「LGBT」タグアーカイブ

UMMMI.、たなかみさき、エヒラナナエ、ますだみくがマイノリティラブ映画『西北西』とコラボ


映画情報どっとこむ ralph 大人気女性クリエイターのUMMMI.、たなかみさき、エヒラナナエ、ますだみくが、マイノリティーたちのラブストーリー『西北西』(9月15日公開)とコラボレーションした作品を発表!

若い女性を中心に絶大な支持を得ている人気クリエイターのUMMMI.、たなかみさき、エヒラナナエ、ますだみくが、9月15日からイメージフォーラムにて公開されるマイノリティーたちのラブストーリー『西北西』(韓英恵、サヘル・ローズ出演)とコラボしたブランドムービーやイラストを制作しました。

ブランドムービーはwebで公開、イラストはスペシャルグッズとして劇場限定で販売するそうです。
▶コラボレーションに関する特設ページはこちら
http://seihokusei/collaboration/

映画情報どっとこむ ralph ■『西北西』☓UMMMI.
UMMMI.(ウミ) アーティスト / 映像作家。愛、ジェンダー、個人史と社会を主なテーマに、フィクションとノンフィクションを混ぜて作品制作をしている。過去に現代芸術振興財団CAF賞 美術手帖編集長 岩渕貞哉賞受賞(2016年)、イメージフォーラムフェスティバルヤングパースペクティブ入選(2016年)、MEC AWARD2016 佳作(2016年)など。


■『西北西』☓たなかみさき
なかみさき/1992.11.14生日本大学芸術学部版画コースを卒業後フリーランスのイラストレーターとして活動。
酒と唄と哀愁をこよなく愛する女誰もが顔を赤らめるあの青春を追い求めて。

■『西北西』☓エヒラナナエ
エヒラナナエ/イラスト・刺繍・日記を中心に活動。近年では自身の日記をまとめた日記集「SOMEDAY」を発行。

■『西北西』☓ますだみく
ますだみく/福岡在住イラストレーター様々な恋愛模様を描いています。

映画情報どっとこむ ralph 西北西

2018年9月15日より、渋谷イメージフォーラム他全国で順次公開


《痛みも、国境も、ジェンダーも、 知らないふりをしたわたしたちの愛の話》 レズビアンのケイは、モデルの恋人アイとの関係や自身の生き方に不安を感じる日々を過ごしている。一方、日本画を学ぶムスリムのイラン人留学生ナイマはビザや、将来的な日本での生活、同級生との交流に不安を抱えていた。ある日、ナイマとの出会いをきっかけにケイの中で何かが変わり始める。異質なものに触れることへの恐れ、戸惑い、拒絶…。3人の女性たちはそれぞれに性別、国、文化、宗教のボーダーで揺れるカオティックな感情を抱えながら、自らにとっての“西北西”を探求していく。釜山国際映画祭、ミュンヘン国際映画祭など数々の映画祭に出品された。

***********************************


出演:韓英恵、サヘル・ローズ、山内 優花 、林 初寒、松村龍樹、田野 聖子、 高崎 二郎、中吉 卓郎、大方 斐紗子

監督・脚本:中村 拓朗
プロデューサー:汐田 海平、郝 青、韓 愈

撮影監督:關根 靖享/整音:瀬川 徹夫/照明:酒井 隆英

録音:松野 泉/効果:倉橋 静男/助監督:速水 萌巴
制作:小原 康照、八木 宇希、佐藤 和貴/ スタイリスト:ハヤミマリヤ

ヘアメイク:須見 有樹子/美術監修:浅田 崇
主題歌:“Kazahana”by hakobune
音楽:中里 正幸(production orfeu)/

制作プロダクション:好漢影視
特別協力:ジャン・ユンカーマン、安藤 紘平
宣伝:エイゾーラボ
配給営業:トリプルアップ
配給:オンリーハーツ


恋するシロクマ『マイナス21℃』&『ウインド・リバー』とコラボ!


