。でも思ったよ りもTAKAHIROさんがしっかりと歌ってくれていて…。

と述べると、 TAKAHIROさんはすかさず

TAKAHIROさん:⼀応歌手なので!(笑)

切り返す場面に会場は笑いの渦に。

監督業もこなす共演者の塚本さんとの共演ということで、今後ご自作品を撮ってみたいという気持ちはありますか?と、聞かれると

塚本さん:いえ、まだまだ!役者としてもっともっと学びたいことがたくさんあります。ただ、表現者としてはいつかそう いった形でアウトプットできるといいなと思ってます。

と、今後の展望を語りました!

映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』

6月22日(金)より大ヒット全国ロードショー中!

映画情報どっとこむ ralph 『カナリア』監督・脚本:松永大司
キャスト:TAKAHIRO 夏帆 髙野春樹 塚本晋也 主題歌「Canaria」byEXILE
TAKAHIRO

『ファンキー』監督・脚本:石井裕也
キャスト:岩田剛典 池松壮亮 前田航基 芹澤興人 岡根拓哉 美山加恋 / 伊佐山ひろ子
麻生久美子 主題歌「東京」by三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE

『アエイオウ』監督・脚本:安藤桃子
キャスト:白濱亜嵐 木下あかり 林寿美 奥田瑛二 主題歌「何もかもがせつない」byGENERATIONS from EXILE TRIBE

『Kuu』監督・脚本:平林勇
キャスト:石井杏奈 山口乃々華 坂東希 筒井真理子 平山祐介 野島直人 麿赤兒 主題歌「あの子のトランク」byDANCE EARTH PARTY

『Our Birthday』監督・脚本:Yuki Saito
キャスト:青柳翔 佐津川愛美 ランディ・ジャクソン/芦名星 余 貴美子 主題歌「How
about your love?」byJAY’ED & 鷲尾伶菜

『幻光の果て』監督・脚本:岸本司
キャスト:山下健二郎 中村映里子 大城優紀 加藤雅也 主題歌「Baby Shine」byDEEP

***********************************

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
企画・プロデュース:別所哲也
コンセプトプロデューサー:小竹正人
配給:配給:LDH PICTURES
©2018 CINEMA FIGHTERS


TAKAHIRO、松永大司監督登壇 福島県ポレポレシネマズ いわき小名浜オープン記念『ウタモノガタリ』イベント


映画情報どっとこむ ralph 6月22日(金)公開の映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』 より、 6月15日(金)福島県いわき市にてポレポレシネマズ いわき小名浜オープン記念トークイベントが行われました!

詩と音楽、映像を一つに融合した<CINEMA FIGHTERS project>の最新作、 映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』。

その中の1作である、TAKAHIROさんが主演を務めた「カナリア」は東日本大震災をテーマにした ショートフィルム。
撮影の一部は実際に福島県内で行われ、キャスト・監督にとっても福島県は想い入れの深い土地。震災に見舞われながらも苦難を乗り越えて営業をしてきた「ポレポレいわき」が、本日6月15日(金)に新たな映画館「ポレポレシネマズ いわき小名浜」を同日グランドオープンしたイオンモール内にニューオープンすることを記念して、「カナリア」から主演のTAKAHIROと松永監督がトークイベントに駆け付けました!


日付: 6月15日(金)
場所:ポレポレシネマズ いわき小名浜
登壇:TAKAHIRO、松永大司監督

映画情報どっとこむ ralph 当日はあいにくの雨ながら、会場は約300名もの観客で満員御礼。

屋外の空気の冷たさを感じさせない、和やかな雰囲気に包まれた会場で、イベントは幕をあけました。

イベントでは、MCから福島県が舞台となった「カナリア」の脚本を読んだときの印象を聞かれ、


TAKAHIROさん:楽曲を聴いて震災がテーマになるとは予想だにしなかったですね。

と、初見の気持ちを振り返り、小竹正人の詩からどのようなイメージを受け取り、作品にどのような想いを込めたかと問われて

松永監督:小竹さんの詩を読んで、脚本を 書く前にTAKAHIRO本人に会って“この表現者の魅力をどう引き出せるかな”と考えました。実際にTAKAHIROに会って、 テレビで見るのとは違う魅力を感じたので、映画でその魅力を出せたらいいなというのと、自分でも一度書きたかった震災をテーマに脚本を書きました。

と作品の制作を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 初タッグとなった松永監督から、役作りについてリクエストがあったかという質問に

TAKAHIROさん:監督から見た目に関してのリクエスト は何もなかったです。金髪だったので黒髪にしようかと提案もしたのですが、日本中どこにでもいる普通の若者でいてほし いので、TAKAHIROはTAKAHIROのままで。ただEXILE TAKAHIROは抜いてくれと言われました。

と監督からの難しいリクエストについてコメント。さらに

TAKAHIROさん:それ以上に、衣装合わせのときにエチュードを急遽共演した夏帆さんや塚本さんとす ることになって、監督からシチュエーションの指示だけもらって3時間。本編よりも号泣してましたね。

と初挑戦だった というエチュードでの役づくりの経験を語りました。



今回の台詞の少ない役どころについて質問されると

TAKAHIROさん:普段歌手として声で表現しているが、今回は台詞も少なく、でもアウトプットしなくてはな らなくて、監督の要望に応え、監督と一緒に役を作っていく感じでした。ただただすべてをリセットしてそのままでいてくれ ということだったので、あとは監督に引き出しを開けていただくという撮影でした。

と1月の撮影を振り返りました。そして、

松永監督:「カナリア」の撮影は福島県の地域の方々がとても協力してくださって撮影することができました。この 映画を観てもらうことに一番意味があると思います。是非観てください。

と思いを語りました。

トーク後に、来場者全員にTAKAHIROと松永からスペシャルプレゼントとして、本作のムビチケが贈られることが告げられると、会場は大盛り上がり。温かい拍手に包まれた良い雰囲気のままイベントは幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』

ショートショート フィルムフェスティバル & アジアにてプレミア上映後。

6月22日(金) 全国ロードショー!

『カナリア』監督・脚本:松永大司
キャスト:TAKAHIRO 夏帆 髙野春樹 塚本晋也 主題歌「Canaria」byEXILE TAKAHIRO

『ファンキー』監督・脚本:石井裕也
キャスト:岩田剛典 池松壮亮 前田航基 芹澤興人 岡根拓哉 美山加恋 / 伊佐山ひろ子 麻生久美子 主題歌「東京」by三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE

『アエイオウ』監督・脚本:安藤桃子
キャスト:白濱亜嵐 木下あかり 林寿美 奥田瑛二 主題歌「何もかもがせつない」byGENERATIONS from EXILE TRIBE

『Kuu』監督・脚本:平林勇
キャスト:石井杏奈 山口乃々華 坂東希 筒井真理子 平山祐介 野島直人 麿赤兒 主題歌「あの子のトランク」byDANCE EARTH PARTY

『Our Birthday』監督・脚本:Yuki Saito
キャスト:青柳翔 佐津川愛美 ランディ・ジャクソン/芦名星 余 貴美子 主題歌「How about your love?」byJAY’ED & 鷲尾伶菜

『幻光の果て』監督・脚本:岸本司
キャスト:山下健二郎 中村映里子 大城優紀 加藤雅也 主題歌「Baby Shine」byDEEP

***********************************

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
企画・プロデュース:別所哲也
コンセプトプロデューサー:小竹正人
配給:配給:LDH PICTURES
©2018 CINEMA FIGHTERS