「NEW」タグアーカイブ

宇宙検疫。映画『ライフ』ブルーレイ&DVD発売記念ニコニコ生放送特番レポ


映画情報どっとこむ ralph 有村昆、黒田有彩、菊池涼子、寺門和夫、関根康人
最新の宇宙研究と比較し、『ライフ』はどれほどリアルなのかを徹底解剖!

「“宇宙検疫”をきちんと扱った映画としては、『ライフ』がおそらく最初だと思います」


ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、真田広之ら、豪華キャストが集結した SF大作『ライフ』のブルーレイ&DVD が好評発売&レンタル中、デジタル配信中です。

舞台は、無重力の国際宇宙ステーション ISS。ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、真田広之ら、ハリウッドの第一線で活躍する豪華 キャストが、次第に進化する未知の生命体<カルビン>と死闘を繰り広げる宇宙飛行士を熱演しました。

そんな本作のブルーレイ&DVD発売 を記念して、宇宙の専門家を招いたニコニコ生放送特番『地球外生命体 VS 宇宙飛行士!有村昆&専門家が宇宙の神秘に迫る特番が行われました!

ゲストに、日本人で初めて宇宙へ行った宇宙飛行士・秋山豊寛のバック アップクルーを務めた菊池涼子、宇宙の開発に係る科学技術等の調査 研究を行う一般社団法人・日本宇宙フォーラムより寺門和夫、東京大学 で地球惑星進化学を研究している関根康人准教授、MC として映画 コメンテーターの有村昆、アシスタントに宇宙飛行士を目指すタレントの黒田有彩を迎え、宇宙の神秘に迫ると共に『ライフ』の魅力を語りました。

映画『ライフ』ニコニコ生放送特番』
12月8日(金)
ゲスト:有村昆、黒田有彩、菊池涼子、寺門和夫、関根康人

映画情報どっとこむ ralph 番組では、専門家を中心に本作で登場する国際宇宙ステーション ISS や宇宙飛行士がいかにリアルなのか検証することに。日本人で初めて 宇宙へ行った宇宙飛行士・秋山豊寛と共にソ連で宇宙飛行士の訓練を したという菊地は、本作で登場する宇宙飛行士を

「手慣れた宇宙飛行士 の動きを実に迷いなくやってらっしゃって、それが素晴らしかった。

と評価。

話題が本作で登場するロボットアームのことになると、

菊地さん:若田さんはそれまで(人工衛星をキャッチするために)ロボットアームと船 外活動する宇宙飛行士と両方でしていた作業を、初めてロボットアームだけで成功させたことがあって、ロボットアームの教官を務められ ていたくらいレジェンド的な存在なんです。

と実際の宇宙飛行士・若田光一のロボットアームの腕前についてのエピソードを興奮気味に 披露。また実際のISSと映画に出てくるISSについて

寺門さん:非常に良く似ているんだけども、実際には違う。今のISSを忠実に勉強してうまい具合に改良して作っていますね。

と解説した。
Murakami (Hiroyuki Sanada) in Columbia Pictures’ LIFE.

映画情報どっとこむ ralph 次に「宇宙飛行士のマニュアルの中に、地球外生命体と遭遇したことを想定したマニュアルはあるんですか」と有村が質問すると、

寺門さん:今はないです。あくまでISSに滞在して仕事をして帰ってくるというだけで他の天体との接触はないんです。

と解答。一方で

寺門さん:ただ、 将来は(マニュアルに組み込まれる)可能性があります。映画にもありますが、火星からサンプルを持って帰ってくる際には“宇宙検疫”ということが必要になってくるんです。“宇宙検疫”とは、他の天体から地球に生命を持ち込んだ時に、地球を汚染しないよう プロテクトする。それから逆に地球の生命で他の天体を汚染しないようにする、ということです。非常に厳密に火星からのサンプルを扱う必要があるということが本作では描かれていて、“宇宙検疫”をきちんと扱った映画というのは、(本作が)おそらく最初だと思います。

と説明 した。

関根さん:今ちょうど惑星科学の学会で“宇宙検疫”について議論をしています。火星、エウロパ、タイタン、エンケラドスという 4 つの 天体は生命が存在する可能性があるので、地球から探査機を送るときに非常に気をつけて扱わないといけないという取り決めが あります。

