「NEW」タグアーカイブ

アーティストを長年撮影してきた写真家 鋤田正義氏のドキュメンタリー映画『SUKITA』


映画情報どっとこむ ralph 坂本龍一に5年間密着した『Ryuichi Sakamoto:CODA』が公開となりましたが、YMO結成前からの細野晴臣・坂本龍一・高橋幸宏を撮影してきた写真家・鋤田正義氏のドキュメンタリー映画『SUKITA』が2018年5月より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開が決定したそうです。


そして本作品に登場する鋤田撮影の代表的な写真4枚が到着しました。
本作ではYMOの細野、坂本、高橋それぞれと語らう鋤田の姿が映し出されており、アルバム「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」のジャケット撮影時のエピソードを愉しそうに3人が披露し、極め付きの秘話も明かされています。鋤田正義といえばYMO以外にも、2016年に急逝したデヴィッド・ボウイとの40余年に及ぶコラボレーションをはじめイギー・ポップ、マーク・ボラン、寺山修司、忌野清志郎など時代の寵児たちをカメラに収めたことで知られています。1938年に福岡で生まれ、高校生の頃に母親にカメラを買ってもらったことで「もう一つの“時”」があることを知ったと言います。

1970年には活躍の場を日本のみならず世界に広げ、そのフィールドは広告、ファッション、音楽、映画まで多岐にわたり、現在もイギリス、フランス、イタリア、アメリカ等の世界各地で自身の写真展を展開中です。本作は2018年5月で満80歳を迎える鋤田の創作活動から人柄までを追った【初のドキュメンタリー映画】であり、鋤田正義の今後の写真家としての人生をも予感させる作品です。劇中では坂本龍一、布袋寅泰、MIYAVI、ジム・ジャームッシュ、ポール・スミス、山本寛斎など、世界に名だたるアーティストたちが鋤田との仕事や思い出を語っています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『SUKITA』

2018年5月より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
公式サイト:
sukita-movie.com

鋤田正義プロファイル
1938年、福岡生まれ。1960年代から頭角を現し、1970年代には活動の場を世界に広げる。デヴィッド・ボウイやイギー・ポップ、マーク・ボラン、忌野清志郎、YMO等の写真が有名だが、そのフィールドは広告、ファッション、音楽、映画まで多岐にわたる。写真集に「BOWIE×SUKITA Speed of Life 生命の速度」、ボウイ「氣」、「YMO×SUKITA」、忌野清志郎「Soul」等がある。また、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、アメリカ等の世界各地で自身の写真展を展開中。

***********************************

監督:相原裕美
出演:鋤田正義 布袋寅泰 ジム・ジャームッシュ 山本寛斎 永瀬正敏 糸井重里 リリー・フランキー クリス・トーマス ポール・スミス 細野晴臣 坂本龍一 高橋幸宏 MIYAVIPANTA 是枝裕和 立川直樹 高橋靖子 他

配給:パラダイス・カフェフィルムズ2018年/日本/カラー/ビスタ/Digital/5.1ch/115分
©2018「SUKITA」パートナーズ
© All the photos by SUKITA. All rights reserved


死んでも見つめられたい!? 松坂桃李“ニヤリ”笑いを完全再現映画『不能犯』


映画情報どっとこむ ralph この度、俳優・松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

本作は、「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也先生が作画、原作を宮月新先生が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画が原作。

とある電話ボックスに殺人の依頼を残しておくと、“願い”を叶えてくれるという、SNSで都市伝説化されている殺し屋は、年齢も経歴も不詳、常にスタイリッシュなスーツをまとい、赤く光る目で見つめるだけで、人の心を操ることができる宇相吹正。宇相吹といえば、「ニヤリ」という不気味な笑みがトレードマークのひとつだが、この度、そんな「ニヤリ」顔を松坂が完全再現した、場面写真が初解禁されました!!
映画情報どっとこむ ralph 今回、松坂が挑むのは見つめるだけで人を死に導くことができる、危険で魅惑的なダークヒーロー。松坂の起用理由について、中畠義之プロデューサーは「原作の宇相吹のビジュアルを見た時、松坂桃李さんしか思いつかなかった」と断言するほど見事なハマり役となりました。

先日ポスタービジュアルも解禁され、原作の宮月新先生は「松坂桃李さんかっこいいなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!」、作画の神崎裕也先生もツイッターで「松坂さんの宇相吹が邪悪でとても麗しい」、とツイートするなど、太鼓判を押されています。

