「MotionGallery」タグアーカイブ

クラウドファンディングMotionGalleryがリニューアル!


映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディングプラットフォームのMotionGallery(所在地:東京都港区、代表:大高健志)は、
 9月13日よりコーポレートロゴ及び公式サイトをリニューアルいたしました。

MotionGallery公式ページ 


コーポレートロゴリニューアルについて 新コーポレートロゴ

映画情報どっとこむ ralph 変更理由
創業7期目を迎えたタイミングで、次のステージに向け、公式サイト及びコーポレートロゴを、より多くの方 にビジョンが伝わるデザインに変更。

新コーポレートロゴのモチーフは、20世紀美術の革命家ヨーゼフ・ボイスの「7,000本の樫の木プロジェク ト」。MotionGalleryのクラウドファンディングに携わるすべての人たちが、クリエイティブな社会を作り出 しているという想いを込めました。ロゴを形作る黄、紫、青は、それぞれ支援者、起案者、MotionGalleryを 表し、クラウドファンディング達成時の祝福の花火や花をイメージしています。

リニューアルポイント概要 人と人のつながりを見えやすくするため、動画をトップページで紹介したり、プロジェクトページで支援者 のサムネイルが見えるようにしたりと、「動き」や「つながり」を全面に出しました

1. 人と人のつながりを可視化 今回のリニューアルでは、「動き」や「つながり」を全面に出しました。トップページのアイキャッチ動画 で、「MotionGalleryで出来る事」と題した1分47秒の動画を紹介。クラウドファンディングを行うことで人と どうつながるかをイメージしていただきやすくなりました。 また、プロジェクトページに支援者のサムネイルを出すなど、支援される側だけでなく、支援する側の顔も 見えるようになり、多くの人がつながってプロジェクトが成り立っていることを表現しています。

2.ストーリーや想いを伝える クラウドファンディングを実施する方たちの背景には、プロジェクトページだけでは伝えきれない様々な想 いやストーリーがあります。クラウドファンディングに関わる方たちをMotionGallery編集部がご紹介する 「MotionGallery:Magazine」がトップページに大きく配置されました。


3.スマートフォンからも応援しやすくなりました スマートフォンからも支援しやすくなるよう、応援ボタンの配置位置など、より応援しやすい形に変わりました。新たな公式サイトとコーポレートロゴのもと、価値の創造と提供に努めてまいります。

4. 決済手段も増えました クレジットカードの決済において、ダイナースカードが利用可能ブランドとして追加されました。 クラウドファンディングの仕組みへの信頼性から、業界的にはカードブランド拡充が難しいとされる中で、日本のクラウドファンディングの先駆者としての実績と安定性が評価されての追加となりました。

映画情報どっとこむ ralph WEBサイトだけでなく、MotionGalleryの活動も大幅パワーアップ!

1.MotionGallryレーベルが誕生します。
これまで、MotionGalleryはクラウドファンディングサイトとして、クリエイターの新しい挑戦を資金面でサ ポートしていましたが、これからはそれに加えて、実際の制作にも携わって参ります。 資金面だけでなく制作面や企画段階からのサポートを行う事で、さらなるクリエイティブな社会づくりにコ ミットして行けると考えたからです。本年度中に、「映画」「書籍」の2つのレーベルが誕生予定。すでに企画開発が進んでおります。発表をお 楽しみに!

2.クリエイターコミュニティ クリエイター同士のハブとなり、クリエイター同士の情報交換や意見交換を活性化させる事で、あたらしい クリエイティブな活動をどんどん発信していけたらと思います。 具体的には、表参道のシェアオフィス「みどり荘」にて定期的にMotionGalleryのプレゼンターを招待したラ ンチ会を開催していきます。その交流から生まれるアイデアはきっとみんなのアイデアを更に刺激する事で しょう!

