「LGBT」タグアーカイブ

映画『アスリート~俺が彼に溺れた日々~』名古屋・姫路・大阪でも公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、7月26日(金)アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー。

ジョーナカムラ、こんどうようぢ主演『アスリート~俺が彼に溺れた日々~』地方追加公開が決定いたしました。
中部・関西を中心にシネマスコーレ(愛知県)、アースシネマズ姫路(兵庫)、シアターセブン(大阪)にて8月3日より上映いたします。

・愛知県 名古屋市 シネマスコーレ 
 8月3日より上映
・兵庫県 姫路市 アースシネマズ姫路 
 8月3日より上映
・大阪府 大阪市 シアターセブン 
 8月3日より上映

また、この度の地方3館でも舞台挨拶開催を予定しております。
お近くの方はこの機会にぜひご覧ください。

映画情報どっとこむ ralph 映画『アスリート~俺が彼に溺れた日々~』

★2019年7月15日(月・祝日)第28回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~上映

★2019年7月26日(金)~アップリンク吉祥寺公開

★2019年8月3日(土)~シネマスコーレ、アースシネマズ姫路、シアターセブン公開


ストーリー&イントロダクション

妻子持ちで元競泳選手の航平は、ある日突然、妻に離婚届けを突きつけられる。ショックの余り、酒に溺れて迷い込んだ新宿二丁目で、ゲイの美少年・悠嵩との運命的な出会いが訪れる。男性相手にチャットボーイをする傍ら、アニメ作家を夢見る悠嵩は、病に倒れた父親にカミングアウトできずに思い詰めていた。それぞれに大きな悩みを抱える二人は、互いを必要とし支え合うかのように、戸惑いながらも惹かれ合っていく。

航平を演じるのは、映画『マンハント』など、国内に留まらず、台湾や香港、シンガポールなどで国際派俳優として活躍するジョーナカムラ。今まで、ヘテロセクシュアルであったはずが、ゲイの悠嵩に出会うことにより葛藤に揺れる心情を見事に演じ切った。

また悠嵩には、原宿系モデルのジェンダーレス男子・こんどうようぢが体当たりで挑み、演技の才能を見事に開花させている。

他にも、悩み疲れ切った人たちの憩いの場となっている新宿二丁目のバーのママ・プリシラ役にWAHAHA本舗の梅垣義明が扮し、抜群の存在感ある輝きを放っている。

***********************************


出演:ジョーナカムラ、こんどうようぢ、田崎礼奈(notall)、中村文彦、みなもとらい、
いちる(Vipera)、美羽フローラ、海崎遥斗、橋本彩花 / 梅垣義明

主題歌:GOW「ねぇ、だって」
監督:大江崇允 製作:吉岡智子 企画・プロデュース:大橋孝史 プロデューサー:岩村修 馬場基晴
脚本:村川康敏 撮影:三浦大輔 録音:内田達也 編集:藤本裕貴 音楽:重盛康平 脚本協力:皐月彩
撮影/演出助手:角田行平 衣裳・ヘアメイク:小倉友花 制作進行:中村光耶 メイキング:寺島明智
製作:株式会社キャナル 制作プロダクション:モバコン株式会社 制作協力:株式会社ネクシブ
配給:株式会社パル企画(2019/日本/カラー/ビスタサイズ/89分)
特別協力:特定非営利活動法人/一般社団法人日本セクシュアルマイノリティ協会
(C)2019映画「アスリート~俺が彼に溺れた日々~」製作委員会


LGBT純愛映画「アスリート~俺が彼に溺れた日々~」クラウドファンディング募集開始


映画情報どっとこむ ralph ジョーナカムラ、こんどうようぢW主演!!秋葉原映画祭2019出品作品 映画「アスリート~俺が彼に溺れた日々~」本作は“自分らしく生きていたい”を キャッチコピーにLGBT の世界を描いた、純愛映画となります。

今回は、本作の国内全国劇場公開及び海外での公開の為の資金をクラウドファンディングで募集します。

■映画「アスリート~俺が彼に溺れた日々~」クラウドファンディング
CAMPFIRE公式ページ:
https://camp-fire.jp/projects/view/146756

