「Netflix」タグアーカイブ

アヌシー国際アニメーション映画祭で中澤一登監督『B: The Beginning』シーズン2制作決定発表


映画情報どっとこむ ralph 映画ではないのですが、アヌシー国際アニメーション映画祭でコンペ部門に選出の中澤一登監督「B: The Beginning」の次作の製作発表がありましたので御紹介!

Netflixはフランスで開催中の世界最大規模のアニメーションの祭典、第42回アヌシー国際アニメーション映画祭(現地時間6月11日~6月16日)において、 “Netflixスタジオフォーカスパネル”を現地時間6月12日に開催。

キッズ&ファミリー コンテンツ部門からヴァイス・プレジデントを務めるメリッサ・コブとディレクターのアラム・ヤコビアンが登壇し、ゲストにフェルナンダ・フリック監督(「レイズ・ザ・バー(原題)」)、アンディ・コイル監督(「ヒルダの冒険」)、そして日本から「B: The Beginning」の中澤一登監督を迎え、Netflixオリジナルのアニメーション作品についてパネル・ディスカッションを行いました。

映画情報どっとこむ ralph その記念すべき場で、中澤一登監督とProduction I.Gがタッグを組んだオリジナルアニメ「B: The Beginning」(Netflixにてシーズン1全世界独占配信中)のシーズン2制作の決定が発表されました(シーズン2の配信時期等、詳細は未定)。本作は同映画祭で「テレビ作品コンペティション部門」に選出されており、国際映画祭のコンペティション部門に日本発のNetflixオリジナルアニメ作品として初選出されています。

なお、授賞式は6月16日22時(現地時間)に開かれます。

また、同イベントではNetflixのグローバルおよび日本オリジナル作品を中心としたアニメのラインナップのひとつとして、「ヒルダの冒険」(原題「Hilda」)の配信日が2018年9月21日に決定したことが発表され、チリ発のフェルナンダ・コイル監督による「レイズ・ザ・バー(原題)」も紹介されました。

映画情報どっとこむ ralph ★「B: The Beginning」 Netflixにて全世界独占配信中
作品ページ:
https://www.netflix.com/title/80097594 

中澤一登監督(映画『キル・ビル』アニメーションパート監督)とProduction I.G(「攻殻機動隊」シリーズ)がタッグを組んだNetflixオリジナルアニメ。



群島国家「クレモナ」を舞台に、王立警察(通称「RIS」)の伝説の捜査官:キース・フリックが、犯行現場に必ず「B」の文字を刻み込む連続殺人犯【Killer B】を追う様を、海外ドラマさながらの壮大なスケールで描くノンストップクライムアクション。主人公・キース役の平田広明をはじめ、梶裕貴、瀬戸麻沙美など豪華キャスト陣が出演している。

***********************************

©Kazuto Nakazawa / Production I.G


5/17より「聲の形」Netflix配信スタート!湯浅政明監督特集では「夜は短し歩けよ乙女」や「夜明け告げるルーのうた」も


映画情報どっとこむ ralph NETFLIX5月のアニメーション映画をご紹介!
5/17より「聲の形」Netflix配信スタート!湯浅政明監督特集「夜は短し歩けよ乙女」や「夜明け告げるルーのうた」も


今月の独占配信作品

聲の形
5月17日配信開始
©YK/SVM

湯浅政明監督特集

夜は短し歩けよ乙女
5月8日配信開始
©森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

夜明け告げるルーのうた
6月20日配信開始
©2017ルー製作委員会

映画情報どっとこむ ralph Netflix (ネットフリックス) について
Netflixは、190ヵ国以上で1億2500万人のメンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級のオンラインストリーミングサービスです。各種受賞作を含むオリジナルコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日あたり1億4000万時間を超える映画や ドラマを配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけエンターテインメントを楽しむことができます。当社サービスには、広告や契約期間の拘束は一切ないうえ、Netflix独自のレコメン デーション機能が一人ひとりのメンバーの好みに合わせて作品をオススメするので、お気に入りの作品が簡単に見つかります。
https://www.netflix.com/jp/

COPYRIGHT ® NETFLIX. INC 2018. ALL RIGHT RESERVED.

***********************************


『この世界の片隅に』Netflix配信決定!AnimeJapan2018 のん登壇決定!


