「jam」タグアーカイブ

SABU監督 x 劇団EXILE『jam』モスクワ国際映画祭の正式コンペ出品 ロシア批評家協会賞を受賞


映画情報どっとこむ ralph SABU監督と劇団EXILEがタッグを組んで挑んだ”因果応報”エンターテイメント映画『jam』が、世界四大映画祭(カンヌ、ベルリン、ヴェネチア、モスクワ)の一つ、本年度モスクワ国際映画祭の正式コンペティション部門に正式出品、現地時間4/25(土)ロシア批評家協会賞を受賞。

本受賞は、日本人監督初の受賞であり、その後世界各国からの問い合わせが一気に増えているそうです。

映画情報どっとこむ ralph また、”SABU”ワールドが原点回帰したと言われている本作、日本の公開(2018年12月1日)以降も、台湾、イタリア、中国、北米などの映画祭から熱烈オファーをもらい、今後も映画祭巡業していく予定。

現在、開催中のヨーロッパ最大のアジア映画祭であるウディネ・ファーイースト映画祭では、1200人の観衆が集まりスタンディング・オベーションの中、映画祭ディレクターであるサブリナ・バラチェッティが「”SABU”というジャンルでしかくくれない本作、次に何が起こるかわからないサプライズが最後まで続き、世界共通でエキサイトする作品。」とコメントを残した。

世界最古のエンタメ業界紙 ハリウッド・レポーターも「何が起こるかわからない、ストーリー展開。こんな自由で緻密なオリジナル映画が作られる日本映画界、まだまだ今後が楽しみ」とコメントする。

今後の映画祭も次々に決定、SABU監督の快進撃が止まらない。
映画情報どっとこむ ralph なお、本作のBlu-ray&DVDが6/19(水)に発売予定です。

≪ビデオグラム商品概要≫

タイトル:「jam」

セル【Blu-ray】  
※本編Disc1枚+特典Disc1枚
価格:6,800円+税
品番:VPXT-71728 
収録時間:本編102分+特典映像
仕様:片面一層/カラー/リニアPCM/16:9 1080i High-Definition

セル【DVD】   
※本編Disc1枚+特典Disc1枚
価格:5,800円+税
品番:VPBT-14839
収録時間:本編102分+特典映像
仕様:片面一層/カラー/ドルビーデジタル5.1ch/16:9シネスコサイズ

★特典★ (Blu-ray, DVD共通。すべて予定)

◆イベント映像集 ◆メイキング ◆特報・予告

※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい

©2018「jam」製作委員会


***********************************

キャスト:青柳 翔 町田 啓太 鈴木 伸之 
秋山 真太郎 八木 将康 小澤 雄太 小野塚 勇人 佐藤 寛太 SWAY 清水 くるみ 筒井 真理子
監督・脚本・編集:SABU
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
プロデューサー:宮崎聡 清水洋一 中林千賀子 小河原修 江良圭
アソシエイトプロデューサー:秋山真太郎
音楽:松本淳一 撮影:柳田裕男
製作:LDH JAPAN
制作:ディープサイド
配給:LDH PICTURES
©2018「jam」製作委員会


イタリア ウディネ・ ファーイースト映画祭2019 のラインアップ解禁


映画情報どっとこむ ralph 今年で21年目を迎え、ますますパワーアップする、ヨーロッパ最大のアジア映画祭、第21回ウディネ・ファーイスト映画祭での日本映画及び日本からのゲストが現地時間4月10日(水)にイタリアにて世界発表されました。昨年は、『カメラを止めるな!』がインターナショナル・プレミア上映を行い、スタンディング・オーベションが止まらず、最終的には観客賞2位を獲得。ここから、国内外の快進撃が始まった貴重な上映が印象深い昨年に続き、今年も話題作が目白押し。

今年は、劇団EXILE総出演のSABU監督最新作『jam』の上映にSABU監督、2018年東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門出品の『メランコリック』から田中征爾監督、そして『十年 Ten Years Japan』からは石川慶監督をはじめ4監督が揃って登壇を予定しています。

映画情報どっとこむ ralph <映画祭情報>
映画祭名:第21回ウディネ・ファーイスト映画祭2019
開催地:イタリア、ウディネ
開催期間:2019年4月26日(金)〜5月4日(土)
公式Webサイト:
http://www.fareastfilm.com/

上映ラインナップ

1)『初恋〜お父さん、チビがいなくなりました』(ワールド・プレミア上映)
(C) 2019 西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会

2)『カンパイ!日本酒に恋した女たち』

© 2019 KAMPAI! SAKE SISTERS PRODUCTION COMMITTEE

3)『JK ROCK』(インターナショナル・プレミア)
Ⓒ2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ

4)『鈴木家の嘘』(インターナショナル・プレミア)
©松竹ブロードキャスティング

5)『翔んで埼玉』
©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

6)『十年 Ten Years Japan』
©2018 “Ten Years Japan” FilmPartners

7)『ハード・コア』(ヨーロッパ・プレミア)
©2018「ハード・コア」製作委員会

8)『メランコリック』(インターナショナル・プレミア)

