「NEW」タグアーカイブ

ディカプリオxブラピ タランティーノ最新作『 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』特報到着


映画情報どっとこむ ralph クエンティン・タランティーノの 9 作目の長編監督作となる最新作“Once Upon a Time in Hollywood”の邦題が『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』となり、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給により今秋日本公開されることが決定!

この度2種類の海外版ティザーポスターと特報が解禁となりました。

2015年の『ヘイトフル・エイト』から4 年ぶりとなるファン待望のタランティーノ新作は、『ジャンゴ 繋がれざる者』 (2012)でタランティーノ監督作初出演となったレオナルド・ディカプリオと、『イングロリアス・バスターズ』(2009)で同監督作初主演を果たしたブラッド・ピットの 2大スターの豪華顔合わせが注目を集めている話題作。

映画情報どっとこむ ralph 舞台は1969年のロサンジェルス。詳しいストーリーはまだ明かされていないが、ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を、タランティーノ製作、脚本、監督で描いた本作は、タランティーノが、実際に自分が育った当時のハリウッド、そしていまや失われてしまったハリウッドを、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本執筆したという。

1枚目のポスターは、ともにタランティーノ作品でその演技力を大いに飛躍させたレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの2ショット。タランティーノ作品2作目となる本作での二人がどんな新しい顔を魅せてくれるのか!?

2枚目は、当時絶頂の人気を誇っていた女優シャロン・テート役のマーゴット・ロビー。
『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたマーゴットが、今回はタランティーノ映画のミューズに選ばれ、輝くようなブロンドと、60年代ファッションに身を包んだ衣装。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となった特報には、ハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしているちょっと落ち目のTV俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)と、長年彼のスタントマンを務めているクリフ・ブース(ブラッド・ピット)が登場。クリフがブルース・リーらしき東洋人とカンフーアクションを撮影するシーンや、共演した子役の少女に「私が生きてきた中であなたは 最高の役者よ」とささやかれリックが涙ぐむ姿などが描かれている。

また今回映像には登場していないが、先日急逝した「ビバリーヒルズ高校白書」のルーク・ペリーも本作に出演しており、映画作品としては遺作となっている。そのほかの共演陣も実に豪華な顔ぶれが揃っている。


50 年以上のキャリアを誇るアカデミー賞俳優アル・パチーノ、『ヘイトフル・エイト』のブルース・ダーンらハリウッドの重鎮を筆頭に、『アイ・アム・サム』(2001)で天才子役の名をほしいままにした ダコタ・ファニング、『X-MEN』シリーズのジェームズ・マースデン、『レザボア・ドックス』(1991)、『ヘイトフル・エイト』のティム・ロス、マイケル・マドセン、『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007)、『ヘイトフル・エイト』のカート・ラッセルなどタランティーノ作品ではおなじみの面々も顔を揃えている。ほかには『イン・トゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュ、『ダイ・ハード 4.0』(2007)のティモシー・オリファント、『オーシャンズ8』(2018)のダミアン・ルイスなどの新旧実力派が脇を固めている。

映画情報どっとこむ ralph 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

全米公開は 2019年7月26日、日本公開は 2019年秋全国ロードショー予定。

***********************************

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


小島梨里杏 1st 写真集 現在とこれからの決意の1冊 「半透明」発売記念イベント開催


映画情報どっとこむ ralph 6月公開予定の映画『ある町の高い煙突』や3月27日(水)~キ上の空論#10「ひびのばら」にて舞台初主演などの作品が控えている女優の小島梨里杏さんが、自身初となる写真集『小島梨里杏1st写真集 「半透明」』の発売記念イベントを行い、写真集の見どころやお気に入りのカットをアピールしました。
本書には、表現者としての小島梨里杏さんと、本来の小島梨里杏さんが半透明になって存在していたいというこれからの決意がタイトルに込められているそうです。

小島さんは“読んでくださる方と一緒に旅に出れるような本にしたかった”と語り、福岡と熊本でのロケで撮影した“旅ショット”や、これまで「烈車戦隊トッキュウジャー」や映画『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』で女優として知られていた小島さんが、昨年には「DAM CHANNEL」15代目MCに就任とMC業にまでその才能を開花させ、その締めくくりでロングヘアをカットした際の様子も収録されていて、小島さんの現在とこれからの決意が込もった1冊となっている。

