「LiLiCo」タグアーカイブ

2018年3月公開映画『ニワトリ★スター』新場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph 井浦新主演、成田凌&ヒロイン役に紗羅マリーが出演する映画『ニワトリ★スター』(2018年3月より、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー)の解禁情報をお知らせします。

★映画『ニワトリ★スター』新場面写真到着!

①約束をする草太(井浦)と、ぬいぐるみのリンダを差し出す楽人(成田)
②唇を近づける月海(紗羅マリー)と楽人
③キャバクラで働く月海(紗羅マリー)
④屋上で語り合う草太と楽人

映画情報どっとこむ ralph ★業界初?!「限定Tシャツ前売り券」9/23より販売決定!

『ニワトリ★スター』オリジナルTシャツが、映画の前売り鑑賞券になった?!

業界初の試みとして、2018年3月より公開が決定している、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋の3館にて、9月23日(土)より販売開始。
限定数200枚の販売となるため、お早めにお買い求めください。

実は…Tシャツのタグの部分がきちんと前売り券仕様になっているので、ご安心ください。ぜひTシャツを着て映画館に行こう!

「ニワトリ★スター」限定Tシャツ前売り券(TシャツはMサイズのみ)¥3,000

映画情報どっとこむ ralph ★30秒のティーザー特報公開!
ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋の劇場にて、9/23以降順次放映予定です。

映画『ニワトリ★スター

2018年3月公開

公式サイト:
http://niwatoristar.com/

Twitter:
@G_U_Monkeys

主演:くたびれた大麻の売人役に井浦 新。全身タトゥーの赤髪モヒカン色欲狂いの若者役に成田 凌。ヒロイン役は、映画初出演&初ヒロイン紗羅マリーがDVを受けるシャブ中毒のシングルマザー役!全員が新境地のバイオレンスラブファンタジー。東京の片隅にある奇妙なアパート「ギザギザアパート」で自堕落な共同生活を送る草太と楽人の秘密は、大麻の密売で生活していること。目標もなく中半端に生きてきた二人は、次第に予測不能な事態に巻き込まれていく。オープニングの衝撃と見終わった後の感動が新しい感覚を生む異色の日本映画が誕生した。

他には、ヤクザの組長役に津田寛治、井浦演じる草太の父親役に奥田瑛二、そして、先日5/8に写真集発売を発表し話題となったLiLiCoが、主人公二人が暮らす個性的なアパートの管理人役で大胆演技に挑戦するなど、豪華共演陣が脇を固める。監督は、『殴者 NAGURIMONO』の原作や『ハブと拳骨』の原案・音楽(ともに田中雄一郎名義)を手がけている、かなた狼(おおかみ)。本作が初監督作品となる。
物語・・・
裏社会の住人とも呼べない場末の生活をおくる草太と同居人の楽人の姿を軸に展開されていく。深夜のバーでアルバイトをしている2人の秘密は、大麻の密売で生活していること。目標もなく中途半端に生きてきた2人が巻き込まれる“あいつら”の恐怖、街の不良たちを影で操り暴力団の新たな形態を構築するヤクザ・八田、DVの恐怖にさらされながらも愛を支えに耐える未婚の母子、知っているつもりで何も知らなかった親友の内面……。草太と楽人が迎える運命の先には、予測不能な結末が待ち構えていた。

***********************************

出演:井浦新、成田凌、紗羅マリー、阿部亮平、LiLiCo、津田寛治、奥田瑛二

山田スミ子、海原はるか・かなた、裵・ジョンミョン、ペロンヤス、名倉央、DAY(Titanium)、佐藤太一郎、水橋研二、尚玄、辰巳蒼生、村上新悟、石橋穂乃香、シャック、マグナム弾吉、中澤梓佐

監督:監督:かなた狼 制作:株式会社ウィルコ
製作:GUM株式会社 GUM WORLD株式会社
配給・宣伝:マジックアワー GUM WORLD株式会社

(C)映画『ニワトリ★スター』製作委員会


「したまちコメディ映画祭in台東」オープニングセレモニー


映画情報どっとこむ ralph 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。今年も2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)に「第10回したまちコメディ映画祭in台東」が開催中!

