「NEW」タグアーカイブ

カンヌにて批評家連盟賞を受賞『RAW〜少女のめざめ〜』全国公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、カンヌ国際映画祭にて批評家連盟賞を受賞し、今最も注目を集める新人フランス人女性監督、ジュリア・デュクルノー監督の初長編作品『RAW〜少女のめざめ〜』が2018年2月よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか、全国公開することが決定しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第69回カンヌ国際映画祭批評家連盟賞受賞、フランスが誇る新鋭ジュリア・デュクルノー監督長編デビュー作!

ジュリア・デュクルノー監督は、フランス・パリ出身。

ジュリア・デュクルノー監督
フランソワ・オゾンが通ったフランスの名門映画学校「ラ・フェミス」の出身。短編映画『Junior』(11’)でカンヌ国際映画祭のペティットレイル・ドールを受賞し、長編監督デビュー作となる本作では、2016年カンヌ国際映画祭批評家週間でワールドプレミア上映され、スタンディングオベーションが巻き起こり、批評家連盟賞を受賞しました。

その後もトロント国際映画際を筆頭に様々な映画際で数々の賞を受賞。一躍、注目監督の仲間入りを果たしました。海外の映画レビューサイト、ロッテン・トマトでも批評家の評価は90%と高評価を取得。日本では今年のフランス映画祭で初上映となり、チケットは即完。

主演を務めるのは、デュクルノー監督の短編映画『Junior』で女優デビューを果たし、本作で演技力の高さを賞賛され、今注目のフランス人若手女優、ギャランス・マリリエです。

映画情報どっとこむ ralph RAW〜少女のめざめ〜

公式サイト:raw-movie.jp

2018年2月、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー

物語・・・
少女の成長を通じて“究極の愛”が描かれる。16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にする。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。


***********************************

監督・脚本:ジュリア・デュクルノー
出演:ギャランス・マリリエ、エラ・ルンプフ、ラバ・ナイト・ウフェラ
原題:『GRAVE』英題『RAW』
2016年制作/製作国:フランス・ベルギー/本編尺:98分/カラー/音声:5.1ch/R15ユニバーサル映画
配給:パルコ
宣伝:ライトフィルム
©2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.
    


岸明日香 歌手デビュー「インフォ・メン 獣の笑み、ゲスの涙。」主題歌で!


映画情報どっとこむ ralph 「インフォ・メン 獣の笑み、ゲスの涙。」を12月9日より池袋シネマ・ロサ他全国順次公開となります。

本作は鈴木勤さん主演。大阪を舞台に恋人の予期せぬ妊娠で、多額の借金を抱えた若者=悟志が、飛び込んだ道頓堀の無料案内所“インフォメン”で奮闘する姿を笑いと涙を交え描いた作品です。

そして、悟志を翻弄する小悪魔的なヒロインを演じるのはグラビアだけではなく、バラエティ番組や、女優としても活躍の場を広げる岸明日香さん。本作品では主題歌を務め、歌手デビューが決定しました。
待望のデビューシングルは11月22日に発売が決定。映画「インフォ・メン 獣の笑み、ゲスの涙。」主題歌である「ずっと・・ね」と、TBS系バラエティ「オー!!マイ神様!!」の11月・12月のエンディング曲に決定した「雪のVIRGIN ROAD」の両A面です。

両曲ともに、恋をする女性の心情を描いた作品で、それを岸明日香の柔らかく伸びのある歌声が良いんです。

映画公開も控える中、CDシングルのジャケットがいよいよ解禁。

「雪のVIRGIN ROAD」のミュージックビデオは11月6日放送TBS系バラエティ「オー!!マイ神様!!」のエンディングにて解禁です!!


