「NEW」タグアーカイブ

南沙良,蒔田彩珠,萩原利久,湯浅弘章監督登壇!『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』プレミア!


映画情報どっとこむ ralph 7月14日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となる映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』。公開を前に6月26日(火)にプレミア上映&舞台挨拶を行いました。

本作は、人気漫画家・押見修造の実体験をベースにした同名原作の映画化。待望の映画化に、期待値マックスのプレミア上映は満員御礼!最速となる上映に駆けつけてくれた熱気溢れる観客たちに直接お礼を伝えたい!とキャスト&監督が集結しました!

日時: 6月26日(火)
場所:新宿武蔵野館 
登壇: 南沙良(みなみさら)、蒔田彩珠(まきたあじゅ)、萩原利久(はぎわらりく)、湯浅弘章(ゆあさひろあき)監督

映画情報どっとこむ ralph 南さん:観終わったあと、余韻に満たされました。志乃・加代・菊地の三人は、自分たちのままで進んでいけるんだなと感じ、心の奥の方があったかくなりました。

蒔田さん:実際の自分の歳と近い役を演じて、作品を観て、グッと胸に迫るものがありました。自分たちが伝えたかったことが伝えられたと感じています。

萩原さん:一足先に観て、現場で感じたエネルギーをスクリーンからそのままに感じました。みなさんにも僕たちが現場でぶつけあったものをご覧いただけると思います。

湯浅監督:夜中、一人編集しながらウルッときていました。多くの作品を作ってきましたが、生まれて初めて「これ、イケるな?」感じました。ハードルあげすぎですかね?でも自信ありますよ!



自分が演じた役について

原作者押見修造先生のファンの南さんは

南さん:原作を読んだときに、「志乃をやりたい!」と強く思ったので、それが実現して何より嬉しかったです。でも同時に原作の雰囲気を壊さないか、不安もありました。

蒔田さん:加代は、人と関わりたいけど積極的にはできない。でも理解しようとする純粋な子。志乃と関わる際には「相手の話しを聞く」ことを強く意識しました。

萩原さん:漫画の菊地のキャラが素晴らしく、とにかく撮影初日から飛ばしまくって。普通なら徐々に気持ちが盛り上がっていくと思うんですけど、菊地は序盤がピークでした。でもクランクアップの日に原作者の押見さんから「菊地が菊地だったね!」と言われて、本当に嬉しかったことを覚えています。

と、其々話しました。

映画情報どっとこむ ralph 現場でのエピソード

静岡の沼津で2週間行われた合宿のような撮影。当時の様子について聞かれると

湯浅監督:とにかく主演の二人が本番直前まできゃっきゃっしてるんですよ。でもヨーイがかかった瞬間にスイッチが切り替わって、ドキッとする瞬間がありました。「あぁ、本当に女優の顔をしているな」と実感しました。

そんな撮影当時14歳の南さんと蒔田さんが見せる様々な表情が映し出された本作。これまでアイドルのMVなどを数多く手がけてきた湯浅監督は美しくとる秘訣について

湯浅監督:自分が思う、映画の中の美しい女性は、撮影技巧で撮れた“美しさ”ではなく、困難を前にしても必死に生きようとする姿にこそ本当の美しさがあると思うんです。今回は、それを二人に伝えました。本作の中にもそうした姿が映っていると思います。

とアツく語った。

映画情報どっとこむ ralph 登場人物たちが上手く想いを伝えられないという物語にちなんで、撮影時には言えなかった“今だから言えるお互いへの想い”をパネルに書いて打ち明けることに。

勢いよく萩原がパネルをあげると「みんなで菊地扱い」との文字。

萩原さん:最初は「菊地そのままだ!」と言われていて、嬉しかったんですけど、カメラが回っていないときでも「菊地ウザイ〜!(笑)」と言われるようになり、ショゲました。笑。

