「ScreenX」タグアーカイブ

3面から死霊が襲ってくる!『 死霊館のシスター 』9/21[金]よりScreenX上映開始


映画情報どっとこむ ralph この度、全米で公開されるやいなや、過去の「死霊館」シリーズの中でもダントツのオープニング成績を収め、2018年ホラー映画ナンバー1の超特大ヒットスタートを切った話題沸騰中の映画『死霊館のシスター』が、9月21日(金)より3面ワイドスクリーンによるScreenX版で上映開始!

1952年のルーマニアの修道院を舞台に、バーク神父と見習いシスターのアイリーンが自殺したシスターの事件を追うにつれ、かつてない恐怖“悪魔のシスター・ヴァラク”と対峙していく本作は、3面のスクリーンにより、映画の緊張感を視覚的にも倍加する様々な演出が駆使されており、通常上映とは全く違った3倍もの新感覚恐怖を披露。シリーズ初のScreenX上映ということで注目を集めている。
そして、何よりも96分の上映時間の内、3面に広がるScreenXのシーンがなんと!30分を超えます!

本編尺の1/3が広がり広がった演出で、まるで実際に死霊館に入ったような臨場感を与え、恐怖を最大化させる。古い墓地の下にある狭い管の中に閉じ込められたり、薄暗い古い修道院の廊下など、密閉された空間がScreenXを介してシアターにそのまま表れたかのような錯覚体験も!

また「死霊館のシスター」にはScreenX版でしか観ることができない「何か」が…!?それは、主人公のアイリーンが墓地に迷い込み悪霊の罠にかかるシーン。正面と左右の壁の3面スクリーンで数十個の鐘の鳴り響くシーンで、ScreenX版だけの「何か」が登場するという…!その「何か」という、ScreenX版だけにオリジナルで仕込まれた演出を、ぜひScreenXシアターでご確認下さい!!

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、死霊と恐怖が3面ワイドスクリーンで襲ってくる、絶叫待ったなし! 心配停止レベル!『死霊館のシスター』ScreenXハイライト映像が到着! 『死霊館のシスター』の本編映像に併せて3面ワイドスクリーンに広がる、迫力MAX!臨場感MAX!恐怖感MAX緊張感あふれる映像です!!これを観れば絶対『死霊館のシスター』をScreenXシアターで観たくなること間違いなしな、《”恐怖”のScreenXハイライト映像》に仕上がっております!



映画情報どっとこむ ralph 因みに・・・
「ScreenX」とは、昨年夏、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にオープンした新次元の3面マルチ上映システム。近年、ハリウッドの配給会社との協業を積極的に行いながら多数のブロックバスター映画を次から次へと公開し、アメリカでは10〜20代を中心に最新トレンドとして広がっている。現在、アメリカ、中国、タイ、インドネシア、ベトナム、トルコのほか、全世界14カ国158スクリーンを運営中。また、2018年末までに、全世界約40%以上の「ScreenX」上映館が増える見込み。

日本で唯一となる、ユナイテッド・シネマお台場「ScreenX」で、『死霊館のシスター』を!是非、お楽しみください。

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
http://www.unitedcinemas.jp/screenx/

映画情報どっとこむ ralph 映画『死霊館のシスター
原題:The Nun

公式ホームページ:
http://wwws.warnerbros.co.jp/shiryoukan-sister/
物語・・・
1952 年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶つ。不可解な点が多いこ の事件の真相を探るため、教会はバーク神父とシスターの見習いアイリーンを修道院へ派遣する。二 人は事件を調査していくにつれ、この修道院に隠された想像を絶する秘密へとたどりつく。バーク神 父とアイリーンは、決して関わってはいけない恐るべき存在“悪魔のシスター”と対峙することになる――。
***********************************


監督:コリン・ハーディ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
制作:ジェームズ・ワン
出演:タイッサ・ファーミガ、デミアン・ビチル、シャーロット・ホープ、リリー・ボーダン、ボニー・アーロンズ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


『アントマン&ワスプ』ScreenXシアターにまもなく登場 @お台場にて


映画情報どっとこむ ralph この度、CJ 4DPLEX社とウォルト・ディズニー・スタジオは、マーベル・スタジオ最新作『アントマン&ワスプ』を新次元3面マルチ上映システム「ScreenX」(スクリーン・エックス)で上映することを決定!