映画情報どっとこむ ralph 「月刊コミックジーン」にて好評連載中、「恋するシロクマ」(原作:ころも)のぷちアニメが全国の映画館約50館の予告編上映前に大好評上映中!W主演の花江夏樹(アザラシ君役)&梅原裕一郎(シロクマさん役)の弱肉強食の世界で綴られる純白のラブストーリーは半端ない!

7月6日(金)から最新の第9話「苦しい②」篇が上映中!是非劇場の大スクリーンでご覧ください。

そして!

この度、「恋するシロクマ」が夏真っ盛りに公開される洋画2作品(ジョシュ・ハートネット主演『マイナス21℃』〈7/21(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開〉&『ウインド・リバー』〈7/27(金)全国ロードショー〉)とのコラボレーションが決定!

共に白銀の世界でアザラシ君が恐怖に震えるコラボビジュアルを制作。暑い夏をCOOLに冷やす仕上りになっています。映画とあわせてお楽しみください。

また、原作者ころも先生より、2作品についてのコメントも到着しました!

映画情報どっとこむ ralph 『マイナス21℃』

2018年7月21日(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開 minus21c.com
原作者コメント
「嘘でしょこの状況で救助されるまでまだ5日もあるの!?これでまだあと3日もあるの!?」 という絶望の連続で、実話だけにとにかく静かにゾワゾワきました。彼の過去のどうしようもない、 もどかしい気持ちもものすごく伝わってくるのでヒリヒリします…。 残された時間の中での彼の選択には泣きました。 すごく深い作品ですが、ですが…!それでもやっぱりこれが実話だなんて、ただただ怖い!
物語・・・
厳寒のシエラネバダ山脈で遭難した元プロアイスホッケー選手エリック・ルマルクの実話をもとにしたサバ イバル衝撃作。メガホンをとるのは『Variety』誌が選んだ、注目すべき10人の監督に選出された気鋭のス コット・ウォー。ジョシュ・ハートネットがエリックを演じ、その体当たりの演技で観るものを壮絶な雪山 への孤独へ引きずり込む! <原作者コメント> 「嘘でしょこの状況で救助されるまでまだ5日もあるの!?これでまだあと3日もあるの!?」 という絶望の連続で、実話だけにとにかく静かにゾワゾワきました。彼の過去のどうしようもない、 もどかしい気持ちもものすごく伝わってくるのでヒリヒリします…。 残された時間の中での彼の選択には泣きました。 すごく深い作品ですが、ですが…!それでもやっぱりこれが実話だなんて、ただただ怖い!

監督:スコット・ウォー
出演:ジョシュ・ハートネット、ミラ・ソルヴィノ
配給:松竹メディア事業部
©2016 Six Below LLC.All Rights Reserved.

映画情報どっとこむ ralph 『ウインド・リバー』

2018年7月27日(金)全国ロードショー

wind-river.jp
原作者コメント
「なぜ、この土地では少女ばかりが殺されるのか」というキャッチコピー。 連続殺人事件の話なのか、なんて安易に思って見始めましたが、全ッ然そういうことを言っているのではな かったのか…!とラストまで見て愕然としました。たくさんの理不尽が詰まっている、まさに闇を描いた作 品。この事件の「始まりはどこなのか」を考えて苦しくなってしまう…。暗い空気が漂う作品ですが、ハン ターのかっこ良さをこれでもかってくらい見せつけてくれる、そのギャップも好きです。

物語・・・
『ボーダーライン』脚本テイラー・シェリダン初監督作品にして、第70回カンヌ国際映画祭<ある視点部門 >監督賞受賞作。アメリカの忘れさられた土地“ウインド・リバー”で見つかった少女の死体の謎を追う、極 上のクライムサスペンス。 <原作者コメント> 「なぜ、この土地では少女ばかりが殺されるのか」というキャッチコピー。 連続殺人事件の話なのか、なんて安易に思って見始めましたが、全ッ然そういうことを言っているのではな かったのか…!とラストまで見て愕然としました。たくさんの理不尽が詰まっている、まさに闇を描いた作 品。この事件の「始まりはどこなのか」を考えて苦しくなってしまう…。暗い空気が漂う作品ですが、ハン ターのかっこ良さをこれでもかってくらい見せつけてくれる、そのギャッも好きです。

監督:テイラー・シェリダン
出演:ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン、ジョン・バーンサル
配給:KADOKAWA
©2016 WIND RIVER PRODUCTIONS,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画情報どっとこむ ralph 「恋するシロクマ」劇場にてぷちアニメ化!!!