とのエピソードに会場からは笑いが。

蒔田さんのパネルには

「南さんへあの時は可愛かった…。」との文字。隣で聞く南さんは思わず照れ笑い。

蒔田さん:撮影中の宿で、夜中に私の部屋に来て、怖い話をテレビで見てながら大きいリアクションをして。気づいたら隣に眠っていて…笑 起こしてもおきないんですよ。

と仲良しエピソードを吐露。すると

南さんは「彩珠へ、夢男」と自分で書いた渾身のイラスト入りの意味深な内容のパネルを見せる。蒔田と見ていた怖い話しのキャラクターだったそうで、二人は大盛り上がり。

「考えが通じあってるね」とお互いがニコニコ微笑みあう様子も。

そんな中、

最後に監督が出したパネルは

監督:「3人へ、絶対仲良くならないと思ってた!」仲が悪かった時用の演出も考えてたんですけど、一つも使わずに済みましたね

と冗談交じりに打ち明け、舞台挨拶は幕を閉じました。


志乃ちゃんは自分の名前が言えない

7月14日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

http://www.bitters.co.jp/shinochan/

【STORY】

伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。

高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。

そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。

そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり…


***********************************

出演:南 沙良  蒔田彩珠 /萩原利久 /
小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲
山田キヌヲ  奥貫 薫

監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳
音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社

製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)

2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分

©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


映画監督・豊田利晃が贈る超大作ドキュメンタリー映画『PLANETIST』完成!!


映画情報どっとこむ ralph 昭和43年(1968年)6月26日に、米国の統治下から日本への復帰を果たし、平成30年(2018年)に日本へ返還されてから50年の時が経ちました。

東京から船で24時間。
東洋のガラパゴスと呼ばれ、世界でも類い稀な自然に囲まれた神秘と奇跡の島、小笠原諸島。 その島で自然と共に歩み生きる男がいます。

宮川典継、65歳。

サーファーたちのレジェンドで、 野生のイルカと泳ぐ世界初のドルフィンスイムを確立した「海のターザン」。
宮川さんの尽力なくして小笠原諸島世界自然遺産の誕生はなかったと 言っても過言ではありません。
島にやってくる旅人は、何かを求めてやってくる者や、人生の壁にぶち当たった者、心に傷を持った者、どう生きてくか生き悩む者、変化を求めている者たちが多数。


宮川さんはそんな旅人たちに、小笠原の自然を魔法の装置のように提示して、 旅人を興奮させる。
このドキュメンタリーでは、ミュージシャンや役者、アーティストたちが島に呼ばれ、 宮川さんの案内によって、感受性の強い彼らの想像力を解き放ち、見たことのない小笠原が呼び出される。 その歓喜の瞬間が映像に映っているのです。



本作を企画・監督・撮影したのは豊田利晃監督。『アンチェイン(2001年)』以来のノンフィクション作品にして、2時間46分の超大作作品を完成させました。2014年から制作開始をして、足掛け5年の月日が経ちました。

僕が島へのゲストを決めて、宮川典継が場所、時間、日にち、風、波、島の脈動の流れを読み、この島を祝福するような、祭宴を作り上げる。

映画情報どっとこむ ralph その時、その場所でしか起こらない奇跡。それを、地球の流れを読み、成立させていく。その祭宴に参加する者は、地球との一体感を感じて、それぞれが、それぞれの想像力を刺激され、何かを見る。僕は、それを『怪獣』と例える。これが、このドキュメンタリーというには作為的な映画の運動だ。地球と遊ぶこと。そのドリーミングな一瞬を観客と共有したいと思う。素敵な時間である。この一瞬のために人生があったのではないかと錯覚する。僕が死ぬ前に思い出す景色がこの映画に収められている。

このドキュメンタリーの終わりは時間だ。

2018年。小笠原返還50周年。結末はわからない。ただ時間だけが迫っていく。これ以上はないと思える光景が最後に見えるだろう。そんな夢を僕は見ている。

南の島へ行くといつも戦争の記憶と出会う。その記憶は放置されたまま現在もそこにある。辺境の島は国家の姿が丸見えだ。小笠原諸島は国策で作り上げられたきた。明治から昭和初期にかかけて父島要塞と呼ばれた軍事島に変貌した。硫黄島の硫黄は火薬の燃料だ。硫黄の発掘とコカの栽培。第二次世界大戦の重要な拠点になった。
伊豆大島から15歳のときに硫黄島に渡ってきたのが、宮川典継のおじいさんだ。戦争の時代をくぐり抜け、世界自然遺産の平和な島への変貌。その記憶をひとつに、2018年の光景として、この映画のクライマックスになるだろう。それが、プラネティストとしての宮川さんの決意である。
宮川さんは小笠原で自然保護の仕事に従事している。