映画情報どっとこむ ralph 世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixは、『この世界の片隅に』を3月15日(木)より、日本をはじめ、アメリカ、カナダなど一部の国と地域で配信することが決定いたしました!

さらに、3月22日(木)~25日(日)に東京ビッグサイトで開催される、国内最大規模のアニメの祭典【Anime Japan2018】にも、主人公・すず役を演じる、のんさんが登壇決定です!
2016年に公開され、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞をはじめ、世界各国でも高い評価を受け、いまだに根強い支持を受ける『この世界の片隅に』が、Netflixで新たに多くの人の心をやさしく包みます。今回新たに片渕監督および、のんさんからのコメントも到着いたしました!


片渕監督からのコメント

この作品は、たんぽぽの綿毛のようです。新しい風に乗って新しい土地へ、新しい出会いのために広がっていけるといいなと期待します。

のん(すず役)さんからのコメント

私はすずさん役として映画に参加させていただきましたが、本当に思い入れの強い作品になりました。『この世界の片隅に』は2016年の映画なのですが、今年に入って新たに上映館が決まったりと長く愛される作品になりました。そして、『この世界の片隅に』に関わった、私含め全てのスタッフキャストの皆様、映画を愛してくださる全ての人達の思いによって再びこの作品が注目される、という事に心から喜びを感じます。『この世界の片隅に』は、戦時下にある広島・呉が舞台ではありますが、ひと口に戦争の映画という訳ではありません。すずさん達が、日々やりくりしていく毎日を過ごしていく、何があっても毎日はやってくる、という事の温かさや、日常の中にある大切な幸せに気付く不思議な映画だと思います。それは沢山の人達に通じるメッセージがあると信じているので、この世界のどこかにいる方達に届けられるのはとても嬉しいです。AnimeJapan2018に参加できることはとても嬉しいです。まだまだ、この映画に触れた事のない方もいらっしゃると思いますので、色んなたくさんの方々に、『この世界の片隅に』を観ていただくきっかけになればいいなと思います。

【NetflixJapan 公式アカウント】
https://www.netflix.com/jp/ 

映画情報どっとこむ ralph さらに、3月24日(土)にAnimeJapan2018内で開催される【3月NETFLIXアニメ祭!】

スペシャルステージにも、本作の配信を記念して、のんさんが登壇いたします!
ステージイベントでは、『この世界の片隅に』をはじめ、3月配信のNetflixオリジナルアニメ3作品のプロモーションムービーの上映や最新情報のお披露目、平田広明、梶裕貴をはじめとした豪華声優陣によるトークセッションなど多数の楽しい企画を用意しています。

<AnimeJapan2018ステージ詳細>

開催日時:2018年3月24日(土)
13:25~14:00
※着席チケット制
会場:東京ビッグサイト
出演:平田広明、梶裕貴、白石晴香、小林裕介、上村祐翔、のん<追加>

映画情報どっとこむ ralph

映画『この世界の片隅に』

物語・・・

どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。

だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

公式サイト:
http://Konosekai.jp
Twitter:
@konosekai_movie

***********************************

Netflixにて3月15日から配信(SVOD独占配信)
出演者:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓 澁谷天外(特別出演)
原作:こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社刊) 企画:丸山正雄
監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 美術監督:林孝輔 音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 監督・脚本:片渕須直
製作統括:GENCO 
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル 
製作:「この世界の片隅に」製作委員会

©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

配信国:日本、アメリカ、カナダ、バングラディッシュ、ブータン、グアム、インド、ラオス、ニューカレドニア、北マリアナ諸島、モルディブ、マーシャル諸島、モンゴル、ミャンマー、ネパール、パキスタン、サイパン、スリランカ、東ティモール、ロシア、トルコ、クロアチア、セルビア、ボスニア・ヘルツェコビナ、スロベニア、ポーランド、チェコ、スロバキア
※そのほか一部地域での配信も予定


