「NEW」タグアーカイブ

監督:滝田洋二郎×主演:二宮和也『ラストレシピ』BD&DVD発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 監督:滝田洋二郎×主演:二宮和也

歴史の闇に消えた幻のフルコース“大日本帝国食菜全席”を巡る壮大な感動作『ラストレシピ』のBlu-ray&DVDを5月30日(水)に発売することが決定しました。

映像特典は豪華キャスト・監督によるビジュアルコメンタリーをはじめ、 彩り豊かなメニューを収録!! 豪華版の映像特典には、二宮和也、西島秀俊、そして滝田洋二郎監督によるビジュアルコメンタリーを収録! 映画本編では、二宮が 2002 年パートの 2 つの時代を行き来しながら描く本編で、二宮が 2002 年パートの主人公を、1930 年代パートの主人公を西島が演じている ため、出演パートが異なる二人の想いが交差する、見どころ満載の内容に! そのほかにも、メイキング映像や、TOHOシネマズ上野の開業と公開初日を祝い、豪華キャスト と監督によるテープカットセレモニーの模様をはじめ劇場公開時に行われたイベント映像集が収録されています!

映画情報どっとこむ ralph ■歴史の闇に消えた幻のフルコース“大日本帝国食菜全席”を巡る感動ミステリー!!

1930 年代の満州で天皇の料理番・山形直太朗(西島秀俊)が考案した究極のレシピ集 “大日本帝国食菜全席”。
太平洋戦争開戦によって消息を絶った山形とともに、レシピも散逸 されてしまっていた。歴史に消えたレシピの謎を追うのは、どんな味でも再現できる、絶対味覚 =“麒麟の舌”を持つ天才料理人・佐々木充(二宮和也)。山形の過去を辿っていくうちに、 そのレシピが歴史をも揺るがす大きな陰謀を孕んでいたこと、そして最後の一皿“ラストレシピ”に 隠されていた壮大な愛のメッセージに気づく。“大日本帝国食菜全席”が消えた謎を追うミステ リー仕立てのストーリーを軸に、満州の歴史、家族の絆、親子の絆、そして友情・同志との絆な ど壮大な愛の物語を描く感動作!作品満足度は 97.9%(東宝・初日アンケート)と非常に高く、 ぴあ映画初日満足度ランキング(2017/11/3-4、ぴあ調べ)では堂々の 1 位を獲得!

■滝田洋二郎監督×主演・二宮和也の強力タッグのもと、西島秀俊、綾野剛、宮﨑あおい、竹野内豊ら豪華俳優陣が共演!
『母と暮せば』(’15)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した二宮和也。その最新主演映画で初タッグを組むのは、『おくりびと』 (’08)でアメリカのアカデミー賞外国語映画賞受賞という日本映画史上初の快挙を成し遂げた名匠・滝田洋二郎監督。そんな日米アカデ ミー賞コンビの強力タッグのもとへ、西島秀俊、綾野剛、宮﨑あおい、西畑大吾(関西ジャニーズ Jr.)、竹野内豊、笈田ヨシら超豪華俳優陣 が集結し感動作を彩る!

■日本最高の製作陣が集結!!

本作の企画を担当する秋元康をはじめ、製作陣も日本最高のチームが集結! 原作は、伝説の TV 番組「料理の鉄人」や「クイズ$ミリオネ ア」など数々の人気番組を手がけ、多くの受賞歴を持つ作家・田中経一。脚本は『永遠の0』(’13)で第 38 回日本アカデミー賞優秀脚本 賞を受賞したほか、数々の話題作の脚本を手掛ける林民夫。音楽は、ジャンルを超えて幅広く活動する若き名手・菅野祐悟。さらに絢爛豪 華なメニューの映像化には料理界の重鎮・服部幸應が全面協力!!

物語・・・
本作では 2000 年代初頭と1930 年代、二つの時代が平行して語られる。現代パートは、絶対味覚=”麒麟の舌”を持ちながらも 料理への情熱を失ってしまった主人公・佐々木充(二宮和也)が、関係者たちの証言を集めながら「消えたレシピ」の解明に挑むミステ リアスな展開。そして過去パートは、太平洋戦争直前の 1930 年代を舞台に、レシピ作成に人生を捧げた、もう一人の麒麟の舌を 持つ料理人・山形直太朗(西島秀俊)と、彼の信念を支え続けた人々の運命を描きだす。

映画情報どっとこむ ralph ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~
Blu-ray 豪華版 TBR28179D ¥7,500+税

ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~
DVD 豪華版 TDV28180D ¥6,500+税