映画情報どっとこむ ralph 本日開催された発売記念イベントでは、完成した写真集を手に

小島さん:等身大というか、今の25歳の私が写し出せたような写真集になっています。日常と、日常と違う夜の海とかで撮ったちょっと色っぽいショットもあるので、その差も面白いかなって思います。
とアピール。
また、お気に入りのページを聞かれると、港での驚いたような表情を浮かべるページを掲げ

小島さん:ひぃ~ってなってるんですけど、これ怒られた後なんです(笑)
と意外なページを挙げて

小島さん:日常にはあるんだけど、写真には残らないような写真が(この写真集のなかには)あるので、そういうのを見てほしいですね。『これはどういうときに撮った顔なんだろう?』みたいなのを想像しながら見てほしいです。

と呼びかけた。

また、旅をテーマの1つに据える本書は、大胆に背中を露わにした表紙カットが印象的なように、温泉に浸かる小島の姿も収録されている。記者から“自分の背中は点数を付けるとしたら何点か?”と聞かれると

小島さん:背中には自信があります(笑)

と話し、続いてこだわりを聞かれるとお尻の上の部分を指差し、

小島さん:おしりの近くのこの部分。良い反りしてました。

と記者を笑わせてくれました。
映画情報どっとこむ ralph ■『小島梨里杏1st写真集 「半透明」』メイキング映像

・動植物園編


・草千里編


■『小島梨里杏1st写真集 「半透明」』
発売日:2019年3月18日(月)発売
定価:本体2,700円+税
判型:A4判 128ページ
ISBN:ISBN:978-4-7683-1165-3
C0072 雑誌コード:なし
出版元:株式会社玄光社
※全国の書店、ネット書店にてご購入いただけます。
(C)GENKOSHA Co.,Ltd. 2019
株式会社玄光社


映画情報どっとこむ ralph 小島梨里杏(こじま・りりあ) プロフィール

1993年12月18日生まれ、東京都出身の女優。
2014年、『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)で演じたトッキュウ3号/ミオ役が好評を博し、幅広い層から支持を集める。『天才テレビくんYOU』(NHK Eテレ)のメインMCや『DAM CHANNEL』の15代MCに抜擢。3月27日(水)からは、オフィス上の空プロデュース キ上の空論#10「ひびのばら」にて舞台初主演、6月公開予定の映画『ある町の高い煙突』でヒロインを務めることが決定しており、幅広いジャンルで活躍中。
◇公式HP
riria_kojima/
◇公式Twitter
@lespros_riria

映画情報どっとこむ ralph そして、映画サイトなので、小島梨里杏さんが出演している『ある町の高い煙突』を御紹介!

<ストーリー>

「この美しい村は大きく変わるかもしれません…」

1910年、茨城県久慈郡入四間の裕福な地主の家に生まれ育った関根三郎はある日、隣村の日立鉱山による煙害が発生しているという話を耳にする。村の権力者である三郎の祖父・兵馬は事態を重く見て、分家の恒吉を連れて鉱山会社へ掛け合いに行くが、「補償はするが煙害は我慢してくれ」と一方的。受験を控えた三郎を心配した兵馬はある夜、30年前に村長として採掘権を許可したのは自分だと告げ、その5日後に亡くなってしまう。三郎は祖父の遺志を継ぎ、進学も外交官になる夢も捨てて、煙害と闘うことを決意する…
JXTGグループ、日立製作所、日産自動車など春光グループの源流である日立鉱山(現・JX金属)におけるCSRの原点となった物語。

『ある町の高い煙突』

2019年6月 有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー

***********************************


出演:井手麻渡 渡辺大 小島梨里杏 吉川晃司 仲代達矢 大和田伸也 小林綾子 渡辺裕之 六平直政 伊嵜充則 石井正則 螢雪次朗 斎藤洋介 遠山景織子 篠原篤 城之内正明 大和田健介 たくみ稜

原作:新田次郎『ある町の高い煙突』(文春文庫・刊)
企画協力:文藝春秋 ナレーション:阿川佐和子
エグゼクティブプロデューサー:鈴木一良 宮本澄江
脚本:渡辺善則
監督・脚本:松村克弥
プロデューサー:亀 和夫 城之内景子
製作:Kムーブ 制作協力:マウンテンゲートプロダクション Yプロダクション 配給:エレファントハウス/Kムーブ
製作著作:(C)2019 Kムーブ
2019年/日本映画/カラー/130分/シネマスコープサイズ/5.1ch


カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦』6.19 DVD発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 東京 2 館での公開から、興収31億円突破の超拡大ロングラン大ヒットを記録。
第42回日本アカデミー賞では話題賞を含む9部門受賞するなど、2018 年最大の話題作として社会現象となった上田真一郎監督 映画『カメラを止めるな!』


そのキャスト、スタッフが再集結し、今度はハリウッドで大暴れ!?

