「NEW」タグアーカイブ

佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星 観客へ生告白・・『虹色デイズ』完成披露舞台挨拶その2


映画情報どっとこむ ralph ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の【友情】と【恋】に胸がときめく感動青春ストーリー
映画『虹色デイズ』は、今年7月6日に全国公開となります。

そして、その完成披露イベントが行われ、空色カーペット“虹入れセレモニー”を終えた後、舞台を劇場に移して舞台挨拶!撮影時の思い出や観て欲しいポイントなどをトーク!

さらに佐野玲於さん、中川大志さん、高杉真宙さん、横浜流星さんが客席に生告白を実演!そして、中川さんの無茶振りで山田さんも!

映画『虹色デイズ』ブルーカーペット“虹入れ”セレモニー付完成披露試写会
日付:5月30日(水)
場所:有楽町マリオン9F/丸の内ピカデリー
登壇:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星、吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希(E-girls/Flower) 、山田裕貴、飯塚健監督

映画情報どっとこむ ralph キャストと監督が後方扉から登場すると、割れんばかりの歓声!そしてゆっくり目でファンサービスしての登壇で、会場の熱気はのっけからMAX。

佐野さん:本日はお忙しい中ありがとうございます。本日初めて映画がお披露目ということで、これからこの映画が届いていくと考えると色々と思うことがあります。たくさんの方に観ていただきたいと思います。

中川さん:ついに映画を観ていただけるので、ドキドキしています。青春がつまった映画になっていますので、楽しんでください。

高杉さん:初めて皆さんに映画をご覧いただけるということで、緊張しています。短い間ですがよろしくお願いします。

横浜さん:いち早く映画を観ていただけるということで、とてもワクワクしています。友情と恋がつまった素敵な作品を楽しんでください。

吉川さん:友情と恋愛にキュンキュンするシーンがたくさんあります。ゆっくり、じっくり楽しんで観てください。

恒松さん:今日はとてもドキドキしていますが、是非楽しんでください。

堀田さん:笑ったり、胸が苦しくなったり、共感できることがたくさんある映画だと思います。楽しんで帰ってください。

坂東さん:今日は初めての舞台挨拶で緊張しています。みなさん楽しんでください。

山田さん:キャストの皆さんと監督の采配で、素晴らしい映画になっています。たくさんキュンキュンしてください。

飯塚監督:今日は人気者がいっぱいなので、なるべく早口にしようと・・・(笑)これだけ言わせてもらうと、楽しんでいってください!

映画情報どっとこむ ralph 本作の撮影は昨年の10月から11月にかけて。空き時間にキャスト同士がお互いにスマホで撮影するなど、仲良く楽しい現場だったそう。
佐野さん:監督には前からお世話になっていたのですが、初めて共演する方もいて。撮影前からリハーサルや食事会があって、そこですぐに皆さんと打ち解けました。

と振り返り、

中川さん:今回、佐野くんだけ初めてご一緒したのですが、パフォーマーの方という印象があって緊張したのですが、実際はフランクな方でホッとしました!

と初共演の感想を語ると、

高杉さん:僕も人見知りだったので安心しました。

と同感した様子。

苦労したのは・・・
中川さん:プールでの撮影は過酷でした。10月末だったので肌寒く、朝から夕方まで6時間くらいプールに入っていましたね。プールに浮いて台詞を言うシーンがあるのですが、みんな上手く浮けなくて、制服の中にビート板を入れたり(笑)

と、意外なエピソードが明かされました。余りにも唇の色が悪かった横浜さんの唇は、本編ではCGで着色しているそうです。

高杉さん:勉強会のシーンは自分が経験したことのないことだったので、うらやましいなと思いました。

と語ると、

佐野さん:勉強会のシーンは、つよぽん一番のキュンシーンがあるもんね。

と、ときめきポイントを明かします!

それを聞いて・・・・キャラクターの恋愛模様を前に複雑な思いを抱える横浜さんは、

横浜さん:僕だけ1人恋をしていないんですよ。少し寂しくなりましたが、みんなの普段とは違った一面を見られるのも良いですよね。
と語りました。

映画情報どっとこむ ralph また、吉川さんは電車に乗っているシーンが印象深かったようで、
吉川さん:一日中電車に乗っていて、お昼ご飯も電車の中で食べたんです。完成した映画を観ながら、このシーン大変だったなって思いだしました。

と語り

恒松さん:怒る時は目を大きくした方が良いとか、監督には、まりの表情についてアドバイスしていただきました。まっつんと2人のシーンでは派手に転んでしまって・・・。
と明かし、中川さんに謝罪。
キャストと監督も一番焦った!と撮影の思い出話に大盛り上がり。

堀田さん:一人学校が別で寂しかったですが、縁日のシーンではみんなでかき氷を食べたり、楽しかったです!

