「MOOSIC LAB」タグアーカイブ

芋生悠・祷キララW主演、次世代の青春群像劇『左様なら』アップリンク吉祥寺で写真展開催中!


映画情報どっとこむ ralph 芋生悠・祷キララ主演「左様なら」がいよいよ9月6日(金)より公開される。

左様なら
9月6日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国公開の「左様なら」は、田辺・弁慶映画祭他多数の映画祭に入選してきた石橋夕帆監督がWEB上でカリスマ的な人気を誇るイラストレーター・ごめんの短編漫画を、芋生悠と祷キララのW主演の他、平井亜門、こだまたいち、日高七海、夏目志乃、 白戸達也、石川瑠華、大原海輝、安部乙、栗林藍希ら豪華俳優たちが出演し、海辺の町を舞台にその繊細なタッチと儚く美しい映像で描き、昨年MOOSIC LAB 2018で初公開された後も、大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門に選出されるなど、公開前から話題を集めてきた。

クラスメイトが死んでも、いじめられてもなお、当たり前のように続いていく「日常」を、リアルに映し出した次世代の青春ムービー。

公開に先駆けアップリンク吉祥寺にて、原作者・ごめんの描き下ろしイラストや、人気フォトグラファー柴崎まどかによる現場スチールを展示中。
左様なら_吉祥寺
左様なら_吉祥寺
左様なら_吉祥寺
左様なら_吉祥寺

映画情報どっとこむ ralph そして公開直前となる、9月3日(火)には、新宿ロフト・プラスワンにて、石橋監督と芋生悠・祷キララなど出演者による、コメンタリー上映が決定!

(ドッツ東京)の楽曲が聞けるMOOSIC LABバージョンは今回が最後かも?

映画『左様なら』公開記念イベント
OPEN 18:30 / START 19:00
前売¥2000 / 当日¥2500(共に飲食代別)
ゲスト:芋生悠/祷キララ/大原海輝/武内おと/安倍乙/田中爽一郎/高橋あゆみ/タカハシシンノスケ 他予定

<イベント内容>
①石橋監督×出演者(芋生悠・祷キララ他)による『左様なら』(MOOSIC LAB版)コメンタリー上映
②石橋夕帆(監督)×ごめん(原作)×柴崎まどか(スチール)によるトークショー
③左様ならプレゼント抽選会(メインキャスト24名サイン入りポスター/非売品・単体ビジュアルカード&イラストカード など)

映画情報どっとこむ ralph 『左様なら』
原作:ごめん

9月6日(金)より、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開!

芋生悠・祷キララW主演『左様なら』

STORY……
高校生の由紀(芋生悠)は平穏な日々を過ごしていた。ある日、中学からの同級生の綾(祷キララ)が、由紀に引越すと告げた翌日に、突然亡くなる。綾の死をきっかけにクラスメイト達の人間関係にも思わぬ波紋が広がり、由紀は周囲から距離を置かれるようになるが…。海辺の町を舞台に描かれる、次世代の青春群像劇。

***********************************

生悠/祷キララ/平井亜門/こだまたいち/日高七海/夏目志乃/白戸達也/石川瑠華/大原海輝
加藤才紀子/武内おと/森タクト/近藤笑菜/安倍乙/栗林藍希/田辺歩/武田一馬/田中爽一郎
本田拓海/高橋あゆみ/日向夏/塩田倭聖/タカハシシンノスケ/籾木芳仁/小沢まゆ 他

監督・脚本:石橋夕帆

企画協力:直井卓俊
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
宣伝協力:MAP
2018 日本 カラー 5.1ch 86min
©2018映画「左様なら」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

MOOSIC LAB2018準グラ『暁闇』阿部はりか監督が作品に込めた想いを活弁シネマ倶楽部で語った


映画情報どっとこむ ralph “映画を語る”番組「活弁シネマ倶楽部」が放送され、映画『暁闇』を監督した阿部はりかさんがゲスト出演した。同作品は、阿部さんの初監督作品であり、MOOSIC LAB 2018にて準グランプリを受賞し、韓国では全州国際映画祭にも出品されるなど、国内外問わず映画ファンの熱い視線を集めています。