岸明日香 鈴木勤 逢澤みちるが登場した公開レコーディングの模様はこちら


映画情報どっとこむ ralph 岸明日香シングルリリースイベント
11月25日土曜日 関東某所   
11月26日日曜日 関東某所  
11月29日水曜日 都内某所  
12月2日土曜日 関東某所  
12月3日日曜日 関東某所
12月4日月曜日 都内某所  

※詳細は『インフォ・メン』HPで随時アップ予定 
www.is-field.com/infomen/

映画情報どっとこむ ralph インフォ・メン 獣の笑み、ゲスの涙。

12月9月(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開!!
物語・・・
22歳のフリーター、悟志(鈴木勤)は、ゆかり(岸明日香)から、悟志との一夜の過ちで「妊娠した」と言われ、責任をとらされる事に。闇金で、300万円を借りる羽目になるが、その金を落としてしまう。金に困った悟志は、無料案内所「インフォメン」に飛び込み、店長の面接を受け、案内所で働く事になる。慣れない夜の世界で、キャバクラ「CLUB ZOO」のキャバ嬢、カオリ(逢澤みちる)と出会い、淡い恋心を抱くようになる。

***********************************

監督・脚本:金子智明 
出演:鈴木勤、岸明日香、逢澤みちる、加藤明子、他
製作:嶋田豪、杉本成隆、久安啓之 
音楽プロデューサー:犬飼伸二 
製作:「インフォ・メン」製作委員会 
制作:ベック/映像家族yucca/アイエス・フィールド
配給:アイエス・フィールド 
衣装協力:Tika /LOUD MOUTH(LM GINZA)/subciety/sugar/クリスタルボール
   


独立映画鍋 × 第18回東京フィルメックス『インディペンデント映画ってなんだ!?』


映画情報どっとこむ ralph 昨今デジタル技術の進歩によって、インディペンデント映画の制作本数は飛躍的に増加しました。

しかし、改めて“インディペンデント映画ってなんだ!?”と問われた時に、どれだけの人が明確な答えを持ち合わせているでしょうか?もしその定義が国や時代、置かれた立場によって異なるのならば、現代のアジア諸国における“インディペンデント映画”とは何なのか?

日本とアジアの監督の目線から、インディペンデント映画の”いま“を問い直すトークイベントを開催します。第一部では昨年の東京フィルメックスのコンペティションに入選した日本で活動する監督を、第二部では今年の東京フィルメックスに参加するアジアで活動する監督を迎え、自国の課題と展望を語ります。第三部では日本とアジアを相対化しつつ、現代のアジアインディペンデント映画の可能性を探っていきます。
料金:一般1000円 / 映画鍋会員500円 /定員190名・予約不要・先着順

会場候補:東京国際フォーラムガラス棟G7F・G701室 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

開催日時:11/18(土) 13:20開場/13:45 START (16:30時終了)

【総合司会】土屋豊:映画監督/独立映画鍋共同代表/ビデオアクト主宰

映画情報どっとこむ ralph <パート1:日本の監督から>13:45〜14:35

【ゲスト】
内田伸輝:2010年『ふゆの獣』東京フィルメックス最優秀作品賞を受賞、ロッテルダム、香港、サンセバスチャンなど国内外の映画祭で上映。2012年長編映画『おだやかな日常』は釜山、東京フィルメックス、ロッテルダム、テッサロニキ他、カナリア諸島地球環境映画祭2014にて最優秀作品賞。2013年『さまよう獣』全国劇場公開。最新作は『ぼくらの亡命』東京フィルメックス、サハリン国際映画祭で上映、全国劇場公開中。

庭月野議啓:1981年生まれ。北九州出身。九州芸術工科大学にて映画を撮り始め、九州大学芸術工学府卒業後に上京、フリーランス・ディレクターとして活動を始める。実写ドラマだけでなく、MVやアニメなど多様な作品の演出を手がけ、2010年には短編映画『イチゴジャム』がPFFアワードを始めとする様々な映画祭に入選。この度4年の歳月をかけて完成させた自主制作時代劇『仁光の受難』(2016)は、自身の長篇デビュー作となる。