映画情報どっとこむ ralph LGBTとは、L=女性同性愛者(レズビアン)、 G=男性同性愛者(ゲイ)、B=両性愛者(バイセクシュアル)、 T=心と体が一致しない者(トランスジェンダー)の総称であり、 日本の人口の8%が当事者であるとも言われています。そんな LGBTを題材にした純愛映画が誕生。主演には、香港、 シンガポール、台湾で活躍する国際派俳優の ジョー・ナカムラと原宿系モデルとしてフォロワー27万人を超え、 中性的な雰囲気のジェンダー男子としても若者に 絶大の人気を誇るこんどうようぢを迎え、美しい映像と 胸に迫る繊細なストーリーで現代のLGBTの世界を描く。
〈ストーリー〉
元競泳選手の海堂航平は、共働きをする妻と高校生の娘と平凡な日常を過ごしていたが、ある日、突然妻 に離婚届けを突きつけられる。 酒に溺れて新宿二丁目にたどり着いた航平の前に、美少年の悠嵩と運命的 な出会いが訪れる。悠嵩は、チャットボーイをする傍らアニメ作家を目指しているが、病に倒れた父親に「ゲ イだ」と告白できずに思い詰めていた。二人は、戸惑いながらも、いつしか性の垣根を超えて惹かれ合い、や がて肉体を交わすようになる。航平と悠嵩は、時に愛し合い、時に傷つけ合いながら、互いの関係を深めて ゆく。二人の憩いの場は、ニューハーフのプリシラがママを務める『ラパス・カフェ』であった。航平は、この店 に集う様々な人種と触れ合いながら、自分の“性”への価値観に葛藤し、「愛とは何か」について、思い悩み 始める。一方、悠嵩は初恋の相手のアツシと再会し、元来ストレートの航平とは、相容れないことに気づいて ゆく。その折、航平の大切な相談相手である、プリシラが倒れてしまう、、、

***********************************


〈スタッフ、キャスト〉
出演:ジョーナカムラ、こんどうようぢ、田崎礼菜(notall)、中村文彦、みなもとらい、いちる(Vipera)、美羽フ ローラ(KIS)、海崎遥斗、橋本彩花/ 梅垣義明

主題歌 GOW「ねぇ、だって」
監督:大江崇允
製作:吉岡智子
企画・プロデュース:大橋孝史
プロデューサー:岩村修
アシスタントプロデューサー:馬場基晴
脚本:村川康 敏
撮影監督:三浦大輔
録音:内田達也音楽:重盛康平
制作進行:中村光耶メイキング:寺島明智
脚本協 力:皐月彩
撮影助手:角田行平
衣裳・ヘアメイク:小倉友花
製作:株式会社キャナル
制作プロダクション:モバコ ン株式会社
制作協力:株式会ネクシブ 協力 日本セクシュアルマイノリティ協会
配給:株式会社パル企画
(C)映画「アスリート」製作委員会


27歳にしてカンヌカメラドール ルーカス・ドン監督初来日『Girl/ガール』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph 長編デビュー作ながらカンヌ国際映画祭に選出されカメラドール(新人監督賞)ほか3冠を受賞、アカデミー賞外国語映画賞〈ベルギー代表〉選出、ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネートという快挙を成し遂げ、評論家・観客からは“ニュー・ドラン(第2のグザヴィエ・ドラン)”とも称される、今世界が最も注目する新鋭監督ルーカス・ドンの『Girl/ガール』が、7月5日(金)より公開となります。

この度、メガホンをとったルーカス・ドン監督が来日し、ジャパンプレミアを行いました。

『Girl/ガール』 ジャパンプレミア
日時:4月22日(月)
場所:新宿武蔵野館
登壇:ルーカス・ドン監督
MC:中井圭

映画情報どっとこむ ralph 第2のグザヴィエ・ドランと言われる監督ですが、どちらかと言うと、ジョージ・マイケル風。


初来日となる監督は、

ドン監督:映画学校を卒業して、『Girl/ガール』が長編デビュー作になります。日本に持ってくることが出来て、そして皆さんにお見せ出来ることを嬉しく思います!