本日華々しく9月15日(金)よりスタート。レッドカーペットに引き続き・・・

オープニングセレモニーが行われました。

日付:9/16(土)
場所:浅草公会堂前
「実行委員会」…服部征夫台東区長、河野純之佐台東区議会議長、いとうせいこう総合プロデューサー
「たいとう観光大使&したコメ応援人」…友吉鶴心、ロケット団、昭和こいる
「特殊メイクワークショップ」…西村喜廣監督、特殊メイクの子供たち(RCのみ)、破れタイツ
「小松政夫リスペクトライブ」…ポカスカジャン、ワタナベイビー(ホフディラン)
「男おばさん!!」…軽部真一アナ、笠井信輔アナ
「メインビジュアル」…いがらしみきお
「野良スコ」…内山勇士監督、コタロー(RCから)
「コメディ栄誉賞」…小松政夫
「ヨスの海の夜」…チョン・ヒョンソク監督、イ・ソンウォン
「We Love Television?」…萩本欽一、土屋敏男監督
「blank13」…齊藤 工、高橋一生、神野三鈴、金子ノブアキ
「小松政夫リスペクトライブ」…浅草ジンタ
「セントラル・インテリジェンス」…LiLiCo

映画情報どっとこむ ralph 東泉小学校オーケストラによるオープニングアクト!

服部台東区長挨拶
映画祭も第10回目になりましたね。東泉小学校の演奏聴いていただいたかと思いますが、今回も素晴らしいプロローグから映画祭が始まりました。ここ浅草は伝統文化、伝統芸能の発祥地ですね。今回の映画祭は小松政夫さんがコメディ栄誉賞を受賞し、リスペクトライブもございます。昨日のシネマ歌舞伎を含めまして、4日間どうぞお楽しみいただければと思います。

河野台東区議会議長挨拶
映画を愛する多くの皆さんが熱意を持って映画祭を作り上げていってくれたことに、本当に感謝しております。今まで以上に、いとうさんも張り切っておりますので、充実した映画祭になるだろうと、私も期待しております。「下町・映画・笑い」という映画祭の3つのキーワードを思い切ってコラボレーションさせて、大いに盛り上がりましょう!

映画情報どっとこむ ralph たいとう観光大使 友吉鶴心さん挨拶
浅草生まれの琵琶奏者です。うちは150年くらい浅草に住まわせていただいております。10回目おめでとうございます。浅草・上野でたくさん楽しんで帰ってください!


「男おばさん‼︎」軽部真一アナ 笠井信輔アナ
ベストを揃えて来ておりますが、お笑いコンビではございません(笑)4回目の出演になりました。したコメが終わらないと、夏が終わらないという感じです!

「セントラル・インテリジェンス」LiLiCo
毎年お世話になってるんですけど、今年は声援が若いし、女子が多い…(高橋一生さんを見つめて・・・)。
齋藤工監督が寸でのところで、LiLiCoを阻止!

映画情報どっとこむ ralph 「コメディ栄誉賞」小松政夫 
こんな晴れ晴れしいところに読んでいただき、ありがとうございます。浅草といえば、我々コメディアンの発祥の地と言いますか?ここで私も育ちました!よろしくお願いします。

「メインビジュアル」いがらしみきお
(小松政夫さんは、いがらしさんのファンとのこと)小松さんが私のファンだとかそんな話が出ると思っていませんでしたが、10回目のメインビジュアルのお仕事頂きまして、楽しく完成させることができました。

がっつり握手のお二人。

「We Love Television?」萩本欽一
今日はタキシード着てよかったと思います。高橋一生さんと握手してもらいました!本当によかった!

