「Leola」タグアーカイブ

『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』書き下ろし5曲が、5週連続で配信決定


映画情報どっとこむ ralph 2019年11月8日(金)に劇場公開される『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』のために書き下ろされた主題歌、新曲5曲が5週連続での配信が決定いたしました!
CINEMA FIGHTERS PROJECT EXILE AKIRA主演、三池崇史監督 の『Beautiful』主題歌に、Crystal Kayの「Beautiful」、
小林直己主演、行定勲監督の『海風』主題歌に、Leolaの「海風」、
今市隆二主演、松永大司監督の『On The Way』主題歌に、RYUJI IMAICHIの「Church by the sea」、
佐野玲於主演、洞内広樹監督 の『GHOSTING』主題歌に、LISAの「ラストラブ」、
佐藤大樹主演、井上博貴監督 の『魔女に焦がれて』主題歌に、琉衣の「ライラック」を起用し、
それぞれの物語は、主題歌からインスパイアされたものとなっております。

◆主題歌5曲配信リリース日程
10/16(水) …LISA「ラストラブ」
10/23(水) …Leola「海風」
10/30(水) … RYUJI IMAICHI「Church by the sea」
11/6(水) …Crystal Kay「Beautiful」
11/13(水) …琉衣「ライラック」

映画情報どっとこむ ralph LISA「ラストラブ」
シネマファイターズプロジェクト!GHOSTING の主題歌を歌わせていただいたLISAです!
映画の最初から最後まで、グッとくるシーンに溢れていて、気がついたら自分の胸に手を当てながら見させていただきました。
命、愛、願い、、人間に与えられた人生そのものに、深いロマンスを感じました。主題歌ラストラブでは、憧れの小竹さんに歌詞を書いていただき光栄で、喜びでいっぱいです!
素晴らしい映画を、ありがとうございました! 感動しました!
LISA「ラストラブ」
Leola「海風」
今回「その瞬間、僕は泣きたくなったーCINEMA FIGHTERS project」に参加させて頂き「On The Way」の主演、主題歌を担当させて頂きました。初めての演技やメキシコでの撮影、右も左もわからない状況でしたが一生懸命挑ませて頂きました。松永監督の作品に掛ける愛に付いていかせて頂き、作品を少しでも良くしようというスタッフの皆さんに助けられ力強い作品になりました。誰にでも人に言えない想いを胸に秘めていて、自分もそ
うですし物語に登場する健太も同じです。そんな想いを持ってる方の背中を少しでもこの作品を通して押せることができたら嬉しいです。そしてメキシコという地の力強さ美しさを是非この作品から感じて下さい。
主題歌の「Church by the sea」は小竹正人さんが自分の人間性や作品を感じながら作詞をしてくれました。撮影が始まる前に楽曲はできていましたが、撮影が終わったあとに聴くとより楽曲の深さや広がりを感じ自分自身CINEMA FIGHTER projectの凄さを感じることができました。歌詞にもある通り願いを込めながら歌わせて頂きました。多くの方にこの楽曲が届くことを願っています。
Leola「海風」
RYUJI IMAICHI「Church by the sea」
今回「その瞬間、僕は泣きたくなったーCINEMA FIGHTERS project」に参加させて頂き「On The Way」の主演、主題歌を担当させて頂きました。初めての演技やメキシコでの撮影、右も左もわからない状況でしたが一生懸命挑ませて頂きました。松永監督の作品に掛ける愛に付いていかせて頂き、作品を少しでも良くしようというスタッフの皆さんに助けられ力強い作品になりました。誰にでも人に言えない想いを胸に秘めていて、自分もそ
うですし物語に登場する健太も同じです。そんな想いを持ってる方の背中を少しでもこの作品を通して押せることができたら嬉しいです。そしてメキシコという地の力強さ美しさを是非この作品から感じて下さい。
主題歌の「Church by the sea」は小竹正人さんが自分の人間性や作品を感じながら作詞をしてくれました。撮影が始まる前に楽曲はできていましたが、撮影が終わったあとに聴くとより楽曲の深さや広がりを感じ自分自身CINEMA FIGHTER projectの凄さを感じることができました。歌詞にもある通り願いを込めながら歌わせて頂きました。多くの方にこの楽曲が届くことを願っています。
RYUJI IMAICHI「Church by the sea」
Crystal Kay「Beautiful」
今回シネマファイダーズに初めて参加させていただきました!
ずっと小竹さんと一緒に曲やろうとか曲書いてください!ってお話をしていたのでこういう素敵な形でご一緒できて嬉しいです!
私が唄わせていただいた曲は『Beautiful』という曲で小さな種からどんどんキレイで強いお花に咲いてどんな辛いことがおきても未来に向かって元気に咲き続ける。あなたにしかない美しさを信じてほしいというメッセージが込められてます!割とディープで切なかったりちょっとダークな歌詞のイメージが小竹さんにはあったのですが、今回電話で、『めっちゃ明るい曲だよ!クリスタルに歌ってほしい!!』と言ってくれて、びっくりアンド嬉しくて是非!という感じでした。✨
ストーリーも『自殺』と、結構ヘビーな始まりなのですが、その悲劇からAKIRAさんと蓮佛美沙子さんがお互いの内に秘めた美しさを引き出し会って支え合って、最後の方に映る壊れた鉢で強く美しく咲くお花のように、一緒に未来に向かっていくという素敵なストーリーです。映像ともぴったりなので是非皆さんに劇場で見てほしいです!
Crystal Kay「Beautiful」
琉衣「ライラック」
今回、私がシネマファイターズ作品の主題歌を歌わせていただくと聞いた瞬間は本当に信じられず、驚いたと同時に嬉しい気持ちと頑張らなければという想いで身が引き締まりました。『ライラック』を初めて聴いた時、この曲が私の声で映画館で流れるのかと思うと凄く嬉しかった
です。そして実際に歌ってみて、歌詞の中に「卒業」や「校舎」といった学校に関する言葉が沢山出てきて、今の自分にも当てはまる歌詞なので自分なりに気持ちを込めて情景を思い浮かべながら歌わせていただきました。このプロジェクトに参加させていただけたこと、豪華な出演者の方々、アーティストの皆さまとご緒させていただけたこと、そして小竹さんの素敵な歌詞を歌わせていただけたこと、本当に感謝ばかりです。
琉衣「ライラック」
映画情報どっとこむ ralph 『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』