と笑顔で観客に挨拶した。まず、実際の記事からインスピレーションを受けたという本作製作の経緯について、

ドン監督:私が18歳だった2009年頃、当時15歳のノラさんの記事を読んだことから始まりました。彼女はトランスジェンダーで、バレリーナを夢見ていました。この作品とは違いますが、男性から女性のクラスに変更を願い出たところ、それを学校に断られたことが記事になっていたのです。世界が常に自分のアイデンティティを変えようとしている中、あるがままの自分であろうとした姿に、インスピレーションを受けました。彼女は、自分を取り巻く規範や考えを壊そうとしていたし、自分を裏切ることなく闘っていた。当時の自分は周りのイメージに合わせてしまった経験があったので、彼女のことを知った時に、大きな敬意を感じました。

と、熱い想いを語った。

またトランスジェンダー役のキャスティングについて、なぜジェンダーを問わず募集をかけたか聞かれると、

ドン監督:この作品を作るにあたって、一番複雑だったのが主役ララのキャスティングでした。振付が名匠シェルカウイによるもので、それを踊れるダンサーでなくてはならなかった。また15歳でありながら、主演として作品自体を担える必要があり、ララというキャラクターをエレガントに、リスペクトをもって表現できる人物であるために、なるべくオープンに、ジェンダーに拘らずにキャスティングをしました。ただ、作品のモデルであるノラさんのイメージがありすぎて、全ての資質を持っている人はなかなか見つからなかった。それとは別に、ダンサーのオーディションも行っていたところにビクトールがやってきて、ノラを見るときに感じるものを彼からも感じた。

と、1年半を経たというキャスティング秘話を明らかにした。

観客からの質問にも答えた監督。天才振付師シディ・ラルビ・シェルカウイが振り付けを担当した本作では、クロースアップでの撮影が多く採用された。シェルカウイ本人もこのプロジェクトにワクワクしていたそうだが、

ドン監督:初期の段階で、実際の振り付けはあまり撮ることが出来ないと伝えた。もったいない気持ちもあったが、肉体や表情を近いところから撮ることで踊りが肉体にどんな影響を及ぼすのかを撮りたかった。

と渾身のダンスシーンについて説明した。

サウンドとライティングについての質問に及ぶと、シーンによっては光によって何かを伝えようとすることもあると前置きし、

ドン監督:この作品の脚本を書いている時にインスピレーションの一つとなったのが、イカロスの神話で、照明のことを考えたときに、実際に日光を取り入れたいと思うようになりました。他には、肉体が誇張されるシーンでは青のネオンぽい照明を、肉体的な触れ合いがあるシーンでは赤の照明を使いました。

またサウンド面では、トウシューズの音に関連して

ドン監督:ララが型にはめようとするということは、トウシューズに足をはめようとすることのメタファーですね。

と音にまで隠された意味を語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・ドン監督は、観客の写真撮影にも応じ、その人柄の良さを発揮。

弱冠27歳ながら、カメラドールを受賞した監督の映画製作の秘訣が存分に明かされたイベントとなりました。



バレリーナを夢見るトランスジェンダーの少女ララ。
イノセントな彼女がたどり着く、映画史上最も鮮烈でエモーショナルなクライマックスに心震える感動作

『Girl/ガール』

15歳のララの夢はバレリーナになること。しかしそれは簡単なことではなかった。
彼女は男の体に生まれてきたから。それでも強い意志と才能、娘の夢を全力で応援してくれる父に支えられ、難関のバレエ学校への入学を認められる。夢の実現のためララは毎日厳しいレッスンを受け、血のにじむような努力を重ねていく。

だが、初めての舞台公演が迫る中、思春期の身体の変化により思い通りに動けなくなることへの焦り、ライバルから向けられる心ない嫉妬により、彼女の心と体は追い詰められ・・・。

***********************************

監督・脚本:ルーカス・ドン
出演:ビクトール・ポルスター、アリエ・ワルトアルテ 
(C) Menuet 2018 
後援:ベルギー大使館 
提供:クロックワークス、東北新社、テレビ東京 映倫:PG12 
配給:クロックワークス、STAR CHANNEL MOVIES