8月31日(金)より、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて公開する運びとなりました。


本作の公開を記念して、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場では、公開記念アンコール上映として、昨年公開した大ヒット作品『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』、『ブラックパンサー』、2作品のScreenX版の特別上映を、~8月30日(木)まで絶賛上映中。

「ScreenX」フォーマットでの上映が決定した最新作『アントマン&ワスプ』は、映画史上最小にして最強のヒーロー・コンビが贈る、ユーモアあふれるバディ・アクションムービー。小さくなるほど強くなる、身長わずか1.5cmの最強ヒーロー・コンビ「アントマン」と「ワスプ」は、アントマン誕生の秘密が隠された研究所を狙う謎の敵「ゴースト」に立ち向かう。


映画情報どっとこむ ralph そして、この度、ア・リ・え・な・いサイズで正面・左右3面スクリーンを行き来する、身長1.5センチの最小ヒーロー・コンビの姿が収められた『アントマン&ワスプ』「ScreenX」版公開を記念し、《ScreenX ハイライト360度VR映像》を解禁!PC画面上では、youtube再生画面の左上マウスをドラックするか、映像左上のカーソルで前後左右に視点を動かすことで、ScreenXシアターで上映中の『アントマン&ワスプ』ハイライト映像が流れており、3面に広がる映像を隅から隅まで見渡すことができる。また、スマートフォンのyoutubeアプリで本映像を観ると、視界の動きに合わせて映像を360度見回すことができるVRモードでの鑑賞が可能!

『アントマン&ワスプ』ScreenX ハイライト360度VR映像



小さくなったワスプが、自分に襲ってくるナイフを活用し走り出すシーンや、サンフランシスコ市内で繰り広げられるカーチェイスシーンなど、これを観れば絶対『アントマン&ワスプ』をScreenXシアターで観たくなること間違い無しな、臨場感あふれまくる《ScreenX ハイライト360度VR映像》に仕上がっています!


映画情報どっとこむ ralph 『アントマン&ワスプ』 「ScreenX」版で楽しむべき注目ポイント|

❶ 大小変幻自在!サイズを支配するアントマンが3面を支配する!
 アントマンは、自由自在にサイズを変えながら大迫力かつ、ユーモラスなアクションを披露。“アントマン”らしいアクションと「ScreenX」のシナジーが最も強烈に発揮されるシーンは、サンフランシスコ市内で繰り広げられるカーチェイスシーン。アントマンが乗っている車が小さくなると、左・右の両サイドが拡張され、”1.5cmヒーロー”アントマンと対比が楽しめる。一方、アントマンが巨大化した際には、正面のスクリーンがフレームを超え、両サイドにこぼれ落ちたアントマンのビジュアルを体験できる。このサイズ変化によるアクションシーンは、『ブラックパンサー』の遠隔操作システムのカーチェイスシーンや、冒頭からゾッとするほどのスピーディーな『キングスマン:ゴールデン・サークル』のカーチェイスシーンに続き、話題の3大「ScreenX」カーチェイスシーンに選ばれること間違いなし!


❷3面を縦横無尽に駆け巡るアントマン、ユーモアあふれるバディアクションを披露!
 ScreenXで観る『アントマン&ワスプ』に期待できるもうひとつのポイントは、おっと!なるほど”意外な武器”の登場、そして、3面を縦横無尽に駆け巡るアントマンとワスプのアクションシーン!サンフランシスコでのカーチェイスシーンでは、アントマンがトラックをキックボードのように操り、左側のスクリーンから右側のスクリーンに滑り出す名場面、そして、日本の国民的人気キャラクター ハローキティこと”キティちゃんのペッツ“も巨大化し敵に襲い掛かるなど、3面スクリーンを存分に披露する”意外な武器”の登場シーンに目が奪われる。また、小さくなったワスプが、自分に襲ってくるナイフを活用し走り出すシーンでは、ナイフが左から右まで3面スクリーンを貫く派手なアクションが楽しめる!

