「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018」タグアーカイブ

寛 一 郎 山下リオ 松原智恵子ら登壇『君がまた走り出すとき』詳細決定!


映画情報どっとこむ ralph 川口市が埼玉県と共催するSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 15周年記念オープニング作品として製作した映画『君がまた走り出すとき』がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018のオープニング上映、作品の舞台である川口市での先行上映を経て、遂に3月2日(土)より全国公開がスタートとなります。

全国公開を記念して新宿武蔵野館にて主演の寛 一 郎、共演の山下リオ、松原智恵子、菜 葉 菜 、辻本祐樹、本作のメガホンをとった中泉裕矢監督の登壇による公開記念舞台挨拶を開催です。

【全国公開記念 舞台挨拶付き上映 開催概要】

日時:3月2日(土) 9:45の回上映後(11:15から舞台挨拶予定)
会場:新宿武蔵野館
登壇:寛 一 郎 山下リオ 松原智恵子 菜 葉 菜 辻本祐樹
   中泉裕矢監督(予定)
※登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

料金:通常料金/全席指定席
※前売券はオンライン販売では使用不可。劇場窓口販売時のみ使用可
※各種招待券等は使用不可

チケット販売:
オンライン予約販売‥‥2月28日(水) 24:00[=2月28日(木)0:00]より
劇場窓口‥‥2月28日(木) 開場時間より

映画情報どっとこむ ralph 『君がまた走り出すとき』

MOVIX川口にて川口先行上映中
3月2日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

公式HP:
kimimata.com
ツイッター:
https://twitter.com/kimimata_m


<Story>
人生は何度でも走り出せる世界6大マラソンを走破した川口市民ランナーの実話が導く再生ストーリー

翔太(寛 一 郎)は訳あって逃げ込んだ民家で、老婦人・多笑(松原智恵子)から孫だと勘違いされ、成り行きでそこに住むことに。しかし数日後、多笑の本物の孫・佳織(山下リオ)が訪ねてくる・・・。
そしてある晩、ラジオから、世界6大マラソンを走破した高齢の市民ランナーの話題が聞こえる。そのラジオをきっかけに立ち止まっていた6人が出会い、支え合い、時にはぶつかりながらも、それぞれの人生が走り始める。

***********************************

出演:寛 一 郎 山下リオ / 菜 葉 菜 辻本祐樹 綱島恵里香 安居剣一郎 ・ 長谷川初範 浅田美代子 / 松原智恵子
脚本:岡 芳郎
監督:中泉裕矢 
製作:川口市
特別協力:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
配給:キャンター
©2018 川口市


寛 一 郎、山下リオ、松原智恵子ら登壇!川口先行上映『君がまた走り出すとき』 舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 川口市が埼玉県と共催するSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018の15周年記念オープニング作品として製作した映画『君がまた走り出すとき』が、作品の舞台である埼玉県川口市のMOVIX川口で2月8日(金)から先行上映がスタート。

そして!
本日2月9日(土)に先行上映記念の舞台挨拶がMOVIX川口にて行われ、主演の寛 一 郎さん、共演:山下リオさん、松原智恵子さん、菜 葉 菜さん、辻本祐樹さん、綱島恵里香さん。そして中泉裕矢監督が登壇しました。

映画『君がまた走り出すとき』川口先行上映記念舞台挨拶
日付:2月9日(土)
場所:MOVIX川口
登壇:寛 一 郎、山下リオ、松原智恵子、菜 葉 菜、辻本祐樹、綱島恵里香
中泉裕矢監督

映画情報どっとこむ ralph 雪がチラつく中、満席の劇場。

主演を務めた寛一郎さんは、

寛一郎さん:寒い中、雪の中、そして三連休の初日にご来場いただきまして、ありがとうございます。川口市製作で、全編川口市で撮影させていただいきました。川口の映画だと思っているので、川口市で最初に公開できたことがすごく嬉しいです!