レッチリ、伝説のベーシスト・フリーのインタビュー映像到着!『ある少年の告白』


映画情報どっとこむ ralph 映画の公開日が4月19日(金)に全国公開します。

僕は僕でしかいられない――。 NYタイムズ紙によりベストセラーに選ばれた、胸打つ衝撃の<実話>。

牧師の父(ラッセル・クロウ)と母(ニコール・キッドマン)のひとり息子として愛情を受けて育ち、輝くような青春を送る大学生のジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)。彼はある時、思いがけない出来事をきっかけに自分は男性のことが好きだと気づく。



しかし、息子の告白を受け止めきれない両親が勧めたのは、同性愛を“治す”という矯正セラピーへの参加だった。

<口外禁止>だという驚くべきプログラムの内容。自らを偽って生きることを強いる施設に疑問と憤りを感じ、ジャレッドは遂にある行動を起こす…。
原作は、2016年に発表され、NYタイムズ紙によるベストセラーに選ばれるなど全米で大きな反響を呼んだ衝撃 の<実話>。今年のサマーソニックのヘッドライナーとして出演が決まっている、日本でも根強い人気を誇るレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、通称レッチリ。その中でも唯一無二のパワフルなライブパフォーマンスを披露する、人気ベーシスト、フリーが本作に出演。

その経緯と、自身がバンド歴より長いという俳優活動について語るインタビューが到着。



映画情報どっとこむ ralph ロックの殿堂入りも果たした“レッチリ”のフリーの俳優としての活躍は?

ヴォーカルのアンソニー・キーディスとベースのフリーを中心に83年に結成され、2012年にはロックの殿堂入りを果たした全世界的スーパー・ロックバンドのレッチリ。以外にもベーシストのフリーは俳優としての活動も長く、ジョエル&イーサン・コーエン監督作 『ビック・リボウスキ』(98)、テリー・ギリアム監督作『ラスベガスをやっつけろ』(98)、エドガー・ライト監督作『ベイビー・ドライバー』(17)など、作家性の強い監督作に引っ張りだこ。ステージパフォーマンスは然ることながら、アクの強い作品たちに負けない圧倒的存在感が、起用される理由にあるのだろう。その一方でディズニー映画『インサイド・ヘッド』では声の出演を果たすなど、アニメーション作品でも個性全開に映画を盛り上げ、長年の演技経験で培った演技力を披露するマルチな才能を持ち合わせている。

「僕の演技に賭けてくれたのだと思う」と出演決意!エドガートンの監督としての手腕を絶賛!

本作で描かれる衝撃の実話を初めて聞いたときは胸を痛めたというフリー。本作では、エドガートンたっての希望でオーディションなしに彼へ出演の依頼がきた。これについて、フリーはこのような意義深い本作を成功させるため、自分を選んでくれたことに、驚きと同時に喜びを感じ「精一杯やりたいと思った」と思いの丈を語っている。「機会に恵まれ、音楽活動よりも俳優活動の歴が長く、現場で多くの監督をみてきた」と語るフリーだが、「優れた感性の持ち主で流れに任せることを恐れない。ジョエルのような人は貴重だ」とエドガートンの才能を手放しに称賛。 そして本作を観た人々には「みんなが話し合い理解することは人間としてとても大切なこと、自分とは違う人生があると知ってほしい」 と、他者に歩み寄ることの重要さを説いた。

ロックバンドのレジェンドとして君臨するフリーが、事実に胸を揺さぶられ出演を決意した本作。

映画情報どっとこむ ralph 監督・スタッフが絶大な信頼を 寄せた彼の演技を、ぜひ劇場で!

ある少年の告白

4月19日㈮より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

www.boy-erased.jp


***********************************

出演:ルーカス・ヘッジズ、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ、ジョエル・エドガートン、グザヴィエ・ドラン、トロイ・シヴァン

監督・脚本:ジョエル・エドガートン 
原作:ガラルド・コンリー 
音楽:ダニー・ベンジー、サウンダー・ジュリアンズ
撮影:エドゥアルド・グラウ
プロデューサー:ケリー・コハンスキー=ロバーツ(p.g.a.)、スティーヴ・ゴリン(p.g.a.)、ジョエル・エドガートン(p.g.a.)

2018年/アメリカ/115分
原題BOY ERASED ユニバーサル作品
配給:ビターズ・エンド/パルコ
(C)2018 UNERASED FILM, INC.