と語るなど、最新の宇宙研究にリンクしている一面も明らかになった。 続いて、地球外生命体に関するトークになると、関根さんは地球外生命体を研究する理由について

関根さん:科学者が地球外生命体を調査 する一つの究極のゴールとして、自分たちが何者かを知りたいという部分があります。そこに地球外生命体を調査する魅力があると思い ます。

とコメント。一方の寺門さんは本作を見て、

寺門さん:カルビンは地球にもいるなと思ったんです。変形菌、また粘菌ともいう不思議な生物が います。

と劇中に登場した地球外生命体・カルビンと似たような性質を持つ生物を連想したそうで、番組内ではその不思議な生態に ついても紹介した。 専門家によるディープなトークの後に

有村さん:色んな SF 作品がある中で、リアリティを追求した、ひょっとしたらこういう 世界があるかもしれないという意味ですごく楽しめました。人間の中に全くの知れない存在が来た時には疑心暗鬼になって しまって、仲間を救うのか、それとも切り捨てるのかという的確な判断を出すことは非常に難しい。地球外生命体・カルビンを通して、こう いうトラブルに陥ったときの人間の本質を問う作品だと思います。

と映画コメンテーターの観点から絶賛した。

映画情報どっとこむ ralph 番組も終盤に差し掛かり、改めて本作を観た感想を聞かれ

関根さん:個人的に一番好きだったシーンは、火星からサンプルが来て、 土壌を小さなカプセルに入れて培養するシーンがあって、あれが私の夢なんです。一番興奮しました。

と自身の夢を熱く語った。これに 対して

有村さん:培養するシーンのどこに興奮したんですか。

と尋ねると

関根さん:火星の泥の色です。そこにものすごく惹かれました。

と専門 家ならではのマニアックなポイントに興奮したことを告白。一方の

黒田さん:最後に『ライフ』というタイトルが付けられた真意が見えてくるよう に感じました。

と、タイトルを通して本作の魅力をアピールした。 その後番組の最後には、本作『ライフ』の本編の一部無料上映が行われ、宇宙の専門家から最新の宇宙研究について学んだ視聴 者は、宇宙への理解を深めて本作を鑑賞している様子だった。
映画情報どっとこむ ralph
『ライフ』 ブルーレイ&DVD&UHD好評発売&レンタル中/デジタル配信中
■ブルーレイ \4,743+税
■DVD 3,800+税
■4K ULTRA HD&ブルーレイ セット(2枚組) \6,800+税
発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(c) 2017 Skydance Productions, LLC. All Rights Reserved.
***********************************



ジュリア・デュクルノー監督『RAW〜少女のめざめ〜』ポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、カンヌ国際映画祭にて批評家連盟賞を受賞し、今最も注目を集める新人フランス人女性監督、ジュリア・デュクルノー監督の初長編作品『RAW〜少女のめざめ〜』の公開日が2018年2月2日(金)に決定しました。

TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショーとなります。

また、今回ポスタービジュアルも解禁。
主人公ジュスティーヌの強い眼差しが印象的なデザインに加え、“知ってしまった味タブー—。”というフレーズが、ミステリアスな雰囲気を感じさせるポスターとなっている。フランス・パリ出身のジュリア・デュクルノー監督は、フランソワ・オゾンが通ったフランスの名門映画学校「ラ・フェミス」の出身。短編映画『Junior』(11’)でカンヌ国際映画祭のペティットレイル・ドールを受賞し、長編監督デビュー作となる本作では、2016年カンヌ国際映画祭批評家週間でワールドプレミア上映され、スタンディングオベーションが巻き起こり、批評家連盟賞を受賞した。その後もトロント国際映画際を筆頭に様々な映画際で数々の賞を受賞。一躍、注目監督の仲間入りを果たす。海外の映画レビューサイト、ロッテン・トマトでも批評家の評価は90%と高評価を取得。日本では今年のフランス映画祭で初上映となり、チケットは即完。主演を務めるのは、デュクルノー監督の短編映画『Junior』で女優デビューを果たし、本作で演技力の高さを賞賛され、今注目のフランス人若手女優、ギャランス・マリリエが務める。


原題:『GRAVE』英題『RAW』
公式サイト:raw-movie.jp

少女の成長を通じて“究極の愛”が描かれる。16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にする。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは。

2月2日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー。

***********************************

監督・脚本:ジュリア・デュクルノー
出演:ギャランス・マリリエ、エラ・ルンプフ、ラバ・ナイト・ウフェラ

2016年制作/製作国:フランス・ベルギー/本編尺:98分/カラー/音声:5.1ch/R-15コピーライト:©2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.