髪型・衣裳、映画オリジナルとなる指のタトゥーまで、徹底的にこだわって作り込まれ、役に合わせて髪も伸ばした松坂は、特に宇相吹のトレードマークである「ニヤリ」という不気味な笑い方にも徹底的に取り組み、

松坂さん:人生でここまで口角をあげたことはないです(笑)

とコメントするほど。

映画情報どっとこむ ralph さらに、白石晃士監督は、本作を映画化するにあたり、あえて原作の宇相吹がもつ人間味を排除したそうで

白石監督:松坂さんが持っている本来の人の良さが出ると、宇相吹が優しくなりすぎてしまうのでは?とユーモラスなシーンはなくしていきました。実際の松坂さんは本当に好青年で、とても感じのいい俳優さん。宇相吹の持つ邪悪な雰囲気は全くないので(笑)かっこよくてセクシーでそして怖いキャラクターにしてほしいと話しました。

と明かしています。まさに自分とは正反対のキャラクターにどのように挑んだのか、29歳を迎え、さらなる飛躍を続ける松坂の新境地に是非ご注目ください!

あらすじ
都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故――宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

公式HP:
funohan.jp  

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 


瀬下寛之監督 花澤香菜 ら登場!ゴジラ・フェス2017の模様


映画情報どっとこむ ralph 『ゴジラ』 第29作目となる『シン・ゴジラ』で、シリーズ累計観客動員数は1億人を突破、邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録を達成。さらに、11月17日(金)には、初となるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の公開も控え、ますます注目を集めてます。

そして!

ゴジラ生誕の日となる11月3日(金)に、ゴジラヘッドのお膝元、新宿歌舞伎町で、ゴジラ史上初となる フェス<ゴジラ・フェス2017>を開催しました。

ゴジラ史上初となるフェス<ゴジラ・フェス 2017>が、ゴジラ生誕の日となる 11 月 3 日(祝・金)にゴジラヘッドのお膝元、新宿歌舞伎町のシネシティ広場にて開催。

当日は好天にも恵まれ、18,000 名を超えるお客様がゴジラの 誕生日を祝いに会場まで駆けつけました。
会場には、平成ゴジラから『GODZILLA 怪獣惑星』(11月17日公開)まで、歴代8体のゴジラ像が大集結した「ゴジラ ジオラマ展」や、激盛りや激辛など、 ゴジラのように激しくて美味しいゴジラに因んだ食べ物”G フード“が食べられる屋台 が多数出店。また「ゴジラ・ストア出張所」には、この日限定発売となった〈ゴジラ・ フェス 2017〉グッズを求め、多くのお客様が行列を作った。子どもたちも楽しめる 「わなげ」や「風船釣り」など縁日コーナーもあり、子供も大人も楽しめるフェスと なった。 会場内の特設ステージでは、ゴジラファンにはたまらないトークやプレゼントが 飛び出すなど、全部で4つのイベントを開催。

映画情報どっとこむ ralph 当日最初のステージには、『GODZILLA 怪獣惑星』から瀬下寛之監督 と、ヒロイン役の花澤香菜さんが登場。第1作の『ゴジラ』(1954)の公開日 である 11 月 3 日が、正式に「ゴジラの日」として日本記念日協会から 認定され、授与式が執り行われた。代表して花澤が登録証を受け取ると

花澤さん:本当にすごく光栄なことだなと思いました

とコメント。長年のゴジラファン であるという瀬下監督も

瀬下監督:こんな日に立ち会えるなんて素晴らしいですね。

と 感慨深い様子でした。



次に登壇したのは、ジャパンラグビー・トップリーグで活躍する牧田亘選手、三浦豪選手、栗原大介選手、橋本皓選手の4名。
ゴジラが、2015年からジャパンラグビー・トップリーグの応援キャラクターに就任し、トップ リーグとコラボしたゴジラデーというイベント試合を毎年開催していることからこのコラボステージが実現。登場した 4 選手のゴジラ愛を試すためクイズ大会を実施すると、 栗原選手が優勝し、トップリーグ最強初代ゴジラ王となった。

続いて、屈強な トップリーガーならどうやってゴジラを倒すのかというプレゼン対決となると、

橋本さん:まずは紐をひっかけて転ばせます。ゴジラは細い腕なので起き上がることができません。すると何も食べられなくなったゴジラは小さくなるんです。その後、ラグビーはチームスポーツなので、多くの仲間を呼んで 小さくなったゴジラを倒します。