シロクマ「きみがオスでも、僕は構わない」
アザラシ「僕は構う」

白いアザラシ(♂)を好きになってしまったシロクマくん(♂)。

彼の恋は成就するのか?
弱肉強食の世界で紡がれるホワイトラブ!!


公式サイト:
koisurushirokuma.jp
公式Twitter:
@koi_shirokuma

***********************************


キャスト:花江夏樹 梅原裕一郎

原作:ころも「恋するシロクマ」(株式会社KADOKAWA「月刊コミックジーン」連載中)
制作:ギャザリング(「ぷちます!-プチ・アイドルマスター-」「殿といっしょ」)
監督・脚本:市川量也(「アニメ モンスターストライク」「ぐでたま」)
音響監督:山田陽(「君の名は。」「磯部磯兵衛物語」)
©ころも・KADOKAWA/恋する製作委員会


韓英恵、サヘル・ローズ、山内優花。ラブストーリー「西北西」の公開が決定!特報映像が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 《痛みも、国境も、ジェンダーも、知らないふりをしたわたしたちの愛の話》

釜山国際映画祭コンペティション部門ニューカレンツや、ミュンヘン国際映画祭にも正式出品されたラブストーリー『西北西』が、2018年9月より渋谷イメージフォーラム他全国で順次公開されることが決定しました。

“西北西”に祈りを捧げるあなたの姿を見つめて知った。愛と祈りは似ていると。

レズビアンのケイ、イスラム教徒のナイマ、バイセクシャルのアイ。

3人の女性たちはそれぞれにカオティックな感情を抱えながら、自らにとっての“西北西”を探求していきます。

異質なものに触れることへの恐れ、戸惑い、拒絶…。確かだと思っていたものが崩れ、ぶつかり合う中で相手を、自分を、見つめた先に3人が見つけた答えとは。

性別、国、文化、宗教のボーダーで揺れる女性たちの姿を、美しい映像世界で描き出しています。

映画情報どっとこむ ralph 鈴木清順監督『ピストルオペラ』、是枝裕和監督『誰も知らない』に出演するなど名監督から愛され続け、瀬々敬久監督の最新作『菊とギロチン』でヒロインを演じる韓英恵さん。

バラエティで7本のレギュラーを持つ一方、舞台や映画作品にも出演し、存在感を発揮するサヘル・ローズさん。

そして乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」など舞台中心に活躍する山内優花さんが、三者三様の生き方を演じます。

映画情報どっとこむ ralph LGBTQ、宗教を題材にしたオリジナル企画と、独特の演出手法で世界と勝負した新人・中村拓朗監督。

俳優出身の中村拓朗監督は、初の長編作品である前作の『TAITO』(緑朗名義で監督)が、第33回PFFぴあフィルムフェスティバルにおいて、瀬々敬久監督の強い支持を得て審査員特別賞を受賞。

その後、短編映画や写真作品などを通じて映像表現を磨いてきましたが、今作が満を持しての長編2作目となりました。



本物の感情をぶつけ合うため、韓英恵とサヘル・ローズが劇中で出会うシーンでは、ふたりの役者が実際に初対面の状態で撮影。

(事前の挨拶も顔わせもなし!スタートがかかってからふたりは出会った!)

恋人役の韓英恵さんと山内優花さんには、ダブルベッドのホテルで一泊二日のふたりきりのデートをしてもらうなど独特の演出手法を用いました。
映画情報どっとこむ ralph 特報映像が解禁!
「あなたの見つめる世界に、答えを探した」のコピーと「西北西」の意味とは?