同作品は、特別の感情を持ち合わず、お互いの孤独を共有しあうだけの少年・少女が巻き起こす青春劇。心も身体も未熟な彼らの心の機微を、映画界の新星・阿部監督が自らの口で語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph 番組内で阿部監督は、印象的なタイトル「暁闇」の意味について、脚本作りのときに読んだ漫画の中に出てきた言葉だと説明した。さらに、英語訳したときに「moonless dawn(月のない夜明け)」という意味になることから、

阿部監督:これまで演劇を4作作ってきて、“月”が大事なモチーフだった。隠れている感じで月が入っているのはすごくいいなと思って決めた。

と明かした。

また、実体験をベースに物語を作り上げたことについて。

阿部監督:演劇は自分の中で、大事な空間というか、守りたいもの。現実は平穏なことばかりじゃないけど、そういうのを演劇のときは入れないようにしようとした。でも、映画を作ろうと思ったときには、自分が意識しないように避けていたこととかを全部ちゃんと入れたいなという気持ちがあって。それで、中高生のときに自分が思っていた事を掘り返して入れました。

と、「演劇」と「映画」の考え方の違いを明かした。

『暁闇』阿部はりか監督 at「活弁シネマ倶楽部」
さらに、演劇と映画の違いについて聞かれると

阿部監督:演劇は公演の期間が終わったら再現できない。映画は形が残るものとして完成形だから、それによって、海外に行くチャンスがあったりとか、色んな方に見てもらえたりとかっていう機会の多さは圧倒的に違う。

と、演劇は生の創作物であることに対して、映画は映像での創作物であるため、色々な形で観客に届けることができる実感を語った。

また、作品の内容については、

阿部監督:ユウカが男の人と会う設定はネットを介して会っている、かつそこにお金が絡んでいないって設定していて。自分の周りでも出会い系アプリの話を普通にされることがある。そういう感覚は1つ前のインターネットの感覚と違くなってきている。それは、すごい簡単な感情をお互いに埋め合うだけみたいな感覚。お互いに寂しいっていう同じ感情を抱えてるってことだけの共通項が多分必要で、一時的な関係が簡単に発生しやすい環境が整備されてきた。

と、インターネットの普及に応じた“孤独”の埋め方とその変化について、自身の考察を語った。

初の長編映画への挑戦について聞かれると、

阿部監督:演劇とか映画とかっていうくくりとは別に、自分の中に物語って言うものが、大事なものとして思っていて、物語の構造として、どこか違う場所に行ってから、何かの変化とかがあって、戻ってくるみたいな構造を大事にしている。だから、自分が思う“物語”って形ができるものとして長編がやりたいと言った。

として、、「映画」と「演劇」に通底する「物語の構造」について言及し、初監督作品であることへの気負いは感じていなかったようだ。

映画情報どっとこむ ralph 活弁シネマ倶楽部内では、阿部監督が国際映画祭での観客の反応や今後の作品についてなど、幅広いインタビューの様子が収録されている。

阿部はりか監督プロファイル
1995年生まれ、東京都出身。東京芸術大学美術学部先端芸術表現科卒業。これまで四作の演劇作品の脚本・演出を手掛ける。『なっちゃんはまだ新宿』(17/首藤凛監督)に美術として参加するほか、美術や役者として多数映像の現場に参加。「MOOSIC LAB2014」ではオープニング映像で主演。本作が映画初監督作品となる。

映画情報どっとこむ ralph 「活弁シネマ倶楽部」公式ツイッター:
@katsuben_cinema

『暁闇』

2019年7月20日より渋谷ユーロスペース他順次全国公開決定
https://moonlessdawn.com/

物語・・・
何に対しても無気力な少年・コウ(青木柚)、学校が終わると見知らぬ男たちとつかのまの関係を持っているユウカ(中尾有伽)、不器用にすれ違う両親の狭間で行き場のない悲しさを抱えるサキ(越後はる香)。
暁闇
暁闇
暁闇
暁闇暁闇暁闇 誰とも繋がれない寂しさと疎外感を抱えながら、ふとしたきっかけで音楽を通じて出会いを果たした3人。中学生最後の夏休み、都会の片隅にある廃ビルの屋上に集まっては、足りない何かを埋めるように、届かない何かを求めるように、静かに魂を重ね合わせてゆく――。

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