「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」タグアーカイブ

ユニーク過ぎるドキュメンタリー『世界で一番ゴッホを描いた男』色々心揺さぶられる作品公開へ


映画情報どっとこむ ralph <職人か芸術家か>  

芸術に人生を捧げた孤高の画家ゴッホの複製画を描くことに人生を捧げる男を追った、摩訶不思議な魅力を放つ珠玉にして括目のドキュメンタリー

世界で一番ゴッホを描いた男』。


中国・深圳市近郊にある「大芬(ダーフェン)油画村」では、ゴッホをはじめとする有名画家のレプリカ制作が産業として確立しており、実に世界市場の6割を生産しているといわれている。
本作は、そんな大芬で生きるひとりの画家チャオ・シャオヨンが、未だ経験がない“本物のゴッホの絵を見る”という夢を叶えるためアムステルダムを訪れるまでを描いた感動のドキュメンタリー。
2016年のアムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭でワールド・プレミアされた後、数多くの映画祭で上映されている。

監督のユイ・ハイボーとキキ・ティンチー・ユイは父娘であり、父は著名な写真家、娘は自身の制作会社で監督・プロデューサーを務めるだけでなく、上海の学校で教鞭も執っている。

<大芬(ダーフェン)油画村>、その存在を知らなかった全ての人が、本作で接することで新鮮な驚きを禁じ得ないであろう極めて特殊な環境と極めてユニークな複製画の制作過程、主人公画家チャオ・シャオヨンの“芸術に人生を捧げた孤高の画家=ゴッホ”への溢れる畏敬の念とゴッホと共に生きる者としての複製画へのこだわりとプライド、そして“自分はゴッホの複製画制作に命を懸ける職人なのか?ゴッホの生き様を今に蘇らせるアーティストなのか?”という葛藤…。

ドキュメンタリー映画は星の数程あれど、これ程ユニークな構造で撮られ、新鮮な驚きと感動に心躍らせ心揺さぶられる作品は映画史上どれだけあっただろうか?

映画情報どっとこむ ralph ゴッホに魅せられ、ゴッホに人生を捧げる男を追った、摩訶不思議な魅力を放つ、珠玉にして括目の新たなドキュメンタリー映画の傑作が誕生した。

世界で一番ゴッホを描いた男

英題:China’s Van Goghs
10月20日(土)より新宿シネマカリテ/伏見ミリオン座ほか、全国順次ロードショー 

公式サイト: 
http://chinas-van-goghs-movie.jp/

TWITTER:
@van_goghs_movie

複製画制作で世界の半分以上のシェアを誇る油絵の街、中国大芬(ダーフェン)。出稼ぎでこの街にやって来た趙小勇(チャオ・シャオヨン)は独学で油絵を学び、20年もの間ゴッホの複製画を描き続けている。絵を描くのも食事も寝るのも工房の中。いつしか趙小勇はゴッホ美術館へ行くという夢ができた。本物のゴッホの絵画からゴッホの心に触れて何か気づきを得たい、今後の人生の目標を明確にしたいという思いと共に。

どうしても本物のゴッホの絵画を見たいという想いは日増しに募り、ついに夢を叶えるためにアムステルダムを訪れるのだが・・・。


◆“油画村とは”
中国南部深圳市にある大芬(ダーフェン)は世界最大の「油画村」と呼ばれ、ゴッホをはじめとする有名画家の複製画が産業として確立しており、実に世界市場の6割の複製油絵が制作されていると言われている。1989年香港の画商が20人の画工を連れてきたのがこの街の始まりで、現在、画工の数は1万を超える。毎年、数百万点の油絵がこの街から世界中へ売られていき、その総額は2015年で6500万ドルを超えている。物語の主人公、趙小勇(チャオ・シャオヨン)は湖南省出身で1996年に出稼ぎで大芬にやって来た。そこで初めてゴッホの絵画と出会い、これまで独学でゴッホの複製画10万点以上を家族と共に描いてきた。多い時には毎月600~700枚のゴッホの複製画を全世界へ輸出している。

