「NHK」タグアーカイブ

NHKのドラマ『ワンダーウォール』が劇場版として 公開決定!京都での追撮シーン出演者を緊急募集!


映画情報どっとこむ ralph 去年NHK・BSプレミアムで放送され、SNSなどで大きな反響を呼んだドラマ「ワンダーウォール」。

このたび、未公開カットを含むディレクターズカット版にて、劇場公開が決定した。公開予定は、2020年初春。

出演者は約1500人のオーディションから選ばれた須藤蓮、岡山天音、三村和敬、中崎敏、若葉竜也、成海璃子ら。監督を務めたのはNHK京都放送局の25歳・前田悠希。脚本にNHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』『ジョゼと虎と魚たち』『天然コケッコー』『その街のこども劇場版』の渡辺あや。
 劇場版ワンダーウォール 劇場版ワンダーウォール 須藤蓮、岡山天音、三村和敬、中崎敏、若葉竜也、成海璃子
映画情報どっとこむ ralph また、今回の映画化にあたり、9.7(土)にテーマ曲『ワンダーウォール』を再び収録することが決定。

ドラマオリジナル版では、<学生を中心に>およそ50人が集まって即席セッションをしたが、今回は規模を拡大。<ドラマに共感した人>が幅広くみんなで集まって、前回を超える大セッションを目指します。

大切なものを守る!

そんな思いをつなぎ、前向きなエネルギーを音楽にのせて発信したいと考えています。曲は、前回のテーマ曲の続きを、作曲家・岩崎太整が書き下ろします。

「ワンダーウォール」追加撮影出演者募集サイトはこちら

劇場版ワンダーウォール
映画情報どっとこむ ralph 劇場公開決定と追撮シーン・キャスト緊急募集に寄せてコメントが到着しました。

前⽥悠希(監督):
もう⼀度、この物語を届けられることを⼼から嬉しく思います。この作品は苦しい現実を描いています。でも、弱さにもがき悩みながら、壁に⽴ち向かう⼈間の姿は美しく、希望に満ちたものだと信じて撮影に臨みました。現代⽇本に⽣きる全ての⽅に、⾒て、感じてもらいたい作品です。

岩崎太整(作曲家):
2018年に消えようとしていた⽕が、もう⼀度点きました。まだマッチの様にか細いですが、皆さんと⼤事に育てていくことが出来れば、きっと凄い⼒を⽣んでくれるような気がしています。だって、マッチの⽕って儚げな様でいて、マグマの2倍も熱いんですから。

渡辺あや(脚本):
「ワンダーウォール」が映画になります。あの⼩さな作品が、放送されてから⼀年の間にたくさんの仲間を作ることができたのです。「⼤切なものを守りたい」。その気持ちをまた多くの⽅々と分かち合えることになりました。私にはそのことがなによりまぶしい希望に思えて、うれしくってたまりません。

須藤蓮(出演):
ワンダーウォールは、僕を、孤独で暗い所から、暖かい壁の向こうへと連れて⾏ってくれました。そこににいる時は、⽇々形を変えた⼼と体が、⼀番最初の形へ戻って⾏く気がします。僕にとっての永遠の⼀瞬。それが劇場作品という形で永遠になります。

劇場版ワンダーウォール 劇場版ワンダーウォール
***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ダーウィンが来た! 生きもの新伝説』動物たちの写真を一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph 砂漠やジャングルなど、50カ国以上の国と、500種以上もの生きものたちを、最新機材を駆使して撮影し、“誰も見たことがなかった生きもの”たちの姿を届けてきた人気自然番組「ダーウィンが来た! 生きもの新伝説」(NHK総合:毎週日曜 19:30–20:00)。


世界で初めて観察された行動や生きものなど、動物の生態に関する貴重な映像資料となるものも多く、2006年4月に放送を開始した当初からの500本以上ある放送アーカイブから珠玉の映像を厳選し、過酷な環境を生き抜く3つのとっておきの『家族』の物語を中心に、大自然の中でたくましく生きる野生動物たちの姿をたっぷりとご紹介する『劇場版 ダーウィンが来た! アフリカ新伝説』が2019年1月18日より公開となります。

映画情報どっとこむ ralph この度、アフリカの雄大な大地に生きる動物たちの未解禁含むモフモフ&激レア写真を一挙解禁いたします。

模型の戦車の上にカメラを取り付けて遠隔操作できるようにした「戦車カメラ」をはじめ、自然界に溶け込むように工夫された、アリ塚、ライチョウ、ヘビ、カメなどを模した「偽装カメラ」、ライオンなど猛獣のアップを撮影するために考え出された「釣り竿のようなカメラ用アーム」など、最新ハイテク&アイデアを駆使した機材を使用することによって限りなく動物たちに近づき、表情豊かな動物たちを撮影することに成功。まるで目の前に動物たちがいるような感覚にとらわれるぐらいのリアルさが、劇場のスクリーンから大迫力で伝わってきます。

オスライオンのウィリアムの成長、一頭で子育てをする母ライオン・ナイラとその子供たち、片腕を失った子供ゴリラのドド、そしてアフリカの多種多様な珍獣たち。彼らを撮影した貴重な映像からとっておきの写真が解禁に!

