「Jero YUN」タグアーカイブ

『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph カンヌ国際映画祭 ACID部門正式出品モスクワ国際映画祭、チューリッヒ国際映画祭にて 最優秀ドキュメンタリー賞受賞の衝撃作!

2016年カンヌ国際映画祭ACID部門正式出品作の衝撃ドキュメンタリー「マダム・ベー(MRS. B, A NORTH KOREAN WOMAN)」(原題)が、この度、邦題を『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』と決定し、初夏シアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開する運びとなりました。
さらに、来る3月3日より開催される、第12回大阪アジアン映画祭にて特別招待作品として日本初上映されることも発表されました。

映画情報どっとこむ ralph 中国へ売られた北朝鮮女性Bの数奇な運命家族のための出稼ぎのはずが騙され、中国の貧しい農村に嫁として売り飛ばされた、ある北朝鮮女性B。

最初は憎んでいた中国の夫と義父母との生活を受け入れ、そこで生き抜くために脱北ブローカーとなる。しかし北朝鮮に残してきた息子たちの将来を案じた彼女は、彼らを脱北させ、自らも韓国へと渡る過酷な道を選ぶ。

監督は、フランスと韓国を拠点に映画製作し、カンヌには同作品のほか短編(「ヒッチハイカー」)も出品された注目の新鋭ユン・ジェホ。 

女性Bの中国での生活、そして韓国への脱北の道中にも密着し、彼女の壮絶な生き様を記録した本作は、カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品されたほか、モスクワ国際映画祭とチューリッヒ国際映画祭にて最優秀ドキュメンタリー賞受賞するなど、世界各国の映画祭で絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 名もなき中年女性の貪欲で数奇な人生を追った傑作ドキュメンタリーがついに日本公開となる。                        

マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白

ユン・ジェホ(Jero YUN)
韓国・釜山出身。フランス、ナンシーのエコール・デ・ボザール、パリのアール・デコ、ル・フレノワで、美術、写真、映画を学ぶ。中編映画「暗闇の中で」(2009)、短編「赤い道」(2010)を演出したのち、短編「約束」(2011)を演出。アシアナ国際短編映画祭で大賞を受賞する。2012年ドキュメンタリー「北朝鮮人を探して」を演出、メキシコ国債短編環境映画祭にて審査員スペシャルメンション賞を受賞した。2013年台北映像委員会が制作したオムニバス映画に参加し、短編「豚」を台湾の女性監督シンイン・チェンと共同で演出し、カンヌ映画祭監督週間、プサン国際映画祭に招待された。

***********************************

2016年/フランス・韓国/72分/DCP/ドキュメンタリー
監督/ユン・ジェホ(Jero YUN)  
(C)Zorba Production, Su:m