9) 『止められるか、俺たちを』
©2018若松プロダクション

10) 『日日是好日』(ヨーロッパ・プレミア)
©2018「日日是好日」製作委員会

11)『jam』
©2018「jam」製作委員会

***********************************

  


劇団EXILE『jam』モスクワ国際映画祭、コンペ部門正式出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILEの最新映画、世界に羽ばたく!
SABU監督と劇団EXILEがタッグを組んで挑んだ”因果応報”エンターテイメント映画『jam』が、世界四大映画祭(カンヌ、ベルリン、ヴェネチア、モスクワ)の一つ、本年度モスクワ国際映画祭(4月18日-25日、モスクワにて開催)の正式コンペティション部門に招待、現地時間4月2日にモスクワにて世界発表されました。

モスクワ国際映画祭は、国際映連に認定された長編コンペティション映画祭として世界四大映画祭に数えられる伝統ある映画祭。
『jam』は、劇団EXILE9名が総出演した疾走感あふれるドラマで、2018年東京国際映画祭にてワールド・プレミアを行い、12月1日の全国劇場公開でも劇団EXILEメンバーが全国に飛んで宣伝活動に奔走、話題を呼びました。今年のベルリン国際映画祭でのマーケットにて、作品のセールスが開始されましたが、SABU監督の新作とあって、世界各国から多くの反響をいただき、注目度の高さを実感。モスクワ国際映画祭のディレクターも、日本から本作を招待することに自信をのぞかせていた。

映画情報どっとこむ ralph 映画祭名:第41回モスクワ国際映画祭
開催地:モスクワ、ロシア
開催期間:2019年4月18日〜4月25日
上映部門:メインコンペティション部門
上映素材:英語字幕付きDCP
公式Webサイト:
http://www.moscowfilmfestival.ru/
コンペティション部門は本年で第41回を迎える映画祭の中核を担う部門で、初期には新藤兼人監督や黒澤明監督作品が上映・グランプリを受賞し、近年では熊切和嘉監督『私の男』のグランプリ受賞が大きな話題となりました。

映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILE『jam』

公式サイト:
https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/

物語・・・
主人公は3人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳翔)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも 心に空虚感を抱えている。ある日のコンサート終わり、ファンの一人・昌子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の暴 挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを 望むタケル(町田啓太)。彼は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きる。そして 、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を仕掛けるために、やく ざ事務所に単身殴り込みをかける。彼らのストーリーが同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の”因果応報” が巡り巡って行くのだった・・・。

***********************************

≪キャスト≫
青柳 翔 町田 啓太 鈴木 伸之
秋山 真太郎 八木 将康 小澤 雄太 小野塚 勇人 佐藤 寛太 SWAY
清水 くるみ 筒井 真理子

≪スタッフ≫
監督・脚本・編集:SABU
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
プロデューサー:宮崎聡 清水洋一 中林千賀子 小河原修 江良圭
アソシエイトプロデューサー:秋山真太郎
音楽:松本淳一 撮影:柳田裕男
製作:LDH JAPAN
制作:ディープサイド
配給:LDH PICTURES
©2018「jam」製作委員会


EXILE HIRO「jam2」・「jam プロジェクト」立ち上げ宣言『jam』初日舞台挨拶で


映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILEの全メンバーが総出演、疾走感溢れるSABU監督の最新作、“因果応報”エンターテイメント・ムービー『 jam』が2018年12月1日(土)初日を迎え、新宿バルト9にて満員の客席を前に、青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら劇団 EXILE9名全員とメガホンをとったSABU監督が登壇し、舞台挨拶を行いました。


『jam』初日舞台挨拶
日時:12月1日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:劇団EXILE全員(青柳翔、町田啓太、鈴木伸之、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平)SABU監督

映画情報どっとこむ ralph 場末の演歌歌手を演じた青柳さんは、

青柳さん:監督が撮影中に『鈴木くん、よかったよ』『町田くんよかったんだよなぁ』と他の現場のこ とをぼそっというんです。たきつけられてその気になる。そんなふうにテンション上げてもらいました。

と語る。
一途すぎる男を演じた町田さんは、その爽やかな風貌から想像もつかないエピソードを披露。

町田さん:拾ったブラジャーを振るシーンや (寝たきりの彼女に)ハンドクリームを塗るシーンも監督から「いやらしくおねがいします」と言われて。カットがかかったとた ん現場の女性スタッフから『イヤー!!キモーい!!』て言われて(笑)ありがたかったですね。


またヤクザに復讐を仕掛ける男を演じた鈴木さんはセリフが一切なく、アクションに集中することになったが、

鈴木さん:小野塚、小澤さん、 秋山さんと一緒でしたね。…あ、将康さんもか!

八木さん:おい!一番からみが多かったのに!