とコメント。実はこれ寒い時の撮影だったので息が白くないように、味なしかき氷だったとも明かされました。


自身のクランクアップが学芸会だった坂東さんは

坂東さん:学芸会のシーンでは楽しい恰好をしています(笑)これが私のラストシーンだったのですが、くすっと笑えるシーンでこの映画の魅力になっているんじゃないかと思います。
とコメント!旦那シーンなのかは是非劇場で!

山田さんは撮影期間が短くて寂しかったといいながらも、すぐに打ち解けるように積極的にアプローチ。

山田さん:妹の恒松さんとは、顔を交換できるアプリで仲良く撮影しました!

と、兄妹役の2人の和気あいあいとしたエピソードも飛び出しました。

飯塚監督:撮影中に、真宙の部屋に玲於、大志、流星の5人で集まることがあったのですが、その中で、みんながキラキラしている理由がわかりました。ただ話をしたりゲームをしただけなのですが、この映画、いけるなって思って。日常の延長線の物語だということが大切だと思っています!

とキラキラ度MAXを主張!

映画情報どっとこむ ralph ここで、本作のテーマの一つである“男子だって本気で恋する”にちなみ、男子キャストが「本気の告白」を披露することに!「片想いしている人と映画『虹色デイズ』を一緒に観に行った帰り道、想いを伝える」ということで客席全員に告白コーナー!

と言うことで、じゃんけんで順番決め!!

はじめに披露したのは

横浜さん:あのさ、、、この後、俺ん家来る??
との告白にキラキラを望んでいた!?観客の反応はいまいち。すると
山田さん:めっちゃ、きゅんきゅんする~~~~~~!!

と盛り上げ会場を沸かせます!

高杉さん:俺が幸せにするので、付き合ってください!!
と男らしい告白!会場は感嘆の声が。

佐野さん:ずっと見ているよ・・・。ずっと見ているよ・・・。ずっと見ているよ・・・。
と告白。会場は賛<否両論。

そしてキラキラ界の王子登場!!
中川さんは、映画を観た帰り道というシチュエーション付きで

中川さん:映画おもしろかったね、、あれ?見て!虹が見える!(キスをする仕草をして)チュッ。いくよ!(手をつないで去る)
と実演!この生演技には会場から黄色い悲鳴が!

ここで終わりかと思えば、中川さんの無茶振りで山田さんも告白することに、

山田さん:映画おもしろかったね、、あれ?見て!虹が見える!あの4人には劣るけど、5人目でも良いから好きになってください!お願いします!!!!
と土下座スタイルの告白!?

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

飯塚監督:映画ををつくるのは楽しい中にも苦労することがあるのですが、この映画は300人近くのスタッフが関わっていて、その誰か一人でも欠けたら出来上がりませんでした。映画はみなさんに観ていただいて初めて完成します。最後楽しんでください。

と、締めました。

映画『虹色デイズ

7月6日(金)全国ロードショー!

公式サイト:
nijiiro-days.jp

公式Twitter
@nijiiro_movie

物語。。。
ピュアで元気な愛されキャラの【なっちゃん(羽柴夏樹)】、チャラくて女好きなモテ男の【まっつん(松永智也)】、秀才で超マイペースなオタクの【つよぽん(直江剛)】、いつもニコニコ実はドSな【恵ちゃん(片倉恵一)】。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

***********************************

出演:
佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星
※4人ともに主演

吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希( E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一

監督:飯塚健 『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』

原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:根津理香 『君に届け』/飯塚健
音楽:海田庄吾
制作:松竹撮影所
企画・配給:松竹
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
   


佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星“虹入れ”&生告白『虹色デイズ』完成披露舞台挨拶その1


映画情報どっとこむ ralph 今年7月6日に全国公開となります映画『虹色デイズ』は、〝たった一度だけ”の青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の【友情】と【恋】に胸がときめく感動青春ストーリーです。

その完成披露イベントが有楽町マリオン/丸の内ピカデリーで行われ、空色カーペットでの主演4人に大きなパネルに虹の色を塗る“虹入れセレモニー”が行われ“虹”を完成させました。その後、劇場に移動し舞台挨拶を行いました。

映画『虹色デイズ』ブルーカーペット“虹入れ”セレモニー付完成披露試写会 概要
日付:5月30日(水)
場所:有楽町マリオン/丸の内ピカデリー
登壇:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星、吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希(E-girls/Flower) 、山田裕貴、飯塚健監督

映画情報どっとこむ ralph 今か今かと待つファンの前にキャストと監督が登場!!