島の生態系を守ること。それが仕事であり、彼の生き方である。世界的に見て、生態系が守られている場所は珍しい。小笠原が東洋のガラパゴスと呼ばれるように。生態系を守ることは地球を守ることである。

映画情報どっとこむ ralph 企画・監督・撮影:豊田利晃 プロファイル
1969年大阪府生まれ。
将棋奨励会に9歳から17歳まで所属する。 その時の体験を基に1991年、阪本順治監督『王手』の脚本家として映画界に登場。 その後、阪本順治監督『ビリケン』(96)の脚本を手掛けたほか、演劇舞台や劇画の原作なども手掛ける。 1998年、千原浩史(千原ジュニア)を主演に迎えた『ポルノスター』で監督デビュー。 その年の日本映画監督協会新人賞、みちのく国際ミステリー映画祭`99年新人監督奨励賞を受賞する。 2001年、様々なリングで闘う4人のボクサーを現役、引退から現在までの5年間という長期に渡り追いかけた『アンチェイン』を監督する。 2002年には人気漫画家・松本大洋の原作『青い春』(主演:松田龍平)を映画化し、 大ヒットを記録した。 2003年、『ナイン・ソウルズ』を監督。 2005年、直木賞作家角田光代の原作『空中庭園』(主演:小泉今日子)を監督。 2006年には、アテネ国際映画祭で全作品レトロスペクティブ上映されるなど、国内のみならず世界各国から高い評価を受けている。 また、中村達也、勝井祐二、照井利幸と音楽ユニット『TWINTAIL』を結成し、即興演奏にその場で映像を併せていく表現方法を追求しはじめる。 2009年に中村達也を主演に迎え『蘇りの血』を監督。 2012年には、瑛太を主演に迎え、爆弾魔“ユナボマー”に基づいた映画『モンスターズクラブ』と藤原竜也、松田龍平が主演する『I`M FLASH!』。 2014年、東出昌大、早乙女太一主演の『クローズ EXPLODE』を監督。2015年と2016年に小笠原諸島を題材にした、舞台『怪獣の教え』(窪塚洋介、渋川清彦、太田莉奈)を上演し大盛況を得た。

最新作「泣き虫しょったんの奇跡」(東京テアトル配給:18年秋公開予定)

2019年劇場公開予定

***********************************

出演: 宮川典継(レジェンドサーファー)
GOMA ( ディジュリドュ奏者 画家)
窪塚洋介 (俳優)
渋川清彦 ( 俳優)
中村達也 ( ドラマー)
ヤマジカズヒデ (ギタリスト)
ナレーション:小泉今日子

音楽監督:ZAK
音楽:大野由美子 コーネリアス ヤマジカズヒデ
企画・監督・撮影: 豊田利晃
制作プロダクション|ヌーヴェルバーグ
配給・宣伝・製作:VAP
2018年/日本語/カラー/166分
©PLANETIST FILM PARTNERS


『フランス映画祭2018』閉幕!エールフランス観客賞はオープニング作品の『セラヴィ!』に!