<Blu-ray&DVD 豪華版 共通特典> ※三方背ケース+デジパック仕様
【本編 DISC】 ■特報・予告・TV スポット集
【特典 DISC1】 ■イベント映像集 完成披露報告会見/完成披露試写会上映後舞台挨拶 幻のレシピ再現披露会/プレミアム晩餐会 初日舞台挨拶 公開記念トークショー ■メイキング映像
【特典 DISC2】 ■本編ビジュアルコメンタリー 二宮和也、西島秀俊、滝田洋二郎監督

ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~
DVD 通常版 TDV28181D ¥3,800 +税
※DVD 豪華版の本編ディスクと同内容

発売元:テレビ朝日 販売元:東宝
(C)2017映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」製作委員会 (C)2014 田中経一/幻冬舎    

***********************************



『おみおくり』完成披露上映会に高島礼子、文音、渡部秀 伊藤秀裕監督 2VOICE 登壇決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、3月24日(土)に劇場公開となる女納棺師を軸に描いた愛の物語『おみおくり』の完成披露上映会が東京・有楽町スバル座にて実施されることが決定し、3月3日のチケット販売開始に伴い、登壇者情報が解禁!

本作は、女性の納棺師を軸に、人の「死」に触れる仕事を通し自らの心の傷をいやし、生きることへの希望を見出していく様を繊細に描いた作品です。
初日を前に実施される完成披露上映会では、主人公の女納棺師・満島弥生を演じた高島礼子。満島の弟子として納棺師への道を進むことを決意した河村亜衣を演じる文音。亜衣の弟役で、姉と一緒に両親を事故で亡くしたトラウマに苦しみながら生きる河村孝弘を演じた渡部秀と豪華キャストの登壇が決定いたしました。更に、主題歌を担当した2VOICEのお二人と、伊藤秀裕監督が華を添えての登壇となります。
当日は、2VOICEによるミニライブも予定。

映画『おみおくり』完成披露上映会
日程:3月14日(水)
時間(予定):18:00開場 18:30開演 19:10上映開始
場所:有楽町スバル座
登壇:高島礼子、文音、渡部秀、伊藤秀裕監督 / 2VOICE
(※登壇者は余儀なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。)

映画情報どっとこむ ralph 【チケット情報】
※舞台挨拶上映会は、特別興行の為、招待券および各種割引はご利用いただけません。
※前売券はご利用いただけません。
■料金: 2,000円均一(前売券使用不可)

■チケット発売
3月3日(土)AM11時よりチケットぴあにてプレリザーブ開始
3月9日(金)AM11時 プレリザーブ締め切り、抽選
3月10日(土)AM10時よりチケットぴあにて一般発売開始
<Pコード558-296>

■インターネット購入
チケットぴあ 「おみおくり」チケット 
http://w.pia.jp/t/omiokuri/

■直接購入
チケットぴあのお店 営業時間 10:00~20:00(営業時間は店舗によって異なります)
サークルK・サンクス 営業時間 朝5:30~深夜2:00【発売初日は10:00~】
セブンーイレブン 営業時間 0:00~24:00【発売初日は10:00~】
■電話予約
チケットぴあ音声自動応答 TEL:0570-02-9999 
※要Pコード・自動応答24時間受付
(毎週火・水 2:30〜5:30はシステムメンテナンスのため受付休止)
※チケットぴあのみでの販売となります。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

愛する人との悲しい過去を背負う女納棺師・満島弥生(高島礼子)。一方、子供の頃、両親を交通事故で亡くした亜衣(文音)は、フラッシュバックする事故の悪夢に苦しめられていた。ある日、知人の葬儀の場で満島弥生に出会う。遺体を修復し、きちんとお見送りができるようにしてあげる仕事をしている満島の姿が亜衣の脳裏に刻まれる。そして亜衣は、自分にきちんと向き合うため、満島に弟子入りしようと決意する。様々な「おみおくり」の現場に接しながら、亜衣は自分の心の闇から徐々に解き放たれてゆく。

やがて亜衣は、彼女を暖かく見守る満島の悲しい過去の出来事を知ることに……。


***********************************

出演: 高島礼子 文音
渡部秀 風谷南友 芳賀優里亜 井上奈々
/藤田富 / 宮下順子 / 重盛さと美/加藤雅也(特別出演)
原案及び納棺師監修:永井結子「今日のご遺体 女納棺師という仕事」(祥伝社黄金文庫刊)
脚本・監督:伊藤秀裕
プロデューサー:芳賀正光、佐藤敏宏
キャスティングプロデューサー:河野優
アソシエイトプロデューサー:間瀬頼彦
ロケーションコーディネーター:中村正一郎
撮影協力:一般社団法人氷見市観光協会、富山県ロケーションオフィス、
立山フィルムコミッション
制作・配給:エクセレントフィルムズ
配給協力:トリプルアップ
カラー/ビスタ/5.1ch/117分
(c)2018「おみおくり」製作委員会


北香那 蒼井優 登壇!『ペンギン・ハイウェイ』製作発表会見


映画情報どっとこむ ralph 『夜は短し歩けよ乙女』など多くの代表作を持ち、数多の文学賞を受賞している今最も注目の作家、森見登美彦。
彼の“新境地”にして最高傑作との呼び声高い小説『ペンギン・ハイウェイ』のアニメーション映画化が遂に決定!

