「RADWIMPS」タグアーカイブ

U・x・U映画『犬ヶ島』望月ミネタロウによる、アナザーストーリーが週刊モーニングにて連載スタート


映画情報どっとこむ ralph あの『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)を手掛けたウェス・アンダーソン監督が贈るアニメーション映画『犬ヶ島』が5月25日(金)より全国公開となります。

全編にわたり日本を舞台とし、”ドッグ病”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く本作。

声優陣としてビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スウィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーヴ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能を持ったキャストが集結。さらには日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリらといった日本を代表する多彩なキャストの他、続々と人気ゲストの参加も発表されております!

先日開催された第68回ベルリン国際映画祭では、銀熊賞【監督賞】を堂々受賞!日本の映画ファンのみならず、全世界中からますますの注目を集めております!
『犬ヶ島』ベルリン国際映画祭レッドカーペット


映画情報どっとこむ ralph そして!この度、漫画「ドラゴンヘッド」「バタアシ金魚」「ちいさこべえ」などで知られる漫画家・望月ミネタロウによる、本作のアナザーストーリーが週刊モーニングにて連載スタートすることが決定しました!!!

独特な絵のタッチと表現技法からカルト的人気を誇る大御所漫画家・望月ミネタロウ。
今回、望月先生によって週刊モーニングの特別連載で描かれるのは、映画でも活躍する主人公のアタリと5匹の犬たちによって紡ぎ出されていくアナザーストーリー。

日本にたっぷりの愛とリスペクトを捧げるウェス・アンダーソンによって生み出されたユニークでアーティスティックな『犬ヶ島』の世界を舞台に、
望月ミネタロウならではのセンスによって繰り広げられていく今回の特別連載は、漫画ファンのみならず、映画ファンも必見の仕上がりになること間違いありません!

本連載は映画の公開前日の5月24日(木)発売号より3回の予定で掲載されることが既に決定しております。


週刊モーニングでの連載決定を受けたウェス・アンダーソン監督のコメント

『犬ヶ島』は“現実には存在しないマンガの翻案”として思いついた映画でした。そして今、素晴らしき望月ミネタロウさんが私たちのためにそれを現実のものにしてくれました。私たちは望月さんの作品を世界に贈り出すことを本当に嬉しく思っています。


マンガ化のオファーを受けた望月ミネタロウのコメント

僕がウェス・アンダーソンさんのファンなのは周知の事でしたので、候補に上がっていると聞いたときは、アンダーソンさんの世界観を日本で漫画にするなら、多分僕しかいないでしょ!と勝手に思ってました。実際やる事に決まったときは、宝くじに当ったような気持ちになった反面、アンダーソンさんの作家性とこだわりぬかれた世界観を改めて思い出し、『犬ヶ島』がストップモーションアニメなのも輪をかけて難しく‥これは大変な事を引き受けてしまった…とおろおろしました。壁紙の色柄まで可愛くて、いいです。難しいけど僕が好きな何かを表現できたらいいな。

と、それぞれコメント!

映画情報どっとこむ ralph さらに、連載開始を記念して、望月ミネタロウからオリジナルイラストも到着!!!

愛犬スポッツの行方を捜して遠くを見つめるアタリと、大好きな飼い主アタリの迎えを信じて忠実な眼差しでこちらを見つめるスポッツ、そして “ドッグ病”に感染された犬たちがさまよう“犬ヶ島”の殺伐とした様子がインパクトたっぷりに表現された本イラスト。望月ミネタロウの特徴ともいえるしっかりとした太い線で描かれたキャラクターたちの姿からは早くも望月ワールドの片鱗が垣間見え、5月に控えた連載スタートにますます期待が高まります!


『犬ヶ島』

5月25日(金)全国公開!!

公式サイト:
http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/

公式Twitter:
@foxsearchlightj


第68回ベルリン国際映画祭【銀熊賞】2作品連続受賞の快挙達成!
『ファンタスティックMr.FOX』でストップモーション・アニメの新次元を切り開き、日本でも大ヒットを記録した『グランド・ブダペスト・ホテル』でアカデミー賞®
9部門にノミネートされたウェス・アンダーソン監督が、自身の最高傑作を塗り替える最新作を完成させた!日本を深く愛するアンダーソン監督が、「黒澤明と宮崎駿、二人の巨匠から強いインスピレーションを受けて作った」と語る本作の舞台は近未来の日本。4年の歳月をかけ、670人ものスタッフが心を込めて作り上げた登場人物と犬たち!一つ一つ精巧にデザインされた驚愕の“日本”のセット!ユニークで愛くるしい犬たちと少年の間に芽生えていく温かい絆に、世界中がピュアなハートを取り戻す、心躍る冒険物語。