『アントマン&ワスプ』ScreenX上映劇場: 
ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 
http://www.unitedcinemas.jp/screenx/

なお、「ScreenX」とは、昨年夏、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にオープンした新次元の3面マルチ上映システム。近年、ハリウッドの配給会社との協業を積極的に行いながら多数のブロッバスター映画を次から次へと公開し、アメリカでは10〜20代を中心に最新トレンドとして広がっている。現在、アメリカ、中国、タイ、インドネシア、ベトナム、トルコほか、全世界9カ国142スクリーンを運営中。また、2018年末までに、全世界約25%以上の「ScreenX」上映館が増える見込みです。

日本で唯一となる、ユナイテッド・シネマお台場「ScreenX」にて、『アントマン&ワスプ』で新次元の映画体験を!是非、お楽しみください。

映画情報どっとこむ ralph 映画『アントマン&ワスプ』について
原題:Ant-Man and the Wasp

公式ホームページ:
https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp.html



物語・・・
小さくなるほど強くなる、身長わずか1.5センチの最強コンビによる痛快バディ・アクション・ムービー!

頼りなさすぎるヒーロー<アントマン>と、完璧すぎるヒロイン<ワスプ>──ふたりの前に、すべてをすり抜ける神出鬼没の謎の美女<ゴースト>が現れ、アントマン誕生の鍵を握る研究所が狙われる。敵の手に渡れば、世界のサイズが自在に操られてしまう!? さらに、金目当ての武器ディーラーの襲撃や、アントマンを監視するFBIの追跡も巻き込み、人や車、ビルなど全てのサイズが変幻自在に変わる“何でもアリ”の大騒動に! ユニークなパワーと微妙なチームワークで、アントマンとワスプは世界を脅かす“秘密”を守り切れるのか?

***********************************

監督:ペイトン・リード
制作:ケヴィン・ファイギ
出演:ポール・ラッド/エヴァンジェリン・リリー/マイケル・ダグラス/マイケル・ペーニャ/ハンナ・ジョン・カメン/ローレンス・フィッシュバーン/ミシェル・ファイファー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)Marvel Studios 2018
   


『アントマン&ワスプ』3面スクリーンScreenX上映決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、CJ 4DPLEX社とウォルト・ディズニー・スタジオは、世界興行収入No.1シリーズのマーベル・スタジオ最新作『アントマン&ワスプ』を新次元3面マルチ上映システム「ScreenX」(スクリーン・エックス)で上映することを発表!

北米で7/6より公開、日本では、8月31日(金)より、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて公開する運びとなりました。
そして、本作の公開を記念して、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場では、ScreenX祭りとして、昨年公開した大ヒット作品『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』、『ブラックパンサー』、2作品のScreenX版の特別上映を、7月13日(金)~8月30日(月)の期間で実施します。

『アントマン&ワスプ』ScreenX上映劇場: 
ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 
http://www.unitedcinemas.jp/screenx/

映画情報どっとこむ ralph 「ScreenX」とは、昨年夏、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にオープンした新次元の3面マルチ上映システム。視界の限界を超える270° 前面・左右両壁面の3面に広がるマルチ・ワイドスクリーンは、今までの常識を覆す革新的な上映システムで話題となり、この先中国、アメリカ、ヨーロッパなど、2018年末までに、全世界約25%以上の「ScreenX」上映館が増える見込み。「ScreenX」フォーマットに選ばれた最新作『アントマン&ワスプ』は、映画史上最小にして最強のヒーロー&ヒロインが贈る、ユーモアあふれるバディ・アクションムービー。小さくなるほど強くなる、身長わずか1.5cmの最強ヒーロー・コンビ「アントマン」と「ワスプ」は、アントマン誕生の秘密が隠された研究所を狙う謎の敵「ゴースト」に立ち向かう。



そして、この度、ア・リ・え・な・いサイズで正面・左右3面スクリーンを行き来する、身長1.5センチの最小ヒーロ&ヒロインの姿が収められた、『アントマン&ワスプ』の「ScreenX」版 特別予告映像が解禁!今回解禁された映像では、身長1.5cmのアントマンだけでなく、冒頭から巨大化した”ジャイアントマン“のド迫力カーチェイスシーンから、謎の敵「ゴースト」との超絶キレキレなアクションシーンまで、3面のマルチ・ワイドスクリーンで臨場感あふれまくる《ScreenX版・特別予告》に仕上がっております!

映画情報どっとこむ ralph 『アントマン&ワスプ』 を「ScreenX」版で楽しめるべき注目ポイントをピックアップ!