この度公開された72秒の特報映像では、女優たちにフォーカスした映像とともに、作品タイトルの〈西北西〉とは何なのかを問いかける内容にもなっています。

映画情報どっとこむ ralph 西北西

2018年9月より、渋谷イメージフォーラム他全国で順次公開

物語・・・
レズビアンのケイは、モデルの恋人アイとの関係や自身の生き方に不安を感じる日々を過ごしている。一方、日本画を学ぶイスラム教徒のイラン人留学生ナイマはビザや、将来的な日本での生活、同級生との交流に不安を抱えていた。ある日、ナイマとの出会いをきっかけにケイの中で何かが変わり始める。変わりゆく三人の関係性。性、国、宗教のボーダーで揺れる中で、それぞれが答えを探していく。

【釜山国際映画祭ニューカレンツ部門正式出品、ミュンヘン国際映画祭正式出品。その他マルディグラ映画祭、Casa Asia Film Week、レインボーリール東京(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)、ロンドンLGBT映画祭 等、LGBTQ系の映画祭にも多数出品されました。】

***********************************

出演:韓英恵、サヘル・ローズ、山内 優花 、林 初寒、松村 龍樹、田野 聖子、 高崎 二郎、中吉 卓郎、大方 斐紗子

監督・脚本:中村 拓朗
プロデューサー:汐田 海平、郝 青、韓 愈
撮影監督:關根 靖享
整音:瀬川 徹夫/照明:酒井 隆英

録音:松野 泉/効果:倉橋 静男/助監督:速水 萌巴/制作:小原 康照、八木 宇希、佐藤 和貴/ スタイリスト:ハヤミマリヤ/

ヘアメイク:須見 有樹子/美術監修:浅田 崇
主題歌:“Kazahana”by hakobune 音楽:中里 正幸(production orfeu)
(102分)
制作プロダクション:好漢影視/特別協力:ジャン・ユンカーマン、安藤 紘平
宣伝:エイゾーラボ
配給:オンリーハーツ


新宿シネマカリテにて『君の名前で僕を呼んで』歴代興行収入1位作品に!


映画情報どっとこむ ralph 新宿シネマカリテにて、『君の名前で僕を呼んで』が、同劇場の最高興行収入を更新し、歴代興行収入1位作品となりました。

劇場に2度3度と足を運ぶリピーターも多く、中には「10回以上劇場に足を運んでいる」という強者もおり、本作の人気の高さが伺えます。そして、公開から48日目にあたる6月14日、今年『グランド・ブダペスト・ホテル』を抜き同館の歴代興行収入記録を塗り替えた『勝手にふるえてろ』の興行収入25,353,900円を上回る25,545,200円を記録。同館の歴代興行収入1位を達成しました。


新宿シネマカリテの番組編成担当によると、

「公開直後に迎えたGW期間中は9日間連続で全回満席。GWが明けた平日も満席が続出し、豪華版パンフレットは入荷する度に即完売するなど、熱心な女性のお客様に支えられたことが大きかったのかと思います。ご覧になった方の反応も非常に良く、リピーターが多かったことも記録を更新した一因となりました。吹替版も大変ご好評いただきまして、字幕・吹替どちらもご覧になるお客様も多く見受けられました。『勝手にふるえてろ』に続き、今まで当館のことを知らなかったであろう新規のお客様が増えたことも、劇場として非常に喜ばしく、そういった意味でも思い出深い作品となりました。おかげさまでシネマカリテも5月の月間成績がオープンからの最高額となりました!」

と本作の興行についてコメント。

本作が熱心なファンの方たちに支持され、大きな話題となり、いかに劇場が賑わっていたのかが分かります。

映画情報どっとこむ ralph 新宿シネマカリテでは現在も本作を上映中。
今後も引き続き記録を更新していきそう!

君の名前で僕を呼んで
cmbyn-movie.jp

物語
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。


***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12
©Frenesy, La Cinefacture 
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム 配給:ファントム・フィルム 
原題:Call Me By Your Name     


イケメン!リマウ・グリッロ・リッツベルガーが初来日!『最初で最後のキス』初日舞台挨拶でQ&A


映画情報どっとこむ ralph この度、本日より公開がスタートしたイタリアから届いた青春映画『最初で最後のキス』の初日舞台挨拶に、主演俳優のリマウ・グリッロ・リッツベルガーが、イタリアのローマから駆けつけました。

2000人以上のオーデョションを勝ち抜き、里親に引き取られる同性愛者という難しい役どころを演じきり、Italian National Syndicate of Film Journalistsの新人俳優に贈られる「Guglielmo Biraghi 賞」にも選ばれたイタリアの新星がついに初来日!!!