3.イベントをオーガナイズし、プロジェクトの魅力をリアルな場所からも発信していきます!
今清澄白河で毎晩人を集めている「しごとバー」@リトルトーキョーや、日本橋のBETTARA STANDでの「ク リエイティブ座」などのイベントをMotionGalleryがオーガナイズし、来場者を楽しませると共に、 MotionGalleryで行われているプロジェクトの魅力を五感を通じて広げて行きます! 清澄白河や日本橋といった、街がこれから生まれ変わろうとしている新しい息吹をかんじる東東京から、情 報があふれるweb空間ではなくライブイベントを行う事で伝わる、アイデアのときめきを人から人へ広げて いきます。

4.クラウドファンディング初の制作機能「MotionGallery Studioも始動」!
株式会社MotionGalleryは、エイゾーラボ株式会社及び、and pictures、コギトワークス、コトプロダクション、 SCENES、計5団体と提携し、資金調達と映像制作をワンストップで提供するサービス「MotionGallery STUDIO produced w/エイゾーラボ」の提供を開始いたします。 従来のクラウドファンディングでは、プレゼンターは、クリエイターであったり、映像制作能力があること が前提でしたが、「MotionGallery STUDIO」の誕生により、だれでも、資金や映像技術がなくても、ひらめ き・アイディアをかたちにすることが可能になりました。 また、「MotionGallery STUDIO」で制作する映像作品第一弾として、だれでも自分の映画館をつくることが できるサービス「popcorn」のオリジナルコンテンツで、“建てない”建築家・嶋田洋平氏を題材にしたドキュ メンタリー映画の製作が決定しました。

映画情報どっとこむ ralph MotionGallery(モーションギャラリー)とは
 
社会に新しい体験・価値観をもたらす創造的なプロジェクトを実現する国内最大級のクラウドファンディング・プラットフォームです。「創造的 な社会を作り上げる活動全てがアートである」という芸術家ヨーゼフ・ボイスのビジョンを具現化するプラットフォームとして2011年7月にス タートし、累計10億円の資金調達を行ってきました。

会社名:株式会社MotionGallery
代表取締役社長:大高健志
創立:2011年7月 
URL:motion-gallery.net
住所/〒107-0062東京都港区南青山3-13midoriso.2
    
***********************************



建てない建築家・嶋田洋平『建築をあきらめる(仮)』クラウドファンディングを開始


popcorn MotionGallery

映画情報どっとこむ ralph MotionGalleryStudioの第一弾作品で、「popcorn」(誰もが自分の映画館をつくることができるサービス)を運営する株式会社ポップコーンシアターによるオリジナル映画の製作が決定。

発表に伴い、クラウドファンディングプラットフォーム・MotionGalleryにて、 製作費を募るクラウドファンディングを開始することになりました。
オリジナル製作作品第1弾は、”建てない建築家”・嶋田洋平の姿に迫るドキュメンタリー です。

『建築をあきらめる(仮)』

遊休不動産を再生《リノベーション》することでまちを元気にする「リノベーションスクール」で各地を熱狂させる一方で、国土交 通大臣賞や日本建築学会教育賞(教育貢献)を受賞し、「アーキテクト・オブ・ザ・イヤー 2017」では隈研吾氏に続いて2位に選定されるなど、高い評価を受ける嶋田。 「これまでの建築家とは変えていかなきゃいけない」と、資金調達からパン屋の運営まで、 従来の建築家の仕事であった設計という範囲を超えて活動する嶋田のことを、地方は救世主のように扱い、建築業界は遠巻きに見つめています。

果たして嶋田は、今どんな景色を見ているのか。どこへ向かおうとしているのか。もはや 建築家はあきらめたのか。建築業界・リノベーション業界で今最も熱い男・嶋田洋平の真 意に迫るドキュメンタリーでありながら、同時に、リノベーションまちづくりをリアルに 体験できる作品となることを目指します。

出演:嶋田洋平ほか
監督:清水艶
企画:株式会社ポップコーンシアター
制作:MotionGalleryStudio produced w/エイゾーラボ 「MotionGallery」で製作費募集!