ユニバーサル映画
配給:パルコ
宣伝:ライトフィルム


波乱な人生を転るトーニャの激しい半生『アイ、トーニャ』


映画情報どっとこむ ralph フィギュアスケート史上最大の事件<ナンシー・ケリガン襲撃事件>渦中にいた、フィギュアスケーター トーニャ・ハーディング。この度、彼女のスキャンダラスな半生を描いた話題作『アイ、トーニャ』(原題)が2018年初夏に全国公開することとが決定しました!

現在、2018年アカデミーへ向けての前哨戦の中でも多数のノミネート&受賞を獲得し始めており、今夜は、来年1月実施の第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式のノミネート候補としても有力な本作。
トーニャ・ハーディングをスケートシーンも含め、その話し方や立ち振る舞いまで完全にコピーした主演のマーゴット・ロビーや、トーニャの強烈な個性の毒母ラヴォナを演じたアリソン・ジャネイをはじめ、役者たちの力強い演技と波乱な人生を転がり生きるトーニャの激しい半生が、ブラックユーモアを交えながら描かれていることで話題となっております。

映画情報どっとこむ ralph 公式HP:tonya-movie.jp

物語・・・ 
貧しい家庭にて、幼いころから厳しく育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。その才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫であったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、彼女のスケート人生の転落が始まる。一度は栄光を掴みアメリカ中から愛され、そしてフィギュア界から追放され、プロボクサーへ転身したトーニャの波乱万丈な半生を描いた物語。

映画情報どっとこむ ralph こんなにいっぱい受賞、ノミネート(12月11日(日本時間)までの状況)

・トロント国際映画祭:観客賞決定
・ゴッサム賞:作品賞、主演女優賞ノミネート
・ハリウッド映画賞:助演女優賞受賞・アンサンブル賞受賞
・インディペンデント・スピリットアワード:主演女優賞・助演女優賞・編集賞 ノミネート中
・パームスプリングス国際映画祭:スポットライト女優賞(アリソン・ジャネイ)受賞
・サテライト賞:作品賞・主演女優賞・助演女優賞 ノミネート中
・デトロイト映画批評家協会賞:主演女優賞、助演女優賞ノミネート中
・ロサンゼルス映画批評家協会賞:編集賞決定
・放送映画協会賞:主演女優賞、助演女優賞、女優賞コメディ映画部門、最優秀コメディ賞、ヘア&メイキャップ賞 ノミネート中
・ニューヨーク・オンライン映画批評家協会賞 主演女優賞、助演女優賞受賞 作品トップ10入賞
・シカゴ映画批評家協会賞:主演女優賞、助演女優賞 ノミネート中
・ワシントンDC映画批評家協会賞:主演女優賞ノミネート、助演女優賞ノミネート
・サンフランシスコ映画批評家協会賞:主演女優賞受賞、助演女優賞ノミネート
・フィラデルフィア映画批評家協会賞:助演女優賞受賞
・サンディエゴ映画批評家協会賞:主演女優賞、助演女優賞 ノミネート中
・ノーステキサス映画批評家協会賞:主演女優賞、助演女優賞 ノミネート中
・ロサンゼルスオンライン映画批評家協会賞:主演女優賞、助演女優賞 作品賞、コメディ/ミュージカル映画賞、インディペンデント映画賞 ノミネート中
***********************************

出演:マーゴット・ロビー、セバスチャン・スタン、アリソン・ジャネイ、マッケナ・グレイス 他
監督:クレイグ・ギレスビー
脚本:スティーブン・ロジャース クレイグ・ギレスビー
編集:タチアナ・S・リーゲル
配給:ショウゲート  

© 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.