***********************************

2017年SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 監督賞受賞作品
監督:ユイ・ハイボー、キキ・ティンチー・ユイ
提供:アルカディア・パートナーズ/エイポック
配給:アーク・フィルムズ/スターキャット
協力:朝日新聞社 後援:オランダ王国大使館
原題:中國梵高 
2016年/中国、オランダ/16:9/84分
© Century Image Media (China)
    


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 15周年記念作品 主演:寛 一 郎 x 中泉裕矢監督『君がまた走り出すとき』川口先行上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 川口市が埼玉県と共催するSKIPシティ国際Dシネマ映画祭の15周年記念作品として製作した映画『君がまた走り出すとき』。

7月13日(金)から開催されている「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018」でSKIPシティ映像ホールでのオープニング上映及び市内にある劇場「MOVIX川口」でサテライト上映は全3回の上映回全て満員御礼。

そして!

今回、映画祭でご鑑賞いただきました皆様、満員で入場いただけなかった皆様のご要望に応え、本作の舞台である川口市での先行公開が下記のとおり決定しました。

川口先行公開日:2019年2月8日(金)
公開劇場:MOVIX川口(埼玉県川口市並木元町1-79 アリオ川口3F)


映画『君がまた走り出すとき』

物語・・・
もう逃げない、この人生<レース> 川口に住むある市民ランナーの実話が導く再生ストーリー 訳あって、犯罪に手を染めてしまった翔太。警察に追われ逃げ込んだ 民家で、老婦人・多笑から「お帰りなさい」と家に招かれ、成り行き でそこに住むことに。多笑の孫・佳織が訪ねてきた日の晩、ラジオか らある市民ランナーの話題が聞こえ、翔太は佳織からマラソン大会参加をけしかけられる。

***********************************


監督:中泉裕矢

出演:寛 一 郎 山下リオ / 菜 葉 菜 辻本祐樹 綱島恵里香 安居剣一郎 ・ 長谷川初範 浅田美代子 / 松原智恵子

脚本:岡 芳郎
製作:川口市
特別協力:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
配給:キャンター


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 オープニング作品『君がまた走り出すとき』製作決定!エキストラ大募集


映画情報どっとこむ ralph 川口市は、埼玉県と共催するSKIPシティ国際Dシネマ映画祭の15周年を記念し、川口市を舞台としたオープニング作品を製作することが決定しました。
本作の製作にあたり、川口市や本映画祭、またはSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザの若手支援事業にかかわりのある監督から広く企画を公募し、50に及ぶ応募企画の中から、人生に行き詰った人たち、逃げ続けている人たちが、日本人男性で初めて世界の6大マラソンを走破した実在の人物・古市武さん(川口市在住)の姿を見てマラソンを始めることで、人生と向き合う人々のヒューマンドラマ作品を応募した中泉裕矢がオープニング作品を監督することが決定。

中泉裕矢監督コメント
最近改めて自覚するのが「映画はやりたいこと」だということです。やりたいことをやろうと始めた映画製作を、認めてくれて多くの人に見て もらう機会をくれたのがSKIPシティの映画祭でした。好きなことを続けていいと言われた気がしたのを、今でも思い出します。この映画祭へ の気持ちは、今回の作品を作る過程でも良い影響になっております。多くの人に楽しんでもらえる作品にしようと思っています。


映画情報どっとこむ ralph 本作の主演には昨年、『心が叫びたがってるんだ。』、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』など立て続けに話題映画に出演し、今年もドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」に出演。

今後、更なる飛躍が期待される若手俳優・寛一郎が決定。

寛一郎さんからのコメント
自分もいつかは主演をやらせて頂ける時が来るのかな。と考えることが時々あり、でもまだ主演はやれ ないなーと思っていた時にこのお話をいただいて驚きました。こうやってコメントを考えながらもま だ実感できてません。みなさんといい作品が作れたらなと思っています。

映画情報どっとこむ ralph ヒロインには10代からCM、モデルとして活躍しながら、映画、ドラマなど数多くの作品に参加して女優として活躍する山下リオが出演。

山下リオさんからのコメント
今年で15周年を迎えるSKIPシティ国際Dシネマ映画祭のオープニング作品。 数々の作品のトップバッターということで、今からドキドキしてしまいますが、国、長編・短編問わ ない、映画の輪の中に私も参加させていただき嬉しく思います。 走ることを通して見えてくる、人間模様やキャラクターが魅力的で、もうすでに作品に登場する人々が 大好きになっている自分がいます。チーム一丸となって、撮影を走り抜けていきたいと思います。