劇場!? or Netflix!? 鑑賞スタイルを選べる映画『BLAME!』トークイベントレポ


映画情報どっとこむ ralph 『シドニアの騎士』弐瓶勉氏のデビュー作『BLAME!』。

20年の年月を経てついに映像化された劇場アニメ『BLAME!』が、5月20日(土)より2週間限定で全国公開となります。

この度、 劇場アニメ『BLAME!』の試写会が5月12日(金)に開催。『シドニアの騎士』に続いて弐瓶作品のアニメ化を手掛けるスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ取締役の守屋秀樹と、世界最大規模の映像配信サービスNetflixのコンテンツ・ディレクターを務めるジュリアン・ライハンによるトークセッションが行われました。5月20日より劇場、そしてNetflixで全世界に向けて同時公開されるアニメ『BLAME!』の作品の魅力や、世界同時公開への挑戦について語るトークイベントとなりました。
劇場ではライブ感を、Netflixでは緻密な設定や表現を楽しんで頂きたい(守屋秀樹)
『BLAME!』は全世界に通用する作品だと思いました(ジュリアン・ライハン)

「劇場かー!? Netflixかー!?鑑賞スタイルを選べる映画『BLAME!』」
トークイベントレポート


日程:5月12日(土)     
場所:ソニーPCL試写室
登壇:守屋秀樹(ポリゴン・ピクチュアズ)、ジュリアン・ライハン(Netflix)

映画情報どっとこむ ralph ―まずはNetflixの概要を教えてください。

ライハン:Netflixは1997年にシリコンバレーで設立された企業で、2004年より映画やTVシリーズを中心に、インターネットテレビと呼ばれる動画配信サービスを始めました。現在は、中国、北朝鮮、クリミア、シリアを除く全世界190以上の国々でサービスを展開し、会員数は1億人を達成しています。
2015年9月から日本でもサービスを始め、映画『BLAME!』は、Netflix日本初のオリジナル映画として、劇場での公開日と同時に全世界に向けて配信される予定です。

―そもそもこの企画はどのように生まれたのですか。

守屋:ポリゴン・ピクチュアズで以前制作したアニメ『シドニアの騎士』の企画当初は、Netflixはまだ50カ国規模での展開でしたが、アメリカでの勢いがすごいと評判を聞いていました。当社が『トロン:ライジング』や『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』など、アメリカ向けの作品を作っていたこともあり、先方の担当が評価くださって、日本でのTV放送前に『シドニアの騎士』や『亜人』といったタイトルの配信が決定しました。その繋がりがあり、今回、『BLAME!』が制作されました。Netflixのサポートがなければ実現できなかった企画です。

―企画の段階から話が来ていたということですか。

ライハン:ポリゴン・ピクチュアズは、作品のクオリティが素晴らしく、海外を視野に入れたグローバルなビジョンを持ったスタジオで、Netflixのコンセプトとの親和性の高さを感じています。我々は、企画の段階から参加してトップクリエーターたちと一緒に作り上げるスタイルを大事に思っています。視聴者には、SFファン、アクションファンやアニメファンも多いので、『シドニアの騎士』に続いて、ポリゴン・ピクチュアズとともに、さらに進化した形の作品としてお届けできたらと思いました。日本初のNetflixオリジナル映画として挑戦したのが、この『BLAME!』です。原作も素晴らしく、この作品は全世界に通用すると思いました。

―劇場公開と配信を同時でスタートします。なぜこの挑戦を選んだのでしょうか。

守屋:Netflixはもちろんですが、日本の劇場でも、多くの方々に観て頂きたいと思っており、今回、新しい形で作品を公開することにしました。プロモーション面でも、両社で協力し合い、作品の知名度を上げることができたと思います。
『BLAME!』は作品の情報量が多いので、Netflixで細かい表現を観て頂き、劇場では、大きなスクリーンや、素晴らしい音響システムで、ライブ感を楽しんで頂きたいと思っています。特に音響は、日本アニメ初のドルビーアトモス、爆音ミックス、7.1ch、5.1chと4種類の音響で制作しており、それぞれの劇場で一番クオリティの高い音響が楽しるようになっています。劇場とNetflixで、それぞれ差別化できるように工夫を凝らしました。

―『BLAME!』の作品の魅力について教えてください。

ライハン:『BLAME!』は、コンセプト性の高いストーリーが、SFやアニメファンに響くと感じました。ご覧いただくと分かると思いますが、映像のクオリティも素晴らしいですし、高画質のHDRでの視聴にも向いていて、くっきりと色の違いを楽しむことができます。

守屋:『シドニアの騎士』の頃に比べて、技術的にも進化しています。キャラクターに色々な光を当てる技術を開発し、画面もシネスコサイズで制作しているので、より深く世界観に没入できるようになっています。