【大小変幻自在!サイズを支配するアントマンが3面を支配する!】 

【3面を縦横無尽に駆け巡るアントマン、ユーモアあふれるバディアクションを披露!】

日本で唯一となる、ユナイテッド・シネマお台場「ScreenX」で、『アントマン&ワスプ』を新次元の映画体験を!是非、お楽しみください。


『アントマン&ワスプ』
「ScreenX」版で楽しむべき注目ポイント|


❶ 大小変幻自在!サイズを支配するアントマンが3面を支配する!
 アントマンは、自由自在にサイズを変えながら大迫力かつ、ユーモラスなアクションを披露。“アントマン”らしいアクションと「ScreenX」のシナジーが最も強烈に発揮されるシーンは、サンフランシスコ市内で繰り広げられるカーチェイスシーン。アントマンが乗っている車が小さくなると、左・右の両サイドが拡張され、”1.5cmヒーロー”アントマンと対比が楽しめる。一方、アントマンが巨大化した際には、正面のスクリーンがフレームを超え、両サイドにこぼれ落ちたアントマンのビジュアルを体験できる。こんなサイズ変化によるアクションシーンは、『ブラックパンサー』の遠隔操作システムのカーチェイスシーンや、冒頭からゾッとするほどのスピーディーな『キングスマン:ゴールデン・サークル』のカーチェイスシーンに続き、話題の3大「ScreenX」カーチェイスシーンに選ばれること間違いなし!

❷3面を縦横無尽に駆け巡るアントマン、ユーモアあふれるバディアクションを披露!
 ScreenXで観る『アントマン&ワスプ』に期待できるもうひとつのポイントは、おっと!なるほど”意外な武器”の登場、そして、3面を縦横無尽に駆け巡るアントマンとワスプのアクションシーン!サンフランシスコでのカーチェイスシーンでは、アントマンがトラックをキックボードのように操り、左側のスクリーンから右側のスクリーンに滑り出す名場面、そして、日本の国民的人気キャラクター ハローキティこと”キティちゃんのペッツ“も巨大化し敵に襲い掛かるなど、3面スクリーンを存分に披露する”意外な武器”の登場シーンに目が奪われる。また、小さくなったワスプが、自分に襲ってくるナイフを活用し走り出すシーンでは、ナイフが左から右まで3面スクリーンを貫く派手なアクションが楽しめる!

映画情報どっとこむ ralph 映画『アントマン&ワスプ』
原題:Ant-Man and the Wasp 
公式ホームページ:
https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp.html

小さくなるほど強くなる、身長わずか1.5センチの最強コンビによる痛快バディ・アクション・ムービー!

頼りなさすぎるヒーロー<アントマン>と、完璧すぎるヒロイン<ワスプ>──ふたりの前に、すべてをすり抜ける神出鬼没の謎の美女<ゴースト>が現れ、アントマン誕生の鍵を握る研究所が狙われる。敵の手に渡れば、世界のサイズが自在に操られてしまう!? さらに、金目当ての武器ディーラーの襲撃や、アントマンを監視するFBIの追跡も巻き込み、人や車、ビルなど全てのサイズが変幻自在に変わる“何でもアリ”の大騒動に! ユニークなパワーと微妙なチームワークで、アントマンとワスプは世界を脅かす“秘密”を守り切れるのか?

***********************************

監督:ペイトン・リード
制作:ケヴィン・ファイギ
出演:ポール・ラッド/エヴァンジェリン・リリー/マイケル・ダグラス/マイケル・ペーニャ/ハンナ・ジョン・カメン/ローレンス・フィッシュバーン/ミシェル・ファイファー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン (C)Marvel Studios 2018


『キングスマン:ゴールデン・サークル』ScreenX版特別予告到着


映画情報どっとこむ ralph 表の顔は、ロンドンの高級テーラー。その実態は、どの国にも属さない世界最強のスパイ機関だった!全世界が熱狂した『キングスマン』から2年。

最新作『キングスマン:ゴールデン・サークル』が、2018年1月5日(金)より全国ロードショーとなります!

この度、日本初の3面スクリーン(正面+左右側面)での上映システム・スクリーンXで本作の上映が決定!

