「NEW」タグアーカイブ

新日本プロレス棚橋弘至選手主演で映画化『パパはわるものチャンピオン』


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット絵本、『パパのしごとはわるものです』と、『パパはわるものチャンピオン』(岩崎書店刊)が、“新日本プロレス100年に一人の逸材“エース・棚橋弘至選手主演で映画化『パパはわるものチャンピオン』 されることとなりました。


悪役レスラー、ゴキブリマスクを職業とするパパ・孝志役に棚橋弘至選手。
2016年に『ベストファーザー・イエローリボン賞』(スポーツ部門)(主催・一般社団法人日本メンズファッション協会、日本ファーザーズ・デイ委員会)を受賞した棚橋は、本作が初の全国上映の映画主演となり、10年ほど長かった髪の毛を役作りのためにバッサリ切って臨みます。

棚橋弘至さんコメント 
新日本プロレス“100年に一人の逸材”棚橋弘至です。全国上映の映画初主演です。青天の霹靂とはこのことで…いや、もしかしたら思い描いていたのかもしれません。プロレスラーになりプロレスに生かされてきました。その恩返しがしたい。全エネルギーを込めて撮影中です。お楽しみに!皆さん、愛してまぁ~す!


映画情報どっとこむ ralph また、夫の仕事を支えながら、子供に父親の頑張っている姿をわかって欲しいと願っている妻・詩織役を現在、NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインの母親役を好演し、2児の母でもあり、本年度『第10回ベストマザー賞2017』(主催・日本マザーズ協会)を受賞した木村佳乃さん。

木村佳乃さんコメント  
親も完璧じゃないけど、頑張ってる!台本を読んで 父親の真っ直ぐな気持ちに感動致しました。今回は、監督はじめ 棚橋さんも私より若いのです…しっかり棚橋さんを支えようと思います!そして、棚橋さんに大好きなプロレスの技を教えてもらおうと思っております。

映画情報どっとこむ ralph そして、パパの本当の仕事を知ってショックを受ける息子・祥太役に、「TOTOネオレスト」CMのリトルベン役で話題となり、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の虎松役を好演している寺田心君。

寺田心君のコメント:

祥太役を演じます寺田心です。
今回棚橋さんとご一緒させて頂くので、プロレスを初めて見させていただきました。パパ役の棚橋さんがすごくカッコよくてファンになってしまいました!!皆さんと一緒に撮影頑張っています。祥太の小さな心の変化を大切に演じたいと思います。


豪華最強家族が誕生です。

映画情報どっとこむ ralph 監督と脚本はドラマ、コメディ、ラブストーリー、ミュージックビデオ等様々なジャンルで、テンポの良い独特の世界観を作り上げる若手注目株・藤村享平が手がけます。

撮影は9月中旬まで、年内に完成予定です。


原作者・板橋雅弘先生のコメント:

棚橋弘至選手が、ゴキブリマスクになるとは!原作者もびっくりのキャスティングですが、逸材エースが演じる哀愁のぼろぼろヒール&パパの姿も、ファンなら絶対愛せま~す!!

パパはわるものチャンピオン』 

2018年、全国ロードショー。

「パパの仕事は悪役レスラー。最初はショックだったけど、大きくなったらパパみたいなわるものになりたいです。」
かつては人気レスラーだったが、怪我や世代交代の波に押され、悪役レスラー・ゴキブリマスクとして一生懸命戦う孝志。「悪者がいないと、エースが活躍できないだろ?」。孝志はそうは言うものの、学校の友達に散々嫌われるゴキブリマスクが自分のお父さんであることをなかなか言えない祥太。最初はショックで恥ずかしい気持ちだったけれど、懸命に戦うお父さんの姿はだんだんかっこよく見えてくる―。ゴキブリマスクの戦う姿に、息子を思う親心、親子それぞれの眼差しと2人を見守る母の姿に、観る人みんなの心が熱くなる―。

頑張るすべてのお父さん、そしてその家族に贈る、心温まるファミリードラマの誕生!