インターネットテレビ局「AbemaTV」 にて放送され、3 日間で累計視聴回数は約 50 万視聴を記録した、カメラを止めるな!スピンオフ 『ハリウッド大作戦!』が
主題歌フル ver.で6月19日(水)DVD 緊急リリース決定しました!
http://vap.co.jp/kametome/hollywood/

映画情報どっとこむ ralph 「カメ止め!」キャスト総出演+新たなキャラクターやゾンビも加わり、スピンオフにも関わらず、まさかのパワーアップ!?

今回、上田慎一郎監督は製作総指揮&脚本を担当、「カメラを止めるな!」で助監督で参加した中泉裕矢が監督を務め、もちろんネタバレ厳禁の待望の新作が早くも登場!

★製作総指揮&脚本:上田慎一郎コメント
このドラマも二度はじまる…いや、DVD を持っていれば三度でも四度でも百度でもはじまります。
本作にも細かな伏線や遊びが沢山隠されています。
ご自宅でゆっくり探して頂き「こんなとこに伏線が…ツイてるわ」って具合に楽しんで頂ければ幸いです。
カメ止めは裏側の裏側まで含めて完成とも言えます。
特典映像はメイキングをはじめ、本編尺を超える大ボリュームを収録予定。
DVD をゲットしてゾンビのごとく何度でも蘇ってお楽しみあれ。よろしくでーす。


★監督:中泉裕矢コメント
制作に本格的に取り掛かったのは今年の 1 月、クランクインが 2 月 5 日、作品が完成したのが 2 月末、3 月 2 日に初めて放映され、
本日 3 月 21 日からは、60 分の作品なのに映画館で公開される。そして DVD 発売も 6 月にされることになりました、と。
はやい!はやすぎて実感が追い付いてないです。まだ制作途中のような感覚です。
これからメイキング素材を見直して、DVD 用にエンドロールを充実させます。

映画情報どっとこむ ralph DVD 版では、エンドロールで使用された謙遜ラヴァーズ feat.浅森咲希奈の『I love you は言えない』をフルバージョン収録。
新たなキャストやゾンビたちも続々と登場し、パワーアップした「カメ止め」ワールドを豪華特典映像満載でお楽しみ頂けます!

池袋シネマ・ロサでの期間限定上映(3/21 日(木祝)〜4/4 (木))の初日3/21に、監督・キャストが大集合する舞台挨拶が決定しました!


『ハリウッド大作戦!』&『カメラを止めるな!』

©「ハリウッド大作戦!」プロジェクト

***********************************




堀未央奈(乃木坂46)x 山戸結希監督 孤独な少女の漂流譚 『ホットギミック ガールミーツボーイ』特報映像初解禁


映画情報どっとこむ ralph 主人公のを演じるのは、今回が女優としてのデビュー作となる堀未央奈(乃木坂46)。どこか不安定な初に惹かれ初に翻弄される3人の男性陣に清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗と、若手実力派俳優たちが集結。

そこに、先日発表になった桜田ひより、上村海成と映画界の今後を担うフレッシュなキャスト、そして久しぶりの悪役を演じ作品にビターな色を加えた吉岡里帆が華を添えます。そんな新しい時代の青春映画の誕生に期待が高まる本作より、このたび、サブタイトルがついた正式タイトルと特報映像、ポスタービジュアルが解禁となりました。