ストーリー
近未来の日本。ドッグ病が大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく。

***********************************

監督:ウェス・アンダーソン

キャスト:ブライアン・クランストン、コーユー・ランキン、エドワード・ノートン、
ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市、グレタ・ガーウィグ、
フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、ヨーコ・オノ、
ティルダ・スウィントン、野田洋次郎(RADWIMPS)、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリ

全米公開:3月23日
日本公開日:5月25日(金)全国ロードショー
原題:ISLE OF DOGS
配給:20世紀FOX映画
(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


映画『犬ヶ島』日本公開日5/25に決定!日本オリジナル版本予告映像到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)を手掛けたウェス・アンダーソン監督が手掛けたストップモーション・アニメーション映画『犬ヶ島』の日本公開日が<5月25日(金)>に決定!併せて、日本オリジナル版本予告映像も解禁になりました。
映画情報どっとこむ ralph 日本を舞台とし、”犬インフルエンザ”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く本作。

今回解禁された予告映像で映し出されているのは、ウェス・アンダーソン監督の独特の視点によってストップモーション・アニメーションで見事に描き出された近未来の日本。

捕われた愛犬スポッツを探すため、日本列島にあるメガ崎市からはるばる犬ヶ島へとやってきた少年アタリは、そこで出会った5匹の犬たちともに壮大な旅へと足を踏み出すこととなります。言葉が通じないながらも、スポッツを探して少しずつ絆を深めていく一人と5匹。やがて、その冒険はメガ崎市の住人を巻き込み大騒動へと展開していきます!さらに映像内では、東京駅を彷彿とさせるドーム型の建物や下町風の商店街をはじめ、架空都市”メガ崎”という言葉に続く日本語の数々、そして相撲や浮世絵といった伝統的な日本のカルチャーのシーンなど、日本をこよなく愛するウェス・アンダーソン監督の熱烈なこだわりが大爆発!

その全貌に目が離せません!

果たして、少年アタリは無事スポッツと再会することができるのか?そして、旅を続ける彼らの目の前に待ち受けるものとは一体なんなのか!?これまで誰も観たことがない日本が舞台のワンダフル・アドベンチャー

映画情報どっとこむ ralph 声優陣としてビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スウィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、ランキン・こうゆう、ヨーコ・オノら多彩な才能を持ったキャストが集結。さらには日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリらといった日本を代表する多彩なキャスト陣の参加が決定!先日開催された第68回ベルリン国際映画祭では、銀熊賞【監督賞】を堂々受賞し、日本の映画ファンのみならず、全世界中からますますの注目を集めています!

***********************************

監督:ウェス・アンダーソン
キャスト:ブライアン・クランストン、ランキン・こうゆう、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市、グレタ・ガーウィグ、フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、ヨーコ・オノ、ティルダ・スウィントン、野田洋次郎(RADWIMPS)、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリ

©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


「君の名は。」オーケストラコンサート RADWIMPS×東京フィルPR 動画解禁!


映画情報どっとこむ ralph RADWIMPS×東京フィルハーモニー交響楽団が、スクリーンに映し出される映画全編と共に生演奏を繰り広げた 『君の名は。』オーケストラコンサート。臨場感あふれる音響とパフォーマンスに映画の感動が再び観客に押し寄せ た。コンサートは 2017年12月4日(月)、12月5日(火)の 2 日間限定で東京国際フォーラムで行われ、合計で 約 10,000 人。
「君の名は。」オーケストラコンサートは、コンダクターに栗田博文を迎え、さらに、「君の名は。」の劇伴制作でも RADWIMPS をアシストした徳澤青弦が、この 2日間のためにオーケストラアレンジを再構築したプレミアムなコンサート。 Blu-ray&DVDの発売を前に公開した PR動画は、主題歌の「夢灯籠」「前前前世」「スパークル」「なんでもないや」 のコンサート映像の一部を繋いだもの。本編映像に合わせて、織り成される重厚な生演奏や生歌により、主題歌、劇伴がより立体的な響きとなり、観るものを映画の世界に引き込みます。
4月18日(水)に発売となる Blu-ray&DVD には 2017年12月5日(火)の公演模様全編を収録。