と、川口市のお客様に向けて感謝を伝えました。
中泉監督:川口で公開が始まったことが嬉しいですし、今日、この6人と集まれたのが嬉しいです。

と再会に喜びを隠せない様子。

山下さん:雪の中を来てくださってありがとうございます。撮影現場はキャスト、スタッフともに仲が良く、撮影を進めていきながら絆が生まれた感覚がある映画です。私にとっても大切な作品になりましたので、川口の皆さんに観ていただけたことが何より嬉しいです。
と笑顔で挨拶をしました。

松原さん:寒い中劇場にいらしてくださってありがとうございます。私の撮影は家のシーンが多く、川口の街中には出ていかなかったのですが、撮影中に近所の方とお会いすると気さくに話してくださって、川口の方は優しいのだなあという印象があります。

と、とても上品に撮影を振り返り、印象に残っているシーンを聞かれると
松原さん:お寺さんで寛一郎さんと2人で話したり、ワラジを結わえつけるシーンが印象に残っています。走らなくてはいけない時、また何か一歩踏み出す時に、このお寺さんで願掛けをしていただき、ワラジを結んでみるといいと思います。

と、川口市民に川口の名所をPRしました。

映画情報どっとこむ ralph 辻本さんも映画の中で自身がランナーとして走るシーンを振り返り、
辻本さん:土手を走っている時、勿論気持ちよかったのですが、川口市民ランナーの方に走り方を教えていただきました。川口市民の方に教えていただけたことがスクリーンにのせられてよかったです。

と、市民の皆さんに“ランナー”に仕上げていただけたことを明らかにしました。
綱島さん:シックスタートルズが結成され、ここにいらっしゃる出演者の皆さんたちで話をするシーンがありますが、私は病室にいることが多い役だったので皆さんと外で撮影できた時、“お芝居をしているなあ”という気持ちが深まった思い出のシーンでした。

と、共演者との思い出を語りました。
菜葉菜さん:川口市の皆さんと一緒に作った作品だと思っています。川口から発信して、いろんな方にひろめていただいて、一緒に盛り上げていっていただけたら有り難いと思います。

と頭をさげ、

中泉監督:寛一郎さんが、日に日に自分の演出がいらなくなっていくことがよい作品になる手応えで、最後のシーンは、撮影前に寛一郎さんに“いけるよね?”と聞くと、“大丈夫です”と頷いたことが蘇ります。作品を一緒につくっているんだなあと実感していました。思い出の詰まった本作は、川口の映画だとおもっておりますので、この映画を楽しんでいただけたらと思います。

とお客様に伝えました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『君がまた走り出すとき

2月8日(金)よりMOVIX川口にて川口先行上映中。
3月2日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開いたします。

物語・・・
人生は何度でも走り出せる世界6大マラソンを走破した川口市民ランナーの実話が導く再生ストーリー

翔太(寛 一 郎)は訳あって逃げ込んだ民家で、老婦人・多笑(松原智恵子)から孫だと勘違いされ、成り行きでそこに住むことに。しかし数日後、多笑の本物の孫・佳織(山下リオ)が訪ねてくる・・・。

そしてある晩、ラジオから、世界6大マラソンを走破した高齢の市民ランナーの話題が聞こえる。そのラジオをきっかけに立ち止まっていた6人が出会い、支え合い、時にはぶつかりながらも、それぞれの人生が走り始める。
***********************************

出演:寛 一 郎 山下リオ / 菜 葉 菜 辻本祐樹 綱島恵里香 安居剣一郎 ・ 長谷川初範 浅田美代子 / 松原智恵子

脚本:岡 芳郎
監督:中泉裕矢 
製作:川口市
特別協力:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 
配給:キャンター
©2018 川口市


中泉裕矢監督 映画『君がまた走り出すとき』劇場予告映像を到着!