最上もがx東小雪 LGBTお茶の水女子大・課外セッション&『サタデーナイト・チャーチ』試写


映画情報どっとこむ ralph 無名監督と主演にもかかわらず、映画批評サイトRotten Tomatoesで満足度92% flesh(11月12日現在)をたたき出し、海外の映画祭で数々の観客賞や優秀賞(映画祭で18の賞にノミネートされ14受賞!)に輝いた注目作『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』がいよいよ2019年2月22日(金)より全国公開となります。

本作は、初監督・初脚本となるデイモン・カーダシスが、ボランティアを務めていた教会での実体験と綿密なリサーチをもとに、LGBTの人々が直面する厳しい現実や社会問題に焦点をあてたもので、実在するLGBTの人々のための支援プログラム“サタデー・チャーチ(土曜の教会)”を舞台に、若者たちの経験談をミュージカル風味で描いているのも見所のひとつとなっている本作。

このたび、公開直前に「多様性を包摂する」として 2020 年度の学部・大学院の入学者「トランスジェンダー」の学生を受け入れることを発表したお茶の水女子大学の学生が、共感し、学生主催で LGBTをテーマにした試写&ディベート・イベントを実施。

ゲストには、昨年TV番組でバイセクシュアルを告白したタレントの最上もがさんが登壇。MCには日本のLGBT活動家でもある元宝塚歌劇団花組の東小雪さんを迎えトークが繰り広げられ、「トランスジェンダー」の学生受け入れに向けて、認識と知識を深める第一歩目なイベントとなりました。


『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』お茶の水女子大・課外セッション
日付:2月19日
場所:お茶の水女子大
登壇:最上もが、女子学生3名
MC:東小雪

映画情報どっとこむ ralph お茶の水女子大では2020年度の学部・大学院の入学者に「トランスジェンダー」の学生を受け入れることを発表。これを受け、大学が居場所になるにはを考えていきたいとの思いから、映画研究会とOcha journalの学生主導で開催されたイベント。

最上さんの登場に、綺麗の声が漏れる学生さんたち。
挨拶の後、東さんのリードによるトークイベントがスタート。

バイセクシャルと気づいたのは?
最上さん:友達が彼氏を作りだしたころ、どっちもだと。高校の時に、女子クラスだったんですね。普通に女子同士のカップルもいても。がってやっぱりって言われて、でも差別ではなくて、やっぱりって。だから気にしたことなかったんですよね。自然でしたね。割と。

と話す最上さん。MC東さんによると統計的にはLGBTはクラスに2‐3人いてもおかしくない比率だそう。

本作では、敬謙なキリスト教徒の家族の中でのLGBT。居場所ということで頼るのがサタデーナイトチャーチ。最上さんの居場所を尋ねると、

最上さん:居場所はネトゲーですね。学校は嫌いで。小学校の時は中学デビュー、中学では高校デビューしようと思いましたが、失敗しまして。たどり着いたのがネットゲーム。そこでは人間らしくいられる。

と語る最上さんは、クリスマスも正月も、バレンタインデーもネットの中のイベントに参加。そこで過ごすと同じような人が多かったのだそう。こう話すそう最上さんですが、実際に何年もかけて仲良くなった人たちとオフ会で集まっていたと告白。気軽にあっては危ないと前置きして、

最上さん:僕は、ずっとやっていたので、かなり仲良くなってじゃないと会わなかったですけど。ぼくはおたく友達を確保できたので。。リアルにオフ会とか今はやっています。

と、ネット内だけでなくリアルにも癒される繋がりになっているそう。

映画情報どっとこむ ralph 題名にもなっている『サタデーナイトチャーチ』
MCの東さんによると、有色人種でLGBTだとWマイノリティーとなって、生きずらいそう。そんな中でサタデーナイトチャーチは拠り所となっているそうで、
東さん:土曜日だけ開放していて居場所やご飯を提供する。いざという時の社会福祉を担っています。この映画では、そんなきめ細やかな社会福祉も描かれています。監督は白人のLGBTは認知されてきているけれども、有色人種のLGBTはまだまだ。だから取り上げたい。と言っていました。

と、話す。

アイドルを辞めて、バイセクシャルを公表して、今最上さんは自分らしくなってきた?
最上さん:実は、今のほうが生きづらいです、なんだかんだ楽だったんです。先のこと考えてなかったし。今は、この先どうやって何がしたいのか?真剣に考えないといけない。仕事って人と向き合わなきゃいけない。会わずにすむなら家にいたいのですけど・・・。

と実際、最上さんはマネージャーすら同行しないで、メイクさんと現場入りするのだと明かすも、人と向き合うのは必要と強調。

映画情報どっとこむ ralph そして、大学生からの質問を受けるコーナーでは、

Q:居場所はどこでしたか?