映画情報どっとこむ ralph 6/21(木)~24(日)の期間で開催していた「フランス映画祭2018」が好評のうちに閉幕しました。


フランス映画祭2018
開催期間:2018年6月21日(木)~24(日)
会場:みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらいほか
公式サイト:http://unifrance.jp/festival/2018/
上映作品:日本未公開のフランス映画長編14本、短編1本
観客動員数:13,189人(映画上映、マスタークラス、ゴーモン展など全ての関連イベントも含む)

映画情報どっとこむ ralph 今年は、13年ぶりに横浜にもどり華やかに開催、6/21(木)にみなとみらいホールで行ったオープニングセレモニーでは、フランス映画祭団長のナタリー・バイと、横浜出身でフェスティバル・ミューズを務めた常盤貴子さんが開会を宣言。
『万引き家族』でカンヌ国際映画祭・パルムドールに輝いた是枝裕和監督、本映画祭の特別協賛である日産自動車のカルロス・ゴーン会長も登場。

満員となったオープニング作品『セラヴィ!』(7/6より全国公開)の上映を皮切りに、日本未公開のフランス映画、長編14本と短編1本を上映。上映会場となったイオンシネマみなとみらいには、多くのお客様が詰めかけ、会期中に6作品(うち短編『トマ』は『モカ色の車』の併映として2作を1本とみなす)が満員御礼、会場は連日フランス映画ファンの熱気でいっぱいとなった。

映画情報どっとこむ ralph 上映後に行われた各回の来日ゲストによるQ&Aやサイン会は大いに盛り上がった。今年は会場でのお客様による撮影の規制はせず、サイン会に移動する前のロビーでは各回のゲストの撮影時間を作り、観客の皆様とフランス代表団の交流の場を設ける形とした。

13年前の横浜時代を彷彿とさせる、横浜ならではのアットホームな映画祭が実現。また、若い世代にフランス映画と接する場を作ることを心掛け、オープニングセレモニーのみ、横浜市民は500円で鑑賞できる割引サービスを実施。

横浜市立大学、東京藝術大学、早稲田大学にて、授業の一環として学生を対象としたマスタークラスも開催。

フランス映画の作り手と、日本の学生たちが接する場を作った。
横浜市立大学の学生が、ボランティアスタッフとして映画祭の各会場にて活躍した。

上映時に配布したアンケートで選ばれる「エールフランス観客賞」は席数に関わらず評価の比率により、オープニング作品の『セラヴィ!』が受賞。

結婚式での人間模様を描いたコメディが、多くの観客の皆様の心をつかむ結果となった。

運営&宣伝:フリーストーンプロダクショ

***********************************





原始人がサッカー特訓!『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』本編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 舞台は先史時代。原始人(アーリーマン)ダグとその仲間たちが、暴君ヌース卿に奪われた大切な故郷を取り返すため、サッカーで戦いに挑む。果たしてダグたちは強敵を相手に試合に勝つことができるのか――!?槍をボールに持ちかえた”アーリーマン(原始人)イレブン”の笑いと感動のエキサイティングな大冒険!

『ウォレスとグルミット』『ひつじのショーン』などで知られ、これまでに4度のアカデミー賞®受賞歴を持つニック・パーク監督×アードマン・アニメーションズが制作、全世界待望の新作ストップモーション・アニメーション『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』が2018年7月6日(金)、TOHOシネマズ上野ほか全国公開となります!


この度、原始人(アーリーマン)たちが、超エリートサッカーチーム“レアル・ブロンジオ”と戦うための“死と隣り合わせの”サッカー特訓映像を解禁。




今回解禁されたのは、主人公・ダグ(日本語吹替:梶裕貴)たちアーリーマンイレブンが、ブロンズ・エイジ・シティの超エリートサッカーチーム“レアル・ブロンジオ”と自分たちの「谷(ホーム)」をかけたサッカー勝負に挑むため、草木も生えない「死の谷」と呼ばれる場所で秘密の特訓を行うシーンを切り取ったもの。
これまでサッカーの存在自体を知らなかったダグたちは、ブロンズ・エイジ・シティで偶然出会ったサッカーの天才少女グーナの指導のもと、恐竜の骨や火山の噴火口を活用した、死の危険と隣り合わせの障害物走や、転がり落ちてくる無数の石をサッカーボールに見立てたドリブル練習などを展開、決死の練習の数々の特訓は爆笑必須です!