公式HP: papawaru.jp

***********************************


原作:『パパのしごとはわるものです』『パパはわるものチャンピオン』 板橋雅弘・作 吉田尚令・絵 (岩崎書店刊)

脚本・監督:藤村享平  
出演:棚橋弘至、木村佳乃、寺田心 他
製作:『パパはわるものチャンピオン』製作委員会
配給:ショウゲート
Ⓒ2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会
©2011 Hisanori Yoshida.
©2011Masahiro Itabashi & Hisanori Yoshida. Published by IWASAKI Publishing Co.,Ltd. Printed in Japan.


エウレカナインcafe 始動!!『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』


映画情報どっとこむ ralph 感動の TV シリーズから 12 年―新たに描かれるレントンとエウレカの物語『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリ ューション』が、劇場3部作として待望の映画化を果たします。
本作は 2005 年 4 月よりテレビ放送され大ヒットを記録した伝説のアニメ。英雄アドロックを父に持つ主人公レン トンが、鬱屈な日々をおくる中、ヒロイン・エウレカと出会い、世界を知る旅に出る――というストーリーは 多くの視聴者の共感を呼び、2000 年代を代表する作品となりました。

そして、2017 年。『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1』が、9 月 16 日(土)より全国 107 館にて ロードショーいたします。


映画情報どっとこむ ralph この度、本作の 9 月 16 日(土) の公開を記念して、『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』公開記 念オリジナルドリンク「ハイエボリューションソーダ」が、下記の通り限定販売されることとなりました。 「エウレカセブン」に登場するキャラクター3人をイメージし、エウレカは「グリーンアップルレモン」、 アネモネ は「ピンクグレープフルーツライム」、 レントン「カシスコーラ」3種のドリンクが展開されることとなりました。

さらには、新宿バルト 9 café oase では、明日 8 月 25 日~期間限定 タイアップカフェ「エウレカナイン cafe」が展開されます。

限定メニューの タコミートをベースにした、スパイシーなホットサンド「ハイエボ リューションサンド」の販売他、café 全体に「エウレカセブン」の 装飾が施され「エウレカセブン」の世界を堪能できるファン必見の 空間となっています。


映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』公開記念オリジナルドリンク ⇒キャラクターをモチーフにしたオリジナルドリンク 「ハイエボリューションソーダ」各 600 円(税込) ・エウレカ ―グリーンアップルレモン― ・アネモネ ―ピンクグレープフルーツライム― ・レントン ―カシスコーラ―

<購入者特典> 先着プレゼント:オリジナルポストカード 購入者限定キャンペーン:抽選で 1 名様にポスター&プレスシート(非売品)プレゼント <販売期間> 2017 年 9 月 16 日(土)~

<取扱・実施劇場> 新宿バルト 9、T・ジョイ PRINCE 品川、T・ジョイ SEIBU 大泉、横浜ブルク 13、T・ジョイ蘇我、 T・ジョイ新潟万代、T・ジョイ長岡、梅田ブルク 7、T・ジョイ京都、広島バルト 11、 T・ジョイ出雲、T・ジョイ博多、T・ジョイ久留米、T・ジョイリバーウォーク北九州、 T・ジョイパークプレイス大分、鹿児島ミッテ 10

新宿バルト 9cafe oase にてタイアップカフェ「エウレカナイン café」始動! 公開に先立ち、8 月 25 日(金)から新宿バルト 9(10F)café oase にてタイアップカフェ「エウレカナイン café」 実施決定!タコミートをベースにした、スパイシーなホットサンド! オリジナルメニュー「ハイエボリューションサンド」800 円(税込)限定販売!! ※購入者特典はオリジナルドリンクと同一です。 ※「エウレカナイン café」実施期間 2017 年 8 月 25 日(金)~10 月 5 日(木)17:00 予定

