「J・ギレンホール」タグアーカイブ

“ハリウッド ザ・ブラックリスト”No.2の脚本にJ・ギレンホールが映画化を熱望『ボストンストロング』


映画情報どっとこむ ralph ボストンマラソン爆弾テロ事件で“ボストンのヒーロー”と呼ばれた男の真実の物語を描いたジェイク・ギレンホール主演・プロデュース作『ボストンストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜』が5月11日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーとなります。

事件から今年で5年の節目を迎えるこのタイミングで日本では公開となります。
本作は2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件の被害にあった、ジェフ・ボーマンの実話を映画化。
テロに巻き込まれ、両足を失ったボーマンは「ボストンストロング」というスローガンのもと、ボストン復興の象徴として脚光を浴びるも、ボーマンの前には様々な困難が・・・・。耐えられない傷とプレッシャーを背負いながら、恋人や家族などの愛する人々に支えられ、困難を乗り越え、再び立ち上がる“フツウの男”の感動の実話。

脚本は、“ハリウッド ザ・ブラックリスト”で。
ジェイク・ギレンホールが惚れ込み、主演に加えプロデュースにも加わっています。

そんな “ハリウッド ザ・ブラックリスト”で2015年にNo.2に選ばれたのが、2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件の被害者ジェフ・ボーマンを描いた『ボストンストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』だ。脚本を書いたテレビドラマで俳優としても活躍しているジョン・ポローノは、ジェフと同じニューイングランド出身。

ボストン魂の気骨と皮肉がわかる彼は、脚本に原作以上ににじみ出る家族の力、男らしさ、忠誠心といった特徴づけをおこない、数か月の時間をかけて、テロ映画としてではなく、自分の人生を取り戻すために戦ったひとりの男のドラマとして皮肉とユーモアを込めた脚本を書き上げた。しかし、この脚本はジェフ本人の協力なくして完成しなかった。

脚本執筆中のジェフは回復途中で、

「ジェフはその頃、立ち直る真っ最中だったからね。今では大きな回復を見せているが、それでもPTSDに苦しんでいる。当時は深い苦しみの中で脚本づくりに協力してくれていたんだ」

とポローノは語っている。実際、ジェフは撮影のときも一度も現場を訪れていない。それほど苦しい状況にありながら献身的な協力により、うわべだけではない、ジェフの悲劇、トラウマ、困難がリアルに描かれた脚本が完成。

脚本に対してジェイク・ギレンホールは

「爆弾テロについての物語ではないという事実に強く胸を打たれた。これは悲劇から希望へと進むひとりの人間の物語だ」

と語ります。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~』

は5月11日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

公式サイト:bostonstrong.jp

twitter:@bostonstrongjp

<STORY>

ボストンに暮らすジェフ・ボーマンは元彼女のエリンの愛情を取り戻すため、彼女が出場するマラソン会場に応援に駆け付けるが、ゴール地点付近で爆弾テロが発生。

巻き込まれたボーマンは爆発で両足を失ってしまう。意識を取り戻したボーマンは爆弾テロリストを特定するために警察に協力。

ボーマンの証言を基に犯人が特定されると、ボーマンは一躍、“ボストンのヒーロー”として世間の脚光を浴びるが、彼自身の再生への戦いはまだ始まったばかりだった。

***********************************

出演:ジェイク・ギレンホール(『ノクターナル・アニマルズ』、『ナイトクローラー』など)、タチアナ・マスラニー(『黄金のアデーレ名画の帰還』など)、

ミランダ・リチャードソン( 『めぐりあう時間たち』、『ダメージ』など)、クランシー・ブラウン(『ショーシャークの空に』など)

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン(『セルフィッシュ・サマー ホントの自分に向き合う旅』『スモーキング・ハイ』など)

脚本:ジョン・ポローノ
原作:ジェフ・ボーマン、ブレット・ウィッター著
配給:ポニーキャニオン
提供:ポニーキャニオン/カルチュア・パブリッシャーズ 映倫区分:PG-12

© 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.