映画情報どっとこむ ralph 「blank13」齊藤工監督
ハリー・ポッターです!(黒い帽子にロングコートの服装の齊藤さんがボケ、会場に笑いが広がる)この後上映する作品は、ハリー・ポッターではありません。(笑)せいこうさんが10年築いてくださった、この映画祭のステージに自分の作品を素晴らしいキャストと共に戻って来れたことを嬉しく思います。“祭り”なんで、皆さんぜひ楽しんでいってください。


総合プロデューサー いとうせいこう
実際“祭り”ですので、みんなでで本当に楽しんでいただいて、お客さんもスタッフもキャストも全員一つになって楽しめるような映画祭にしていきたいです!素晴らしい場所をみんなで作っていただけたらと思います!!!

いとうせいこうさんによる開会宣言で映画祭が始まりました!!

そして、オープニング上映の齊藤工監督「blank13」舞台挨拶へ

***********************************



井浦新&成田凌、紗羅マリー 映画『ニワトリ★スター』2018年3月公開決定! 


映画情報どっとこむ ralph 井浦新さん&成田凌さんが仲間を募る!! 8/11より、映画『ニワトリ★スター』クラウドファンディング開始!


井浦新さん主演、成田凌さん&ヒロイン役に紗羅マリーさんが出演する映画『ニワトリ★スター』(2018年3月より、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー)の初公開となる場面写真を発表(5枚)!

①東京の片隅にある奇妙な“ギザギザアパート”で自堕落な共同生活を送る草太〈そうた〉(井浦新)と楽人〈らくと〉(成田凌)

②シングルマザーの月海〈つきみ〉(紗羅マリー)と楽人(成田凌)

③草太(井浦新)と大阪でお好み焼き屋を営む父(奥田瑛二)

④爬虫類型ヤクザの八田〈はった〉(津田寛治)と、その部下の爬部井〈はぶい〉(阿部亮平)

⑤号泣する草太(井浦新)

追加キャストとして、山田スミ子、海原はるか・かなた(漫才師)らの出演情報も公式サイトを確認
niwatoristar.com/

映画情報どっとこむ ralph また、8月11日(金)より、映画『ニワトリ★スター』のクラウドファンディングを実施する。開始時から、プロジェクト制作側の応援者からのコメントが180名をこえているのは異例のプロジェクトで、日本のクラウドファンディング史上最多です。

◆井浦新&成田凌より動画コメントにて特別メッセージが到着!

井浦新

成田凌


あなたも映画のクラウドファンディングCAMPFIREで映画を応援してみませんか?

主演の井浦新を始め、成田凌、LiLiCo、津田寛治、阿部亮平、かなた狼監督、その他出演者たちからも応援を呼びかけています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ニワトリ★スター

2018年春、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー。

公式HP:
http://niwatoristar.com/

公式Twitter:
@G_U_Monkeys

映画「ニワトリ★スター」

2018年3月ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋

ほか全国順次ロードショー

<STORY>

東京の片隅にある奇妙なアパート“ギザギザアパートメント“、深夜のバーでアルバイトをする草太と楽人は自堕落な共同生活を送っていた。草太の秘密、それは大麻の半端な末端売人である事。天真爛漫で自由気まま、破天荒な楽人。これといった人生の目標もなく、大都会東京の底辺でだらだらと日々を過ごす二人。様々な登場人物が織りなす群像。そして物語は破滅と再生へ。突如、草太達に訪れる“あいつら”の恐怖。街の不良を影で操り暴力団の新たなる形態を司る爬虫類型ヤクザ・八田と爬部井。草太に大麻を卸す不良ラッパーJAYが禁断の扉を開けた…。

不穏な影が草太と楽人の運命を捻じ曲げる。物語は宇宙ロケット旅行から裏社会、下町のお好み焼屋からラブロマンス、セクシャルの定義や血の繋がらない家族や兄弟という価値観、エトセトラ。人間の混沌が混ざりに混ざり。絶望と希望。草太と楽人が迎える運命の先には、予測不能の結末が…「知っているつもり」で「何も知らなかった」。ニワトリ★スターは“ギザギザ傷だらけ大人のファンタジー“、乞うご期待でございます。