映画情報どっとこむ ralph ―アヌシー国際アニメーション映画祭での特別上映についてはいかがでしょうか。

守屋:特別上映ではあるのですが、もちろん審査があり、英語字幕版を制作して審査に間に合わせました。特別上映が決まり、スタッフ一同とても喜んでいます。ヨーロッパを中心とした世界中に、『シドニアの騎士』や『BLAME!』の弐瓶先生の原作ファンが多いことも決め手の一つになったのではないかと思っています。

ライハン:冒頭のシーンからアクションが始まり、視聴者の心を掴み、最後まで引っ張っていくような作品なので、多くの人が物語に入りやすく、幅広く見られる作品だと思います。映画祭での特別上映が決定してから、各国から反応がありました。今後、公開してからの世界中の反応が楽しみです。

―日本のアニメの魅力とは?

ライハン:日本の文化にも紐づいており、日本が誇れるコンテンツの表現方法だと思います。無限に色々なストーリーを想像して、それを形にできることがアニメの魅力ですが、特に日本のセルルックのアニメは、表現が美しく芸術的な魅力があります。また、クリエイターの話を伺うと、とても画期的で、これまで想像したことが無いようなアイディアに出会うことがあり、それがとても面白いと感じています。

守屋:日本は、宗教や表現の規制に縛られることが少ないですし、コミックや漫画雑誌がこれだけ多い国も珍しいと思います。海外の方々には、発想が柔軟だと言われることが多いですね。

―今後の展望についてお聞かせください。
ライハン:今後は、映画やシリーズものなどの本数を増やしていき、色々な形で積極的にアニメに取り組みたいと思っています。Netflixを通して、全世界で一人でも多くのアニメファンを増やしていきたいと思っています。

守屋:Netflixさんにはアニメファンを一緒に盛り上げようとずっと言ってきて、今回、プロモーションを含めてそれが実現できました。今後も一緒に力を合わせて頑張っていきたいと思っています。また、ポリゴン・ピクチュアズとしては、“世界が驚くような作品”を常に意識しながら、映像的にも進化していきたいと思っています。

映画情報どっとこむ ralph LINE LIVE、ニコニコ生放送にて、映画「BLAME!」初日上映前舞台挨拶の生中継配信決定!
5月20日(土)の公開初日に豪華キャストとスタッフが登壇する初日舞台挨拶について、LINE LIVE、およびニコニコ生放送で生中継の配信が決定しました!キャスト&スタッフ陣が語るアニメ『BLAME!』の見どころや、公開初日を迎えての感想など、劇場と同時中継でお楽しみいただけます。

登壇者:櫻井孝宏(霧亥役)、早見沙織(サナカン役)、洲崎綾(タエ役)、瀬下寛之(監督)、吉平“Tady”直弘(副監督)(予定)

LINE LIVE 実施概要
放送日時:5月20日(土) 10:55~
視聴URL

ニコニコ生放送 実施概要
放送日時:5月20日(土) 開場/10:55~ 開演/11:05~
視聴URL

映画情報どっとこむ ralph 劇場アニメ『BLAME!』

連載から20年。今なお世界中のクリエイターを魅了し続ける 鬼才・弐瓶勉の原点――
人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来。無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」における探索者・霧亥(キリイ)の孤独で危険な旅路を描いたSF漫画の金字塔『BLAME!』(講談社「アフタヌーン」所載)。その独特の世界観や圧倒的なスケール感、そしてソリッドでハードなアクション描写で、国内だけでなく、海外の映像クリエイターやアーティストからも圧倒的な支持を得て、難解と言われながらも、幾度となく映像化への期待が高まっていた。そんな本作が、連載開始から20年の時を経て、遂に全世界に向け劇場アニメ化される。
監督には「シドニアの騎士」で緻密でハードな新感覚のSFバトルを表現し、「亜人」を スピーディーでスリリングなサスペンスバトルへと進化させた瀬下寛之が担当。アニメーション制作は「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」や「トランスフォーマー プライム」など海外でも圧倒的な存在感で数々の賞を受賞し、「シドニアの騎士」で世界を震撼させたポリゴン・ピクチュアズ。さらに本作では、原作者・弐瓶勉がシナリオやキャラクターデザインをはじめとした、クリエイティブディレクションの中核を担い、自らがプロジェクトへフルコミットをしている。
映像革命と称された「シドニアの騎士」のスタッフが再結集し、 原作者・弐瓶勉による全面協力・総監修の元で再構成した完全新作ストーリーとして創り上げる『BLAME!』が、再び世界を驚愕させるー