さらに長年、映画、ドラマに出演し、2016年には『ゆずの葉ゆれて』にて第1回ソチ国際映画祭で主演女優賞を受賞した実力派女優・松原智恵子も参加。

松原智恵子さんからのコメント
16歳から映画の世界に入り57年間100本以上の映画に出演し、テレビの方も数えきれない程色々な作品にめぐり逢い 演じてきました。そして今回の映画は実年齢と共に年相応の作品に出逢いました。ボケているような、いないような とても難しい役柄を演じます。主人公が色々な人々と触れ合うことで本当に大切なことは何か?人生には時に向かい 風や追い風、様々な風が吹いてきます。マラソンを通してそれぞれが抱えている問題を乗りこえていき成長していく ことを私自身もうまく表現できるよう頑張ってまいります。監督をはじめ若いキャスト・スタッフのみなさんとの新 しい出会いに今からドキドキしています。楽しい現場にしていきたいと思っております。

他にも浅田美代子、長谷川初範、菜葉菜、辻本祐樹など実力派が脇を固める。

映画情報どっとこむ ralph さらに本作は5月上旬から川口市がメインロケ地として撮影スタートし、エキストラとして市民が参加できる地域参加型映画として展開。

映画エキストラの募集について

マラソン大会シーンでのエキストラを多く募集しております。
また、平日等に他シーンの撮影に関しましても募集。みなさまのご応募をお待ちしております!
募集内容
○マラソン大会ランナー役(300名程度)
○マラソン大会観客及び大会関係者役(300名程度)
撮影予定日 5月19日(土)、雨天時20日(日) (撮影場所はご登録後、制作会社よりご案内いたします)
○その他の役 撮影日・撮影場所 調整中 (ご登録後、制作会社よりご案内いたします)
登録の詳細は川口市ホームページ:こちら


本作は7月13日に<SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018>オープニング作品として上映、その後、2018年度内に劇場公開を予定しています。

映画『君がまた走り出すとき

公式HP:
kimimata.com

ツイッター:
@kimimata_m

映画情報どっとこむ ralph
<SKIPシティ国際Dシネマ映画祭とオープニング作品について>

2004年から開催しているSKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、世界ではじめてデジタルで撮影・制作された作品にフォーカスした国際コンペティション映画祭で、今年15周年を迎えます。
毎年、世界各国の国と地域から集まる多数の応募作品の中から、エンターテインメント性とデジタルの新たな表現の可能性を感じる作品を上映するとともに、日本映画界の次代を担うクリエイターを発掘・紹介してきました。今年で5本目となるオープニング作品の製作もそのひとつで、映画祭が主体となり、若手監督による長編作品の製作・上映を支援するプロジェクトとして行っています。

©2018 川口市
***********************************



ベルギー・フランス・カナダ合作映画『KOKORO』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 生きるということは、ただ呼吸をするだけ。
静寂の島で取り戻したものとは―。

この度、ベルギー・フランス・カナダ合作映画『KOKORO』が11月4日(土)よりユーロスペース他全国順次公開されることが決定しました。

本作は、ある島を舞台に描かれる、心に傷を負った人間の回復の物語。最愛の弟を亡くし、失意のなか日本を訪れたフランス人女性が行き着いたのは、投身自殺の名所と知られる崖のある海辺の村。そこで出会った元警察官の男は、悩める人々の心に寄り添い、自殺を思いとどまらせていた。彼女と同じように傷ついた人たち、そして島の人々との優しい交流が、ゆっくりと彼女の心に変化をもたらしてゆく。

本作でメガホンをとったのは、ベルギーの女性監督ヴァンニャ・ダルカンタラ。
自身の祖母の経験に基づき、第二次世界大戦中にシベリアに追われたポーランド女性を描いた「荒野の彼方へ Beyond the Steppes」(10)で長編作監督としてデビューを飾り、同作でロカルノ国際映画祭オフィシャルコンペティション正式出品、マラケシュ国際映画祭で審査員特別賞、日本のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2011にて監督賞に輝いた方。