2019年11月8日(金)より TOHOシネマズ日本橋 ほか全国公開

CINEMA FIGHTERSプロジェクト <あらすじ>
詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクトの第3弾となる今作。5人の監督の共通した想いは、歌と映画だけが、未来が見えないこの国の苦しい日々から、ほんの少しだけ解き放ってくれる——。三池崇史『Beautiful』は大地震をきっかけにそれぞれ自殺未遂をした男女の奇妙な出会いを、行定勲『海風』は愛に飢えた男女の一時の温もりを、松永大司『On The Way』はメキシコの移民を目の当たりにした目標の持てない日本人青年を、洞内広樹『GHOSTING』は悲しい過去と運命を変えようとする霊魂〈ゴースト〉となった青年を、井上博貴『魔女に焦がれて』は不思議な力を持つ同級生に惹かれる男子高校生をそれぞれ描き出す。

***********************************


『Beautiful』 
 出演: EXILE AKIRA 蓮佛美沙子  監督:三池崇史  
 主題歌:「Beautiful」 Crystal Kay

『海風』
 出演:小林直己 秋山菜津子  監督:行定勲
 主題歌:「海風」 Leola

『On The Way』
 出演:今市隆二 パコ・ニコラス  監督:松永大司 
 主題歌:「Church by the sea」 RYUJI IMAICHI

『GHOSTING』 
 出演:佐野玲於 畑芽育  監督:洞内広樹
 主題歌:「ラストラブ」 LISA

『魔女に焦がれて』
 出演:佐藤大樹 久保田紗友  監督:井上博貴
 主題歌:「ライラック」琉衣

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
企画・プロデュース:別所哲也
コンセプトプロデューサー:小竹正人
製作:LDH JAPAN   
制作:パシフィックボイス
配給:LDH PICTURES
公開: 2019年11月8日(金)
©2019 CINEMA FIGHTERS project




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

おいしいトーク&ミニライブ RIKACO×Leola×筒井ともみ映画『食べる女』イベント


映画情報どっとこむ ralph <食>と<性>をテーマに“自分を味わいつくす“ことの大切さを、年齢・職業・価値観も様々な8人の女たちの日常を通して描く映画「食べる女」が2018年9月21日(金)公開となります。

そして!