最終章となるデジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」 のあらすじ公開!


映画情報どっとこむ ralph 全6章で描く最新作 『デジモンアドベンチャー tri.』。
舞台は、異世界・デジタル ワールドへ渡ったあの夏の冒険から6年後。高校生になった主人公・八神太一をはじめ、成長した“選ばれし子どもたち”の冒険 が描かれます。2015年に上映した第1章「再会」から第5章「共生」までの累計興行収入は7.5億円、動員数48万人を 記録しヒットを続けています。 そして、いよいよ最終章となる第6章「ぼくらの未来」は、2018年5月5日(土)より劇場上映致します。
★ついに最終章となる第6章「ぼくらの未来」のあらすじを公開です。

世界の崩壊がはじまった。
暴走するメイクーモンは、暗黒進化したテイルモンを吸収し、強大な力を持 つオルディネモンに姿を変える。 イグドラシルの思惑通り、現実世界がデジタルワールドに呑み込まれようとしているのだ。 絶望が迫りくる中、選ばれし子どもたちは懸命に前を向く。 太一のいない今、代わりになれるのはヤマトしかいない。 「世界を救うために、やるべきことがある!」

ガブモンはヤマトを力づけ、アグモンは信じている、太一は必ず戻ってくると。

映画情報どっとこむ ralph 一方のホメオスタシスは、もはや手のつけられなくなったオルディネモンを 処分するため、現実世界を巻き込む最終計画を実行に移そうとする。 何とか破滅を食い止めようと、子どもたちとパートナーデジモンは必死の戦いを続ける。

「すべての光はメイクーモンの中に…」

失意に沈むヒカリに届く、テイルモンの声。 そして子どもたちに、最後の決断を下す時が訪れる。 選ばれし子どもたちが、自ら選んだ未来とは―?
今、再び 冒険が進化する―



デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」

3週間限定劇場上映/劇場限定版Blu-ray先行発売/先行有料配信 2018年5月5日(土)同時スタート!

公式サイト:
http://digimon-adventure.net/

***********************************

CAST:花江夏樹 坂本千夏 ほか
STAFF:監督:元永慶太郎
シリーズ構成:柿原優子 キャラクターデザイン:宇木敦哉

※第5章「共生」一般販売版Blu-ray&DVD 発売中!

©本郷あきよし・東映アニメーション


マノロ・ブラニク インタビュー到着!タイトルは事実だと『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』


映画情報どっとこむ ralph マノロ・ブラニクの魅力と、華麗なる手仕事に迫るファッション・ドキュメンタリー

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年

は、12月23日(土・祝)新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー!
そのマノロ・ブラニクさんのインタビューが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph Q.この映画の撮影はどのような経験でしたか。

ブラニクさん:カメラが周りにあると完全にリラックスして居心地よいというわけにはいかなかったですが、何とか慣れました。このドキュメンタリーには満足しています。私の人生の様々な側面をリアルに捉えています。靴のデザイン、アトリエ工房での長い作業、イギリスの庭園での静かな生活を楽しむシーンなどです。

Q.あなたと監督マイケル・ロバーツとはどのような関係ですか。そしてあなたがこの企画をマイケルと共に進めることに決めた理由はなんですか。

ブラニクさん:彼とは30年以上前からの友人です。しかし、それでも映画の出演に関してはずいぶん考えました。そうは言ってもマイケルは、ほかの誰でもない“マイケル”だからね。他の監督に同意して映画を作ったとして、この私の物語を彼以上にうまく語れる人物はいないという結論に達しました。監督を彼に任せれば、私の仕事は美しく撮られるだろうし、私の物語は真実らしく、この映画を通して私は自分自身のままでいられるだろうと思いました。これらすべてのことを考えたうえで、私は「イエス」と返事しました。

Q.この映画のタイトルについて説明していただけますか。

ブラニクさん:本当にそのままだよ。小さいころ、実際にお菓子の包み紙で、トカゲと、それから犬にも靴を作ってあげてました。

Q.観客に本作から何を受け取ってもらいたいですか。

ブラニクさん:この映画を観た人が楽しんでくれることを望みます。私のイマジネーションの世界と同時に、それに関わってくれた人々との絆を感じ取ってもらえればと思います。観客は、私の人生を垣間見、マイケル・ロバーツの創造的ヴィジョンと、誰にも真似できないウィットを楽しむことになるでしょう。