映画情報どっとこむ ralph 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリ ューション1

物語・・・
地球上を覆う情報生命体・スカブコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機――サマー・オブ・ラブ。 その危機から世界を救ったのは、アドロック・サーストンだった。英雄と讃えられるようになるアドロック。だが、その真相を 知るものは、最前線で戦ったごく一握りの人間だけだった。 そして 10 年の時が流れた。アドロックの残された息子レントンは、ビームス夫妻の養子となり、地方都市ベルフォレストで 暮らしていた。義理の父チャールズは、豪放で色んな意味で“濃い”男。義理の母、レイは冷たそうに見えて細やかな愛情の持 ち主だった。だが、ビームス夫妻とレントンの間にはどこかぎこちなさがあった。14 歳になり、鬱屈とした日々を送っていたレ ントンに運命の転機がやってくる。そして、家を飛び出すレントン。そこからレントンは様々な人との出会い、別れを経験する。 レントンが出会ったひとりは、ファシリティ・ガード隊長のホランド・ノヴァク。 一時、ホランド率いるファシリティ・ガードに身を寄せていたレントンだが、ホランドとの相性は最悪。徹底的に悪かった。結 局レントンはそこからもわずかな時間で飛び出してしまった。彼が出会ったもうひとりは、少数宗教ヴォダラクの少女。死に瀕 した彼女を救うため、レントンは、再会したビームス夫妻の心配をよそに奔走する。 人々との出会いと別れは、レントンに大事なことを気づかせる。自分はなぜ、家出をしたのか。自分はなぜ今、この道を走って いるのか。

公式HP:
eurekaseven.jp

***********************************

レントン:三瓶由布子 エウレカ:名塚佳織 デューイ:辻谷耕史 ホランド:森川智之 タルホ:根谷美智子 チャールズ:小杉十郎太 レイ:久川 綾 / アドロック:古谷 徹

総監督:京田知己
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:吉田健一
原作:BONES 監督:清水久敏 メ
インメカニックデザイン:河森正治
コンセプチャルデザイン:宮武一貴
デザインワークス:武半慎吾、齋藤将嗣、出渕裕、コヤマシゲト、柳瀬敬之、中田栄治
キャラクター作画監督:藤田しげる、倉島亜由美
特技監督:村木靖
メカニック作画監督:阿部慎吾 メインアニメーター:柿田英樹、金子秀一、大塚健、横屋健太、長野伸明、工藤糸織

美術監督:永井一男 美術監督補佐:本庄雄志
色彩設計:水田信子 編集:坂本久美子
撮影監督:木村俊也 音響監督:若林和弘
音楽:佐藤直紀
挿入曲:Hardfloor 、HIROSHI WATANABE 主題歌:「Glory Days」尾崎裕哉(TOY’S FACTORY)
アニメーション制作:ボンズ
製作:バンダイビジュアル、バンダイナムコエンターテインメント、博報堂 DY ミュージック&ピクチャーズ、ボンズ、MBS
配給:ショウゲート
©2017 BONES/Project EUREKA MOVI
     


黒沢清監督 恒松祐里を天才とべた褒め!『散歩する侵略者』特別試写会イベント


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され、国内外の注目を集めた『散歩する侵略者』。

本作は黒沢清監督が劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の同名人気舞台を映画化。

数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイディアをもとに誰も見たことがない新たなエンターテインメントが誕生しました。

この度、9月9日(土)の全国公開を記念し、特別試写会イベントが行われ、黒沢清監督と劇中では侵略者としてアクションを披露した恒松祐里が登壇しました


映画『散歩する侵略者』特別試写会イベント
日程:8月24日(木)
場所:新宿ピカデリー
登壇:黒沢清監督、恒松祐里

映画情報どっとこむ ralph 250名の募集に1万2千組みの応募が殺到したプレミアムなチケットを手にしたお客様の前に黒沢監督と恒松祐里さんが登場!

黒沢監督:恒松祐里さんと一緒に壇上に立てるのは夢のようです。現場で一番歳と一番の若手の二人のトークをお楽しみください。

互いの印象を聞かれると

恒松さん:独特な雰囲気の不気味な作品を撮られる方なのでドキドキしていたのですが、お会いしたら紳士で素敵で安心して撮影が出来ました。でも不思議な方なんです。

黒沢監督:この若さでここまで芝居ができる女優がいるんだと驚きました。彼女はとんでもない存在であるのに当たり前に演じてるんですね。40代ぐらいでできる芝居が10代で演じられる天才です。

と、熱めにべた褒めの黒沢監督。監督作品の常連になる予感がします。
ここで撮影中の思い出を聞かれると

恒松さん:このような役は初めてで・・・アクション練習の時に監督に笑いながらアクションして!楽しんで人間を倒してくださいと。ポジティブでなんにでも興味をもっているように演じて欲しいと言われて演じました。

と、監督の出した演出に見事にこたえています。あの無邪気で無垢なものの怖さは監督の言う天才ならではか。ただ、あの無邪気さは演技なんだ!とMCが感心すると恒松さんは少し不服そうに

恒松さん:本当に無邪気なんです!