9月10日(月)No Birdにて、原作の筒井ともみ先生、 主題歌を歌うLeolaさん、そしてスペシャルゲストにRIKACOさんが登壇して公開記念イベントが行われました。


日付:9月10日(月)
会場:No Bird
登壇:筒井ともみ(原作)、Leola(主題歌)
スペシャルゲスト:RIKACO

映画情報どっとこむ ralph 会場となったジャズバーNo Birdには招待されたお客様や多くのマスコミが駆け付け、イベントの開始前にはご来場のお客様へ、食事やドリンクが振る舞われ、タイトルにちなんだ「食べる」ことから始まるイベントとなりました。

そして、イベントが始まると本作の主題歌「Kissing」を担当したLeolaが登場し、早速主題歌を披露。
伸びやかな透き通る歌声に圧倒 され会場中がステージにくぎ付け、歌唱後には大きな拍手が起こりました。


曲の後には、企画&脚本・原作を担当した筒井ともみ先生が登場し、

筒井先生:とても素敵でチャーミングでした」とLeolaの歌声を称賛し「是非、映画の最後に聴いてくださいね。

と客席に笑顔を見せました。

Leolaさん:トークタイムでは、MCから一足先に観た映画の感想をきかれ、

まず、豪華だなあと!女優陣の豪華さに目がいってしまいました。

と鑑賞前のイメージを述べたうえで、

Leolaさん:女性が主役の話って色々ありますが、8人それぞれが全員主役のようなお話は初めてでした。 私は特に広瀬アリスさんが演じられていた役と年齢が近いこともあり、彼女の迎えるエンディングにぐっときました。

と作品を振り返りました。また、今回主題歌は本作のための書下ろしということで、

筒井先生:最初はレコード会社の人と会ったけれど、彼女と話さなきゃ意味 ないのよ。

といった言葉もあり、Leolaさんが実際に曲を作るにあたって筒井さんと直接話をしたエピソードが語れました。映画が大人の女性に共感されるものであることを意識して、「大人っぽくね」という筒井のリクエスト通り、

Leolaさん:今までにない大人っぽさに挑 戦しました!

と曲について述べました。

映画情報どっとこむ ralph そして、楽曲の話の後には、本作のテーマでもある「食」に造詣が深く、「自分らしく生きる」女性の代表として、スペシャルゲストの RIKACOが登場。

RIKACOは本作の感想を

RIKACOさん:淡々と日常を描いているんですが、どこか昭和の匂いもあって、懐かしさも感じられる映 画で、自然とふと涙が出てくる映画です。色んな年齢のキャストの方がでているので、幅広い方の心に刺さると思います。

と述べま した。

MCから本編の中に登場する料理についてきかれ

Leolaさん:どれも美味しそうで、お腹をすかせて観ると大変なことになりそうなんですが、私はおまんじゅうが美味しそうでした!ご飯を食べた後に手作りのあったかいお饅頭をたべるシーンがあって、それがとても美味しいだろうなあ、と思いました。

とコメント。RIKACOさんは、それぞれの料理というよりも、映画に出てくる料理やそれを食べる女性たちを観て、

RIKACOさん:女性は外で少ししか食事をとらなかったり、ダイエットが流行っていたり、たくさん食べる女性がフューチャーされない時代。 食べたいものを自分で作って食べるという、昭和の時代では当たり前だったものを忘れてはいけないなと思わされました。

と独自の視点から本作と料理について語りました。

本編から感じる筒井先生の料理への愛情に話が及ぶと、

筒井先生:11歳から毎日献立のことを 考えていて、“一食でも不味いものは食べたくない!”と誓っている。自分が今何を食べたいかわかる人でありたいの。どう いうものを食べて、どういう生き方をしたいかわかっていれば、男もついてくるものでしょう。

とコメントし、RIKACOさんやLeolaさんからは納得の声があがりました。
さらに美味しい食事を作るポイントについて、

筒井先生:やっぱり愛情。誰かにかけるだけでなく、自分のためにそそぐ愛情も必要。今は自分のためだけに料理をするのが面倒くさいってよく聞くけれど、それじゃあ彼氏ができないと一生料理しな いの?って思ってしまう。いつか子供を作って家族を作ってってなったその時に、ぱぱっとできるように、今からまずは自分に愛情を かけて料理をしていくのが良いと思いますよ。

とコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph そして話が、もう一つのテーマでもある「恋愛」や「性」についての話になると、

筒井先生:恋愛は幸せだけじゃつまらない。寂しさや苦しいのっ て嫌だけれど、女性は嫌いじゃない、平和じゃない恋をたくさんしてほしい。

というと、

RIKACOさん:怖がりさんが多い。相手を色々選んでい ないで、色んなものを取り込んで、だめだったら次を探すくらいでいてほしい。100%理想の人なんていないですよね。

という言葉に、

筒井先生:そんなのつまんないものね!

と賛同。

RIKACOさん:守られたい、お嫁さんになりたいだけでなく、自分が相手を守ってやる、くらい女性が強いほうが新しい恋愛ができるはず。

コメント。

Leolaさん:大切な人のために何でもしてあげたいという気持ちは大切ですが、それぞれやりたいことを突き進んで、お互いが向上できる恋愛が良いと 思います。

と性別に左右されない自立した恋愛の理想を語りました。盛り上がった恋愛トークの最後は、

筒井さん:男性は、面白い人でいい。あの人といると面白い、生き生きできると思える人が一番良いわね。

という筒井の言葉に、全員が共感する形となりました。


トークイベントのラストには客席からの、

「学生の頃はカラオケやファミレスでデートをしていたが、大人になったらどんなデートやどんな過ごし方をすれば良いか?」との質問に答えるシーンもありました。

は、それぞれ

Leolaさん:シックな場所や眺めのいいところ へ行かなきゃいけないのかなと思うんですが、緊張しちゃうので、心が落ち着いてフランクに話せるところ、居酒屋でも全然いいと思います。

RIKACOさん:うちの息子も恰好つけてオシャレして、普段行きもしないレストランに行ったりするけれど、でもそれって続かない。自分 をさらけ出せるような相手がいいと思うから、素直な自分を見せる場所へ行くのがいいと思います。自分が好きな場所に彼をつれて いって、共有できるかどうか見極めてみてもいいかも。後々、そんなんじゃなかった!って言われないようにね。

と、共にありのまま の自分を見せられる場所をアドバイス。

筒井さん:おうちに呼んで、簡単でもいいから、何か作ってもいいんじゃないかしら。小鍋とか がいいですよ。簡単だし、相手いないときは1人鍋もいい。次のステップにも家だと進みやすい しね。

とコメントし、そのお茶目さに会場は笑いに包まれました。


映画情報どっとこむ ralph トークイベント後にはLeolaのミニライブも開催されました。
Leolaさん:平成最後の秋を、観たいもの、食べたいもの、そして愛したい人 にむけて突き進んでください。

とコメントし、全3曲を歌いあげました。筒井やRIKACOも見守る中行われたミニライブは大いに盛り上 がり、大きな拍手に包まれたまま、イベントは幕を閉じました。


食べる女

9月21日(金)おいしいROADSHOW

公式HP:
http://www.taberuonna.jp/

とある東京の古びた日本家屋の一軒家、通称”モチの家”。家の主は雑文筆家である、古書店を営む・敦子(トン子)。 女主人はおいしい料理を作って、迷える女たちを迎え入れる。男をよせつけない書籍編集者、いけない魅力をふりまくごはんやの女将、2児の母であり夫と 別居中のパーツモデル、ぬるい彼に物足りないドラマ制作会社AP、求められると断れない古着セレクトショップ店員、料理ができないあまり夫に逃げられた 主婦、BARの手伝いをしながら愛をつらぬくタフな女・・・。 今日も、人生に貪欲で食欲旺盛な女たちの心と体を満たす、おいしくて、楽しい宴が始まる。

***********************************


キャスト:
小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田 優 壇 蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香/ ユースケ・サンタマリア 池内博之 勝地涼 小池徹平 笠原秀幸 間宮祥太朗 遠藤史也 RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察) 眞木蔵人
監督:生野慈朗
原作・脚本:筒井ともみ『食べる女 決定版』(新潮文庫・8月末刊行予定)
【音楽】富貴晴美
© 2018「食べる女」倶楽部
【区分】PG12




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