生まれて数か月。いろいろな事に興味をもち、学びながら成長の兆しを見せるウィリアム。日に日に成長していますが、モフモフした子供のライオンはぬいぐるみのようにかわいいです。 

家族を失い6匹の我が子をたった1匹で育てるメスライオン・ナイラの子供たち。雨に濡れて寒そうですが、この雨もまた彼らの貴重な飲み水になるのです。 

天敵から逃れるための必殺技を持つナミテンレックの家族。お母さんの周りにいる子供たちも、小さいながらにしっかりとその必殺技を使いこなせるのです。 

片腕を争いで失ったドドと兄弟。木に登れないドドの為に家族のみんなはいつもドドの傍にいます。

ドドとお父さんの2ショット。家族に守られ、元気に大自然の中で生きるドド。ドドがケガをした時、研究者たちはドドは長く生きられないだろうと感じたそうだが、彼らの予想に反し、ドドは片腕がないハンディキャップをものともせず逞しく成長している。 

広大な大地の貴重な水飲み場で戯れる象たち。

きょとんとした顔の子供のミーアキャット。カメラに興味津々です。 

世界最長のカメレオン。人間の指の上に乗っている為、どれだけ小さいかわかる貴重な写真です。映像で見ると本当にびっくりするぐらい小さく、軽いのですぐに転がっちゃいます。

映画情報どっとこむ ralph 公開を記念しまして1月19日(土)舞台挨拶が決定!!
本作のナレーションを担当した葵わかなさんが登壇予定!

■実施劇場:
シネマート新宿/109シネマズ二子玉川/ユナイテッド・シネマ豊洲

■チケット販売:
詳細は下記URLをご確認のうえ、チケットをご購入ください。
https://l-tike.com/darwin-movie

映画情報どっとこむ ralph 劇場版 ダーウィンが来た! アフリカ新伝説

公式ホームページ:
http://darwin-movie.com/

アフリカの大自然で力強く生きる3つの『家族』の物語

哺乳類だけでも1000種類もの動物がいるアフリカ。壮大で厳しい自然の中で命をつなぐため、多くの動物たちは『家族』で暮らします。今回、ご紹介するのは、過酷な環境を生き抜く3つのとっておきの『家族』の物語。群れから追放され、放浪の旅を続けながら王を目指す「オスライオン」ウィリアム、家族を失いたった一頭で幼い子どもを育てる「メスライオン」ナイラ、争いで片腕を失った子どもドドを優しく見守りながら暮らす「ゴリラ家族」。優しく、そして力強く生き抜く、素晴らしい『家族』たちの姿は必見です。
さらに!アフリカならではの多彩な環境に合わせ、多様な暮らし方をしている「珍獣」たちもたくさんご紹介。「ダーウィンが来た!」ならではの貴重な映像を大スクリーンでお楽しみください。
番組キャクターの「ヒゲじい」(声:龍田直樹)とともに、野生動物たちの物語をナビゲートする注目の本編ナレーションキャストは、映画、ドラマ、CMなどオールジャンルで活躍する、女優の葵わかなさん(20)が担当。アフリカの大自然で生き抜く動物たちのドラマに寄り添う、優しくもいきいきとしたナレーションが、爽やかな感動を呼び起こしております。

***********************************

ナレーター:葵わかな、龍田直樹

音楽:内池秀和、加藤みちあき
製作・配給・宣伝:ユナイテッド・シネマ
制作:NHKエンタープライズ
映像提供:NHK
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『2重螺旋の恋人』フランソワ・オゾン、『斬、』池松壮亮 NHKスイッチインタビューに出演!


映画情報どっとこむ ralph このたび、世界三大映画祭の常連でありフランスを代表する映画作家フランソワ・オゾン監督が6月21日~24日まで横浜で開催された「フランス映画祭2018」に合わせて、4年ぶりの来日。

フランス映画祭で先行上映された心理サスペンス、『2重螺旋の恋人』(8/4(土)公開)の400席の前売り券は即完し、サイン会の整理券を求めて朝から長い行列が見られるなど日本でも高い人気を誇るオゾン監督。


この度の来日期間中に、NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」の収録を。


各界で活躍する達人たちが登場し、番組の前半と後半でゲストとインタビュアーが“スイッチ”、各々の「仕事の極意」を語り合うことで“発見”し合う独自のスタイルが魅力になっているクロス・インタビュー番組で、同番組に海外の“達人”が出演するのは今回が番組史上初となります。


そしてオゾンの対談相手の“達人”として、日本の映画界をけん引する若手実力派俳優:池松壮亮さんが登場。

二日間に渡って横浜と都内で約2時間づつの収録を敢行、オゾン監督の『2重螺旋の恋人』や、池松さんの最新主演作である時代劇『斬、』(塚本晋也監督)についてはもちろんのこと、映画製作の仕事術について監督と俳優それぞれ
の立場から意見を交換、またフランスと日本の映画事情の違いについてもトークを繰り広げました。

立場、年齢、文化を超えてすっかり打ち解けた2人の映画愛に溢れたトークを是非!