【聞き手】
深田晃司:映画監督/独立映画鍋共同代表

映画情報どっとこむ ralph <パート2:アジアの監督から>14:45〜15:45

【ゲスト】
エレン・キム(韓国):日仏韓合作映画『涙女』プロデュース。韓国芸術総合学校で教職、2016年から富川国際ファンタステクィック映画祭のチーフプログラマー。本年の東京フィルメックス審査委員。

五十嵐耕平:1983年静岡生まれ。東京造形大学在学中に制作した映画『夜来風雨の声』が Cinema DigitalSeoul Film Festivalに出品し、韓国批評家賞を受賞。2014年、東京藝術大学大学院映像研究科にて制作した修了作品『息を殺して』は第67回ロカルノ国際映画祭新鋭監督部門に出品されたのち全国劇場公開。2017年、ダミアン・マニヴェルと共同監督した新作『泳ぎすぎた夜』は第74回ヴェネチア国際映画祭に正式出品された。

【聞き手】
市山尚三:㈱オフィス北野に在籍。「東京フィルメックス」プログラム・ディレクター。映画プロデューサーとして、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督作品や、賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督作品など多くのアジア映画を手がける。


<パート3:全員でディスカッション>15:45〜16:30

【ゲスト】
パート1&パート2のゲストが参加。


***********************************



知ってますか?150万人が犠牲のアルメニア人大量虐殺を。『THE PROMISE/君への誓い』


映画情報どっとこむ ralph 150万人が犠牲となった“知られざる悲劇”―アルメニア人大量虐殺事件―。

悲しみの歴史に翻弄された男女3 人の運命を描く『THE PROMISE/君への誓い』(原題:THE PROMISE)が、2018年2月3日(土)より、新宿バルト 9 他にて全国公開する運びとなりました。

監督は『ホテル・ルワンダ』の名匠テリー・ジョージ。オスカー・アイザック、シャルロット・ルボン、クリスチャン・ベイルら実力派キャスト陣が、本作の切実なテーマに共鳴して集結しました。

今回、本作のポスタービジュアルと予告編も合わせて解禁となりました。
映画情報どっとこむ ralph 『ホテル・ルワンダ』のテリー・ジョージ監督が、 いま語り継ぐ“もうひとつの悲劇”

ホロコーストの約20年前に150万もの人々が犠牲になった知られざる史実・・・オスマン帝国(現在のトルコ共和国)によるアルメニア人大量虐を名匠テリー・ジョージ監督が、いま再び歴史的な惨劇に光を当てて深い感動を呼び起こします。

狂おしくも切ない3人の男女のラブストーリーであり、正義を貫き通した人々のヒューマンドラマである本作。史実に基づいて描かれるアルメニア人の決死の抵抗と、彼らを救い出そうと奔走する諸外国の動き。壮大なスケールで歴史のうねりを感じさせると同時に、ファンタジックな映像美が信念と愛のドラマを鮮烈に浮かび上がらせる。

オスカー・アイザック、シャルロット・ルボン、クリスチャン・ベイルら実力派キャスト集結
主人公の医学生ミカエル役でナイーブな魅力を発揮するのは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』から『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』まで、規模の大小を問わず大活躍を続けるオスカー・アイザック。運命の女性アナにはカナダ出身でフランスを拠点に活動する『イヴ・サンローラン』『ザ・ウォーク』の才媛シャルロット・ルボン。そして人道派のジャーナリスト、クリスを『ダークナイト』三部作の“バットマン”として知られ、『ザ・ファイター』ではオスカーを受賞したクリスチャン・ベイルが扮している。

映画情報どっとこむ ralph なぜ、人は憎しみ合うのか?なぜ、人は殺し合うのか? なぜ、人は悲しい歴史をくり返すのか―。

アルメニア人の苦難は現在のトルコ政府が虐殺の事実を認めていないことから、政治的タブーとして表立って語 られることが少なく、多くの人にとって“知られざる歴史”であり続けてきた。現在も世界中で内戦や民族紛争など、人と人の争いは絶えない。