期間:9月4日(月)17:00~12月21日(木)23:59
クラウドファンディング


映画情報どっとこむ ralph popcornとは

popcornは、日本全国だれでも自分の映画館(マイクロシアター)をつくることができるサービスで す。求人サイト「日本仕事百貨」を運営する株式会社シゴトヒト代表のナカムラケンタと、日本最 大級のクラウドファンディングMotionGallery代表の大高健志が立ち上げました。カフェやコミュ ニティスペースなど開かれた場所での上映を全国各地のカフェ、バー、本屋さん、会社のオフィス、 映画のロケ地など、場所さえあればどこでも映画館になります。popcornにログインして観たい映 画をストリーミングするだけで、初期費用ゼロで上映費用のリスクなく上映会を開催することがで きる、世界初のサービスです。
popcorn公式ページ

映画情報どっとこむ ralph MotionGalleryStudio produced w/エイゾーラボとは

『MotionGalleryStudio produced w/エイゾーラボ 』は、資金調達と映像制作をワンストップで 提供する新しいサービスです。

従来のクラウドファンディングでは、プレゼンターはクリエイターであったり映像制作能力がある ことが前提でしたが、MotionGallery自らスタジオを持ち、資金調達だけでなく映像にまつわるプ ロデュースから実制作までを一気通貫でサポートする体制を実現しました。

これにより、資金や映像技術がなくても、誰もが自分のひらめき・アイディアをかたちにすること が可能になりました。映像制作のプロフェッショナル・チームで、劇映画やミュージックビデオ、 そしてクラウドファンディングのプロモーションムービーまで制作致します。

今回の映画『建築をあきらめる(仮)』は、MotionGalleryStudioの第一弾作品となります。 本 作のプロデューサー・制作を、汐田海平(エイゾーラボ株式会社/ MotionGalleryStudio共同プロデューサー)と大高健志(MotionGallery)が務めます。
***********************************




松浦健志監督最新作「夢の音」MotionGalleryでクラウドファンディング開始!


映画情報どっとこむ ralph 松浦健志監督最新作。想いをうまく言葉にできない不器用な登場人物たちが音楽を通して心を通わせていくミュージックエンタテインメントムービー「夢の音」。

その資金調達のために、クラウドファンディングサービス「MotionGallery」にて230万円を目指し、プロジェクトをスタートしました。本プロジェクトは2017年10月中旬から撮影が始まる映画「夢の音」の『製作費』及び『完成後の上映費用』のために資金調達を行っています。

映画「夢の音」製作支援プロジェクト at MotionGallery
特設サイト

なお、本プロジェクトの募集締め切りは12月25日です。一口3000円から支援することが可能であり、先行試写会(監督・出演者の舞台挨拶あり)の招待や映画DVD、劇中歌CD、サイン入り映画チラシ、主演・眉村ちあきによるあなただけのオリジナルライブチケット、などのリターンを手に入れることができます。


映画情報どっとこむ ralph 松浦健志監督からのお願い

映画「夢の音」は「だらしなく生きる知人がギターを演奏し始めたその瞬間の見違える格好良さ」に心を鷲掴みにされるような衝撃を受けた事がきっかけで生まれた物語です。2017年11月公開の商業映画「覆面系ノイズ」に助監督(音楽担当)として携わり、そこで出会った音楽チームと全く新しい音楽映画を撮るべく、本作を製作します。

どんな人にも、見る人をハッとさせるような輝く瞬間があります。本作では音楽の中で輝きを放つ人たちを切り取ります。

主人公は不器用で人付き合いが苦手な二十歳の女の子・葵。音楽とは無縁だった彼女はひょんな事からバンドのボーカルに抜擢され、音楽の世界に足を踏み入れる事になります。

従来の音楽映画の主人公といえば最初から音楽に対して情熱を持った人物に設定されています。しかし、音楽に対して興味・関心がない人物が、音楽をやる事でしか自分の存在意義を見出せないとしたら…。これが本作の主人公に与えた設定です。

コンセプト「音楽で繋がる絆」。想いをうまく言葉にできない不器用な登場人物たちが音楽を通して心を通わせていくミュージックエンタテインメントムービーを製作します。


松浦健志監督プロファイル

1985年6月3日、神奈川県生まれ。

日本大学芸術学部放送学科卒業後、商業映画・テレビドラマを中心に助監督として活動。近年助監督として携わった主な作品は、2017年3月公開映画「しゃぼん玉」(主演:林遣都)、2017年6月公開映画「結婚」(主演:ディーン・フジオカ)、2017年11月公開映画「覆面系ノイズ」(主演:中条あやみ)など。