正式タイトルは、『ホットギミック ガールミーツボーイ』に決定しました。

山戸結希監督コメント
『ホットギミック』を映画化するにあたり、サブタイトルを、『ガールミーツボーイ』と、添えさせていただきました。
恋愛物語における永らくの代名詞であった、「ボーイミーツガール」を反転する、「ガールミーツボーイ」としての芸術を、描いてみようと決めていました。自分自身の主体性を奪われる恋ではなくて、自分自身の主体性を知るための恋が、もしもこの世にあるのなら、そのようなものをこそ、今新しく生まれる青春映画に映し出してみたいという念願がありました。“ホットギミック ガールミーツボーイ”、孤独な少女の漂流譚を、ぜひ、お楽しみにされてください。

3人の男性との恋を通して、迷いながらも自らの運命を選択し切り拓いていく初の姿を描く本作にピッタリのタイトルとなりました。
そして、特報映像とポスタービジュアルも解禁となりました。今作の映像が公開されるのは今回が初めてとなります。

映画情報どっとこむ ralph 特報映像では、登場人物それぞれの生きづらさや葛藤を吐露したセリフ回しと胸に迫る音楽で、知らぬ間に大人になっていく自分に戸惑いながら焦燥感を抱いている10代のリアルな心情を表現しています。
「バカは生きづらくて大変だ。何のために生まれてきたんだろ」「永遠に愛してるって思っても次の瞬間いらなくなっちゃうんだよ」「幸せって願うものでしょ」「絶対にいつか終わっちゃうってわかってるのにずっと好きでなんていられないよね」という山戸監督から生まれた力強い言葉たちは、若者のみならず大人にも鮮烈に突き刺さります。
また、シーンの切り替えに写真を挟むことで、一瞬時が止まったような、まるで青春の1ページを切り取ったような瞬間を演出したり、ドローンを使って風景や人物を俯瞰的に映すことによって、より映画の世界への没入感を高めています。
今回使われている音楽は、『溺れるナイフ』『21世紀の女の子』に続いて山戸監督とタッグを組む坂本秀一による劇伴。今作でも、映像素材を見事に彩ります。

音楽と言葉と映像が融合された、山戸監督ならではの世界観を垣間見ることができる特報映像となりました。




映画情報どっとこむ ralph ポスタービジュアルは、朝・昼・夕それぞれの時刻の東京の街と初・亮輝・梓・凌の4人の写真を組み合わせることで、時間の流れと人の心情が等しく移りゆくものであることを表現しています。また、4人はそれぞれが物憂げに違う方向を見つめており、すれ違う初と3人の男性の関係性も読み取ることができます。「3つの初恋。1つの答え。」というコピーは、初めての恋をする初が、たった1つの“本物の答え”にたどり着くことを予感させます。また東京湾をバックに遠くを見つめている4人のメインスチールも解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph 『ホットギミック ガールミーツボーイ』

2019年6月28日(金)公開

公式サイト:
http://www.hotgimmick-movie.com/

公式twitter:
@hotgimmick0628

ストーリー
どこにでもいる平凡な女子高生・成田初(なりたはつみ)。優しい兄・凌(しのぐ)、元気な妹・茜(あかね)と両親と、ごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(たちばなりょうき)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回されることに。
そんな時、数年前に突然引っ越していった幼馴染・小田切梓(おだぎりあずさ)が帰ってきた。人気モデルとして活躍し、遠い存在だと思っていた梓が、昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と魅かれていく。亮輝に邪魔をされながらも、初と梓は付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、実は梓にはある目的があった―。
さらに、兄・凌の秘密を知ってしまう。今まで通りではいられなくなり、戸惑う初。
昔から憧れの存在だった梓。口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる亮輝。幼い頃からいつも自分を守ってくれる凌。
そんな3人の男性との恋に揺れ動く初が選ぶ運命は…。

***********************************

キャスト:堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生/間宮祥太朗
桜田ひより 上村海成 吉川愛 志磨遼平 黒沢あすか 高橋和也
反町隆史 吉岡里帆
原作:相原実貴「ホットギミック」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)
監督・脚本:山戸結希(『21世紀の女の子』『溺れるナイフ』他)
(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会


安川有果・井樫彩・首藤凜・前田聖来・根岸里紗ら若手女性監督5作をオールナイト上映!浅草九劇『うずフェス(仮)』


映画情報どっとこむ ralph 演劇、コント、ライブ、アート、映画など、様々なジャンルが集結した、エンタテインメントフェス『うずフェス(仮)』が4月12日(金)~4月14日(日)に、浅草九劇及び、WIRED CHAYA、WIRED HOTELにて開催される。その2日目となる4月13日(土)夜に、今後の活躍が期待される監督の作品を集めたオールナイト上映「女性とか若いとかそんなのどうでもいい、目の前の映画を見て」が開催されることが決定した。