ストーリー

テクノロジーが暴走した未来。
人類の希望は孤独な旅人に託された――

過去の「感染」よって、正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。
都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下がってしまっていた。
都市の片隅でかろうじて生き延びていた「電基漁師」の村人たちも、
セーフガードの脅威と慢性的な食糧不足により、絶滅寸前の危機に瀕してしまう。
少女・づるは、村を救おうと食糧を求め旅に出るが、あっという間に「監視塔」に検知され、セーフガードの一群に襲われる。
仲間を殺され、退路を断たれたその時現れたのは、“この世界を正常化する鍵”と言われている「ネット端末遺伝子」を求める探索者・霧亥(キリイ)であった。

***********************************

キャスト
霧亥::櫻井孝宏/シボ:花澤香菜/づる:雨宮天
おやっさん:山路和弘/捨造:宮野真守
タエ:洲崎綾/フサタ:島﨑信長/アツジ:梶裕貴
統治局:豊崎愛生/サナカン:早見沙織

スタッフ
原作:弐瓶勉『BLAME!』(講談社「アフタヌーン」所載)
総監修:弐瓶勉 
監督:瀬下寛之
副監督/CGスーパーバイザー:吉平”Tady”直弘 
脚本:村井さだゆき
プロダクションデザイナー:田中直哉 
キャラクターデザイナー:森山佑樹


『亜人 -衝動-』11月劇場公開に続き、TVシリーズ化&Netflixも! 


劇場版_亜人_ポスター#亜人計画

決して死なない新種の人類<亜人>と、それを追う日本国政府。

両者の戦いを、本格的なアクションと緻密な心理描写で描く「亜人」、桜井画門先生の累計発行部数が320万部突破の漫画。講談社『good!アフタヌーン』で現在も連載中です。

先日、異例の劇場アニメ3部作化が発表され、東宝映像事業部の配給で第1部『亜人 -衝動-』2015年11月より公開となります。

そして!劇場アニメ「亜人」をより深く、緻密に表現する為に、TVシリーズ制作が決定、劇場アニメ第1部『亜人 -衝動-』公開後の1月より、MBS・TBS・CBC他にて放送が開始されることが決定しました。

「亜人」TVシリーズ情報: 2016年1月より放送予定 放送局:MBS・TBS・CBC他

さらに、TVシリーズ放送後より、“Netflix”にて、が配信されることが決定致しました!日本の新作アニメシリーズを全世界へ配信するのは、Netflixとしても初の試みとなります。

「亜人」NETFLIX配信情報:2016年1月より配信予定

#亜人化計画1
気になる物語は!

死ねば、わかる。

高校生、永井圭。トラックによる追突死の直後、謎の蘇生。これにより国内3例目の不死の新人類・亜人であることが判明した。警察および亜人管理委員会により捕獲作戦、開始。同刻、管理下にあった2例目の亜人が何者かの幇助により逃走。この者らは直ちにテロ活動を展開し人類への復讐を開始した。
永井圭の動向を注視せよ。繰り返す・・・
#亜人化計画9
公式HP:www.ajin.net 

公式Twitter:@anime_ajin / #亜人計画

劇場版『亜人 -衝動-』は2015年11月より公開です!

********************************************************************

【Cast】 
永井圭:宮野真守/海斗:細谷佳正/永井慧理子:洲崎綾/佐藤:大塚芳忠/田中功次:平川大輔
戸崎:櫻井孝宏/下村泉:小松未可子/オグラ・イクヤ:木下浩之

【STAFF】
原作:桜井画門(講談社『good! アフタヌーン』連載)
総監督:瀬下寛之
監督:安藤裕章
シリーズ構成:瀬古浩司 
プロダクションデザイナー:田中直哉
キャラクターデザイナー:森山佑樹
造形監督:片塰満則
美術監督:滝口比呂志
色彩設計:野地弘納 
演出:鹿住朗生/りょーちも/井手恵介 
CGスーパーバイザー:岩田健志/溝口結城/菅井進/上本雅之
編集:肥田文/渡邊潤
音響監督:岩浪美和
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
配給:東宝映像事業部
製作:亜人管理委員会 
Ⓒ桜井画門・講談社/亜人管理委員会