一言挨拶の後、直ぐに“虹入れセレモニー”

黄色!ゆっくりしっかり塗っていく高杉さん。

オレンジ!大胆に塗っていく横浜さん!

見守る恒松さん、坂東さん、山田さん。
吉川さん、堀田さん、飯塚監督。

緑色の佐野さんはペンキ職人のよう「ご用命は中目黒の事務所の方に!」

赤を塗る中川さんは最初に佐野さんと打ち合わせして下から、まじめにきっちり!

と、ペンキ塗りは其々の反映することが判明!


映画情報どっとこむ ralph そして、フォトセッションで虹ポーズ!

その後、完成披露舞台挨拶&試写会へ向かうのでした。
http://eigajoho.com/111817


映画『虹色デイズ

公式サイト:
nijiiro-days.jp

公式Twitter
https://twitter.com/nijiiro_movie

物語・・・
ピュアで元気な愛されキャラの【なっちゃん(羽柴夏樹)】、チャラくて女好きなモテ男の【まっつん(松永智也)】、秀才で超マイペースなオタクの【つよぽん(直江剛)】、いつもニコニコ実はドSな【恵ちゃん(片倉恵一)】。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

***********************************

出演:
佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星 
※4人ともに主演

吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希( E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一


監督:飯塚健 『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』

原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:根津理香 『君に届け』/飯塚健
音楽:海田庄吾
制作:松竹撮影所
企画・配給:松竹
撮影:2017年10月中旬~11月/都内近郊
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社 




犬に“ミラきゅん”されるクール男子、松岡広大。映画『兄友』メイキング映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 5月26日に初日を迎えた映画『兄友』。

今回解禁されたのは、壮太に恋の宣戦布告をする加賀樹役、松岡広大のメイキング映像です。

解禁映像は、加賀が学校内で犬に異常なばかりに好かれているシーンの撮影風景。
真っ白な犬に囲まれ、カメラが回る前から犬に好かれすぎている松岡の様子が収められている。

実はこのシーンの裏話は初日の舞台挨拶で、本人から明かされているのですが、服の中にドッグフードが仕込まれていて、犬はそれを一生懸命食べようとしていたとか・・・。

本作では全編通してクール系男子を貫く加賀の唯一といっていいホンワカムードのワンシーンです。



映画情報どっとこむ ralph 恋に興味なしのJKとウブな先輩の初めての本気ラブ!胸キュン必至のハートフルウブ・ストーリー!!

映画『兄友

公式サイト:
anitomo-movie.jp 
twitter
https://twitter.com/anitomo_eiga 



物語・・・

イケメンなのに女性に超奥手な西野壮太(横浜流星)は、ある日友人・七瀬雪紘(古川毅)の自宅で妹・まい(松風理咲)と出会いドキドキ!西野は思わず「妹さん・・・可愛いな」と雪紘に伝えてしまう。ところがこの兄妹の部屋は壁が薄くて、その会話はまいの部屋につつ抜け!!イマドキの恋愛ができない素朴なまいは、
兄たちの会話で不思議な気持ちを初体験。そして何とか自分の気持ちを伝える壮太とまいは付き合うことに。。。そして壮太は妹・秋(小野花梨)がアルバイトをするDogカフェ「Happy Dogs」の店長橘萩之介(福山潤)から恋愛講座を受けながら、まいとのぎこちない恋愛をスタートするのだが、壮太の従弟・加賀樹(松岡広大)も、まいを好きになってしまい・・・。まさかの三角関係勃発か?!果たして、この二人のウブ・ストーリーの結末は?!

***********************************

出演:横浜流星  
松風理咲 松岡広大 古川 毅 小野花梨 / 福山 潤
監督:中島良 脚本:中川千英子 
原作:赤瓦もどむ「兄友」(白泉社・花とゆめ) 
主題歌:サイダーガール「パレット」(UNIVERSAL J)
制作プロダクション:ドリームプラス、ブースタープロジェクト 
配給:T・JOY カラー/ビスタ/5.1ch/86分(予定) 
©『兄友』製作委員会 


ダコタ・ファニング「PLEASE STAND BY」を邦題『500ページの夢の束』で公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、ダコタ・ファニング主演最新作『PLEASE STAND BY』の日本版タ イトルが『500ページの夢の束』に決定し、9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーとなることが決定しました!