映像特典として、リハーサルや本番前の様子をおさめたドキュメンタリー映像や、アンコール映像を収録。更に、ステージ写真をふんだんに盛り込んだ豪華ブックレットや前前前世(movie edit.)フルスコア(楽譜)も封入。
また、先着予約・購入特典としてオリジナル A4クリアファイルもプレゼント。 (※特典は数に限りがござます。また一部特典の付かない店舗もございます。)

「君の名は。」オーケストラコンサート Blu-ray&DVD は「君の名は。」ファン必携の 1枚に仕上がっています。


この度、Blu-ray&DVDリリースに先駆けて、『君の名は。』主題歌の「前前前世」など、 RADWIMPSが東京フィルハーモニー交響楽団と 演奏をする映像を一部公開


映画情報どっとこむ ralph <商品仕様>
「君の名は。」オーケストラコンサート [Blu-ray] 価格:¥6,800+税 品番:TBR28176D POS:4988104116765 収録時間:本編約 121 分+映像特典 15 分 仕様:カラー/16:9/2層(BD50G)/ MPEG4 AVC /2.0ch リニア PCM

「君の名は。」オーケストラコンサート [DVD] 価格:¥5,800+税 品番:TDV28177D POS:4988104116772 収録時間:本編約 121 分+映像特典 15 分 仕様:カラー/16:9 LB/片面 2 層/ MPEG2/2.0ch ドルビーデジタル

【Set List】 1.チューニング 2.夢灯籠 3.三葉の通学 4.糸守高校 5.はじめての、東京 6.憧れカフェ 7.奥寺先輩のテーマ 8.ふたりの異変 9.前前前世 (movie edit.) 10.御神体 11.デート 12.秋祭り


13.記憶を呼び起こす瀧 14.飛騨探訪 15.消えた町 16.図書館 17.旅館の夜 18.御神体へ再び 19.口噛み酒トリップ 20.作戦会議 21.町長説得 22.三葉のテーマ 23.見えないふたり 24.かたわれ時 25.スパークル (movie ver.) 26.デート 2 27.なんでもないや (movie edit.) 28.なんでもないや (movie ver.) -アンコール- 29.前前前世 (movie ver.) 30.エンディング

【映像特典】 ・「君の名は。」オーケストラコンサート ドキュメンタリー リハーサルや本番前、アンコールの様子をおさめたドキュメンタリー

【封入特典】 ・44 ページブックレット ステージ写真に加え、栗田博文(指揮)インタビュー、 徳澤青弦(オーケストラアレンジ)インタビューなど充実のライナーノーツ ・前前前世(movie edit.)フルスコア

※仕様・内容は予告なく変更になる場合があります。

【CAST&STAFF】
出演:RADWIMPS 指揮:栗田博文 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
オーケストラアレンジ : 徳澤青弦
©2016「君の名は。」製作委員会

***********************************



野田洋次郎、夏木マリ ら、ウェス・アンダーソン監督作品『​​犬ヶ島』でベルリン国際映画祭に初登場!


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集する映画『犬ヶ島』が2018年​5​月より全国公開となります。

第68回ベルリン国際映画祭では、オープニング作品として上映&コンペティション部門への正式出品作品。日本のボイスキャストを代表しRADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリがレッドカーペットに参加!

日本を舞台として描かれる本作の物語を意識してか会場には和太鼓が設置され、力強い音色に観客は大盛り上がり!本作の監督を務めたウェス・アンダーソン、そして吹き替えを担当したブライアン・クランストン、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム…といったハリウッドを代表する錚々たる俳優陣や製作者たちとともに熱狂的なファンの声援に応えました。
『犬ヶ島』 第68回ベルリン国際映画祭
記者会見:
2月15日(木) 13時頃~ Grand Hyatt Berlin (Marlene-Dietrich-Platz 2, 10785 Berlin)
レッドカーペット:
2月15日(木) 18時30分頃~ BERLINALE PALAST (Marlene-Dietrich-Platz 1, 10785 Berlin) 
※すべて現地時間
映画情報どっとこむ ralph <公式記者会見>

『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(02)、『ライフ・アクアテッィク』(05)、『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)に続き、本作『犬ヶ島』(18)でベルリン国際映画祭への参加が4度目となったウェス・アンダーソン監督。独特なセンスと世界観で数多くの映画ファンを魅了する大人気監督の登場とあり、世界各地から大勢のマスコミが押しかけ会場は飽和状態に。通路をはじめ空間という空間に取材者たちが溢れ、200人以上のジャーナリストで会場は熱い熱気に包まれました!