映画情報どっとこむ ralph NHK Eテレ「スイッチインタビュー達人達」 番組概要(OA予定)
放送時間:7月21日(土)22:00~22:59  <再放送> 7月28日(土)0:00~0:59
出演:フランソワ・オゾン、池松壮亮
語り:吉田羊、六角精児
【番組HP】http://www4.nhk.or.jp/switch-int/

映画情報どっとこむ ralph ●映画『2重螺旋の恋人
主人公の女性が、容姿は同じで中身は正反対の双子の精神科分析医との禁断の関係にのめり込んでいく姿を、鮮烈かつ官能的に描き出す心理サスペンス。第70回カンヌ国際映画祭コンペディション部門正式出品作品。
8/4(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。


物語・・・
原因不明の腹痛に悩まされるクロエは、精神分析医ポールの元を訪れる。
穏やかなカウンセリングにより痛みから解放されたクロエは、ポールと恋に落ち、同居を始める。
そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男と出会う。ルイと名乗る男はポールと双子で、
しかも同じ精神分析医だという。なぜポールはルイの存在を隠しているのか?真実を突き止めるため
ルイの診察室に通い始めたクロエは、優しいポールと違って傲慢で挑発的なルイに惹きつけられていく…。

www.nijurasen-koibito.com

監督・脚本:フランソワ・オゾン 原作:ジョイス・キャロル・オーツ「Lives of the Twins」 音楽:フィリップ・ロンビ
出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェレミー・レニエ、ジャクリーン・ビセット、ミリアム・ボワイエ、ドミニク・レイモン
2017年/フランス/1時間47分/カラー/スコープ/5.1ch/原題:L’amant Double/ 日本語字幕:松浦美奈
©2017 – MANDARIN PRODUCTION – FOZ – MARS FILMS – FILMS DISTRIBUTION –
FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU
配給:キノフィルムズ   R-18
映画情報どっとこむ ralph ●映画『斬、
塚本晋也監督が挑む初の時代劇。江戸時代末期を舞台に、時代の波に翻弄されるひとりの浪人と彼に関わる人々を通して生と死の問題に迫る衝撃作。


11/24(土)よりユーロスペースほか全国公開。

www.zan-movie.com

監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也

出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也

2018年/日本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー
製作:海獣シアター
配給:新日本映画会社
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

深海の超巨大イカ ドキュメント劇場公開決定!


この夏、スクリーンで深海体験!

今年(2013)1月に放送された科学ドキュメンタリー

「NHKスペシャル 世界初撮影!深海の超巨大イカ」

に、新たに制作されたオリジナル映像を加えた同番組の”劇場版”が、8月17日(土)より、全国の映画館にて上映されます。

◆上映タイトル
劇場版 NHKスペシャル 世界初撮影!深海の超巨大イカ
◆公開予定
2013年8月17日(土)より、テアトル新宿ほか全国映画館にて順次上映
◆配給
ソニー”Livespire” (ソニーPCL株式会社)

◆劇場鑑賞料金
一般 1,400円 小学生以下 800円
※前売特典として「ダイオウイカ&マッコウクジラ」ピンズ付きの鑑賞券を、数量限定で販売します(販売場所未定)

作品内容ですが、

世界で初めてダイオウイカの撮影に成功! 今、伝説が真実に。

伝説の怪物として、長きにわたり恐れられてきた超巨大生物・ダイオウイカ。しかし、その姿は21世紀の今なお、神秘のヴェールに包まれていた。


その、地球の海「最後のミステリー」といわれる幻の超巨大イカの撮影に、NHKと国立科学博物館などの国際チームが挑戦した。世界遺産の小笠原諸島を舞台に、科学者やエンジニアなど11カ国から50人のスタッフが結集。


透明ドーム型で340度の視界をもつ最新鋭の潜水艇2隻に、NHKが開発した深海用超高感度カメラを搭載、水深一千mの深海に潜航。目指すのは発光生物や新種の生物に満ちた深海の秘境・トワイライトゾーン。ダイオウイカを誘き出すため、科学者たちは大胆な作戦の数々を展開した。


そして、ついに……
10年もの歳月をかけた調査は、奇跡を呼び起こした。人類が初めて遭遇したその姿は、黄金にまばゆいばかりに輝いていた!!


テレビでは放送されなかったダイオウイカ撮影の驚くべき舞台裏が明らかになります。

10年にも及ぶ地道な努力が実った奇跡の瞬間を映画館のスクリーンでいかがでしょう。

作品詳細:
http://www.livespire.jp/movie/daioika.html
********************************************************************


製作スタッフ/クレジット
音楽:久石譲 演奏:NHK交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団
国際共同制作:NHK/NHKエンタープライズ/ディスカバリー・チャンネル(米)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