黒沢監督:全部お芝居ですね。

と、ニコニコの黒沢監督。撮影の苦労ポイントは

黒沢監督:全てが初めての内容で、ジャンルも、俳優も初めての方ばかりでしたし、侵略者という人たちがルールにのっとって 変なことをしているんだけど、ザックリ感に神経を使いました。

恒松さん:ざっくり演じました。

おそらく、映画を見終わるとあーとわかるこのザックリの意味。

映画情報どっとこむ ralph アクションシーンに関しては
恒松さん:格好良いシーンが沢山あると思います。私も格好良く撮ってもらってます。今回アクションは初だったので、苦労したんですけど・・それよりも練習時にできた痣を本番までに治すのが一番大変でした。

と、驚きの痣の治し方(割愛)とともに話されていました。

キャストの皆さんとの思い出を聞かれ

恒松さん:長谷川さんはかっこいい色気のある大人で・・・・高杉さんとかっこいいねって。

松田さんとはあまり一緒の時間がなかったそうですが、侵略者の話をしていたそうで、謝られたと。

監督は演出に関して

監督:正直全然、侵略者わからないのでお任せしました。でも凄いですよね。俳優って、別の人間を演じられる。ほとんど侵略者みたいですよね。

恒松さん:人間だれしも演じてることあると思うんですよ。概念が重要な映画で、概念の中に縛られているんだなと思いましたし、それが人間なんだと、“演じ”ました。


最後に

黒沢監督:散歩する侵略者と言うタイトルから・・ある部分は想像通りで、ある部分は全く違うものに。戸惑われるかもしれません。最後まで付き合っていただければ鮮明な答えが見つかると思います。

映画情報どっとこむ ralph 「なるほど。それ、もらうよ」彼らは、私たちの大切な《概念》を奪っていく。

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。
急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海。
夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出かけていく。一体何をしているのか…?
その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。
ジャーナリストの桜井は取材中、天野という謎の若者に出会い、二人は事件の鍵を握る女子高校生・立花あきらの行方を探し始める。
やがて町は静かに不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。
「地球を侵略しに来た」真治から衝撃の告白を受ける鳴海。
当たり前の日常は、ある日突然終わりを告げる。


『散歩する侵略者』

公式サイト:
sanpo-movie.jp

***********************************

監督:黒沢 清
原作:前川知大「散歩する侵略者」
脚本:田中幸子 黒沢 清
音楽:林 祐介
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 前田敦子 満島真之介 児嶋一哉 光石研
東出昌大 小泉今日子 笹野高史 長谷川博己

製作:『散歩する侵略者』製作委員会
配給:松竹 日活
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会
    


村上虹郎、吉田円佳、山田裕貴、加藤玲奈 生演奏を披露!「ニドナツ」バンド選手権リハ


映画情報どっとこむ ralph 『二度めの夏、二度と会えない君』
「ニドナツ」バンド選手権ファイナルイベント開催!

が9月1日(金)より全国公開の『二度めの夏、二度と会えない君』。通称ニドナツ。

主演は村上虹郎、ヒロイン役にはガールズバンド「たんこぶちん」の吉田円佳。そして、加藤玲奈、金城茉奈、山田裕貴らによる青春純愛ストーリーです。。本作では主人公たちのバンド演奏も大きな見どころとなっていて、実際に全曲彼らが組むPrimemberにより演奏しています。
そして、ヤマハミュージック主催のニドナツバンド選手権(スクリーンナンバーのコピーバンドコンテスト)が開催され、そのファイナル大会にて劇中に登場するバンドPrimemeberとして生演奏が行われました!