映画情報どっとこむ ralph 川口市が埼玉県と共催するSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 15周年記念オープニング作品として製作し、2019年2月8日(金)からMOVIX川口の川口先行上映、3月2日(土)から新宿武蔵野館ほか全国順次公開となる映画『君がまた走り出すとき』の劇場予告動画が到着しました。
因に、中泉監督は、カメ止めの助監督。というよりも上田監督の仲間的な方です。



映画情報どっとこむ ralph さらに本日、本作のクライマックスに登場人物たちが参加するマラソン大会のモデルになった川口マラソン(第37回)に辻本祐樹さん、中泉裕矢監督が映画PRのためランナーと出走しました。

日程:12月2日(日)
会場:青木町総合運動場
参加者:辻本祐樹、中泉裕矢監督

12月2日(日)の早朝、映画『君がまた走り出すとき』の舞台である川口市で、本作のクライマックスに登場人物たちが参加するマラソン大会のモデルになった川口マラソンの本年度大会(第37回)に出演者を代表して、辻本祐樹と中泉裕也監督が参加いたいました。さらに本大会の映画ブースで劇場予告映像も解禁となりました。

まずは7:40から辻本祐樹と中泉裕也監督がマラソン大会の開会式に参加して、大会主催者である川口市長:奥ノ木信夫から映画『君がまた走り出すとき』から辻本と中泉監督の参加をマラソン大会参加者へご紹介。その後、ウォーミングアップを経て、二人が参加する3kmマラソンのスタート時点へ向かう。スタート時点でスターターを務める奥ノ木市長から再度、辻本と中泉監督および映画「君がまた走り出すとき」を参加者にご説明いただき、スタート地点で奥ノ木市長、参加者とともに記念撮影を行う。8:55に遂に二人が参加する3kmマラソンがスタート。スタート地点である川口市・青木町総合運動場から川口市内で回るコースで7000人を超えるマラソン参加者、沿道の皆さんから声援を受けながら、映画のPRをしながら笑顔で走る二人。出走中には沿道から握手を求められ、気さくに答える二人。そんな映画の舞台である地元の人々と触れ合いながら9:15に二人そろって無事完走。その後も会場内での映画前売券の販売にも参加。2019年2月8日のMOVIX川口で川口先行上映に向けて映画の舞台に なった川口市でのPRに積極的に協力。
映画の中のモデルにもなった川口マラソンに参加した感想として、中泉監督は『マラソンは走る前と走った後は感覚が変わる。走る前はこれから長距離を走ることを考えるとちょっと憂鬱だなと感じたのですが、走ってみると、爽快感もあり、体も軽くなり、気持ちよさを感じました。さらに沿道から「映画を見に行くよ」と声援を貰うことで、一歩前に進めたと感じました。今回の映画「君がまた走り出すとき」は今回マラソンに参加して思ったのですが、マラソンに似ていると思いました。見た後に爽快感を感じてもらえると思います』。辻本祐樹は『僕はマラソン大会に出るのは初めてでした。思っていた以上にたくさんの方々が参加なさっていて、そしてその方達のこれから走るぞという熱気に溢れていて、清々しく素敵な空気を感じました。走っている際は、僕たちのことを知らない方からも、沿道から多くの皆さんに応援してもらい、パワーをもらえ、走る前よりも走った後の方が元気になりました。また機会があれば是非参加したいと思います。この映画も今回感じたような前向きで温かい気持ちになれる作品だと思います。是非劇場でご覧頂けたら嬉しいです』。二人ともマラソンを走り終えて、地元からの温かさを感じ、2月8日からの川口市での先行上映に向けて手ごたえを掴んだ大会になりました。

映画『君がまた走り出すとき
2019年2月8日(金)よりMOVIX川口にて川口先行上映
2019年3月2日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
kimimata.com

ツイッター
https://twitter.com/kimimata_m

物語・・・
もう逃げない、この人生<レース> 川口に住む、ある市民ランナーの実話が導く再生ストーリー。 訳あって、犯罪に手を染めてしまった翔太。警察に追われ逃げ込んだ民家で、老婦人・多笑か ら「お帰りなさい」と家に招かれ、成り行きでそこに住むことに。多笑の孫・佳織が訪ねてき た日の晩、ラジオからある市民ランナーの話題が聞こえ、翔太は佳織からマラソン大会参加を けしかけられる。

***********************************

監督:中泉裕矢
出演:寛 一 郎 山下リオ 菜 葉 菜 辻本祐樹 綱島恵里香 安居剣一郎 ・ 長谷川初範 浅田美代子 ・ 松原智恵子
製作:川口市
特別協力:埼玉県/SKIP シティ 彩の国ビジュアルプラザ
2018 年/日本/90 分
© 2018 川口市