視界の限界を超えた究極の臨場感によって、キングスマンの世界観に没入できる衝撃的な映画体験の全貌が垣間見られるScreenX版特別予告が解禁です!
ScreenX(スクリーンエックス)」システムは、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に日本初導入された、正面だけでなく左右側面(壁面)にも映像が投影される次世代型映画上映システム。270度という規格外のワイドスクリーンにより視角すべてで映画を感じることで観客を究極の臨場感へと誘う、従来の映画の枠を超えた大迫力の上映システムは、隅々までこだわり抜かれた世界観で観客を魅了し、ギミック満載でぶっ飛ばす超過激スパイアクションとの相性抜群!

映画情報どっとこむ ralph 解禁されたScreenX版特別予告からは、まるでエグジー(タロン・エガートン)、ハリー(コリン・ファース)らキングスマンの一流エージェントたちと共闘しているかのような圧倒的な没入感を予感させます。

オープニングで登場するロンドンのカー・チェイスシーンでは、左右のスクリーンでロンドン市内をハイスピードで走っている車の中にいるような体験ができる。3面スクリーンにはそれぞれ車の計測器、ペダル、タイヤ、サイドミラーで敵を確認するエグジーの視線等をマルチ画面で表現し、緊張感を倍増!

敵の基地であるポピーランドへ突入するアクションシーンでは、ロングテイクカメラの動きにScreenXの効果まで加わり、常識破りのリアルな戦闘シーンの体験が可能!約5分間続く戦闘シーンではカメラの動きにあわせて左右のスクリーンで雨のような弾丸が降り注ぐ感覚と、爆発による破片等をドラマチックに表現し、戦闘の真っ只中にいるようなリアル感を感じることができ、観る人のテンションを秒でアゲること間違いなし!
2018年の年明けは、体感度・興奮度MAXの衝撃的な映画体験によって常識破りのパワーアップで帰ってくる『キングスマン:ゴールデン・サークル』と共に視界の限界を超えた新たなアクション体験にぜひ酔いしれてください!

2018年1月5日(金) TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー

公式サイト:
http://kingsman.jp/
公式Twitter:
@kingsmanjp

物語・・・
スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。

残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。

しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった!

彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか!?

***********************************

監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファース ジュリアン・ムーア タロン・エガ―トン マーク・ストロング ハル・ベリー エルトン・ジョン チャニング・テイタム ジェフ・ブリッジス
原題:Kingsman: The Golden Circle  
全米公開日:2017年9月22日  
配給:20世紀FOX映画  2017年/イギリス映画  PG12
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

20世紀フォックス映画アプリ配信中/新作映画情報・限定クーポン・ミニゲームをお届け!
※ダウンロードiPhone版はこちら



新感覚!お台場に、日本初の3面上映型の映画館『ScreenX』が誕生!


映画情報どっとこむ ralph 新次元 3面マルチ映画上映システム『ScreenX』(スクリーン・エックス)、7/1(土)日本初上陸!!

ユナイテッド・シネマ株式会社は、2017年7月1日(土)、「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」(東京都港区)に、日本初となる3面(正面+左右側面)・映画上映システム「ScreenX」(スクリーン・エックス)を導入する事が決定いたしました。

映画情報どっとこむ ralph ScreenX (スクリーン・エックス) とは・・・・

「ScreenX」とは、次世代型映画上映システムとして世界的に注目を集めている、3面マルチプロジェクション・映画 上映システムです。
映される映画は、シーンによって正面のみに映像が投影されるシーンと、両側面に映像が投影されるシーンがあります。

左右に広がる画面は映画のシーンにさらなる抑揚と臨場感をもたらす効果を生み出し、映画自体の持つポテンシャルを最大限に表現することを可能にしました。

● ScreenX 観賞料金 通常観賞料金 プラス700円(税込)



映画情報どっとこむ ralph そして、日本初上陸となる「ScreenX」、記念すべき第1作品目として公開される映画は、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』に決定いたしました。



ジャックが夏を連れてくる!
孤高の海賊ジャック・スパロウの過去を知る最恐の敵“海の死神”
サラザールが解き放たれた時、海賊全滅へのカウントダウンは始まった–
「ジャック・スパロウ―今度はお前が死ぬ番だ。」ジャック VS 海の死神の決戦
の行方は?<最後の冒険>がついに幕を開ける!

7/1 日(土)公開
日時座席指定券・・・・6/28(水)深夜 0:00 から劇場ホームページにて、 6/28(水)オープン時間より劇場窓口にて販売開始。(完売次第、販売終了)

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン。
(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

***********************************