とオリジナルのゴジラの倒し方を熱く プレゼン。会場にいるゴジラファンの笑いと共感を誘い、橋本がプレゼン 対決に勝利した。

映画情報どっとこむ ralph さらに日も暮れだした16時半からは『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京 SOS』など、ゴジラ3作品で監督を務めた手塚晶明、初代ゴジラ博士の石井信彦、東宝社員で 2 代目ゴジラ博士に就任した海野航平が ステージに登場し、ディープなゴジラトークに華を咲かせた。
フェスの前日までゴジラ誕生祭で京都にいたが、このフェスのために新宿まで 駆けつけたと語る手塚は「こんなに多くのお客様が集まると思っていな かったので、嬉しいです」と喜びを語った。当時の制作秘話や東宝の 裏話などファンにはたまらないゴジラトークの数々に、会場のファンは 終始大興奮。また貴重なプレゼントが賞品として用意されたじゃんけん 大会では、賞品を獲得するべく多くのファンが身を乗り出してじゃんけん に参加するなど白熱した大会となりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後のステージには、昨年大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』で保守第一党の政調 副会長を演じた松尾諭さん、監督・特技監督の樋口真嗣さん、准監督・特技統括の尾上克朗さんが登場。

5時55分になるとゴジラの誕生日を祝うため、会場に設置されたイルミネ ーションゴジラが点灯!

樋口さんは自分のスマートフォンを取り出し、記念撮影。その後、お酒を飲みながらゴジラトークをする「居酒屋ゴジラ」が開店すると、

松尾さん:人前で酒を飲むことはないので、経験としてはいいかなと思って来ましたが、事の重大さに戸惑っています。

とお酒を飲みながらのトークへの不安を吐露した。 しかしいざトークが始まると、会場のファンから「まずは君が落ち着け“水”」にサインを求められ、ボトルにサインするなど、集まったゴジラファンにノリノリで対応。
さらにサプライズで『シン・ゴジラ』の共演者である高橋一生さんに電話をすることに。高橋一生さんのことを 電話帳に“俺の一生”と登録していることを明かした

松尾さん:あなたの松尾です。

と電話をすると、電話口の

高橋さん:会場の皆さん、こんばんは。高橋一生です。

と返答があり、本人の生声に会場からは大きな歓声が上がった。電話の最後に、

高橋さん:ゴジラ 好きな皆さんも好き。

と会場のファンに向けたメッセージを送った。これに対して

松尾さん:イケメンでしょ。ほんまにかっこいいんですよ。

と高橋さんのイケメンぶりに惚れ惚れしていた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

樋口さん:僕にとって(新宿は)すごく思い出深い場所です。本当にここは映画の 聖地みたいな場所でした。こうした場所で映画の話をさせていただけるのは、本当に良かったなと思います。

と感想を語り、

尾上さん:色んなところでゴジラが活躍するように盛り 上げていただければ、また我々が次を作れるんじゃないかと思ってます。これからも ゴジラを応援していただけると嬉しいな。

と次回作に向けた意欲をアピールし、ゴジラ 尽くしの1日となった〈ゴジラ・フェス 2017〉を締めくくった。

TM&©TOHO CO., LTD.

世界初のオフィシャルECサイト
【ゴジラ・ストア】
http://godzilla.store
【ゴジラ・ストアTwitter】
@godzilla_st
世界初のゴジラ公式ショップ
【ゴジラ・ストア Tokyo】
http://godzilla.store/tokyo
【ゴジラ・ストアTokyo Twitter】
@GodzillaS_Tokyo

***********************************


アニメイトガールズフェスティバル2017のご報告!


映画情報どっとこむ ralph 2018年2月10日(土)より全国公開となる『劇場版ときめきレストラン☆☆☆ MIRACLE 6/ルビーパーティー』のブースも参加していた『アニメイトガールズフェスティバル2017(AGF2017)』が2017年11月3日(金・祝)~4日(土)の2日間が開催されました。

『AGF2017』は、池袋サンシャインシティのメイン会場には、過去最大131ブースが出展。

また、池袋の各店舗との連動も実施し、街全体を巻き込むかたちで行われ、乙女ゲーム、アニメ、BL、グッズ、コスプレ、フードなど、いろいろ系な女の子のためのすべてが今年も池袋に集結。

サンシャイン会場の入場者数は、過去最大規模となる3万7896人(昨年対比109.4%増)。

また、会場外企画を含む全体来場者数は、8万6293人(昨年対比:112%)となり、昨年よりも多くの方が参加されました!!