『THE PROMISE/君への誓い』

は 100 年の間、語られる日を待ち続けてきた物語。

www.promise-movie.jp

物語・・・
オスマン・トルコの小さな村に生まれ育ったアルメニア人青年ミカエルは、医学を学ぼうと首都イスタンブールの大学に入学。フランス帰りのアルメニア人女性、アナと惹かれ合うが、彼女にはアメリカ人ジャーナリストの恋人クリスがいた。第一次世界大戦とともにアルメニア人への弾圧が強まり、ミカエルは強制労働に送られてしまう。からくも脱走し、故郷に向かったミカエルは、アルメニア人に対して虐殺が行われている現実を目撃する。一方クリスはトルコの蛮行を世界に伝えようと奔走し、アナも行動を共にする。それぞれの信念のもとに激動の時代を生き抜いた 3 人。

ミカエルとアナ、クリスの愛の行方は?そして追い詰められたアルメニア人たちの命運は―?

***********************************

監督:テリー・ジョージ
脚本:テリー・ジョージ、ロビン・スウィコード
出演:オスカー・アイザック、シャルロット・ルボン、クリスチャン・ベイル、ジェームズ・クロムウェル、ジャン・レノ
スペイン・アメリカ合作/134分/英語、アルメニア語、ドイツ語、フランス語/カラー/スコープサイズ/
原題:THE PROMISE
字幕翻訳:中沢志乃
字幕監修:吉村貴之
配給:ショウゲート
後援:アルメニア共和国大使館
©2016 THE PROMISE PRODUCCIONES AIE-SURVIVAL PICTURES,LLC. ALL Right Reserved.
    


インフィニティの場面写真解禁『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』


映画情報どっとこむ ralph 今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公開となります。

今まで謎に包まれていた超巨大遺跡の真の姿、無限の可能性を秘める魔神“インフィニティ”の場面写真が解禁となりました。
映画情報どっとこむ ralph これまで公開した場面写真ではその後姿が、さらにポスターでは巨大なシルエットが映し出されており、ファンの間で「新しいマジンガーか!?」と騒然とさせていた“インフィニティ”の存在。

今回解禁する場面写真で、遂にその全貌が明らかになりました。

富士山中ににて発掘された超巨大遺跡“インフィニティ”は、古代の超文明の産物とみられ、基礎構造解析でも今の科学を100年は進化させるほどのテクノロジーが詰め込まれている。

無限の可能性を持つそのポテンシャルから“インフィニティ”と名付けられているも、美しくメカメカしいボディをもったマジンガーZとは違い、魔神の姿をした超巨大遺跡そのものといった様相で、重々しい闇の雰囲気を醸し出してます。

謎の復活を遂げたDr.ヘル(CV:石塚運昇)は、無限の可能性を持つ “インフィニティ”を通じて、世界を作り変えることのできる究極の兵器「ゴラーゴン」を発動させようと目論む。
そして、“インフィニティ”の力を呼び覚ます存在として本作の大きな鍵を握る、謎の美少女リサ(CV:上坂すみれ)にも注目です。
再び訪れた人類滅亡の危機を前に、かつてマジンガーZのパイロットとして、世界を救った英雄・兜甲児はどんな決断を下すのか・・・。

映画情報どっとこむ ralph ローマ国際映画祭でのワールドプレミアを皮切りに、遂にイタリアでの公開がスタートし、ますます全世界から注目を集める永井豪画業50周年プロジェクト『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』。

続報を待つんだZ~ト!

2018年1月13日(土)全国ロードショー
mazinger-z.jp

あれから10年。

新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれるー

かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。

再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

***********************************

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 関俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 
森田順平 島田敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 石塚運昇 藤原啓治
石丸博也 松島みのり

原作:永井豪 
監督:志水淳児 
脚本:小沢高広(うめ) 
メカニックデザイン:柳瀬敬之
キャラクターデザイン:飯島弘也 
美術監督:氏家誠(GREEN) 
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽 川崎弘二
音楽:渡辺俊幸 オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎 
エンディングテーマ「The Last Letter」吉川晃司(ワーナーミュージック・ジャパン)
制作:東映アニメーション 
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会