***********************************

出演:井浦新、成田凌、紗羅マリー、阿部亮平、LiLiCo、津田寛治、奥田瑛二
監督:かなた狼
制作:株式会社ウィルコ
製作:GUM株式会社 GUM WORLD株式会社
配給・宣伝:マジックアワー
(C)Gentle Underground Monkey


LiLiCo、男おばさん、吉田類『したコメ』名物イベント上映企画決定 


映画情報どっとこむ ralph 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。今年は10周年のアニバーサリーイヤーとなっており、2017年9月15日(金)〜9月18日(月・祝)に「第10回したまちコメディ映画祭in台東」を開催。

そして!

したコメ名物 イベント上映!

第 10 回となる今年は各界名だたる著名人が集結!
LiLiCo、男おばさん、吉田類が参戦!! したコメ祭りだよ!全員集合!

映画情報どっとこむ ralph ~LiLiCoの映画卍固め~
特別招待作品『セントラル・インテリジェンス』


したコメに欠かせない映画コメンテーターLiLiCo氏が、第10回となる節目の年に満を持してお届けする作品は、ザ・ロックさまことドウェイン・ジョンソンとケヴィン・ハートのムキムキマッチョバディームービー『セントラル・インテリジェンス』(特別招待作品・ジャパンプレミア)! 当日は「LiLiCoの映画卍固め」と題して、このムキムキ映画をLiLiCo氏が熱く語り倒します!果たしてこのムキムキマッチョ映画にLiLiCo氏はどう立ち向かいトークの卍固めを決めるのか今注目です!

特別招待作品『セントラル・インテリジェンス』~LiLiCoの映画卍固め~
◆会場:東京国立博物館平成館
◆開催日時:9月16日(土)開場 14:45 開映 15:15(予定)
◆登壇ゲスト:LiLiCo 他(予定)
※内容、ゲスト及びトーク、終了時間は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承ください

『セントラル・インテリジェンス』
物語・・・
高校時代はスーパースターだったが、今はしがない中年会計 士のカルヴィン(ケヴィン・ハート)。そんな彼に突如、当 時おデブでいじめられっ子だったボブ(ドウェイン・ジョン ソン)から20年ぶりに会いたいとの連絡が。しぶしぶ会い に行くと、彼の前に現れたのは、マッチョな肉体へと変貌を 遂げていたボブの姿だった!しかも実は CIA で、濡れ衣を 着せられ組織から追われる身のため、どうしてもカルヴィン に助けてほしい、と言う。なぜか一緒に逃げるはめになった カルヴィン。果たして彼を信じていいのか?そしてボブは一 体何者なのかー?

監督: ローソン・マーシャル・サーバー
出演:ドウェイン・ジョンソン、ケヴィン・ハート 他
2016 年/アメリカ/107 分
© 2016 Universal Pictures, Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

映画情報どっとこむ ralph フジテレビアナウンサー 軽部真一・笠井信輔
「男おばさん!!」公開収録公開収録


毎年恒例となった、フジテレビCS放送・日本映画専門チャンネルにて現在放送中のエンタメ情報番組「男おばさん!!」の公開収録を今年も開催!毎回招かれるゲストも楽しみなところ。今年はいったい誰がやって来るのか、、、
フジテレビ CS 放送・日本映画専門チャンネル「男おばさん!!」公開収録
◆会場:浅草公会堂 1F 展示ロビー
◆開催日時: 2017 年 9 月 16 日(土)16:00 開演(予定)

映画情報どっとこむ ralph したコメで「3D」上映? 『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』
飲んべえ3000万人のアイドル、吉田類氏の初主演映画『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』がしたコメにやってきます!今年公開されると、たちまち赤ちょうちん界隈では知らぬ人はいない人気映画となった本作、当日はゲストに吉田類氏をお呼びし、おじさんの社交場である酒場を語っていただくとともに、吉田類氏が行っているチャリティイベント「吉田類と仲間達」の番外編を開催!2D(映画)+D(Drunk:ほろ酔い)を合わせた、したコメ特別3D上映で映画をお楽しみいただけます!

