「NEW」タグアーカイブ

『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』知っておくと映画が10倍楽しくなるロダンな話


映画情報どっとこむ ralph 《考える人》《地獄の門》で名高い“近代彫刻の父”オーギュスト・ロダン。

没後100年を記念し、パリ・ロダン美術館の全面協力のもと、『ポネット』の名匠ジャック・ドワイヨンが、カミーユ・クローデルと出会ってからの愛と苦悩に満ちた彼の半生を描いた『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』が11月11日(土)新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほかにて全国公開の運びとなりました。
有名なようで意外と知らない、映画の中にも登場するロダンの彫刻作品。制作秘話をちょっと掘り下げ、知っておくと作品に込められたメッセージが読み取れ、映画をより深く味わえるはず。

ということで、宣伝さんから読めば映画が10倍面白くなること間違いなしの“ロダン・トリビア”が送られてきたのでご紹介!
映画情報どっとこむ ralph ■『地獄の門』(1880~未完)
1880年、国から発注されて制作した装飾美術館のためのモニュメント。「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」の銘文で知られたダンテの『神曲』に材を得て、意気揚々と制作を始めるが、着想は原典を超えて次々と変化しながら膨れ上がり、ついに完成を見ることはなかった。1888年、美術館建設計画は白紙に戻り(その跡地に現在、オルセー美術館が建っている)、ロダンにもさし止め命令が出たが、彼は『地獄の門』を実費で買い取り、生涯にわたって創り続けることになる。現在世界に7つ存在する鋳造の内の1つは、上野の国立西洋美術館で観ることができる。


■『考える人』(1888/『詩人』の名で初の展示)
日本では単体での作品が広く知られているが、もとは『地獄の門』の着想のなかで門の上部中央に置かれる彫像として制作された。当時は、『LePoete(詩人)』と名付けられていた通り、この男はダンテであるという説もあるが、ロダンの構想が、人間たちの織りなす欲望や罪のテーマへと変わっていったという意味では、地獄を見つめて思索しているのは、ロダン自身と考えられている。映画の中で、カミーユはこの作品を「人々は欲望に満ちていてアンモラル」と評している。このセリフは弟子から愛人へと関係の変わっていく彼女の未来を暗示しているが、その先には神経症を患い芸術家としての道も閉ざされてしまう、というさらなる地獄が待ち受けていた。


■『嘆願する女』(1899)
ブロ画廊で開かれた「クローデルとピサロ展」にやって来たロダンは、別れて久しいカミーユが制作した彫刻に目を留める。痛ましい表情で両手を差し伸べ、何かを嘆願している女性像。実はこの『嘆願する女』は、『分別盛り』という群像作品の構成の一部を成してもいる単体の作品で、『分別盛り』は三人の人物による劇的な構成の彫刻で、手を差し伸べた女性のすぐ先には、もう一人の女性に肩を抱かれて連れ去られる男の存在がある。内縁の妻ローズに連れ去られるロダンにすがるカミーユというテーマを造型化したことが見て取れる。創作に救いを求めることで壊れそうな精神をかろうじて支えるカミーユの心情が、この時、ロダンの胸を深く抉っていただろう。


■『バルザック記念像』(1898)
あらゆる階層の人物を90篇の小説の中に描き出し、「人間喜劇」の総題をつけたフランスの文豪オノレ・ド・バルザック。1891年、ロダンは作家の生地トゥールに、顔かたち、体型ともに生き写しのモデルを見つけ、この記念像の習作に着手する。7年間にも及ぶ制作の間に幾つものヴァリエーションが生まれたが、映画の中でも描かれる、これまでの彫刻のイメージを覆すような“驚きの制作方法”によって、ロダンの完成形のイメージは次第に一つの方向に収斂されていく。当時29歳の写真家エドワード・スタイケンが、ロダンの指示で長時間露光による夜間撮影を敢行する美しいシーン。後ろに反り返り、ナイトガウンに包まれた全身から頭の先をのぞかせ、月明かりのなかに浮かび上がる文豪のシルエットは、そそり立った男性シンボルそのものとも言われている。


映画情報どっとこむ ralph
映画『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』

は11/11より新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー。

***********************************

監督・脚本:ジャック・ドワイヨン 
撮影:クリルトフ・ボーカルヌ 
衣装:パスカリーヌ・シャヴァンヌ 
出演:ヴァンサン・ランドン、イジア・イジュラン、セヴリーヌ・カネル 

2017年/フランス/フランス語/カラー/シネスコ/120分 
配給:松竹=コムストック・グループ 
© Les Films du Lendemain / Shanna Besson



森川智之、朴璐美2人合わせて18役に挑戦!映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』


映画情報どっとこむ ralph 映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』2017年12月2日(土) 全国公開予定のパペットアニメーション。

女優・宮沢りえさん演じる主人公・ムーミントロール。神田沙也加さんがをナレーション。

さらに声優界から実力派である森川智之さん、朴璐美さんが参戦!
そして、この2人は一人何役ものキャラクターの声を担当します!