Q.全世界的な「マノロ」への熱狂をどう思いますか。

ブラニクさん:何も感じない。見てもない。ミラノやサンクト・ペテルブルクのエルミタージュ美術館で行われている私の靴の展覧会に多くの人々が来ていると聞いて、これには本当に驚いています。

Q.芸術的表現の手段として、あなたが靴を選んだのはなぜですか。

ブラニクさん:創造的な仕事をしたいと思い、セットやコスチュームデザイナーとして出発しました。だが、ダイアナ・ヴリーランドの忠告に従って、靴のデザインに絞ることにした。彼女の助言と援助にはずっと感謝しています。

Q.あなたにインスピレーションを与えるのは何ですか。

ブラニクさん:私の周りにあるものすべてがインスピレーション源です。最初はそれと分からなくても、後でそれが想像の中に現れ、私はそれを最終的に靴のスケッチに移す。それは本でもありうるし、映画、展覧会、建物でも。私は視覚的人間なので、気に入ったものは忘れないし、いつか私のコレクションの中に現れることになります。

Q.ビジネス界に何十年もとどまっていて、あなたの事業が不況知らずで、会社が独立を保ち、オーナーであるあなたの意向を中心に運営を続けられているのはなぜでしょう。

ブラニクさん:質のいい靴を作る、それ以外に秘密なんかないよ!

Q.あなたはこれまでに膨大な量の遺産を残してくれました。はじめからずっと協力している人はいるのですか。もしそうなら、彼らとの関係はどのようなものなのでしょう。

ブラニクさん:そう、はじめから一緒に仕事をしている人たち、彼らと今でもまだ仕事しています。私は変化を好みません。一緒にいて楽しい人と仕事したい。それが一番大事だ。楽しむことがね!

Q.この映画は何十年にもわたる長く実り豊かなキャリアを辿っています。引退する意向はありますか。もしそうなったら、「マノロブラニク」のブランドの将来はどうなるのでしょう。

ブラニクさん:いや決して引退はしない。いつまでも、いつまでも続けるのみです。ずっと美しい靴を作り続けていたいからね!

映画情報どっとこむ ralph 1970年代初期にロンドンにショップをオープンさせて以来、その構築的で美しいハイヒールが、多くのセレブやファッショニスタから熱狂的に支持されてきたシューズブランド<マノロ ブラニク>。

そのデザイナーであるマノロ・ブラニクの魅力と、華麗なる手仕事に迫るファッション・ドキュメンタリー『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』原題:Manolo: The Boy Who Made Shoes for Lizards 

は、12月23日より公開致します。
 

ソフィア・コッポラ監督作品『マリー・アントワネット』(06)に全面協力し、第79回アカデミー賞にて衣装デザインのミレーナ・カノネロにオスカーをもたらした。2007年には今までの功績を讃えられ、大英帝国勲章名誉コマンダーを受勲。

世界中の女性を虜にする “夢の靴”が生みだされる工房(アトリエ)から、イギリス・バースの閑静な自宅、そしてそこに保存された30000点に及ぶアイテムのアーカイブにまでカメラは切り込み、天才マノロ・ブラニクの魅力に迫るファッション・ドキュメンタリーがついに日本公開!


「トカゲに靴を作った少年」とは?

生れ故郷のスペインのカナリア諸島の庭園を駆け回り、チョコレートの包み紙でトカゲのために靴を作ることに熱中していた少年時代。自然と植物を愛でる眼差しが、今でもデザインの源になっている

***********************************

監督・脚本:マイケル・ロバーツ
出演:マノロ・ブラニク、アナ・ウィンター、リアーナ、パロマ・ピカソ、シャーロット・オリンピア、イマン、
   アンジェリカ・ヒューストン、ジョン・ガリアーノ、ソフィア・コッポラ、ルパート・エヴェレット

2017年/イギリス/89分
配給:コムストック・グループ 
配給協力:キノフィルムズ 
(C)HEELS ON FIRE LTD 2017