主人公アリスを演じるのは、セザール賞常連女優であり、映画『奇跡のひと マリーとマルグリット』のイザベル・カレ。
もう一人の主人公ともいえる元警官のダイスケを演じるのは、 ナ・ホンジン監督作の韓国映画『哭声/コクソン』で国内外の注目を浴びた國村隼。さらにアリスが出会う地元住人ジロウを、『スマグラー -おまえの未来を運べ-』『GONINサーガ』などで知られる個性派俳優、安藤政信、好奇心旺盛な女子高生ヒロミを『愛の渦』『二重生活』などの若手演技派、門脇麦が演じている。

映画情報どっとこむ ralph KOKORO

公式サイト:
www.kokoro-movie.jp

物語・・・
夫と思春期の子供二人とフランスで暮らすアリスの元に、長い間旅に出ていた弟ナタンが戻ってきた。ナタンは日本で生きる意欲を見つけたと幸せそうに語る。しかしその数日後、彼は突然この世を去ってしまう。弟の死にショックを受けたアリスは、弟を変えた人々、そこにある何かに出会うため、ひとり日本を訪れる。ナタンの残した言葉を頼りに、弟の足跡をたどっていくアリス。そこで彼女は、海辺の村に住む元警察官ダイスケと出逢う。彼は飛び降り自殺をしに村の断崖を訪れる人々を、そっと思いとどまらせているのだった。求めすぎず、静かに傷をいやすことのできるその場所に、アリスはどこか安らぎを感じる。そしてダイスケをはじめとするジロウ、ミドリ、ヒロミ、ハルキら、その村で出会った人々との交流が、静かにアリスの心に変化をもたらしてゆく。

過去記事:
ゆうばり映画祭 國村隼&ヴァンニャ・ダルカンタラ『KOKORO』舞台挨拶の模様のどうぞ
eigajoho.com/?p=65302


***********************************

出演:イザベル・カレ 國村隼 安藤政信 門脇麦 他 
監督・脚本:ヴァンニャ・ダルカンタラ
原作:オリヴィエ・アダム「Le cœur régulier」  
配給・宣伝:ブースタープロジェクト
2016年/ベルギー・フランス・カナダ/95分/カラー/シネマスコープ/5.1ch   
Ⓒ Need Productions/Blue Monday Productions


日本からミュージカル映画を!音楽座ミュージカル『とってもゴースト』映画化へ


映画情報どっとこむ ralph ミュージカル俳優で監督の角川裕明さんが日本からミュージカル映画のヒット作を創出したい!として、音楽座ミュージカルさんの『とってもゴースト』を映画化するプロジェクトが立ち上がりました!

そして、モーションギャラリーにてクラウドファンディングにて製作資金調達を開始しました!

日本発のミュージカル映画ヒット作を皆様も一緒にな!プロジェクトです。

映画情報どっとこむ ralph 先ずは熱い!角川裕明監督からのコメント

「皆様、こんにちは。角川裕明(かくかわひろあき)と申します。
私は、“日本にミュージカル文化を深く浸透させたい”という想いを形にするべく「Musical Of Japan」という団体を立ち上げ、「東京ミュージカルフェス/神奈川ミュージカルフェス」等のミュージカルイベントの企画運営、ミュージカルワークショップ「角川研究所」の開催、「Japanese Musical Cinema」名義でのミュージカル映画の制作など、様々な形で日本におけるミュージカル文化の普及活動をしております。

『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012』授賞式より(前列右から2番目=角川)
その活動の中で今回、私が映画製作でお世話になっている「SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ」のサポートにより、和製オリジナルミュージカルを上演し続けている「音楽座ミュージカル」の作品『とってもゴースト』を映画にするという機会をいただきました。

『とってもゴースト』は1989年に初演されて以来、再演が重ねられ、とても多くのファンを持つ作品です。私はぜひこの機会を活かして、日本発のミュージカル映画としてより多くの方々にこの作品をご覧いただくと共に、日本におけるミュージカル文化の普及にも繋げていけたらと思いました。