森川智之さんはムーミンパパやスナフキンなどを中心に計5役!

朴璐美はムーミンママやリトルミイを中心に、なんと計13役!

2人合わせて合計18 役も担当しています!

個性豊かな様々なキャラクターを変幻自在の声で表現を劇場で楽しんでください!


さらに、11月14日(火)に開催のジャパンプレミアでは、会場である丸の内TOEIに、主人公のムーミントロールを演じた宮沢りえさんほか、森川 智之さん、朴璐美さん、サラ・オレインさんという豪華キャストが登壇し、舞台挨拶を行います!
(18:00開場、18:30開演、舞台挨拶後上映予定)

映画情報どっとこむ ralph 今年2017年は、ムーミンが生まれたフィンランドの独立100周年。この映画は、メモリアルイヤーを飾る記念作品として認定。

ムーミン谷とウィンターワンダーランド
原題:『MOOMINS and the WINTER WONDERLAND』

公式サイト
www.moominswonderland.jp

物語のはじまり・・・・

木の葉が舞い落ちる秋。
冬になるとムーミン一家は春まで眠りにつきますが、好奇心いっぱいのムーミントロールは ムーミン谷にまもなく訪れる冬を感じようと出かけます。

そこで知ったのは、まもなくやってくるという「クリスマス」の存在。

”クリスマスさん”って 誰? どんな人? ムーミン一家はクリスマスさんをもてなそうと大騒ぎ! やがてムーミンが出会う不思議な冬の魔法、驚きの数々、そしてムーミン 谷に訪れる最高の夜・・・・・・。

ムーミンたちが初めてクリスマスを迎えるまでを描いた、心あたたまる物語。

***********************************

監督:ヤコブ・ブロンスキ、イーラ・カーペラン
エグゼクティブ・プロデューサー:トム・カーペラン
声の出演
宮沢りえ、森川智之、朴璐美
ナレーション:神田沙也加
主題歌:
サラ・オレイン「ウィンターワンダーランド」(ユニバーサル ミュージック)
配給:東映
©Filmkompaniet / Animoon
Moomin Characters ™


ガル・ガドット インタビュー映像到着『ワンダーウーマン』 ブルーレイ&DVD12/2発売!


映画情報どっとこむ ralph ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、2017年12月2日(土)より『ワンダーウーマン』のブルーレイ&DVDを発売・レンタル開始いたします。
さらに、4K ULTRA HD&3D&2Dブルーレイセット、3D&2Dブルーレイセットも同日発売いたします。また、11月22日(水)よりデジタル先行配信を開始いたします。

本作は、全世界で前代未聞の記録的大ヒットを達成した、史上最強の美女戦士が世界を救う超大作アクション・エンターテイメントです。

この度、本作のブルーレイに収録される120分を超える映像特典の内容が明らかになりました!

また、公開されたメイキング映像の一部は、監督のビジョン<戦場の撮影>に収録されている戦場のシーンの裏側。

真冬の時期に屋外と いう最悪な状況の中、過酷すぎる撮影方法についてスタッフと揉めたというエピソードを明かす監督。しかしリアルな状況の中でこそ、そのリアルさ が俳優の演技にも表れるという監督の持論のもと、ガル・ガドットは寒さも感じさせないアクションを劇中では披露している。また映像では、真冬 の寒さに身震いしながら、過酷な撮影に笑顔で耐えるガル・ガドットの素顔は必見!

またそんなガル・ガドットが【ワンダーウーマンを語る】に収録されたインタビューの中で

ガル:家族や友人、仕事仲間など、常にそばにいる人たちに誠実 に接することを大事にしている。そうすることで、波及効果があると思うの。誠実に接することで、それが周りの人たちにも拡がってほしい

と話し、 ガル・ガドットの内面の美しさの秘訣についても明かす映像にも注目です!



映画情報どっとこむ ralph 『ワンダーウーマン』
017年11月22日(水)デジタルセル先行配信開始
2017年12月2日(土)ブルーレイ&DVD 発売/レンタル開始/デジタルレンタル配信開始

■ブルーレイ&DVD セット(2 枚組)/¥3,990+税
■【初回仕様】ブルーレイ&DVD セット(2 枚組/ブックレット付)¥4,990+税
■【初回仕様】<4K ULTRA HD&3D&2D ブルーレイセット>(3 枚組/ブックレット付)/¥7,990+税
■【初回仕様】 3D&2D ブルーレイセット(2 枚組/ブックレット付)/¥6,990+税 【映像特典】約 124 分

●エピローグ ●新たな伝説の誕生●監督のビジョン(セミッシラ/ビーチの戦い/時代を語る写真/第一次大戦末期の世界/戦場の撮影)
WONDER WOMAN

●アマゾンの戦士への道●ワンダーウーマンという存在 ●作品を支えた女性たち●ワンダーウーマンを語る ●エクステンデッド・シーン集(船での会話/セルフリッジズ/議事堂の階段/駅の朝/チャーリー)●もう1つのシーン:無人地帯●NG&オフショット集

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND Ⓒ DC COMICS. Ⓒ 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

***********************************



新参者シリーズ完結編 映画『祈りの幕が下りる時』主題歌はJUJUに決定!