「ニドナツ」バンド選手権ファイナルイベント
日程:8月24日(木)
場所:渋谷 duo Music Exchange
登壇:村上虹郎、吉田円佳、加藤玲奈、山田裕貴 
ドラム:たんこぶちんDr.ほのか

ファイナル出場バンド
西日本:サマーリミテッド
東日本代表:ウラパイナップルズ

映画情報どっとこむ ralph
今回お邪魔したのはニドナツバンド選手権ファイナルの前のリハの記者向け取材。

久々の演奏してみて

村上さん:緊張です。(山田さんをみて)楽しそうだね!
山田さん:緊張!楽しさでカバーしてます!今回はカトレナちゃんもタンバリンで参戦ということで。
加藤さん:すごい嬉しい!撮影の時は見守る役だったので、羨ましかったんです。今回一緒に歌えてありがたいなと。
吉田さん:やっとこっちこれてよかったね。本当はツインボーカルやりたいですけどね。
山田さん:この映画でベース初挑戦で、こうしてライブハウスで演奏する日が来るなんて。すごい楽しみ半面緊張です!僕には心強い仲間がいてくれてるから。
と話を盛り上げてくれる山田さん!

映画情報どっとこむ ralph 撮影中の思い出としては・・
吉田さん:肉まんからのふらっとなるところは、私倒れたことがなかったんで、教えてもらって・・・難しかったんです。

と、初めての演技の吉田さん。

村上さん:おれ、代わりのスタントの男性を受け止めてリハした!(笑)でも、吉田さん芝居良かったです。
山田さん:まどかちゃんのピュアさが、投影されていて初めての芝居とは思えなかったです。

一方、加藤さんはまじめな会長役。

加藤さん:普段はまじめじゃないので・・・普段はへらへらしてるんで、まじめに見せるのに苦労しました!
と加藤さん。

映画情報どっとこむ ralph キャンペーンにあちこち巡っている皆さん。楽しんでいるようですが。。。そんな中、今までに言っていないエピソードはないかと急に振られた加藤さん。

加藤さん:今回、淡々と短い中でぎゅっと撮影したんで、エピソードといっても・・・。
と、考え中モードの加藤さんに山田さんが助け舟。

山田さん:みんな撮影中は和気藹藹なのに、ご飯の時は全くしゃべらないんです。みんなそんなにご飯好き?っていうくらい。

吉田さん:話すべきかなーって。で、山田さんが頑張って話してくれてたんです!

でも、山田さんのお話が滑ることも多いそうでスケートのようにと実演してくれる山田さん。
映画情報どっとこむ ralph 今回ライブハウスでの演奏に関して、

山田さん:劇中の熱さを取り戻して演奏したいと思います。

加藤さん:撮影では一緒にできなかったので、今回はみんなで楽しく頑張ります!

吉田さん:撮影の時のライブを思い出しながら、皆さんお心に突き刺すような歌を歌いたいと思います!

村上さん:映画内で5曲やってます!蝉時雨実は好きなんです。よろしくお願いします!

記者向けにPrimember「蝉時雨ライダーズ」を演奏!

映画情報どっとこむ ralph 最後に、高校生の決勝戦を戦う2バンドに向かって

村上さん:ここまで楽しんできたと思います。でも今日は決勝戦なので、思いぞんぶんやっていただければと頑張ってください!応援してます!


果たして決勝の行方は!?

高校生代表バンド2組のステージパフォーマンスの審査員は、本作品の音楽プロデューサーを務めた渡邊博。小学館・ガガガ文庫編集長の野村敦司。サウンドプロデューサー・作詞作曲家の大久保友裕。

最初に東日本代表東海大学付属浦安高等学校「ウラパイナップルズ」の演奏が行われ、次に西日本代表の大阪府立枚岡樟風高等学校「サマーリミテッド」の演奏が行われ、会場は大いに盛り上がり!

そして、審査の結果、グランプリは「ウラパイナップルズ」に決定。記念のトロフィーと副賞としてヤマハ楽器20万円相当が送られました。

プレミアムイベントの最後は、Primemberとして登場した吉田円佳がボーカルを務めるガールズロックバンド「たんこぶちん」のライブが行われ、拍手が鳴りやまない中、イベントは幕を閉じました。