『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』上映
◆会場:5656会館ときわホール
◆開催日時:9月17日(日)開場17:30 開映 18:00(予定)
◆登壇ゲスト:吉田類 他(予定)
※内容、ゲスト及びトーク、終了時間は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承ください


監督: 長尾直樹
出演:出演:吉田類、伊藤淳史、松本妃代、菅原大吉、戸田昌宏、津田寛治
©2017『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』製作委員会
     
***********************************

    


永瀬正敏、LiLiCo トークイベント映画『光』監督も最後に駆け付け大盛況!


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品、河瀨直美監督作『光』の公開記念トークイベントが新宿バルト9にて行われ、主演の永瀬正敏さんと、スペシャルゲストとして映画コメンテーターのLiLiCoさんが登壇、映画『光』のメッセージと魅力をLiLiCoさんが紐解きながら、主演永瀬正敏さんの素顔に迫りました。
トークイベントのラストには、河瀨直美監督が急遽サプライズで会場にかけつけ、客席は大いに盛り上がりました。

映画『光』公開記念トークイベント概要
日程:6月15日(木)
会場:新宿バルト9
登壇:永瀬正敏、スペシャルゲスト・LiLiCo(映画コメンテーター)
緊急参加:河瀨直美監督

映画情報どっとこむ ralph 本イベントが初対面の、永瀬正敏さんとLiLiCoさん

LiLiCoさん:実は、初めましてなんですよ。世の中のイケメンみんなに会っているのに、なんで永瀬さんに今まで会わなかったんだろう?避けてました?(笑)

永瀬:いやいや、そんなわけではないです(笑)

LiLiCo:そして、カンヌ国際映画祭での受賞、おめでとうございます!カンヌだけには留まらず、いろんなところで賞とか映画祭とかどうですか?

永瀬さん:ありがたいことに沢山オファーを頂いていて。近々ですと、7月に台北映画祭に招待していただける事になりました。僕と監督が行けるかどうか、まだわからないのですが。良かったらLiLiCoさんもどうですか?

LiLiCo:行っていいんですか!言葉もいろいろしゃべれるし、おいしいところもたくさん知っていますよ。通訳でお願いします(笑)

映画『光』の感想と、この映画の中で、特に心に残った台詞や言葉について

LiLiCoさん:映画って文化が違うと、少し理解できないことがあるのですが、この映画はないんですよね。スクリーンに映し出される映像も素晴らしいのだけど、今回、こんなにも「言葉」に耳を傾けた事はありませんでした。この映画には強い言葉が沢山でてきて、言葉の「間」も大事な要素でした。印象に残ったシーンは沢山あるけれど、雅哉が公園で子供たちにカメラを向けるところですかね。雅哉は将来一緒になるはずだった彼女と別れ、家庭を築くことを諦めた悔しさの中で、雅哉のそばに近寄ってくる子供たちに、笑顔を見せるんですよね。私は、(主人公の雅哉は、美佐子には)最初から恋をしていると思うんですよ。恋をしているけど、失ってしまっているから、色々言いたくなるんですよ。しかも、(雅哉は)写真家として賞をとったりする相当なプロフェッショナルでイケメンで、すごくモテてたと思うんですよ。だからすごい深いシーンだと思います。子供たちが笑顔をみせるけど、悔しい事に思うように撮れない。優しい彼もいると思うんです。私、この映画、違う見方しちゃってる(笑)?