上映ラインナップは、ぴあフィルム・フェスティバル、なら国際映画祭など国内各種映画祭で受賞し、第70回カンヌ国際映画祭に正式出品された『溶ける』(井樫彩監督)、第14回TAMA NEW WAVEグランプリ&ベスト女優賞、お蔵出し映画祭2014審査員特別賞など多数受賞した『Dressing Up』(安川有果監督)、MOOSIC LAB2017で準グランプリ、ベストミュージシャン賞、女優賞の3冠を獲得した『なっちゃんはまだ新宿』(首藤凜監督)、女優出身の新鋭監督・前田聖来と3人組ロックバンド「MINT mate box」のコラボレーションによる『いつか輝いていた彼女は』(前田聖来監督)、伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2016グランプリ作品『三つの朝』(根岸里紗監督)の全5作品。映画上映の合間には、監督が登壇してのトークイベントも予定している。

『うずフェス(仮)』は、「何かを創りたい!表現したい!発表したい!」という、表現欲求や承認欲求が人一倍強い、若いクリエイターやアーティストを支援するというイベント。観客は、アーティストのパフォーマンスを体験し、感動した分だけのお金を”投げ銭”という形で直接還元できる仕組みとなっている。初日となる4月12日(金)は、映画「放課後ソーダ日和」(枝優花監督)の上映、4月13日(土)は「松永天馬殺人事件」(松永天馬監督)の上映がある他、音楽ライブ、演劇、お笑い、落語、アート展示、ファッションショーなど様々なジャンルから新進気鋭のクリエイター、アーティストが集結する3日間となる。『うずフェス(仮)』の前売りチケットは現在発売中。

オールナイト上映「女性とか若いとかそんなのどうでもいい、目の前の映画を見て」は前売り一般2,000円、学生1,500円でそれぞれ投げ銭コイン300円分が含まれている。詳しくは、浅草九劇ホームページ及び、「うずフェス(仮)」SNSをチェックしよう。

映画情報どっとこむ ralph ◆「うずフェス(仮)~女性とか若いとかそんなのどうでもいい、目の前の映画を見て~」
日程:4月13日(土)
22:45開場/23:00開演/05:00終映予定
<チケット料金>
入場料:2,000円(前売り)/2,500円(当日)
※ 投げ銭コイン300円分が含まれます。
入場料【学生】:1,500円(前売り)/2,000円(当日)
※ 投げ銭コイン300円分が含まれます。


・井樫彩監督『溶ける』
【あらすじ】
田舎町に住む高校生・真子は、学校生活や友人関係のストレスを、密かに近所の川に飛び込むことで解消している。ある日、川に飛び込んだところを東京からやって来た従兄弟の孝太郎に見られてしまう。夏を一緒に過ごすことになった年上の従兄弟の存在、親友との微妙な関係、全然見えない将来のこと。ゆっくりと彼女の生活が変わっていく。
【キャスト/スタッフ】
出演:道田里羽、ウトユウマ、小山梨奈、ほか
監督・脚本:井樫彩


・首藤凜監督『なっちゃんはまだ新宿』
【あらすじ】
秋乃は近ごろ、同級生の岡田に恋をしている。しかし岡田には他校に「なっちゃん」という彼女がいた。彼がいとおしげに話すその少女のことを秋乃はいつも考えてしまう。岡田の好きな「なっちゃん」日傘を差した「なっちゃん」可愛い「なっちゃん」友だちの少ない「なっちゃん」、なっちゃん、なっちゃん。ある日、タンスを開けるとなっちゃんがいた。戸惑う秋乃の前に彼女は幾度も現れ無邪気に笑う。かけがえのない誰かのように。
【キャスト/スタッフ】
出演:池田夏海、菅本裕子、河西祐介、尾苗愛(POLTA)、ふくだ傑(POLTA)、ほか
監督・脚本:首藤凜