監督作も精力的に制作。主な作品は第19回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭正式出品された「とある放課後に」(2010)、新宿バルト9など全国6箇所で劇場公開及びネット配信した「口笛狂騒曲」(2012)、 第13回ダラス・アジアン映画祭正式出品、第1回新人監督映画祭招待上映された「はじまりに花束を」(2013)、第2回湖畔の映画祭正式出品、福岡インディペンデント映画祭に出品された「私の刺」(2016)など。

松浦健志HP
映画「夢の音」HP

映画情報どっとこむ ralph キャスト

<主人公・三上葵 役:眉村ちあき>
眉村ちあきHP

<ギターリスト・薫 役:山﨑恒輔>
RebellioN HP

<シンガーソングライター・佐久間千夏 役:佐久間みなみ>
佐久間みなみHP

<ボーカリスト・夢乃 役:小田夢乃>
小田夢乃公式ブログ

<榎本歩美 役:(情報解禁前)>
映画やテレビドラマで活躍するあの女優さんです。

<マニピュレーター・ユースケ 役:竹田雄祐>
竹田雄祐twitter

<ベーシスト・アフロ藤村 役:藤村英志>
プレタポルテ HP

<ドラマー・里緒菜 役:三田結菜>

<榎本大介 役:林浩太郎>
林浩太郎 HP

<ダンサー・サクラ 役:後藤紗亜弥>
後藤紗亜弥公式ブログ

<ギターリスト・ユタカ役:沢村英樹>
Yeti HP

映画情報どっとこむ ralph 募集するお金の使い道

支援頂いたお金の使い道は本作の制作および完成後の上映費用となります。
製作費は2300,000円を予定しています。

以下、その内訳。

バンド練習・ダンス練習スタジオ費用:100,000円
スタッフ・キャスト人件費:350,000円
食費:120,000円
車両費・交通費:200,000円
機材費:250,000円
小道具・衣装:100,000円
ロケ物件費:850,000円
音楽:80,000円
レコーディングスタジオ費:100,000円
映画祭エントリー費:50,000円
英語字幕製作費:100,000円

制作スケジュール
9月 バンド練習、ダンス練習
10月 リハーサル・衣装合わせ
10月中旬~11月中旬 撮影
11月・12月 編集
1月 劇伴制作・劇中歌レコーディング
2月 映画完成



リターンについては・・・

映画「夢の音」製作支援プロジェクト
at MotionGalleryで!
     
***********************************



中川龍太郎監督『四月の永い夢』日本凱旋上映プロジェクト クラウドファンディング開始!


映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディングプラットフォーム・MotionGalleryにて、『愛の小さな歴史』、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』の中川龍太郎監督最新作『四月の永い夢』の劇場公開を応援するクラウドファンディングが開始しました。
《第39回モスクワ国際映画祭 受賞》中川龍太郎監督『四月の永い夢』日本凱 旋上映プロジェクト!!
motion-galleryサイト:サイト
期間:~11月9日(木)23:59まで

本作は、第39回モスクワ国際映画祭にて「国際映画批評家連盟賞」と「ロシア映画批評連盟特別表彰」をダブル受賞し、各国メディアから高い評価を受けたヒューマンドラマです。

朝倉あきさん演じる、恋人を失った女性のひと夏を描いた物語です。

「喪失を単なる哀しみとして描くのではなく、失うことで得られる豊かさを描けないか」

という想いで制作された映画『四月の永い夢』。

三浦貴大さん、川崎ゆり子さん、高橋惠子さんが出演しています。

映画情報どっとこむ ralph 中川龍太郎監督からのメッセージ

今、あらゆるものがより手軽に触れられる時代の中にあって、映画というメディアは、必ずしも「気軽な」娯楽ではなくなりつつあると感じています。
それでも、街の片隅に暗闇と沈黙を共有する場があり、そこで一つの映画という光を大勢で観ることには、こういう時代だからこその意義があると僕は信じています。
これまでの作品もまた、クラウドファンディングでのご支援をもとに、東京以外の場所に暮らす多くの方と分かち合うことができました。
その経験は、若い制作者である自分たちにとって無形の財産になると同時に、今後も決して容易とはいえない作家性のある映画制作を継続する上での、何よりもの励みになっております。
ご支援の輪を、ご友人やご家族の方々にも広げてもらうことができましたら、それは本当に自分たち、若い映画制作者にとって大きな励みになります。
また、自分たちは、映画を撮っていく新しい仲間をいつだって探しています。ご興味を持ってくださる方がおりましたら、いつでもご連絡お待ちしております。映画は多くのセクションによる共同制作によってできあがるものです。あらゆる人に向かって開かれた広場であるべきだと思っております。
『四月の永い夢』上映プロジェクトをよろしくお願い申し上げます!