多くのファンを惹き付ける『とってもゴースト』の映画化成功に向けて。そして日本におけるミュージカル文化の普及に向けて。皆様からのさらなるお力添えをいただき、日本発のミュージカル映画のヒット作を一緒に創出していければと思っております。


映画としては短編3本に長編1本、そのほかミュージカルをテーマにした映像作品も数多く制作してきました。目指すべきところはミュージカルの文化を「正しく」日本に根付かせるということ。そのためにはこれからも良質なミュージカル映画を作り続けることが不可欠だと考えています。

2017年の今年は、 ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』や、ディズニーのミュージカル作品『美女と野獣』の実写版映画が公開されて話題となり、ミュージカル文化を根付かせるためのタイミングとしてはとても良いと思っています。

このチャンスを最大限に活かすためにも『とってもゴースト』の映画化をぜひ成功させ、「日本にもっとミュージカル文化を」という想いをぜひ実現させたいと思っていますので、何卒ご協力の程、宜しくお願いいたします。」


映画情報どっとこむ ralph 監督/角川裕明 プロフィール

1974年生まれ。早稲田大学法学部卒業。
広告代理店(株式会社アサツー ディ・ケイ)勤務を経てボーカリストに転身。
シンガーソングライターとして都内のライブハウスを中心に音楽活動を始める。その後、俳優業へも活動の場を広げ『レ・ミゼラブル』『エリザベート』『オーシャンズ11』などのミュージカルや『ショーシャンクの空に』などの本格的なストレート芝居等、数々の舞台や映像作品に出演する。2012年、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて初監督作品であるミュージカル映画『ユメのおと』が短編部門のグランプリを受賞。 その後、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザを中心に活動。2013年、埼玉県と松竹製作のオムニバス映画『埼玉家族』の中の1作品としてミュージカル作品『父親輪舞曲-ちちおやロンド-』(鶴見辰吾 主演)を監督。新宿ピカデリー等で劇場公開(松竹配給)される。2015年には、ミュージカル文化を日本にもっと広めることを目的に「Musical Of Japan」を立ち上げ。現在は『角川研究室』というワークショップも頻繁に開催し、ミュージカル映画俳優の育成にも力を入れている。音響芸術専門学校特別講師。リマックス養成所講師。れんアカデミー講師。PASOC講師。Y.O DANCE STUDIO 特別インストラクター。Japanese Musical Cinema 代表。デザインブランド「wayomix」プロデューサー。2016年、監督最新作のミュージカル映画『MY☆ROAD MOVIE~チャリンコで自分探しの旅~』で第2回神保町映画祭のグランプリを受賞、第3回岩槻映画祭でも最優秀監督賞を受賞した。

http://www.kakukawa.com/

映画情報どっとこむ ralph 『とってもゴースト』
※ 音楽座ミュージカル『とってもゴースト』より
音楽座ミュージカル


あらすじ・・・
入江ユキはアパレル業界で注目されている、美貌のファッションデザイナー。ところがファッションショーのリハーサル当日、ほんの息抜きのつもりで出かけたドライブ中に、自動車事故で死んでしまう。突然の出来事に、自分でも死んだことに気づかないユキは、リハーサル会場へゴーストとなって現れる。しかしもちろん、その姿は誰にも見えず、声も聞こえない。そこへ天界からガイドがやってきた。ガイドの言葉に驚くユキ。しかし、“まだ生きる、まだ死ねない”という強い思いがわきおこり、ガイドの説明を振り切って夢中で逃げ出してしまう。雨が降る夜の街を呆然と彷徨っていたユキは、高台にある公園でデザイナーを志し生きる服部光司と出会った。ユキのひとり言に思わず返事をする光司。パワーの強い幽霊は、午前零時から三時までの間 (霊界タイム)だけ、生きる人間の目に見えたり、声が聞こえたりするらしい。光司の優しさに触れ、孤独なユキの心に温かいものが流れる。そしてユキは、この世の中でやり残してきたことが、「人を愛し素直に生きること」だと気づくのだった。


詳しい内容は!MotionGalleryのサイトを確認

***********************************