「IT/イット」タグアーカイブ

井上咲楽 マジ逃げにアンガ田中「ちょっと~逃げ過ぎ~」『IT/イット』リリースイベント


映画情報どっとこむ ralph ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントは、ホラー映画歴代No.1ヒット作となった『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のブルーレイ&DVDを2018年2月21(水)に発売・レンタル開始。また、デジタル先行配信中です。
本日、アキバシアターにて映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』ブルーレイ&DVDリリース/デジタル配信記念した絶叫上映イベントが行われ・・・・

現役女子高校生タレント 井上咲楽 が上映前に駆けつけ、”絶叫上映”を一緒に体験!

さらに劇中に登場する恐怖のピエロ「ペニーワイズ」に扮したアンガールズ 田中卓志がサプライズで登場し会場が恐怖と笑いに包まれたイベントとなりました。
キモかわピエロ!? ”ペニーワイズ”に扮したアンガールズ田中が会場を恐怖につつむ!
映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』ブルーレイ&DVDリリース/デジタル配信記念 絶叫上映イベント
日付:2月17日
会場:アキバシアター
ゲスト:井上咲楽
サプライズゲスト:アンガールズ田中卓志 

映画情報どっとこむ ralph 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、日本でも 7 週連続 TOP10 にランクインし、興行収入 22 億円※突破!高校生など若い層を中心に SNS で口コミが広がり、学生グループやカップルが大挙して劇場に押し寄せ、社会現象を起こすほどの大ヒットを 記録した話題作。(※2018 年 2 月 2 日時点)今回現役女子高校生タレント代表として駆けつけた井上咲楽の周りでも実際に 本作への反響がすごかったといい、イベント感覚で本作を観に行っていた友達が多かったそう。みんな「キャーーー」っと叫びながらワイ ワイ楽しめる作品という評判が高かったようだ。また本作で印象に残っているシーンを「ペニーワイズが走りながら迫って来るシーン!」 と話し、走り方を身振りや手振り、表情も交えて再現した井上の姿に会場からは笑いが起こった。

映画情報どっとこむ ralph 本イベントが絶叫上映ということで、井上さんも絶叫練習に参加。

一般の観客とともに、本作の予告編を見ながら「逃げて~」「ベン~(本作の登場キャラクター)」と本作に出てくるキャラクターの名前を呼んで叫び、 盛り上がる中、急に会場が真っ暗に!?トラブルかと思いきや、会場が明るくなると井上の背後には・・・・なんと、恐怖の殺人ピエロ”ペニーワイズ”の姿が!まさかの事態に井上は 「ギャァァァァァァァー!!!!」と絶叫!
追いかけてくるペニーワイズに、井上は観客席まで逃げるほどの恐怖に襲われ、会場も悲鳴に包まれる。

やっと冷静になった井上さんに司会が”ペニーワイズ”を よ~く見てみるように促すと、そこには見たことのあるアンガールズ田中卓志さんの姿が。
井上さん:「本当ヤダヤダヤダ。(苦笑)

田中さん:ちょっと~逃げ過ぎ~(笑)

と呆れた様子 の田中がステージに揃い、会場からは「キモかわいい~」という声もあがり、サプライズは大成功 となった。


また本作を誰と観たのかという話題におよぶと、井上さんは妹と家で観たと言い、「夜中に叫びながら 観たので両親に怒られた」というエピソードを明かした。田中さんは本作を一人で観たと言い

田中さん:一人で も楽しめるホラー映画!

と絶賛!井上さんは田中さんを憐れむ様子で

井上さん:私はいつか彼氏と観たい!

と話すと、

田中さん:俺だって彼女いたことあるんだから!今 42 歳だけど 2 人いたよ!

と自慢げに明かす。
すると「20 年に 1 回のペースですね。IT のペニーワイズは 27 年に1 回のペースで現れるので、IT よりは頻繁なペースで彼女がいたことになりますね!」と司会からすばやく つっこまれると、会場は笑いに包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 改めて
井上さん:『IT』はカップルや友達とワイワイ盛り上がれる映画!家でお菓子を食べながら DVD でぜひ観てほしいです!

田中さん:僕はもともと結構ホラー映画をみるんですけど、その中でもトップクラスの作品!ホラー好きも満足できる映画なので、 ぜひ DVD で観てほしい!僕みたいに強い人間は一人で観るのもおススメです!

と本作を PR し、最後は、観客と全員で「キャーーーーー」っと絶叫し、イベント締めくくった。


『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
のブルーレイ&DVD は、ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントより 明日 2 月 21 日(水)リリース、デジタル配信中。

2月21 日(水)リリース
【初回仕様】 ブルーレイ&DVD セット(2 枚組/イラスト・カード付)¥3,990+税

デジタル先行配信中
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
IT © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

***********************************

  


原作者:スティーヴン・キング 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』 映画化した本作の魅力を語る


映画情報どっとこむ ralph ブルーレイ&DVD リリース は2月21日。

2月21日(水)ブルーレイ&DVD リリース 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』 原作者:スティーヴン・キングもヒットを確信! 映画化した本作の魅力を語る!