映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディング支援によって実現できること

大手以外の映画は、たとえそれが良い作品であっても観客まで届けられないことも多いかと思います。上映規模が小さかったり、そもそも上映されている事がわからなかったり。このプロジェクトをサポートしていただければ、サポートいただけた金額が全て映画上映の為に使われ、より多くの人にこの作品を届ける事に使われます。

Q:500万円は何に使われるの?
主に広告宣伝に必要な経費に使われます。個人及び会社の利益には一切使用しません。

Q: 宣伝費はどこに掛かるの?
劇場で映画を上映するためには「この映画をこの劇場で上映します」という告知が上映地域で必要不可欠です。大手劇場での上映になりますと1劇場につき100万円の宣伝費用が相場となります。なるべくコストを抑えての上映を目指しますが、本クラウドファンディングとその他からの出資で劇場の規模を広げたいと考えております。

Q: 今後の予定は?
現在、以下のスケジュールで公開できるよう進行しております。:
2018年春からの全国ロードショー上映
2018年夏以降は劇場に限らず、芸術祭や各地での上映会を行いたいと考えております。


サポーターへの特典やプロジェクトの応援支援は
MotionGalleryの特設サイトでご確認のほどを!

映画情報どっとこむ ralph あらすじ:「一枚の手紙をきっかけに、真夏の日常が動き出す」
滝本初海(はつみ)27歳。ある日、3年前の春に亡くなった恋人からの手紙が届く。胸に抱えた「秘密」、青年からの告白、教え子との再会。一枚の手紙をきっかけに真夏の日常が動き出す。

主演:
朝倉あき(初海役)
三浦貴大(志熊役)
川崎ゆり子(楓役)
高橋惠子

監督・中川龍太郎プロフィール
1990年生まれ、慶應義塾大学文学部卒。在学中監督を務めた『Calling』がボストン国際映画祭にて最優秀撮影賞を受賞、『愛の小さな歴史』が第 27回東京国際映画祭スプラッシュ部門にて正式上映、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』が第28回東京国際映画祭同部門にて上映され2年連続入選を最年少で果たした。詩人としても活動し、やなせたかし主催「詩とファンタジー」年間優秀賞を最年少で受賞。日本映画の新鋭として世界的に注目されている。

***********************************


日本からミュージカル映画を!音楽座ミュージカル『とってもゴースト』映画化へ


映画情報どっとこむ ralph ミュージカル俳優で監督の角川裕明さんが日本からミュージカル映画のヒット作を創出したい!として、音楽座ミュージカルさんの『とってもゴースト』を映画化するプロジェクトが立ち上がりました!

そして、モーションギャラリーにてクラウドファンディングにて製作資金調達を開始しました!

日本発のミュージカル映画ヒット作を皆様も一緒にな!プロジェクトです。

映画情報どっとこむ ralph 先ずは熱い!角川裕明監督からのコメント

「皆様、こんにちは。角川裕明(かくかわひろあき)と申します。
私は、“日本にミュージカル文化を深く浸透させたい”という想いを形にするべく「Musical Of Japan」という団体を立ち上げ、「東京ミュージカルフェス/神奈川ミュージカルフェス」等のミュージカルイベントの企画運営、ミュージカルワークショップ「角川研究所」の開催、「Japanese Musical Cinema」名義でのミュージカル映画の制作など、様々な形で日本におけるミュージカル文化の普及活動をしております。

『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012』授賞式より(前列右から2番目=角川)
その活動の中で今回、私が映画製作でお世話になっている「SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ」のサポートにより、和製オリジナルミュージカルを上演し続けている「音楽座ミュージカル」の作品『とってもゴースト』を映画にするという機会をいただきました。

『とってもゴースト』は1989年に初演されて以来、再演が重ねられ、とても多くのファンを持つ作品です。私はぜひこの機会を活かして、日本発のミュージカル映画としてより多くの方々にこの作品をご覧いただくと共に、日本におけるミュージカル文化の普及にも繋げていけたらと思いました。