まっすぐな目で未来を見つめる少し生意気な小学4年生「アオヤマ君」のひと夏の「すこし・ふしぎ」な体験を瑞々しく描く本作。制作は、その力量と将来性が各方面から絶賛され、コラボレーションオファーの絶えない「スタジオコロリド」が担当。フルデジタルアニメーションながらも繊細かつ温かみのある表現で、原作の爽やかなテイストそのままに、よりスケールアップした感動を届けます。

監督は、第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した、弱冠29歳の新鋭・石田祐康。業界大注目のクリエイターが本作で待望の長編デビューを果たします。

この度、製作発表会見が行われ、オーディションで本作の主人公・小学4年生の「アオヤマ君」役を勝ち取り、声優初挑戦にして初主演を務める北 香那さん。そのアオヤマ君の初恋相手でミステリアスな歯科助手の「お姉さん」役を務めるのは、蒼井優。アニメーションの声優は『花とアリス殺人事件』以来3年振り。さらにスタジオコロリドの石田祐康監督、原作の森見登美彦さんが登壇しました。

『ペンギン・ハイウェイ』 製作発表会見 実施概要
日時:3月1日(木)
場所:東宝株式会社
登壇:北 香那、蒼井優、石田祐康監督、森見登美彦(原作)

映画情報どっとこむ ralph 多くのマスコミが集まった会場に登場すると、北さんと監督は、端から見ていてもわかる緊張ぶり。
一言挨拶でこの緊張が爆発してオモシロキャラな監督挨拶で場を和ませ、イベントはスタート。

今回オーディションで択ばれた北さんは初声優に挑戦。ですが、この日流れた特報ではまるで声優さんのようにうまいアフレコ。
北さん:声優さんが憧れで、声のお仕事もしたくて、夢でもあって。ドキドキしたんです。緊張しましたが、妹の授業参観を見に行ったりして、オーディションに活かせたんじゃないかと。

と、話す北さんに、オーディションのことを思い出して監督は
監督:北さんは、今の様に緊張されていたかもです。その後の頑張りが凄く印象良くて。

と、選んだ時のことを語ると

北さん:嬉しいです。決まったときには感極まって泣きました!夢がかなったと思いました。

と、嬉しそうな北さん。北さんは蒼井さんと仕事をしたことを聞かれ

北さん:蒼井優さんだ!ってドキドキが留まらなかったです。

と言います。
蒼井さんは・・・

蒼井さん:『ペンギン・ハイウェイ』 と台本を読み進めると全く違う方向に進んでいくので。。読み終わって。キラキラしていた時間を思い出させてもらえて。小さいお子さんも楽しめますけど、お母さん世代にも楽しんでいただけると。もちろんお父さんにも見ていただきたいです!

と、家族全員で観て欲しいという蒼井さんは、KEYとなるお姉さん役
蒼井さん:アオヤマ君に影響を与えるお姉さんですが・・・私自身お姉さん的な要素がないことがなくて難しかったです。いまいち小さい子を引っ張っていく役をやったことがないことにきづいて新しいチャレンジができました。現在半分録り終えてますので、この流れで吹き込んでいければと思っています。

と大女優が苦戦を漸く乗り越えたと語ります。
監督:お二人の声めっちゃ好きです。ハマってくれた!と、幸せな気持ちでいっぱいです。

と満面の笑みの監督。

映画情報どっとこむ ralph そんな蒼井さんと北さんの声に本作の原作者は
森見先生:初めは映像化に、抵抗があって心配しながら送り出しました。『ペンギン・ハイウェイ』 は特別で、自分の子どもの頃を舞台にする作品は自分の原点を出すことになるので。それぞれハイウエイの世界に命を吹き込んでいただけてるのは光栄です!監督も原作に対する熱意がとってもあって。素敵な作品になりそうです。

監督:ありがとうございます。そのお言葉に応えるよう全力で頑張ります!