会見に出席した監督、キャスト陣が次々と紹介され、ますます盛り上がっていく会場。ティルダ・スィントンらとともに観客席で会見を見守っていたRADWIMPS・野田洋次郎さんと夏木マリさんも、司会者から名前を読み上げられると、会場からは万雷の拍手が巻き起こり、ふたりも笑顔で手を振りながら応えました。

~以下、Q&A~

Qアニメーション映画製作において最もチャレンジングだったことは?

アンダーソン:ほとんどはワクワクするチャレンジでした。大きなチャレンジとして、良いストーリー、脚本が作れるか、そしてそれがうまくいくような実感を持てるかというのがありますが、そこを乗り越えると、他の作品形態にはないアニメーション特有の問題が出てきます。例えば、パペット(人形)は全然笑わないということ。製作をはじめて2年半が経った後に突然そんな問題に直面するんです。こういった小さな問題は製作過程でたくさん出てきますが、でもシーンによっては、パペットが笑わないというのは大問題になります。でも、常に解決法はあって、というか選択肢はなく、なんとかしないといけないんです。今日この場にいるか分かりませんが、マーク・ワーニング(director of animation)とパペット部門の責任者のアンディ・ゲントは、時にマークが解決法を探り、アンディが何か新しいものを作ったり、パペットを改造したり、なにかを追加したりして、やりくりしてきました。

Q,日本のアニメーション、特に宮崎監督作品との関係について教えてください。

アンダーソン:日本のアニメーションに強く興味を持ったのは、私の前作のアニメ作品『ファンタスティック Mr.FOX』の前です。と言っても、極度のアニメ好きということではなく、この前作のインスピレーションもロアルド・ダールから最も強く受けていて、日本のアニメ映画はその次です。今作については、2人の監督から最も強く影響を受けていて、黒澤明監督と宮崎駿監督です。『千と千尋の神隠し』で声優を務めた夏木マリさんが本作にも出ているくらいですからね。本作でも素晴らしい声を披露してくださいました。ディテールと沈黙という点で、宮崎監督では自然があり、静寂があり、アメリカのアニメーション伝統には見られないリズムです。その点でとてもインスピレーションを受けました。本作ではアレクサンドル・デスプラが音楽を、そしてワタナベカオルさんが太鼓を担当しているのですが、幾度となく、彼らの音を止めて、静けさが欲しくなってしまうシーンがありました。これは宮崎監督の影響だと思います」

会見中は、ビル・マーレイがおとぼけ発言を連発して会場から笑いを誘ったり、主人公のアタリ少年役を演じたランキン君が11歳のバースデーを迎えたことで皆でハッピーバースデーを歌ったり、さらにそれをお互いにハモり合うなど、常に息ぴったりの監督キャスト陣。満員の会場は終始笑いが絶えず、アットホームな雰囲気に包まれたウェス組らしい記者会見となりました。

映画情報どっとこむ ralph <レッドカーペットの様子>
一面に敷かれた真っ赤なカーペットに粉雪が舞い、幻想的な雰囲気のなか行われたレッドカーペット。監督とキャストを一目見ようと会場周辺のみならず全体が見渡せるビルの窓にも鈴なりの人だかりが。カーペット入口には日本を舞台として描く本作をイメージしてか和太鼓のアンサンブルが登場!日本らしさのある力強い音色が奏でられ会場はさらに独特の雰囲気に!
いよいよ、レッドカーペットの大とりを飾る、ウェス・アンダーソン監督、ティルダ・スウィントン、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、そして野田さん、夏木さんらが登場すると、会場からは悲鳴にも似た歓声が炸裂!野田さんはシックな黒のタキシードを華麗に着こなし、夏木さんは漆黒色で留袖風の着物に、筆で”犬”と書かれた帯を合わせたスタイルで、海外キャスト陣に負けじと抜群の存在感をアピールしました。
その後、ファンのサインやセルフィーに快く応じながら満面の笑みでレッドカーペットを歩くウェス組の面々。ボルテージMAXとなった会場に大興奮が隠し切れないウェス・アンダーソン監督は、ビル・マーレイを連れて、和太鼓のアンサンブルに参戦!突如行われたレアなパフォーマンスに、間近で見ていた観客からはシャッターの嵐と熱狂的な声援が巻き起こりました!エントランスの前ではウェス組が揃った集合写真も撮影。野田さんと夏木さんもビル・マーレイに肩を寄せられながら仲良く撮影に参加する一面を見られました。