日時:6月2日(土)10:00の回上映後
場所:新宿シネマカリテ
登壇:主演俳優リマウ・グリッロ・リッツベルガー

映画情報どっとこむ ralph リマウ・グリッロ・リッツベルガーはインドネシア人の父とオーストリア人の母を持つ、美少年であり、ローマ大学哲学科に通う現役の大学生。

観終えたばかりの観客の前にリマウが登場。
リマウ:コンニチハ昨日ついたばかりで、この東京にすごく驚いています。来ることができてとても嬉しいです。この映画を皆さんに気に入ってくださっていると嬉しいです。いまここで皆さんとお話して、この映画が日本の皆さんに何を伝えることができたのかを、今日は知りたいです。

Q.観客からの質問「実話をもとにした事件(※)とのことですが、イタリアでは有名ですか?」
(※)ラリー・キング殺人事件:08年2月にアメリカで15歳のラリー・キングが14歳の同級生にピストルで撃たれて死亡した事件。

リマウ:全員ではないですが、結構みんなが知っている事件です。大きな話題になりました。なぜならその頃にイタリアではホモファビア、性差別に反対する法案が国会で議論になっていたからです。この事件をきっかけにイヴァン・コトロネーオ監督は最初に小説を手掛け、その後にこの映画を撮りました。

Q.「LGBTの問題はイタリアでは教育に取り入れられてますか?」
リマウ:もちろん、そうです。イタリアでは重要な問題として考えられています。ローマでピンク色のズボンを履いた男の子が、主人公のロレンツォと同じように、いじめにあって、自殺してしまうという事件があり、大きな問題になりました。若い子たちが健康的に成長するために、他者に対してリスペクトするというのは非常に大事なことなので、時間をかけて行われています。この映画は教育省の支援を受けていて、色々な学校で上映会をしました。またLGBTと同じく、イタリアでは女性に対しての暴力が大きな問題となっていて、その問題についても語りました。イタリアでは現実的な大きな社会問題として女性への暴力があります。

Q.「ロレンツォを演じるにあたって、演じやすかった部分と、やりにくかった部分を、それぞれ教えてください。」
リマウ:ファンタスティックな想像上の人物あったので難しかった。彼はあの年齢で自分に自信を持っていて、非常に自由な心を持っている人物です。撮影時は、僕は18才でしたが、そんな自信と自由の心を持っていなかったので、強いキャラクターを演じるのはとても難しかった。一方で、普段着ないような蝶々の柄の服を着たり、思いっきりダンスしたりするシーンでは、自分を解放することができて、とても楽しかったです。

とQ&Aを行いました。

トーク後にはロビーにてサイン会も行われ大賑わいとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 最初で最後のキス
原題:Un Bacio
6月2日(土)より新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次ロードショー!

公式サイト:onekiss-movie.jp

物語・・・
不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々
イタリア北部・ウーディネ。スターを夢見る同性愛の転校生ロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。“尻軽女”とレッテルを張られている少女ブルーと兄を亡くして心に闇を抱えているバスケ部の少年アントニオ、クラスのはみ出し者だった2人と意気投合し、3人で友情を育んでいくが、ロレンツォのある行動がきっかけで少しずつ歯車が狂い始める――。
***********************************

監督・原案・脚本:イヴァン・コトロネーオ
出演:リマウ・グリッロ・リッツベルガー/ヴァレンティーナ・ロマーニ/レオナルド・パッザッリ

2016年/イタリア/イタリア語/106分/カラー/シネマスコープ/ドルビー5.1ch 
字幕:山田香苗 
提供:日本イタリア映画社 
配給:ミモザフィルムズ/日本イタリア映画社  
(C)2016 Indigo Film – Titanus