主人公ウェンディを演じるのは、7歳で映画デビューを果たし、『I am Sam アイ・ア ム・サム』『宇宙戦争』の名演技で天才子役として一躍世界にその名を知らしめたダコタ・ファニング。
本作では、大好きな『スター・トレック』に関して並外れた知識を持 つ、自閉症を抱える少女という難しい役どころを、繊細かつ豊かな表現力で演じきって いる。確かなキャリアを積み、大人の女優となったダコタのセカンドステージの、間違 いなく代表作になるだろう。ウェンディを支えるソーシャルワーカー・スコッティ役に 『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット。

また、ウェ ンディを大切に想いながらも離れて暮らさざるを得ない複雑な感情を抱く姉・オード リー役に、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアリス・イヴ。 プロデューサーは、『JUNO/ ジュノ』『マイレージ、マイライフ』を手掛けたダニ エル・ダビッキと、『マネーモンスター』のララ・アラメディン。

監督はサンダンス映 画祭で観客賞・審査員特別賞をダブル受賞するなど、数々の国際的な賞に輝いた『セッ ションズ』のベン・リューイン。“500ページの脚本を届ける”という人生初の大きな目 標のために、立ちはだかるトラブルを一つずつクリアして、つまずきながらも目的地へ と近づいていくウェンディとその家族たちを、数々の良質ドラマを送り出してきたキャ スト・スタッフが愛とユーモアをこめて描いている。

映画情報どっとこむ ralph 併せて解禁された場面写真には、愛犬ピートを抱き、決意を込めた表情で前を見据える ウェンディ(ダコタ・ファニング)や、誰にも知らせず一人旅に出たウェンディを探すスコッティ(トニ・コレット)、 オードリー(アリス・イヴ)らが写されている。初めて外の世界へ踏み出すウェンディの不安とときめき、そんな彼女 を心配しながらも変わらぬ愛情で見守る家族たちの温かい眼差しを感じさせる

500ページの夢の束

原題:PLEASE STAND BY

9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト:
http:// 500page-yume.com

物語・・・
『スター・トレック』が大好きで、その知識では誰にも負けないウェンディの趣味は、自分なりの『スター・トレック』の脚本 を書くこと。自閉症を抱える彼女は、ワケあって唯一の肉親である姉と離れて暮らしている。ある日、『スター・トレック』脚 本コンテストが開催されることを知った彼女は、渾身の作を書き上げるが、もう郵送では締切に間に合わないと気付き、愛犬 ピートと一緒にハリウッドまで数百キロの旅に出ることを決意する。500ページの脚本と、胸に秘めた“ある願い”を携えて。

***********************************

出演:ダコタ・ファニング『I am Sam アイ・アム・サム』、トニ・コレット『リトル・ミス・サンシャイン』、 アリス・イヴ『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

監督:ベン・リューイン『セッションズ』
製作:ダニエル・ダビッキ『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』、ララ・アラメディン『マネーモンスター』

2017年/アメリカ/英語/93分/カラー/シネマスコープサイズ/5.1ch/日本語字幕:桜井裕子 上映時間:93分
レーティング:G
©2016 PSB Film LLC


小松菜奈・大泉洋W主演『恋は雨上がりのように』あらゆる世代が共感!各界から絶賛コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 眉月じゅん先生「恋は雨上がりのように」。全10集の累計発行部数が200万部を突破。注目のコミック“恋雨”を、小松菜奈・大泉洋W主演で待望の実写映画化となる本作『恋は雨上がりのように』がついに公開となりました!
パソコンと携帯を使ったWEB土日アンケート結果によると、作品の満足度は94.2%と非常に高く、また91.8%が本作品を「人にすすめる」と答えています。

年代別では、【あきら】世代のハイティーンから【近藤】世代の40代まで幅広い世代に支持されております。(東宝・WEBアンケートより)その本作を観た、タレント・キャスターとして活躍のホラン千秋さん、コラムニストの犬山紙子さん、アニメ「恋は雨上がりのように」のオープニングテーマを歌った”CHiCO with HoneyWorks”のCHiCOさん、同じくアニメ「恋雨」のエンディングテーマを歌ったAimerさん、映画『君の名は。』のアニメーション監督新海誠さん、「王様のブランチ」MCなどで活躍のモデルの佐藤栞里さん、『帝一の國』で永井監督とタッグを組んだ漫画家古屋兎丸さんと、各界の著名人から絶賛のコメントが届きました。