映画情報どっとこむ ralph <上映が行われた会場の様子>
朝から2つのスクリーンを開けて実施された試写会場には、各国のジャーナリストたちがおしかけ、開場の1時間半以上前から長蛇の列を作るほどに!満員御礼となった会場の観客たちは、ウェス・アンダーソン監督独特の視点で描かれた日本の世界とユニークで愛くるしいキャラクターたちに魅了され、映画の冒頭から会場に笑いが起こりました。上映後のジャーナリストたちの反応もすこぶる上々で、スクリーンへ向け大きな拍手が送られました。

2018年​5​月、全国公開
​ ​U・x・U ​ワン!
公式HP:inugashima/​

全編にわたり日本を舞台とし、”犬インフルエンザ”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く本作は、声優陣としてビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能を持ったキャストが集結。

さらには、日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリらといった日本を代表する多彩なキャスト陣も参加!

***********************************

ゲスト:ウェス・アンダーソン監督、ブライアン・クランストン、ランキン・こうゆう、
グレタ・カーヴィグ、ビル・マーレイ、リーブ・シュライバー、ジェフ・ゴールドブラム、
ジェイソン・シュワルツマン、ロマン・コッポラ、ボブ・バラバン、野村訓市、
ティルダ・スウィントン、RADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリ他
    


映画『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭にRADWIMPS・野田洋次郎と夏木マリの参加決定!


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集する映画『犬ヶ島』が2018年5月より全国公開いたします。

全編にわたり日本を舞台とし、”犬インフルエンザ”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーション。
この度、第68回ベルリン国際映画祭に日本人ボイスキャストを代表して、RADWIMPS・野田洋次郎さんと夏木マリさんの参加が決定しました!!

カンヌ、ベネチアと並んで世界三大映画祭のひとつとして数えられるベルリン国際映画祭。

そんな盛大な祭典のオープニングで開催されるレッドカーペットに本作の日本人ボイスキャストを代表し、RADWIMPS・野田洋次郎さんと夏木マリさんが初参加!
野田さん:今回『犬ヶ島』のワールドプレミア上映に際し、はじめてベルリン国際映画祭に行かせて頂きます。ひょんな流れから出演のお話をもらい、まさか映画祭にまでお邪魔できるとは想像もしていませんでした。せっかくなのでまだ出会っていない共演者、監督たちと共に楽しんできたいと思っています。

と意気込みを明かし、

夏木さん:ある日、私がiPhoneで録音した声がベルリン国際映画祭のオープニングになるなんて、ビックリ仰天!!!!!
とオープニング作品に選ばれたことに対して喜びのコメントを寄せています。未だ本作ワールドプレミアの全登壇者が発表されていないことから世界中からますます期待が高まっている本年度のベルリン映画祭。日本を敬愛するウェス・アンダーソン監督から本作のキャスティングを受けた2人は世界の映画ファンにどのように迎えられるのか?前例のない顔ぶれがそろう過去最大のレッドカーペットでのふたりの活躍、そしてコンペティション部門での本作の受賞結果に是非ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph また、併せて提供開始させていただく場面写真では愛犬を探す主人公の少年と、首輪、服、犬種から個性的際立つ犬たちの姿が公開!これまでの作品でも風変りな性格を持つキャラクターたちを数々生み出してきた監督ですが、本作で登場する犬たちはそれぞれどんなキャラクター性を持ち合わせているのか・・?さらに、主人公が身につけている衣服には日本語の文字も垣間見え、ウェス・アンダーソン監督独特の世界観で日本の文化がどのように描かれるのかますます期待が膨らみます!

単に日本を舞台としているだけでなく、天才監督、ウェス・アンダーソン監督の視点を通じた日本のカルチャーを世界へ発信する一大プロジェクト『犬ヶ島』は、世界の観客の目にどのように写り込むのか?

本作は、声優陣としてビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能を持ったキャストが集結。さらには、日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリらといった日本を代表する多彩なキャスト陣も参加しています。


『犬ヶ島』
原題『Isle of Dogs』

2018年5月、全国公開です。
***********************************

監督:ウェス・アンダーソン
声優陣:
ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノ
日本人ボイスキャスト:
RADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリ、村上虹郎、渡辺謙