・根岸里紗監督『三つの朝』
【あらすじ】
深夜の工場で働く3人の女性。服飾の道を目指しながらも、なんとなく無気力を引きずったまま日々をやり過ごす20歳の麻衣。上司との不倫から抜け出せずにいる30歳のふみ。一人で娘を育てるため、必死で働く40 歳の真知子。年齢、育ち、境遇に一切の共通点を持たない3人の女性の人生が、理由を持たずにほんの少し交わる。人生が変わる一瞬が常に劇的なものであるとは限らない。些細な出来事が閉塞した生活に光を差し、3人がそれぞれに迎えた朝はいつものそれと違って見えた。
【キャスト/スタッフ】
出演:兎丸愛美、根矢涼香、山下翔平 、小野莉奈、曽我部恵一、唯野未歩子
監督・脚本:根岸里紗


・前田聖来監督『いつか輝いていた彼女は』
【あらすじ】
主題歌・出演に人気急上昇中のバンド”MINT mate box”×女優出身の新鋭監督・前田聖来のコラボで描く、女子高生たちの夢と嫉妬を切り取ったビターテイストな青春群像。ミスiDの小倉青主演を主演に迎え、女心の表と裏を軽快な会話劇で紡いでいく。
【キャスト/スタッフ】
出演:小倉青、mahocato・やすだちひろ・KJ(MINT mate box)、里内加奈、日高七海、柳澤果那、日高陽菜子、野仲美穂、東吾優希、近永知里、柿沼美保、藤井咲彩、宮下絵美、谷川雛多、望月紗依、有泉愛衣、勝又啓太、十夢
監督・ 脚本・編集:前田聖来


・安川有果監督『Dressing Up』
【あらすじ】
桜井育美は父親と二人暮らしの中学一年生。授業で「将来の夢」について考えるという課­題が出るが、自分の未来を想像することが出来ない。「母親のような立派な人になりたい­」というクラスメイトの発言を聞いた育美は、死んだ母親がどういう人だったのか興味を­持ち始めるが、ある日、隠されていた母親の過去を知ってしまう。大阪市による若手映画作家支援事業「CO2」の助成作品として、「カノジョは大丈夫」の安川有果がメガホンを取った異色の青春ドラマ。幼い頃に母親を亡くし、現在は父親と2人きりで暮らしている中学1年生の育美。ある日、学校で将来の夢を考える課題が出るが、育美は未来の自分の姿を想像することができない。母親のようになりたいというクラスメイトの発言を聞いて、今は亡き自分の母親に興味を持つ育美だったが、やがて母親の隠された過去を知り……。
出演:祷キララ、鈴木卓爾、佐藤歌恋、渡辺朋弥、平原夕馨、デカルコ・マリィ
監督・脚本・編集:安川有果

映画情報どっとこむ ralph ◆「うずフェス(仮)」
日程:4月12日(金)、13日(土)、14日(日)
場所:浅草九劇、WIRED CHAYA、WIRED HOTEL
出演:塩塚モエカ(羊文学)/Three Finger Snap/Nakanoまる/西山小雨/橋本雅登/フルー/川久保晴/さかな芸人ハットリ/ピンクリバティ/立川志の太郎/大矢梨華子/竹内弘彦/テジナ/Aマッソ/ラランド/泣かないで、毒きのこちゃん/益山U☆G×地道元春/相原舜/赤/阿東里枝/小野原聡/ケビンばやし/ごめん/ざきよしちゃん/佐々木愛美/中村一般/歯のマンガ/宮本真奈美/モリ・マサ/山科ティナ/映画「放課後ソーダ日和」(枝優花監督)/映画「松永天馬殺人事件」(松永天馬監督)ほか
・「うずフェス(仮)」公式Twitter:https://twitter.com/uzufes
・「うずフェス(仮)」公式note:https://note.mu/uzu_fes
・浅草九劇公式HP:https://asakusa-kokono.com/


<チケット料金>
チケット販売:3月12日(火)18:00~
http://w.pia.jp/t/uzufes/
4月12日(金)1日通し券:1,500円(前売り)/2,000円(当日)
※投げ銭コイン500円分が含まれます。
4月13日(土)1日通し券:2,500円(前売り)/3,000円(当日)
※投げ銭コイン500円分が含まれます。
※オールナイト上映はチケット別途
4月14日(日)1日通し券: 2,500円(前売り)/3,000円(当日)
※投げ銭コイン500円分が含まれます。

***********************************