と、原作者のお墨付きをもらえて嬉しそうな監督。


この後、記者からの質問タイムを終え

最後に・・・
監督:今まで小さなスタジオと、小規模な作品で細々と一生懸命やってきました。この様な舞台にたてて作品が造れて、嬉しいのとおっかない気持ちですが、吹っ切ってやったろう!と思っています。作品がより多くの方に、観ていただければと早くお届けして反応をみたいです。

と、締めました。監督のキャラクターの面白さに終始笑いの絶えない製作発表会見となりました!

ペンギン・ハイウェイ

公式サイト:
penguin-highway.com

***********************************

出演:北 香那、蒼井優
原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)
監督:石田祐康
キャラクターデザイン:新井陽次郎
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
制作:スタジオコロリド
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会


武田玲奈 ヒロイン風チャイナドレスで登場!『ブレードランナー 2049』 BD&DVD発売PR!


映画情報どっとこむ ralph フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作に、SFとフィルム・ノワールを融合し、それまで存在しな かったジャンルを確立して映画史に金字塔を打ち立てた、リドリー・スコット監督の『ブレードランナー』。 映画の世界のみならず、アニメ、音楽、アート、ファッションなどあらゆるカルチャーに影響をもたらし、今なお語り継がれる前作の DNAを受け継いだ正統続編『ブレードランナー 2049』のブルーレイ&DVDを3月2日(金)発売、同日レンタル開始いたします。
その発売記念PR イベントに、「M-1 グランプリ 2017」王者となり、お笑いで金字塔を打ち立てたとろサーモン(村田秀亮、久保田かずのぶ)と、無類の映画好きでモデル・女優として大活躍の武田玲奈、さらにMCとして、映画コメンテーターの有村昆が登壇して行われました。

映画情報どっとこむ ralph とろサーモンの二人はそれぞれ、ライアン・ゴズリング演じる主人公Kと、ハリソン・フォード演じるデッカードに影響を受けたという 衣装で登場。

村田さん:作品を観て、より一層ファンになりたいと思って今日は来ました。有村さんの解説を楽しみにしています!

と イベントへの意気込みを語り、一方

久保田さん:ネタの参考になればいいなと思い、そういった観点でも作品を観させていただきました!

と挨拶。
そんなとろサーモンに対し、MC の有村さんから本作の魅力を改めて伝えることに。

本作ではテーマの一つとして、「人間とレプリカント (人造人間)の違いは何か?」ということが描かれていることを有村さんが解説すると、

久保田さん:人間について改めて考えさせられた。 自分の器の小ささと比べながら人間って結局愚かなのかな・・・。

と自虐しながら本作の魅力についてコメント。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、今回のために用意された作品の世界観を再現した特別演出映像が上映。劇中に登場するヒロイン・ジョイの映像が 映し出されると、実際に映像からヒロインが飛び出してきたかのような演出で武田玲奈さんが登場。
ヒロインの衣装をイメージしたチャイナドレスを着て登場した武田さんに対し、

村田さん:ヒロインと瓜二つでした!

と絶賛。武田さんもヒロインのジョイについて、

武田さん:本当に可愛くて 衝撃を受けました。映画を観終わった瞬間にインスタ(Instagram)をフォローして、いいね!も押しました。

と、ジョイを演じたアナ・ デ・アルマスの大ファンになったことを明かした。

最後に・・・

村田さん:迫力満点のすごい演出でした。あんな演出は初めてで楽しかったです!

武田さん:(特別映像から登場する)こんな演出をさせていただいて不安だったんですけど、高評価をいただけて、楽しいイベントになりました。

と振り返りつつ、

武田さん:世界観が衝撃的で、いずれこうなっちゃうんじゃないかと不安になりました。いろんな方とディスカッションしながら観ていただけたら嬉しいです。

と本作をPRし、イベントを締めくくった。その後囲み取材が行われ、記者から

武田さん:続編が製作されるとしたら出演したいか?

と聞かれ

武田さん:出れることなら出たいで す!