多くのファンを惹き付ける『とってもゴースト』の映画化成功に向けて。そして日本におけるミュージカル文化の普及に向けて。皆様からのさらなるお力添えをいただき、日本発のミュージカル映画のヒット作を一緒に創出していければと思っております。


映画としては短編3本に長編1本、そのほかミュージカルをテーマにした映像作品も数多く制作してきました。目指すべきところはミュージカルの文化を「正しく」日本に根付かせるということ。そのためにはこれからも良質なミュージカル映画を作り続けることが不可欠だと考えています。

2017年の今年は、 ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』や、ディズニーのミュージカル作品『美女と野獣』の実写版映画が公開されて話題となり、ミュージカル文化を根付かせるためのタイミングとしてはとても良いと思っています。

このチャンスを最大限に活かすためにも『とってもゴースト』の映画化をぜひ成功させ、「日本にもっとミュージカル文化を」という想いをぜひ実現させたいと思っていますので、何卒ご協力の程、宜しくお願いいたします。」


映画情報どっとこむ ralph 監督/角川裕明 プロフィール

1974年生まれ。早稲田大学法学部卒業。
広告代理店(株式会社アサツー ディ・ケイ)勤務を経てボーカリストに転身。
シンガーソングライターとして都内のライブハウスを中心に音楽活動を始める。その後、俳優業へも活動の場を広げ『レ・ミゼラブル』『エリザベート』『オーシャンズ11』などのミュージカルや『ショーシャンクの空に』などの本格的なストレート芝居等、数々の舞台や映像作品に出演する。2012年、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて初監督作品であるミュージカル映画『ユメのおと』が短編部門のグランプリを受賞。 その後、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザを中心に活動。2013年、埼玉県と松竹製作のオムニバス映画『埼玉家族』の中の1作品としてミュージカル作品『父親輪舞曲-ちちおやロンド-』(鶴見辰吾 主演)を監督。新宿ピカデリー等で劇場公開(松竹配給)される。2015年には、ミュージカル文化を日本にもっと広めることを目的に「Musical Of Japan」を立ち上げ。現在は『角川研究室』というワークショップも頻繁に開催し、ミュージカル映画俳優の育成にも力を入れている。音響芸術専門学校特別講師。リマックス養成所講師。れんアカデミー講師。PASOC講師。Y.O DANCE STUDIO 特別インストラクター。Japanese Musical Cinema 代表。デザインブランド「wayomix」プロデューサー。2016年、監督最新作のミュージカル映画『MY☆ROAD MOVIE~チャリンコで自分探しの旅~』で第2回神保町映画祭のグランプリを受賞、第3回岩槻映画祭でも最優秀監督賞を受賞した。

http://www.kakukawa.com/

映画情報どっとこむ ralph 『とってもゴースト』
※ 音楽座ミュージカル『とってもゴースト』より
音楽座ミュージカル


あらすじ・・・
入江ユキはアパレル業界で注目されている、美貌のファッションデザイナー。ところがファッションショーのリハーサル当日、ほんの息抜きのつもりで出かけたドライブ中に、自動車事故で死んでしまう。突然の出来事に、自分でも死んだことに気づかないユキは、リハーサル会場へゴーストとなって現れる。しかしもちろん、その姿は誰にも見えず、声も聞こえない。そこへ天界からガイドがやってきた。ガイドの言葉に驚くユキ。しかし、“まだ生きる、まだ死ねない”という強い思いがわきおこり、ガイドの説明を振り切って夢中で逃げ出してしまう。雨が降る夜の街を呆然と彷徨っていたユキは、高台にある公園でデザイナーを志し生きる服部光司と出会った。ユキのひとり言に思わず返事をする光司。パワーの強い幽霊は、午前零時から三時までの間 (霊界タイム)だけ、生きる人間の目に見えたり、声が聞こえたりするらしい。光司の優しさに触れ、孤独なユキの心に温かいものが流れる。そしてユキは、この世の中でやり残してきたことが、「人を愛し素直に生きること」だと気づくのだった。


詳しい内容は!MotionGalleryのサイトを確認

***********************************