メイン会場内の様子

131もの出展社が揃ったサンシャイン会場。7作品とのコラボアテムを扱ったAGF公式SHOP推しなモノブースもあり。

映画情報どっとこむ ralph 街ナカ企画
<中池袋公園>
アニメイト池袋本店近くの中池袋公園では、街ナカ企画を多数実施。また、AGF2017期間中はコラボカフェも行われました。

映画情報どっとこむ ralph <リアル謎解きBLゲーム「さらわれた西條高人を救出せよ~抱かれたい男1位に脅されています。~」>

昨年のAGF2016に引き続き、体験型ゲームの『リアル謎解きBLゲーム』を今年も実施し、多くの方に来場頂きました。

コスプレ企画
<コスプレ美化×2ウォーキング 3rd>
AGF会場としてお世話になっている池袋を、コスプレをしながらピカピカにして恩返しをしようという企画。
映画情報どっとこむ ralph AGF2017 開催概要
【開催期間】 2017年11月3日(金・祝)~11月4日(土)
【メイン会場】 池袋サンシャインシティ
【Red AREA】【Blue AREA】:ワールドインポートマート4階Aホール
【Green AREA】:文化会館4階Bホール
【White AREA】:文化会館3階Cホール
【Yellow AREA】:文化会館2階Dホール
【主催】 アニメイトガールズフェスティバル実行委員会
【特別協賛】 株式会社エポスカード/カクテル王子(プリンス)/
株式会社JTBコーポレートセールス/
TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店/dアニメストア/ゆずもと/
株式会社レベルファイブ ※50音順
【協賛】 アニドルカラーズ/天下統一恋の乱 Love Ballad/イケメンシリーズ/江崎グリコ株式会社/
日本ナレーション演技研究所/文豪ストレイドッグス 迷ヰ犬怪奇譚/ベルメゾン/LibraryCross∞ ※50音順
【協力】 豊島区/豊島区商店街連合会/豊島区観光協会/東京商工会議所豊島支部
■関連サイト アニメイトガールズフェスティバル2017(AGF2017) 特設ページ


***********************************



水澤紳吾主演 「愛しのノラ〜幸せのめぐり逢い〜」予告篇解禁


映画情報どっとこむ ralph 田尻裕司監督が文豪・内田百閒の「ノラや」からインスパイアされ 作り上げた、猫と人間が織りなす感動のドラマ!
「SRサイタマノラッパー」シリーズで大ブレイクした水澤紳吾さんが、主人公の朔美役でシナリオライターを熱演!!


その予告編が解禁となりました!


物語は・・・

しがないシナリオライター・九十九朔美の家に野良猫が迷い込む。朔美は“シロ”と命名し、妻・ひよりと飼うことに。子供のいない夫婦は我が子のようにシロを溺愛する。
ところがある日、シロが家を出たきり帰って来なくなった。朔美は仕事そっちのけ でシロを捜すが、望ましい情報は得られず、泣き暮らす日々。そして追い討ちをかけるように、ひよりに不安な出来事が……。

「シロ、お前はどこに行ったんだ」

映画情報どっとこむ ralph 主題歌には、10月25日にお亡くなりになった遠藤賢司の永遠の名曲「カレーライス」をフィーチャー!

愛しのノラ〜幸せのめぐり逢い〜

11月18日(土)〜渋谷ユーロスペースにて公開!全国順次


***********************************

出演:水澤紳吾「SR サイタマノラッパー」シリーズ、「怒り」 大島葉子「朱花(はねず)の月」「ヘヴンズストーリー」 守屋文雄「まんが島」、梶三和子、速水今日子、工藤翔子 マイコ(白猫)、カール(黒猫)

企画:朝倉大介 プロデューサー:張江肇、朝倉庄助

監督:田尻裕司

脚本:中野太、川崎龍太
アシスタントプロデューサー:張江暁
助監督 女池充、坂本礼
撮影 鏡早智 録音 清水裕紀子、光地拓郎
編集 田尻裕司
音楽 下社敦郎
キャスティング協力 神林理央子
協力 鈴木昭彦、山嵜晋平、山城達郎、鈴木英生、いまおかしんじ
撮影協力 湘南動物プロダクション、川崎競輪場
主題歌:遠藤賢司「カレーライス」
製作:日本スカイウェイ
制作:国映 配給:ブロードウェイ

2017月度年/カラー/82分/©日本スカイウェイ