他、「あるもの」を利用してサッカーシューズに見立てるなど、某有名スポーツメーカーにオマージュを捧げたようなシーンも?!必死なのにどこか間が抜けている、愛らしい原始人たちの姿を切り取ったシーンとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』
原題『EARLY MAN』

2018年7月6日(金)TOHOシネマズ 上野ほか全国ロードショー

公式サイト:
earlyman.jp


あらすじ・・・
むかしむかし、太古のむかし。まだマンモスがいた頃のお話。勇敢な少年ダグ(声:エディ・レッドメイン)は、ユーモラスな部族のメンバーとブタで相棒のホグノブ(声:ニック・パーク)と一緒に小さな谷間で平和に暮らしていた。しかしある日、ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿(声:トム・ヒドルストン)が、谷で採れる青銅を奪うため軍隊を引き連れて侵攻してきた。故郷を追われたダグたちは、ブロンズ・エイジ・シティで崇拝されている“サッカー”と呼ばれるスポーツでヌース卿に対抗すべく、チームを作って特訓に励む。果たしてダグたちは愛すべき故郷(ホーム)を取り」戻すことができるのか・・・?!

***********************************


監督・製作:ニック・パーク
脚本:マーク・バートン、ジェームズ・ヒギンソン
声の出演:エディ・レッドメイン、トム・ヒドルストン、メイジー・ウィリアムズ、ティモシー・スポール

2018/イギリス=フランス/アードマン・アニメーションズ提供/英語/カラー/89分/ビスタサイズ/5.1ch/日本語字幕:稲田嵯裕里/

配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2017 Studiocanal S.A.S. and the British Film Institute. All Rights Reserved.


葵わかな&佐野勇斗 原作コミックの表紙を完全再現『青夏 きみに恋した30日』


映画情報どっとこむ ralph 南波あつこ先生の人気コミック『青夏 Ao-Natsu』を映画化した『青夏 きみに恋した30日』が、8月1日(水)より全国公開となります。

夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒と、そこで出会う地元の男子高生・吟蔵との〈期間限定の恋〉を描いたピュアラブストーリー。

演じるのは・・・

NHK連続テレビ小説「わろてんか」後初の主演映画となる葵わかなさんと、今年だけで5本の映画に出演し、今作が映画初主演となる、今最注目の佐野勇斗さんのW主演、さらに古畑星夏さん、岐洲匠さん、久間田琳加さん、水石亜飛夢さん、秋田汐梨さん、志村玲於さんといった超フレッシュなキャスト陣が集結いたしました。

映画情報どっとこむ ralph この度、映画の公開を記念し、原作コミック全8巻の帯が新装。

各巻の表紙イラストを、葵わかなと佐野勇斗が再現した〈全8パターンの撮り下ろしビジュアル〉が解禁となります!

葵&佐野が、それぞれ演じる理緒と吟蔵として再現したビジュアルは、理緒が空に手をかざす”青夏ポーズ“で元気いっぱいの笑顔を見せる1巻、バイクのヘルメットを首にかけ真っ直ぐな眼差しが印象的な吟蔵の2巻、ジュースを飲む理緒とアイスを食べる吟蔵が振り向く姿を捉えた3巻、浴衣を着て夏休みを心待ちにする理緒の4巻、

浴衣を着た吟蔵が金魚を手に持ち嬉しそうな笑顔を見せる5巻、理緒が夏の風物詩”スイカ“を食べる6巻、制服姿の吟蔵と夏の終わりを予感させる7巻、理緒と吟蔵が手を取りあい顔を近づけて今にもキスしそうな8巻―夏らしさ全開のビジュアルから、思わずキュンとするビジュアルまで、全8パターンの表情を楽しむことができます。


青夏 きみに恋した30日

8月1日(水)全国公開

***********************************

葵わかな 佐野勇斗
古畑星夏 岐洲 匠 久間田琳加 水石亜飛夢 秋田汐梨 志村玲於
霧島れいか 南出凌嘉 白川和子 / 橋本じゅん

原作 南波あつこ『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督:古澤 健

主題歌: Mrs. GREEN APPLE 『青と夏』
挿入歌:Mrs. GREEN APPLE 『点描の唄(feat.井上苑子)』(ユニバーサルミュージック/EMI Records)
配給:松竹
原作:南波あつこ『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊)
©2018映画「青夏」製作委員会