と劇団EXILEメンバーと仲の良さを うかがわせるかけあいを見せていた。


どうやら鈴木がターゲットにしている劇団EXILEのいじられキャラは小澤さん。

小澤さん:池に入って芝居をするところ、とても緊張してしまって4回もリテイクを出してしまった。

という話から

鈴木さん:衣装ベルサーチでしょ う?

小澤さん:ペレペレだよ!今日髪型決まってますね。●●●●(髪型にこだわりのある芸能人)風だよ!!

鈴木さん:テーマがあったみたいです(笑)

と生き生きといじりまくっていた。

映画情報どっとこむ ralph また、突然MCからメッセージが届いたようです、と伝えられるとスクリーンに映し出されたのはエグゼクティブ・プロデューサ ーでもあるEXILE HIRO!

場内からも驚きの声が上がる。HIROから劇団EXILEの新たな表現の場として「jam2」の制作と「jam プロジェクト」の立ち上げが宣言された。

さっそく

小澤さん:監督!お歳暮は何がいいですか!?

とごまをすり

佐藤さん:僕が『jam』で1シーンの登場だったのはこの伏線だったん ですね!

と聞くと

SABU監督:次も1シーンだったら面白いね!

と切り返して劇団メンバーは「やたらと売り込むのもあぶないぞ!」と戦々恐々としていた。

最後に

青柳さん:初日をメンバー全員と監督、そして観客の皆さんと迎えられて幸せです。HIROさんのサプライズもありました が、jamプロジェクトをみんなで盛り上げていけるように、楽しみにしていてください!

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILE全員参加&SABU監督最新作 “因果応報“エンターテイメント 映画『jam』

2018年12⽉1⽇(⼟)より新宿バルト9ほか全国公開中

公式HP:

jam



物語・・・
主人公は3人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳翔)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも 心に空虚感を抱えている。ある日のコンサート終わり、ファンの一人・昌子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の暴 挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを 望むタケル(町田啓太)。彼は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きる。そして 、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を仕掛けるために、やく ざ事務所に単身殴り込みをかける。彼らのストーリーが同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の”因果応報” が巡り巡って行くのだった・・・。

***********************************

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
監督・脚本・編集:SABU
出演:青柳翔 町田啓太 鈴木伸之 秋山真太郎 八木将康 小澤雄太 小野塚勇人 佐藤寛太 野替愁平 清水くるみ 筒井真理子
配給:LDHPICTURES
宣伝:フリーストーン
スペック:2018/日本/カラー/シネスコサイズ/5.1ch/102分
©2018「jam」製作委員会


デンジャラス・ハンマーボーイ・鈴木伸之特別映像解禁! SABU監督の最新作『jam』


映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILEの全メンバーが総出演、疾走感溢れるSABU監督の最新作『jam』。

2018年12月1日(土)より新宿バルト9ほか全国公開となる青柳翔、 町田啓太、鈴木伸之が主演を果たし、3つの運命が交錯する“因果応報”エンターテイメ ントです。今回、主演の一人である鈴木伸之演じるテツオにフューチャーした特別本編 映像を解禁。


明るく快活な喋りが魅力の鈴木伸之が今回挑んだのは、自分を刑務所送りにしたやくざ への復讐を誓う男・テツオ。カナヅチ一つで殴り込みをかける姿はまさに鉄砲玉。今回 セリフは一切なし!という難役挑んだ鈴木だが、その恵まれた肢体から繰り出されるア クションは日本離れした迫力で、まさに「体当たり」な演技。テツオに吹っ飛ばされる メンバーの中には劇団EXILEのあの人・この人が要所で登場するのでお見逃しなく!

派手なアクションの一方で、夜の街をただ闊歩する姿や亡き夫の幻影を追い求める老い た祖母の車いすを押す姿からはセリフなくとも体の中に渦巻く怒りや悲しみを全身から 漂わせ、言葉以上のエモーショナルな感情を伝えてくる。俳優・鈴木伸之の新たな一面 にご注目ください。

映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILE全員参加&SABU監督最新作 “因果応報“エンターテイメント

映画『jam(読み:ジャム)

2018年12月1日(土)より新宿バルト9ほか全国公開

公式HP:
https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/


主人公は3人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳翔)は、熱烈なファンに支え られ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えている。ある日のコン サート終わり、ファンの一人・昌子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の 暴挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、大切な彼女が瀕死の重傷 を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを望むタケル(町田啓太)。彼は、“善いこ と”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きる。そして 、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りに したやくざに復讐を仕掛けるために、やくざ事務所に単身殴り込みをかける。彼らの ストーリーが同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の”因果応報” が巡り巡って行くのだった・・・。

***********************************

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO

監督・脚本・編集:SABU
出演:青柳翔 町田啓太 鈴木伸之 秋山真太郎 八木将康 小澤雄太 小野塚勇人 佐藤寛太 野替愁平 清水くるみ 筒井真理子

配給:LDH PICTURES
宣伝:フリーストーン
スペック:2018/日本/カラー/シネスコサイズ/5.1ch/102分
©2018「jam」製作委員会