物語・・・

今度こそ、君を好きにならない―

「バンド組もう!」高校3年の夏の始めに、彼女は言った。
智が通う北高に転校してきた燐は、文化祭でライブをするという夢を叶えるためにやってきた。彼女の夢を叶えるため、メンバーと共に奮闘し、文化祭ライブは成功を収めた。そして、夏のおわりに、智は燐に自分の想いを伝える。だがそれは取り返しのつかない言葉として刻まれ、2人を引き裂いてしまう。なぜ、あんなことを言ってしまったのだろう。もしもやり直せるなら──そう思ったある日、半年前にタイムリープした。今度は絶対に燐に“告白しない”と心に決めた智。しかし、二度めの夏は一度めと何か違っていた。果たしてライブは成功するのか。二度めの夏はどんな結末を迎えるのか。

9月1日(金)新宿バルト9他全国ロードショー


公式HP:
http://nido-natsu.com   
公式Twitter:
@nidonatsu#ニドナツ


***********************************

原作:赤城大空「二度めの夏、二度と会えない君」(小学館「ガガガ文庫」刊/ガガガ文庫10周年企画)
脚本:長谷川康夫   
監督:中西健二

出演:村上虹郎 吉田円佳 加藤玲奈 金城茉奈 山田裕貴/本上まなみ/菊池亜希子

【スクリーンナンバー】たんこぶちん&Primember「遠距離恋愛爆撃ミサイル」「さよなら監獄教室」「TIME」「グライダー」
「蝉時雨ライダーズ」(YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS)

【エンディングテーマ】たんこぶちん「夏のおわりに」(YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS)

配給:キノフィルムズ/木下グループ

(C)赤城大空・小学館/ 『二度めの夏、二度と会えない君』パートナーズ



アントン・イェルチン映画『ポルト』日本オリジナル版予告編が解禁!


映画情報どっとこむ ralph リスボンに次ぐポルトガル第二の都市“ポルト”を舞台に、孤独な男女の情熱的な出会いを描いた珠玉のラブストーリー、 映画『ポルト』が、9月30日より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開となります。 監督は2013年ヴェネチア国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞を受賞、本作が長編劇映画初挑戦となるゲイブ・クリンガー。

主演には『スター・トレック』シリーズや『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』のアントン・イェルチンを迎えています。


この度の 本作の日本オリジナル版予告編映像が解禁となりました!


予告編にはゲイブ・クリンガー監督の才能を高く評価し、本作の製作総指揮を名乗り出たジム・ジャームッシュ監督、 『ビフォア』シリーズ、『6才のボクが、大人になるまで。』のリチャード・リンクレイター監督から寄せられたコメントも登場。 ぜひコメントと併せまして、媒体さまでのご紹介をよろしくお願いいたします! 視線を感じたその一瞬は 、 ふたりにとって永遠だった・・・・・・。

家族に追放されたひとりぼっちのアメリカ人・ジェイク(アントン・イェルチン)と、考古学を学ぶフランス人留学生の マティ(ルシー・ルーカス)。ポルトの町で運命的な夜を迎える二人の姿切り取った、ロマンティックな予告編です。

映画情報どっとこむ ralph アメリカのインディーズ映画界を代表する二人の映画監督よりコメントが到着!

ジム・ジャームッシュ監督
( 『 ストレンジャー・ザン・パラダイス 』『 パターソン 』)

もの悲しさと詩的な美しさに満ちた 、 第一級の映画 。
アントン・イェルチンの演技には 、 胸が張り裂けるような思いをさせられる 。 ・・


リチャード・リンクレイター監督
( 『 ビフォア 』 シリーズ 、 『 6才のボクが 、 大人になるまで 。 』 )

ゲイブ・クリンガーは 、 素晴らしいドキュメンタリー作品で映画監督としてデビューした 。
そして今度は 『 ポルト 』 で 、 フィクション作品にも取り組むことができると証明してみせている 。
これは 、 真剣な映画狂の手形がついているのがはっきりわかる映画だ 。 ・・・


『ポルト』
原題:PORTO

公式サイト

***********************************

監督・脚本:ゲイブ・クリンガー
共同脚本:ラリー・グロス
製作総指揮:ジム・ジャームッシュ
出演:アントン・イェルチン、ルシー・ルーカス、フランソワーズ・ルブラン、パウロ・カラトレ
2016年
ポルトガル=フランス=アメリカ=ポーランド
カラ―ステレオ 76分
©2016 Bando a Parte – Double Play Films – Gladys Glover – Madant