映画情報どっとこむ ralph ホラン千秋(タレント・キャスター)
誰しも年上の人に憧れた時期があると思います。私も中学生の時、地域の児童館にお手伝いに来ていた十歳程年上のお兄ちゃんにキュンとしていたのを思い出しました。同い年のクラスメイトにはない、大人な部分に憧れたんだと思います。私はあきら(小松さん)のように想いを伝えたわけではないけれど、そんな甘酸っぱい記憶が懐かしく蘇ってきました。一方で、中年の店長(大泉さん)があきらのような美少女に告白されるなんて「夢があるなぁ」とドキドキしっぱなし!そんな二人の間に定期的に笑いをもたらしてくれる濱田マリさんを愛しく思わずにはいられないのでした。笑

犬山紙子(コラムニスト)
夏の雲 部活 ミュール 白いワンピース 疎遠になった女友達 ずっと心に引っかかってる女友達 夏祭り 浴衣 同級生 あきらめそうな夢 図書館 文学 大人 恋のジンクス フロントメモリー 雨 雨の日の窓 告白 汗 純真 理性 危うさ 美しい瞳 好きな人の匂い 初恋。あらゆる要素があらゆる人の心を揺さぶってくる。少女の心の機微が夏の空と溶け合う名作がそのまま目の前に広がる喜び。「大人」を雑に扱わず「少女」も雑に扱わない。誰にも消費されない2人の物語は人ごとではなく自分ごとのように胸に響きました。

CHiCO (CHiCO with HoneyWorks:歌手)
恋は雨上がりのように」はTVアニメのオープニングテーマを担当させていただく前から原作の漫画が大好きで、映画化決定と聞いてからとても楽しみにしていました!あきらちゃんが陸上部の練習中、転倒して足首を痛めるシーンは目に涙をためて見ていました。あきらちゃんも店長も、立ち止まってしまって自分の気持ちに蓋をして気づかないふりをしたり、自分のまわりの全てがやけに眩しく見えたり。そんな共通点がある店長とあきらちゃんは、互いに自分の気持ちを認めずにいて、でもいろんな仲間や人たちと関わりながら自分の殻を壊して、再び前を向こうとする過程にはとても勇気をもらいました。漫画やアニメとは違う、リアルな会話の間や空気感、映像の美しさにとても引き込まれました!あと、橘あきら役の小松 菜奈さんのポニーテール姿が凄く好きです!

Aimer(シンガーソングライター)
その恋がどんな恋であろうと、まっすぐにだれかを好きになる気持ちは、だれにも否定できないのだと教えてくれる。雨粒の光と、雨上がりの光と、その対比がずっと美しくて、いつまでも観ていたい映画でした。

新海誠(アニメーション監督)
原作漫画も大好きな『恋は雨上がりのように』、実写版試写を拝見しました。年齢と立場の違う男女の雨宿りというモチーフは僕の中編アニメ『言の葉の庭』とも共通ですが、もっとずっと活き活きと展開される物語はじつに清々しくて、とても気持ちの良い映画でした。そういえば僕は店長と同じ歳だ……(Twitterより)

佐藤栞里(モデル)
目の前いっぱいに、淡く儚く切なくも美しい。
まわりが見えなくなるくらい大好きな人がいて、追いかけたい夢があって、共に戦ってくれる友人もいて。様々な世代の青春が、想いが、描かれています。今からでもキラキラした青春を過ごせるかもしれない。目の前にいるその人の幸せをいちばんに願いたい。その先に、自分の幸せもあったらいいなと。

古屋兎丸(漫画家)
小松菜奈さんの走るシーンの疾走感と大泉洋さんの哀愁。豪雨のシーンと晴れのシーンのコントラスト。青春の挫折と復活。様々な明と暗が一本の映画の中で交錯してラストの感動へと導かれます。色々言いたいけど言えない。 必見とだけ!(Twitterより)

全国東宝系にて大ヒット上映中!


***********************************

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
監督:永井聡(『世界から猫が消えたなら』、『帝一の國』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』)
映画タイトル:
出演:小松菜奈 大泉洋
   清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香・山本舞香
   濱田マリ 戸次重幸 吉田羊 
配給:東宝
Ⓒ2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 ©2014 眉月じゅん/小学館