映画情報どっとこむ ralph 来年2018年1月27日に公開される“新参者シリーズ”完結編となる映画『祈りの幕が下りる時』

その主題歌として、JUJUさんの新曲に決定したそうです!
シリーズ完結作となる今作の主題歌をつとめることになったJUJUさんは、

JUJU:これまで数々の素晴らしい映画作品の主題歌、挿入歌、テーマソングに携わらせていただきましたが、再びこの新参者のしかも完結編の主題歌を担当出来ることを非常に嬉しく思っております。東野圭吾さん原作にとても心を打たれましたが、映画化でさらにどのような作品になるのかイチファンとしても楽しみで仕方がありません。新参者完結編主題歌、精一杯心をこめて歌わせていただきます。

とコメント。

今作はエモーショナルな歌声が映える、JUJUの真骨頂と言えるミドルバラードを蔦谷好位置さんがアレンジを担当します。


映画情報どっとこむ ralph このことに、阿部寛さんからもコメントが到着しています。

阿部さん:前作『麒麟の翼』でも素敵な楽曲をご提供いただいたJUJUさんですから、『新参者』の最後の事件を解き明かすのに、とても心強い味方を得たような気持ちです。今作は、加賀恭一郎の過去にまつわる事件が描かれ、加賀自身の心が大きく揺さぶられます。JUJUさんの楽曲が加わることで加賀だけでなく、映画を観る人の心も大きく揺さぶるような、そんな映画になれば嬉しいです。

としています。

気になる物語は・・・
この事件は俺の過去と関わりが強すぎる。事件の鍵は俺なのか・・・?東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが、押谷道子と越川睦夫の接点が全く見つからず、捜査が難航する。滋賀在住の押谷が何故東京で殺されたのか。やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。押谷は浅居博美を訪ねて東京に来たことがわかるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちにその遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。
それは失踪した加賀の母に繋がっていた。

映画『祈りの幕が下りる時
オフィシャルHP inorinomaku-movie.jp

撮影スケジュール 2017年6月9日クランクイン、2017年7月28日クランクアップ
2018年1月27日全国公開

***********************************

【キャスト】
阿部 寛 松嶋菜々子
溝端淳平 田中麗奈 / キムラ緑子 烏丸せつこ
春風亭昇太 音尾琢真 飯豊まりえ 上杉祥三 中島ひろ子 桜田ひより / 及川光博
伊藤 蘭 小日向文世 山﨑 努

【スタッフ】
監督:福澤克雄【主な監督作品】『私は貝になりたい』【ドラマ演出】「華麗なる一族」、「半沢直樹」、「下町ロケット」 等
脚本:李正美 
音楽:菅野祐悟
制作プロダクション マックロータス
製作「祈りの幕が下りる時」製作委員会
©2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会


カンヌにて批評家連盟賞を受賞『RAW〜少女のめざめ〜』全国公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、カンヌ国際映画祭にて批評家連盟賞を受賞し、今最も注目を集める新人フランス人女性監督、ジュリア・デュクルノー監督の初長編作品『RAW〜少女のめざめ〜』が2018年2月よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか、全国公開することが決定しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第69回カンヌ国際映画祭批評家連盟賞受賞、フランスが誇る新鋭ジュリア・デュクルノー監督長編デビュー作!

ジュリア・デュクルノー監督は、フランス・パリ出身。

ジュリア・デュクルノー監督
フランソワ・オゾンが通ったフランスの名門映画学校「ラ・フェミス」の出身。短編映画『Junior』(11’)でカンヌ国際映画祭のペティットレイル・ドールを受賞し、長編監督デビュー作となる本作では、2016年カンヌ国際映画祭批評家週間でワールドプレミア上映され、スタンディングオベーションが巻き起こり、批評家連盟賞を受賞しました。

その後もトロント国際映画際を筆頭に様々な映画際で数々の賞を受賞。一躍、注目監督の仲間入りを果たしました。海外の映画レビューサイト、ロッテン・トマトでも批評家の評価は90%と高評価を取得。日本では今年のフランス映画祭で初上映となり、チケットは即完。

主演を務めるのは、デュクルノー監督の短編映画『Junior』で女優デビューを果たし、本作で演技力の高さを賞賛され、今注目のフランス人若手女優、ギャランス・マリリエです。

映画情報どっとこむ ralph RAW〜少女のめざめ〜

公式サイト:raw-movie.jp

2018年2月、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー

物語・・・
少女の成長を通じて“究極の愛”が描かれる。16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にする。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。


***********************************

監督・脚本:ジュリア・デュクルノー
出演:ギャランス・マリリエ、エラ・ルンプフ、ラバ・ナイト・ウフェラ
原題:『GRAVE』英題『RAW』
2016年制作/製作国:フランス・ベルギー/本編尺:98分/カラー/音声:5.1ch/R15ユニバーサル映画
配給:パルコ
宣伝:ライトフィルム
©2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.