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』原作者のスティーヴン・キングによるインタビューが到着。
本作は、1986年に発表されたステ ィーヴン・キングの人気小説を映画化した2部作の第1章。既に第2章となる続編の製作も決定しています。原作を書いた時は自分が幼少期を過ごした50年代を舞台にしたというキングだが、80年代に時代設定を変えた本作について、

キング:素晴らしいと思う。主人公たちの思春期を 1980 年代に設定しているところも実に機転が利いている。 続編で大人編が描かれることになれば、ちょうどリアルタイムになる ように設定している。監督のアンディ・ムスキエティは80年代の子供達の世界をリアルに描いている。私は80年代に自分の子供を 育てているので、その時代をもう一度生きているかのような感覚に 陥った。

と絶賛。

映画情報どっとこむ ralph ビル・スカルスガルドが演じたペニーワイズについても

キング:ペニーワイズは子供が恐れるあらゆるモンスターのアバターのような存在だ が、ビル・スカルスガルドによる再解釈も見事だ。(1990年のTVシリーズ版「イット」でペニーワイズを演じた)ティム・カリーよ り不気味さも増していて、よりダークな感じに仕上がっている。

と賞賛している。また、「ルーザーズ・クラブ」を演じた7人の子役 について、

キング:最近の子役は本当に上手なので不気味なくらいだ。私が子供だった頃の子役はセリフを言い、かわいければそれで良かった。だがこの作品に出演している子供たちは本当に素晴らしい。みんな見ていて楽しかったが、中でも印象に残ったの はリッチー・トージア役だ。自分もああいう生意気な子供だった。フィン・ウォルフハードの演技は見事だ。

と語った。

本作は予告編がアップされるや否や、『ワイルド・スピード ICE BREAK』『美女と野獣』を抜き、24 時間で 1 億 9700 万回 という史上最多の再生回数を記録。ホラージャンルの全世界興行収入歴代 No.1 の大ヒットとなった。キングはこのヒットについて、

キング:私は最初からヒットする可能性があると確信していた。昔 TV ミニシリーズを見てトラウマになった大人層を完全に 取り込むつもりだという読みだったよ。よく言われるのが『ティム・カリーは本当に怖かった。いまだに下水溝を通りかかる時 にピエロの姿が脳裏に浮かぶ』というコメントだ。同時にこの映画は80年代に育ったミレニアル世代を完全に取り込むに 違いないとも思った。

と述べている。また、

キング:映画を見る人は、いじめ、初恋、夏休み、親元を離れて友達と過ごすひと時な ど、原作にも描かれている普遍的な要素に共感してくれるはずだ。

とも語っており、世代ごとに訴えかける要素と普遍的な要素が掛け合わさった事がヒットの要因だという事が伺える。

映画情報どっとこむ ralph 2018年2月21日(水)ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始

【初回仕様】
ブルーレイ&DVDセット(2枚組/イラスト・カード付)¥3,990+税
【初回仕様】
<4K ULTRA HD&2D ブルーレイセット>(2枚組/イラスト・カード付)¥5,990+税
【数量限定生産】
スチールブック仕様 <4K ULTRA HD&2Dブルーレイセット> (2,000セット限定/2枚組)¥6,990+税 デジタル配信中

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

IT © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

***********************************

   


仲間と観に行くことをお勧め!『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』動員100万人突破!!


映画情報どっとこむ ralph 本作は11月3日(金・祝)に封切られると公開3日間で2.8億円を超える大ヒットスタート。
公開2週目も初週対比122%で推移し、普段ホラー映画を進んで観ないような、学生グループやカップルが劇場に来ている模様。

公開3週目にして、ついに興行収入ランキング1位を獲得しました。
さらにその勢いはとどまることを知らず公開4週目もランキング2位、動員100万人、興行収入15憶円を突破しました!

映画情報どっとこむ ralph ピエロがもうとまらない!
It_08172016_Day 36_9117.dng

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
原題:IT

物語・・・
一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。
内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。
悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。
“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。
しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。
不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。
自分の部屋、地下室、バスルーム、図書館、そして町の中……
何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。
ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。
真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。
***********************************

監督・脚本:アンディ・ムスキエティ
出演:ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、フィン・ウルフハード、ソフィア・リリスほか
配給:ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:itthemovie.jp
2017年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/135分/
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
Photograph : Shane Leonard


『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』公開決定!したコメでプレミア


映画情報どっとこむ ralph ホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キングの小説の中でも、これほど恐れられた作品はない。

IT/イット」・・・

それは発刊以来30年にわたって、世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けてきた。

この度、金字塔を打ち立てたこの小説を、ギレルモ・デル・トロ製作総指揮の新感覚ホラー『MAMA』で監督を務め、頭角を現した俊英アンディ・ムスキエティが映画化。

邦題を『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』として11月3日(金・祝)、全国にて公開することが決定しました!

また、本作は9月15日(金)から開催となる第10回したまちコメディ映画祭の映画秘宝まつりでの上映も決定し9月17日(日)にジャパン・プレミア上映を行います!

映画情報どっとこむ ralph 静かな田舎町に“それ”は突然現れる。ピエロの姿を借りた“それ”は子どもたちの命を狙い続ける。神出鬼没、変幻自在の“それ”からは、決して逃れられない……。

予告編がインターネット上でアップされるや、全米では『ワイルド・スピード ICE BREAK』『美女と野獣』を抜き、24時間で1億9700万回という史上最多の再生回数を記録。それとともに町にピエロが出没する奇妙な現象が相次ぎ、全米を震撼させた。日常を侵食する“それ”は、最恐のトラウマになる!

邦題・公開決定とともに超特報映像と場面写真も解禁。超特報映像では、下水道の出口へと回転しながら向うについれ「IT」の恐ろしげなロゴが迫ってくる。「皆、浮かんでるよ。」というゾッとする意味深なセリフとともに観る者の期待感を煽る。写真は真っ赤な風船で顔が隠れた“それ”が強烈なインパクトを残すものとなっている。

映画情報どっとこむ ralph IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

9月5日(土)新宿バルト9他全国ロードショー!


公式サイト:
itthemovie.jp

ハッシュタグ:#イット見えたら終わり

物語・・・
“それ”は、ある日突然現れる。
 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。

自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

11月3日(金・祝)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。


***********************************

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.