永瀬さん:いえいえ。いろんな見方があっていい。でも、僕は、最初から恋している感覚はなかったです。その時の雅哉として生きるのが精一杯で。

LiLiCoさん:この映画には、沢山の光が登場しますが、私の場合は観終わって、数日経ってから自分の人生の「光」が見えた。そういう作品だと思うんです。あとは、音声ガイドのモニター会で目の不自由な方が仰った「映画を観る時は、単にスクリーンを観るのではなく、もっと大きな世界に入り込んでいる感覚になるんだよ」というセリフ。私は、映画を紹介する立場として、みんなにそうであって欲しいと感じました。映画って、ある人にとっては“大好きなもの”だとしても、その一方で“時間を潰す為のもの”だと思っている人もいる。「たまたま時間があいているから行こう」と言う人もいる。でも、私としては、みんなに映画の世界に入り込んで観てほしいですね。浸ってほしいです!映画は映画館で観るために作られているのでね。一緒に笑ったりする臨場感のために。DVDは永久保存版としてのまた別の楽しみでね。映画コメンテーターとして、あのセリフは大きかったです。

永瀬さん:あれ、アドリブなんですよね。監督はあえて台本をみせずに、みんなで自由な意見を交わしたのです。その言葉を聞いて、僕も本当に身が引き締まる思いでした。

映画情報どっとこむ ralph 劇中の雅哉は命よりも大切なカメラを投げ捨てましたが、これまでに思い切って捨てたものはありますか?

永瀬さん:基本的にものは捨てない。失敗とかは、引きずっていられないなと思います。次にいかなきゃいけない時に、一回捨ててゼロにして明日・今日を迎えることは大事だと思います。しいて言うなら、、よく落とし物をして失敗したなと思う事はあります。鍵、財布とか。

LiLiCo:一番落としちゃいけないものですよ(笑)!私は故郷スウェーデンを捨てたのだと思います。18歳で日本に来て、全く言葉のわからない国で頑張るっていうのは、そういうことだと。でも一回離れたことで、今は世界で一番美しい国だって思います。今や(故郷のスウェーデンは)私の中の「光」ですね。なので、たまにスウェーデンに帰るときには、沢山「光」をあつめて、さらにパワフルになって戻ってきます。手放してしまったことで後悔したものもありますか?

永瀬さん:小学校の時に捨て猫をひろってきて、内緒でベッドの下で飼っていて。翌朝おばあちゃんにどっかにつれていかれて、泣いたっていうぐらいですかね。

LiLiCo:私は、過ぎ去った男性はどうでもいいです。嫌いで別れている。未練を一切持たない人なんで。

MC:永瀬さんはどうですか?

永瀬さん:それ、俺に聞くんですか(苦笑)?

LiLiCoさん:私も聞いちゃいけないと思っていた!!(笑)

映画情報どっとこむ ralph イベント最後、サプライズで急遽、河瀨直美監督が息を切らせながら駆けつけ登場。

河瀬監督:映画は本当に国境を越えるし、人々をつなぐ間隔を共有できるから、駆けつけてよかったです」と一言あいさつをすると、会場からは大きな拍手がおき、満席の会場はさらに盛り上がりをみせたトークイベントとなりました。

新宿バルト9、梅⽥田ブルク7ほか全国公開中
公式サイト:@hikari-movie.com

STORY:
視力を失いゆくカメラマンと出逢い、美佐子の中の何かが変わりはじめる―単調な日々を送っていた美佐子(水崎綾女)は、情景を言葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の音声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐子は雅哉の無愛想な態度に苛立ちながらも、彼が撮影した夕日の写真に心を突き動かされ、いつかこの場所に連れて行って欲しいと願うようになる。命よりも大事なカメラを前にしながら、次第に視力を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐子の中の何かが変わり始める。

***********************************

監督・脚本:河瀨直美
出演:永瀬正敏 水崎綾女 神野三鈴 小市慢太郎 早織 大塚千弘/大西信満 堀内正美 白川和子/藤竜也

配給:キノフィルムズ/木下グループ

宣伝協力:フリーストーン
©2017 “RADIANCE”FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE

2017年/ 日本・フランス・ドイツ合作/ 102分/ カラー