最上さん:僕はネトゲー!

東さん:私は居場所がなかった。市の教育センターで、不登校の子たちが集まっていて。そこかな。女性が好きなのは高校生のころに気付いて。でも言っちゃいけないと思っていて。親にも言えないなと。。で、宝塚を退団して、公表していきたい時期があってカミングアウトしました。ですから20代後半から居場所ができました。

と、お二人とも居場所を見つけているご様子。


Q:学校でカミングアウトしたら、家に言われて大惨事に。カミングアウトしたほうが良いですか?家族と社会に対して

最上さん:むずかしい・・・僕はカミングアウトしたら、変な風にマスコミで書かれた!恋愛禁止じゃないしファンの人を泣かしちゃいけないから言わなかっただけで。ファンの子からお手紙で、同性愛者だというのがあって、もがちゃんは?ってお悩み手紙で。それをブログでお返事していて、だから、自然体だったので意外と知られていたのですが。
と話す最上さんは、マスコミの取り上げ方、切り取り方の問題を指摘。

東さん::カミングアウトは安全性もあるので相談できる人がいるのか?見極めてほしい。その後でカミングアウトしてほしいです。周りの状況は大人がもっと考えないとと思います。支える側がしっかりしていかないといけないなと。

最上さん:同性同士。異性同志。何が違うんだろう。恋愛はつらい時はつらいし、汚い時は汚い。異性同士でもいじめもあるし、そんな偏見必要あります?自然。おかしいと、思われるのはイラっとしました。、


Q:日本でも特例法でトランスジェンダーも入学できるようになります。女子大も男性。もやもやを解消していくには?

最上さん:今、僕は毎日違う人と合ってる。正直その場その場で接すればいい。普通に、相性が良ければ寄っていけばいいし。同情するのは失礼だと思う。普通にしていれば、そのほうが人生楽しい。

東さん:見た目が違うからは・・会う人もいるしいない人もいる。戸惑っても仕方がないけど、肌感覚で分からなかったこともある。その人がどういう人なのか。困ったなと思うことがあるかも知れない。それでも、かかわっていけば。断じてしまうことが人の尊厳を傷つける。もやもやと向き合うのが、必要かと思います。

とし、フォトセッションでイベントを締めました。

映画情報どっとこむ ralph 『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』
原題:Saturday Church

公式サイト:
saturday-church.com

主人公に訪れる<家族との不和>や<恋愛の高揚感>、<未来への不安>や<自分自身との闘い>は、セクシュアル・マイノリティに限らず、誰もが共感できるドラマとなっており、花びら舞うニューヨークで主人公が歓喜の表情で歌う姿は、人生の新たな一歩を踏み出したい全ての人に勇気と感動を与える美しい一場面となっています。


映画情報どっとこむ ralph 記者後記:

今回、学生さんたちと一緒に試写もさせていただきました!

オフオフブロードウェーのミュージカルを観劇して、あの作品よかったよね!
って、言いたくなるような雰囲気を持つ映画。

内容そのものは重めですが、とってもライトにまとめています。

先ずLGBTへの偏見をなくすためにも、本作を足掛かりにするのも良いかなと。

そして、最上さんが言っていたように、『普通に、相性が良ければ寄っていけばいいし。同情するのは失礼だと思う。普通にしていれば。』が一番かと。受け入れようと構えた瞬間に、それは偏見になってしまうから。

***********************************


監督・脚本:デイモン・カーダシス
出演:ルカ・カイン、マーゴット・ビンガム、レジーナ・テイラー、MJ・ロドリゲス、インドゥヤ・ムーア
2017年/アメリカ/カラー/スコープ/82分/5.1ch/英語/日本語字幕:川又勝利 
配給:キノフィルムズ/レーティング:PG12
©2016 Saturday Church Holding LLC ALL rights reserved.