とコメント。武田は最近英語の勉強もしているようで、

武田さん:先の目標ですが、ハリウッドの作品に出演することは大きな目標です。 これからも勉強を頑張ります。

と今後の目標を明かした。

『ブレードランナー 2049』のブルーレイ&DVDは3月2日(金)発売、同時レンタル開始。

ブルーレイ【初回生産限定】 4,743円+税
発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 2017 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

***********************************



松居大悟監督『アイスと雨音』コラボ写真展開催&パーカー発売


映画情報どっとこむ ralph 3月3日(土)渋谷ユーロスペース、イオンシネマ板橋ほか全国順次ロードショーの松居大悟監督最新作『アイスと雨音』。
第30回東京国際映画祭にて、熱い感想の嵐を巻き起こした本作は、予定していた演劇が中止になるという松居監督自身の経験をもとに、“現実と虚構”” “映画と演劇”の狭間でもがく若者たちの1ヶ月を、74分ワンカットで描いた青春譚。

このたび公開を記念して、公開前日の3月2日(金)より、コラボ写真展「アイスと雨音と写ルンです」の開催、映画の衣装を担当した新鋭デザイナーKEISUKE YOSHIDAデザインオリジナルパーカー(数量限定)の販売が決定しました。

監督は、映画『私たちのハァハァ』『アズミ・ハルコは行方不明』テレビドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」など、「今」という時代を映し続ける気鋭監督・松居大悟。出演は、400名の中からオーディションで選ばれた、森田想・田中怜子・田中偉登・青木柚・紅甘・戸塚丈太郎の6人の若手俳優たち。音楽は、マイク1本とギター1本で、聞き手の人生に踏み込み続けるMOROHAが劇中生演奏で観る者を釘づけにする。演技未経験で大阪から上京してきた出演者・田中怜子にインスパイアされ生み出された主題歌「遠郷タワー」(配信限定リリース中)は、覚悟を胸に目標を追い掛けるすべての人の背中を押す。心が折れたことがあるすべての人に捧ぐ、意欲作の誕生です。

映画情報どっとこむ ralph ① 3.2金〜14水「アイスと雨音と写ルンです」コラボ写真展      

オーディションによりワンカットの映画出演を告げられた出演者8名。富士フィルムの「写ルンです」を手渡された彼らが撮影した、稽古中の日常や風景など、駆け抜けるような瞬間を記録した写真74枚を展示。映画公開日の前日となる初日3月2日には、その出演者=カメラマンである森田想、田中偉登ほかキャストによるインスタ生配信レポートも実施。オリジナルポストカードなどの販売も。74分ワンカット、74枚の思い出を映画とともにお楽しみください。
会期中トークイベント開催予定しております。
会期:3月2日(金)〜 14(水) 11:00〜19:00(第2・第4木曜日は18:00まで )  
会場:FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP 2F
(東京都渋谷区神宮前6-29-4 TEL:03-6427-9706)
入場無料  
iceamaoto.html
撮影:森田想、田中怜子、田中偉登、青木柚、紅甘、戸塚丈太郎、門井一将、若杉実森

3月2日(金)19:00〜 公開直前記念!<写真展レポート生配信>緊急決定!!!
出演:森田想、田中偉登、田中怜子ほか出演者

映画情報どっとこむ ralph ② KEISUKE YOSHIDAデザイン「アイスと雨音」オリジナルパーカー  
本作で、衣装を担当した、新鋭ファッションデザイナー・KEISUKE YOSHIDA (ケイスケヨシダ)。映画の中で、少年少女たちの青春を体現し、今回は映画オリジナルグッズであるパーカーのデザインを担当。雨除けもできるフード付きパーカーに散りばめられた雨粒の模様は、透明ラバー素材で加工されている。3/3(土)より、数量限定で上映劇場にて販売をスタートします。

価格:11800円(税込)
製造元:ビンセントベガ
http://ice-amaoto.com/goods/
★WEB販売も予定(詳細は後日)

映画情報どっとこむ ralph 本当にやりたいことは、絶対止めちゃいけない。

『アイスと雨音』
ice-amaoto.com

私たちの青春は、もう止まらない。

物語・・・
2017年、小さな町で演劇公演が予定されていた。オーディションで選ばれ、初舞台に意気込む6人の少年少女たち。戯曲は、世界の演劇シーンで注目を集めるイギリスの劇作家Simon Stephensの「MORNING」。親友が町を出ていくことをきっかけに、鬱屈からの夜明けを描いた物語。しかし、その舞台は突如中止となった―「ねえ、稽古しようよ」とひとりの少女が言い放つ。

***********************************

監督・脚本・編集:松居大悟
出演:森田想・田中怜子・田中偉登・青木柚・紅甘・戸塚丈太郎・門井一将・若杉実森・利重剛/MOROHA 
音楽・主題歌「遠郷タワー」:MOROHA

プロデューサー:行実良,阿部広太郎,直井卓俊,遠田孝一,林武志
共同プロデューサー:時田曜子,吉川亜未
撮影:塩谷大樹/録音・MIX:戸村貴臣
舞台監督:津江健太
衣装:KEISUKEYOSHIDA
製作:「アイスと雨音」実行委員会
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
2017年/5.1chサラウンド/16:9/74分 
©「アイスと雨音」実行委員会